SMBCモビットの増額申請方法を徹底解説!増額審査に落ちる人の特徴

公開日: 最終更新日:

両手を広げる女性

どうしてもお金を借りなくてはいけないとき、利用限度額を増額したくありませんか?

しかし、利用限度額を増額することは、最初の申込みよりも審査が厳しいのです。

なぜなら、最初に借入者の収入などを考慮して設定した限度額を、増加することは返済できなくなってしまう可能性があるからです。

この記事では、SMBCモビットの利用限度額を上げるにはどうすれば良いのかについて紹介します。

目次

SMBCモビットの限度額は800万円!それでも増額希望者が多い理由は?

SMBCモビットの利用限度額の最高は800万円です。いくら増額し続けても、800万円以上は借り入れられません。

他の消費者金融と限度額の最高額を比べると、以下の通りになります。

借入利率 限度額
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 3.0~18.0% 1~800万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
プロミス 4.5~17.8% 1~500万円

SMBCモビットは他の大手消費者金融と比較しても、限度額は高く設定されています。

だからといって、限度額の増額が簡単になるわけではありません。

初回借入で融資されるのは100万円以下がほとんど

SMBCモビットの限度額は確かに最大800万円となっていますが、初回借入時の融資は100万円以下の少額に設定されることがほとんどです。

はじめてSMBCモビットを利用するときは、利用者との信頼関係が構築されていません。

そのため、リスクを最小限に留めるために限度額を少なくされてしまうのです。

高所得者などの例外を除き、いきなり高額借入が出来るケースはほぼありません。

増額審査に通れば毎月の利息が減る?

SMBCモビットは、借入限度額が低いほど高い金利が適用されます。

SMBCモビットの金利は年3.0~18.0%となっていますが、100万円以下の借入なら最大金利の18.0%になるケースがほとんどです。

もし増額審査で借入額を100万円超に増やせば、その分だけ金利も下がります。

金利が下がれば利息も減るのでお得に利用できるようになりますよ!

プロミスの金利は高い?返済時の注意点と利息を減らすコツ

増額審査通過はSMBCモビットに限らず難しい

どこの消費者金融でも増額の審査は厳しく、簡単にはいきません。

なぜ限度額の増額は、新規申込みよりも厳しいのかというと、新規申込時に本人の収入や状況を慎重に審査しているからなんです。

この限度額であれば、返済は可能だろうと設定した金額を引き上げて、お金を貸すことは、本人の返済の負担が大きくなってしまいます。

収入が増えたり、思わぬ収入がないと、限度額の増額はSMBCモビットに限らず難しいのです。

年収の3分の1までしか借りられない

総量規制というものが消費者金融には課せられています。

総量規制とは、年収の3分の1以上は貸し出してはいけないという規制です。

なので、限度額を増加しようにも、信用や返済状況云々ではなく、総量規制に引っかかってしまう金額は増加できないのです。

SMBCモビットの限度額最高は800万円なので、800万円借り入れたいのであれば、最低でも2400万円の収入が必要なのです。

SMBCモビットの増額審査はいつから受けられる?

