SMBCモビットは土日も即日振込キャッシングできる!時間制限に注意

公開日:

突然の事故や病気、身内の不幸ごと、支払いや引き落とし日を勘違いしていた、など、急ぎでお金を手配したい時、SMBCモビットの振込キャッシングがとても役に立ちます。

急な出費にも即日対応してくれると評判のSMBCモビット、本当に即日で振込キャッシングが利用出来るどうかと、即日キャッシングのための条件などを詳しくご紹介して行きます。

SMBCモビットのカードローン【審査・金利・返済・口コミ】
SMBCモビットの借り入れ体験談-審査の流れ・審査に落ちた理由とは?
SMBCモビットで即日融資を受ける条件や手順を徹底解説!最短30分審査

SMBCモビットは即日振込ができる!

CMでも行っている通り、SMBCモビットは即日キャッシングで自分の口座に振込をしてくれます。

振込でキャッシングをしてもらう場合、完全カードレスで利用することも選べるのが大きな魅力です。

完全カードレスでSMBCモビットを利用する方法は、申し込みをする際にWEB完結を選択することです。WEB完結を選択して振込キャッシングをしてもらうことで、完全カードレスでキャッシングを利用することができます。

SMBCモビットのWEB完結申し込み方法

申し込みから利用まで、全てネットだけで完結できるのが、SMBCモビットのWEB完結申し込みです。

WEB完結申し込みなら、面倒な本人確認の電話もなしで利用できます。

必要書類も専用サイトでアップロードするだけです。(審査の際に本人確認が必要な場合は、電話がかかって来ます。電話はオペレーターの個人名でかかって来るので、モビットという名前は伏せてくれます)

書類は全て電子化してくれているので、郵送物もありません。

WEB完結申し込みをする時の条件は以下の通りです。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 社会保険証、組合保険証を持っている(国保はNG)

何時までに手続きをすれば即日反映されるか?

「SMBCモビットは即日振込キャッシングが可能」ということですが、振込キャッシングが反映されるのには多少時間がかかります。

SMBCモビットに限らず、消費者金融では14時までに契約手続きが終了しなければ、即日反映されない可能性もあるのです。

銀行の振込が14時を過ぎてしまうと、翌日にずれ込む場合もあるからです。

消費者金融や銀行はどうしても午後からが混み合って来ます。

また、月末月初、5日、10日などの5の倍数の日や週末は特に混み合うので、振込が翌日または翌週にずれ込んでしまうことも……。ギリギリになって焦ることがないように、14時までには全ての申し込みが完了するように逆算して考えましょう。

すると、SMBCモビットの場合、審査に最短で30分、契約に30分かかったとすると、どれだけスムーズに契約が進んでも1時間はかかるのです。

このため最低でも13時までには契約を始めておかなければなりません。

即日振込キャッシングを希望する場合は、なるべく余裕を持って遅くとも12時までには契約の申込みをするようにしましょう。

契約申し込みが13時を過ぎてしまった場合、どうしても今日中にお金が必要だという時には、SMBCモビットに電話をしてお願いをしてみると審査の順番を早くしてくれる場合もあります。

どうしても急ぐ時は、モビットコールセンターに問い合わせてみましょう。

モビットコールセンター:0120-03-5000

またモビットには、10秒で簡易審査結果がすぐにわかるシステムもあります。申し込みの前に10秒審査をしておくこともオススメです。

3.即日で振込をする流れ
即日振込キャッシングをするためには、WEB完結で融資の申し込みをする必要があります。

それでは、WEB完結申し込みの手順をご紹介します。

  1. SMBCモビットの公式サイトに行く
  2. 画像撮影し、アップロード
  3. メールで審査結果が来る
  4. 振込先の口座を登録
  5. ネットで入金依頼

1)SMBCモビットの公式サイトに行く

モビット公式サイトにアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力していきます。

およそ5分もあれば申し込みは完了します。

2)画像撮影し、アップロード

スマホで身分証明書と収入証明を撮影して、指定ページに画像をアップロードします。

3)メールで審査結果が来る

SMBCモビットからメールで審査結果通知が来ます。

ここでドメイン設定をしっかりしていないと、メールが弾かれてしまうので時間のロスになります。

ドメイン設定はきちんとしておきましょう。

※SMBCモビットの審査は最短30分で終了します。スムーズに行けば、申し込みから審査結果通知のメールが来るまでは30〜1時間ほどでしょう。

4)振込先の口座を登録

振込キャッシング用の入金口座を登録します。

5)ネットで入金依頼

口座の登録が済んだら、入金依頼をすることが出来ます

。初回は口座登録後から、それ以降は、マイモビのページにログインすれば振込キャッシングを利用することが出来ます。

カード借入やスマホ取引と比較してのメリット・デメリットは?

カード借り入れやスマホ取引と比較した時の、SMBCモビットでWEB完結することが出来るメリット・デメリットをご紹介します。

カード借入なら土日も即日融資ができる!

