体験談をもとにモビットで借入をする際に気よつけること

公開日:

サボるサラリーマンモビットでお金を借り入れたことはありますか?消費者金融でお金を借りることは、収入のある方であれば簡単にできます。

銀行に比べて審査が厳しいわけではなく、少額の借入もしやすいため、ついつい借り入れてしまう方が多いのではないでしょうか?

しかし、思っているよりも返済は簡単ではなく、いつまでもローンが残ってしまうなんてことがあるのです。

この記事では、モビットでの借入から返済までの流れを、体験談を用いて紹介します。

ぜひ自分に置き換えてご覧になってください。

リボ払いの借金地獄から抜け出す方法5つ!

モビットで借入までの流れ

モビットの申込みの方法は2通りあります。Webで申し込むか、カード申し込みです。

Webで申し込む場合、PCやスマホなど、インターネットが繋がればどこでも申し込むことが出来るんです。

また、三井住友銀行または三菱東京UFJの口座を開設しておく必用があるので注意してください。

申込みが終わると、モビットで審査が行われ、審査に通ると完了メールが届きます。

家族にバレずに借り入れることも出来るので、どうしてもお金が必用な方にはオススメです。

申込みが完了すると、ネットを利用した振込キャッシングか、銀行・コンビニのATMからのキャッシングによって借り入れることが出来ます。

簡易審査は本当に10秒でできるのか

モビットのホームページやCMなどでも有名な、簡易審査を10秒で行えるということは本当に可能なのでしょうか。

実際にこのサービスを利用した体験談を紹介します。

記入することは

  • 名前
  • 旧姓の有無
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 携帯の電話番号
  • 郵便番号・住所

この他にも最終学歴や、勤務先について記入します。

最後に収入と希望借入額を記入すると、審査が行われ、借入可能な場合はより詳しい情報を記入することになるんです。

実際に全てを終える時間は約10分はかかります。しかし、インターネットで申込みが可能なので、空いた時間を使えばさほど手間にはならないでしょう。

借金地獄の体験談

モビットで実際にお金を借り入れて、借金地獄になってしまった体験談を紹介します。

自分の身に置き換えて考えて見てください。

いつまで経っても元金が減らない

40代後半の自営業を営んでいる男性が、モビットで40万円借入ました。

毎月の返済は、手数料がかからず自動で引き落としがくる銀行振替にしていました。

返済額は毎月最小返済額を返済していたのですが、いつまで経っても引き落としは終わらず、元金がいくら残っているのか確かめたとこと、最小返済額では、ほとんど利息の返済に消えて元金が全く減っていなかったのです。

しかし、生活は厳しく、返済額を引き上げることもできなかった男性は、いつまでもローンが続いたそうです。

この体験談からもわかるように、40万円借りても、40万円以上の返済が自分を待っています。

利息は自分が思っているよりも首を締めてきます。

銀行に比べて金利が高い消費者金融で借入を行うときは、利息を払いきれるかどうかも見極めて借り入れるようにしましょう。

モビットの審査はあまい

30代後半の会社社員がモビットで50万円借り入れた話を紹介します。

この男性は独身で、モビットに借り入れる前に金融機関と消費者金融から既に借入がありました。

もともと毎月の返済が厳しく、生活も困窮していました。

どうしても元のローンの返済が厳しくなったので、モビットで借り入れた50万円は他のローンの返済にあてました。

モビットは三井住友銀行の傘下についており、銀行系消費者金融だからという理由で借入をしたものの、返済は前よりも厳しくなり、安易にモビットから借り入れたことを後悔したようです。

他のカードローンがあるにも関わらず、審査を通過できるモビットは審査が甘く感じたそうです。

このように、他にもいろいろな会社から借入がある方には、おまとめローンを使うのがオススメです。

おまとめローンであれば、返済先を1つにまとめることができ、もしかしたら金利を安く設定出来る可能性だってあるんです。

自分の返済能力を見定める

モビットから借入をする際は、自分の返済能力を見誤らないようにしましょう。

どこの消費者金融でも審査は行われます。

しかし、銀行に比べて審査が甘い消費者金融では、意外に審査を通過し、どんどん借り入れることが出来てしまうんです。

例えば、年収100万の方が100万円の借入をするのも、返済は相当厳しくなってしまいます。

返済までのペースや金額をイメージして借り入れるようにしましょう。

借り入れてしまう人ってどんな人?

ここまでの体験談から、消費者金融に借入過ぎてしまう人の特徴として2つ挙げられます。

1つ目は、ローンを返済しようとしてさらに新しいローンを組んでしまう。

2つ目に、少額な借入をし続けて、いつの間には返済が困難なほどにローンが膨れ上がってしまっている。

このようにならないためにも、しっかりと、自分の収入や将来を見据えて、本当に返済出来るのかを一旦考えてから借入は行いましょう。