増額審査の申し込み自体は、新規の借入を受けた瞬間からいつでも可能です。

ただ、新規借入をおこなってすぐに増額審査を受けるのは、あまりおすすめしません。

新規の借入審査では申込者の収入・信用情報などが見られますが、増額審査ではSMBCモビットの利用実績も良く見られます。

返済期間をしっかり守る利用者なら増額審査に通りやすくなりますが、利用期間が短すぎると優良な利用者かどうか判断する材料が少ないので審査に通りにくくなります。

どれくらい期間を空ければ良いかは公表されてないですが、最低でも新規借入から半年は空けるようにしましょう。

借入期間の長さだけでなく借入回数の多さも重要

SMBCモビットの増額審査に通るのは、「しっかり返済をしてくれる利用者」なので、ただ新規借入から期間を空ければ良いというものではありません。

十分な回数借入・返済をおこなってはじめて利用実績が積み上がるのです。

増額審査に通りたいなら、期間と回数の2点を意識しておきましょう。

もし借入回数が少ないのに増額審査を受けたいという方は、そもそものキャッシング利用の考え方を見直す必要があるかも知れません。

SMBCモビットの増額審査のポイントを解説

限度額を増加させたいのであれば、収入を増やすことが手っ取り早いです。

収入が増えれば返済能力も上がるので、SMBCモビット側からしても信用は強くなります。

ですが、収入を一気に上げることなんてそうそう出来ることでは無いですね。

なので、SMBCモビットに信頼してもらうためにも、返済実績には気を使いましょう。

返済実績は、この人にお金を貸しても、ちゃんと返ってくるという証明になるのです。みなさんも、信用のない人からお金をもっと貸してくれなんて言われても断りますよね。

増額審査の申込方法

決められていた限度額を増加するには、SMBCモビットに申請をしなくてはいけません。

限度額の引き上げ申請は、電話で行うことが出来ます。

電話番号は0120-24-7217です。

営業時間は9~21時です。この時間であれば、いつでも電話で申請することが出来ます。

オペレーターに限度額の引き上げについてと伝え、審査が行われます。

電話から約3営業日ほど時間はかかるので、今すぐに増額したい方にはおすすめできません。

限度額の増額に必要な書類

SMBCモビットに限らず、限度額の増額には、収入証明書の提出が必要です。

先程も説明しましたが、総量規制という規制がSMBCモビットなどの消費者金融にはあり、収入の3分の1までしか貸し出すことが出来ません。

なので、収入が増えたから増額してくれと言われても、収入証明書がないと、いくらまで貸し出すことが出来るのかがわからないのです。

もしも、収入証明書を提出出きない場合はSMBCモビットで限度額を上げる審査を受けることが出来ないのです。

収入証明書として以下の書類を準備しておきましょう。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給料明細(直近2ヶ月分)

10万円ごとに増額ができる

SMBCモビットで限度額増加の審査を通過した場合、10万円ごとの増加をすることが出来ます。

限度額は800万円で、増加することが出来るんです。

口コミなど、実際にSMBCモビットの限度額を増加した方の声を参考にすると、最初の増加では10~20万円など無理のない引き上げが行われています。

急激な限度額の増加は期待しないようにしましょう。

在籍確認は基本的にはなし!借入後に転職したら会社連絡が来るので注意

SMBCモビットの増額審査で在籍確認はおこなわれません。新規借入時に確認が取れているので、改めて確認する必要がないということですね。

一方、新規借入審査の後に転職した場合は、増額審査時に在籍確認の連絡が来る可能性が高いです。

コールセンターに問い合わせて、こちらが書類を提出することで在籍確認を済ませてくれるよう頼むこともできますが、例え書類を提出したとしても相手が必要と判断すれば電話が来るので、注意しましょう。

土日は増額審査をおこなっていないので注意

SMBCモビットは増額申請を365日いつでも受け付けています。

しかし、土日祝日は審査や結果の通知をおこなっていないので、例えば金曜日夜にSMBCモビットへの増額申請をおこなった場合は、翌週の月曜日に処理されるようになります。

スピーディに借入額を融資したい方は注意しましょう。

SMBCモビットの増額審査はアプリを使って申し込むのがおすすめ

SMBCモビットは、Myモビというアプリを提供しています。

このアプリを使えば、スマホから24時間いつでも増額申請をすることができます。

Myモビで増額申請をする際は、電話番号を入力するだけで仮審査の申し込み手続きは完了です。

申込から10分ほどで、SMBCモビットの担当者から審査の連絡がきます。

SMBCモビットの増額審査に落ちる人の特徴

前述の通り、カードローンの増額審査は通過がなかなか難しく、一筋縄ではいきません。

ただ、SMBCモビットの増額審査に落ちる人の多くは、共通した欠点を持っています。このポイントを理解し、自分に当てはめて改善することで審査通過の可能性はグッと上がります。

ここからは、SMBCモビットの増額審査に落ちる人とはどういう人なのか解説していきます。

SMBCモビットの返済に遅れがちな人は増額審査に高確率で落ちる

SMBCモビットの新規借入審査は、信用情報機関から得た他社借入やクレジットカードの利用状況などを使っておこないます。

一方、増額審査は自社のカードローン利用状況を見て結果を出すので、これまでSMBCモビットをどう使ってきたかがダイレクトに反映されます。

借入から今まで、何度か返済期限に遅れたという方は、増額審査に通る可能性はかなり低いです。

反面、これまできっちりルールを守ってローン利用をしてきた方にはチャンスですが、SMBCモビットが認めるほど優良な顧客であれば、すでに家に増枠案内が届いているはずです。