モビットの振込キャッシングは銀行が営業していない土日祝日だと利用できませんが、SMBCモビットのローン申込機でカード発行を行う方法であれば、土日に即日融資をお願い出来るというメリットがあります。
ローン申し込み機で発行したカードは、最寄りのコンビニATMなどですぐ利用することが出来ます。

土日に即日キャッシングしたい時の流れ

  1. ネットでWEB申込をする
  2. ローン申込機へ行ってカード発行
  3. コンビニのATMでキャッシングをする

この方法でキャッシングするのが、最もスムーズな流れになります。

SMBCモビットのローン申込機は、土日も含む毎日21時まで営業しているため、土日であっても即日キャッシングが可能です。

SMBCモビットのローン申込機の使い方

SMBCモビットは、スタッフが常駐している有人の店舗はありません。その代わり「ローン申込機」という無人店舗が全国に設置されています。

SMBCモビットの自動契約機を使って即日融資!営業時間や手続きの流れは?

無人契約機でカード発行をするメリットは、スタッフの目を気にせずに申し込みが出来ることです。WEB申込とローン申込機をどちらも併用すれば、さらに手続きを省略することが出来ます。

ローン申込機で申し込みをする際にも、必要書類は同じです。免許証・保険証などの本人確認書類を忘れずに持っていきましょう。

特に急いでいる場合は、WEBの10秒簡易審査とWEB申し込みを済ませてから無人契約機へ行くようにして下さい。

デメリットと言えば、ローン申込機に入るときに人目が気になってしまう等があります。
そこをクリアすれば、無人のローン申込機はとても便利です。

近くにローン申し込みがない場合はスマホキャッシングで即日振込!

SMBCモビットがカードローン業界で始めて導入したスマホキャッシングは、モビット公式のアプリを持っている人なら誰でもキャッシングをすることが出来るのです。

スマホキャッシングは、24時間365日使えるカードレスのキャッシングになるので、急にお金が必要になった時など、銀行が閉まっている休日でもスマホからキャッシングをすることが出来るというメリットがあります。

近くにSMBCモビットのローン申込機がない場合や、行く時間がない場合、ちょっと恥ずかしい場合などは、スマホキャッシングの利用も可能なのです。

スマホキャッシングのメリットは、スマホさえあればキャッシングが可能であるということです。スマホキャッシングは、セブン銀行のATMを利用することになります。

SMBCモビットの申し込みがWEB完結出来るメリットとは?

「明日家賃の引き落としがあるのに、お金を用意するのを忘れていた!」等、何らかの口座振替を控えているのにお金の用意を忘れていた時などに、振込キャッシングはとても助かるシステムです。

たとえば、クレジットカード代金やローン返済の日にちを勘違いしていた、光熱費、家賃などの引き落としが翌日だったのに、うっかり忘れてしまっていた、など、誰にでも日にちの勘違いってありがちです。

特に、クレジットカードやキャッシング等の金融機関への返済を控えている時は、金融事故になりかねない遅延・滞納は絶対に避けたいところ。

遅延・滞納にならないために振込キャッシングを使うとしたら、大きなメリットになります。

借金の返済を借金で行うという行動をオススメするわけではないのですが、キャッシング等の借入金の返済については、1度遅延するだけでも銀行からの信用が大きく失われてしまいます。

信用はその後のローン契約にも影響する可能性もありますので、そんなリスクを回避するために、永続的ではなく一時的に振込キャッシングを活用するとすれば、振込キャッシングで支払いにあてるということは大きな選択肢の1つになります。

銀行口座が指定されてしまうので柔軟な利用が難しくなる

WEB完結の申し込みをしたい場合は、銀行口座が指定されてしまいます。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人は、そのままWEB完結申し込みの際に利用出来るのですが、それ以外の銀行口座を普段使用している人にとっては使えないというデメリットがあります。

ネットバンキングや振込キャッシングなどで使いやすいので、あらかじめゆうちょ銀行の口座を作っておくと便利でしょう。

また、もう1つのデメリットとして、社会保険証、組合保険証を持っていないといけないということがあります。

自営業や個人事業主の人は、国民保険に加入している人が多いです。しかし、SMBCモビットなどの振込キャッシングなどの消費者金融系のWEB申し込みでは、健康保険証が国保の人はNGなのです。国保が対応していないというのは、ちょっとしたデメリットです。

振込キャッシングの注意点!即日振込できない可能性はどれくらいあるの?

即日で振込キャッシングをするためには、銀行の営業時間内ということが条件になります。

そのため、振込にかかる処理なども考えると、平日の14時以降になると即日振込は厳しくなります。

また土日祝日も銀行が閉まっていますので、SMBCモビットのWEB完結からの即日振込キャッシングは厳しくなるでしょう。

営業時間外にSMBCモビットのサイトでWEB完結申し込みをした場合は、即日振込キャッシングは出来なくなります。銀行の翌営業日に順次対応していく形になります。

平日14時を過ぎた後や土日祝日にどうしてもSMBCモビットを利用したい場合は、モビットカードを利用したATMキャッシングで対応することが出来ます。

確実に当日振り込んでもらうためには?

SMBCモビットは即日振込キャッシングできることが大きな魅力です。しかし、即日振込には時間制限があります。

確実に即日振込キャッシングをするためには、どれだけ遅くとも当日13時までにはWEB完結で融資の申し込みをするようにしましょう。