これまで延滞がなくても、油断せず審査対策をしましょう。

他社借入額が増えている

他社の借入額が新規の申し込み時から増えている場合は、増額審査になかなか通りにくいです。

本来であれば、SMBCモビット側としても既存のローン利用者にはどんどん増額申請をしてもらいたいはずです。長年利用してもらったほうが、その分利息も回収できますしね。

ただ、新規の借入時よりも他社からの借入が増えていれば、相対的にSMBCモビットにかける返済負担は少なくなります。この場合、「他社の完済に精一杯で、SMBCモビットが完済できなかった…」なんて事態に陥りかねません。

SMBCモビットとしても、増額の融資をするのはリスクがあるということを理解しましょう。

増額審査を受けるのはリスクも!良く考えて申し込もう

前述の通り、増額審査の申し込み時にはすでにSMBCモビットの新規借入をしてから時間が経っており、SMBCモビットも以前よりずっと多くの申込者情報を確保しています。

例えばこれまでSMBCモビットを問題なく利用していたとしても、増額審査の申し込みで嘘がバレれば、審査落ちはもちろんのこと、継続したローン利用も打ち切られるリスクが出ます。

また、半年前に新規借入をしたときは収入も勤続年数も問題なかったが、増額審査の申込内容を見ると転職しており、収入がガクッと落ちているというケースもあります。

新規の審査で問題はなかったが、増額審査で問題が見つかり、逆に借入額の減額や利用停止を受けることもあるので注意しましょう。

2018年以降SMBCモビットの増額審査は特に注意して受けよう

2018年、銀行カードローンが審査時に申込者と警察データベースの照合をおこなうことになり、審査時間が以前より長くなりました。

それにより、銀行カードローンは即日融資が不可となりましたが、SMBCモビットなどの消費者金融は依然、即日融資が可能です。

ただ、SMBCモビットはメガバンクである三井住友銀行グループの会社です。

銀行の中でも特に信用を売りにしているメガバンクのグループですから、2018年を境に何かしらの審査基準の改善をおこなっていても不思議ではありません。

前述の通り、自信のないまま増額審査を受けても、かえって減額される可能性もあるので、こうした改正も踏まえて万全の状態で申し込むようにしましょう。

増額案内が来るのを待つのも一つの手

もしあなたがSMBCモビットを返済期限を守りしっかりと利用していれば、増額の案内が郵送か電話できます。

これは、SMBCモビットのほうから「あなたは優良な顧客だからもっと融資をして欲しい」と認められたということです。

増額案内が来てから申し込めば、増額審査に落ちることはほとんどありません。

審査に通るかわからない状態で申し込むより、案内を待って、太鼓判を押された状態で申し込むのも、リスクを回避する一つの手です。

SMBCモビットの増額審査に落ちた人におすすめの対処法

即日融資可能なカードローンに申し込む

SMBCモビットの増額審査に落ちてしまったら、再度審査を受けても数か月は通る見込みがありません。

信用情報が下がるリスクもありますが、どうしてもお金を借りたいなら2社目のカードローンに申し込むのも一つの手です。

ただ、カードローンの新規申し込みは収入証明書の提出が必要だったりするので、準備に時間がかかります。

また、前述の通り銀行カードローンは即日融資ができなくなったので、各行に申し込んでも融資までどれだけ時間がかかるかわかりません。

こちらに即日融資可能なおすすめカードローンをまとめてあるので、ぜひ2社目選びの参考にしてください!

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ

カードローン以外の方法でお金を増やす

カードローンの増額審査は最初に言った通り基準が厳しいので、落ちてもある意味仕方がないと言えます。

利用者の収入や信用情報は短期間で劇的に改善されることはまずないので、一度審査に落ちてしまったら再度受けても通る見込みはなかなかありません。

ただ、カードローンのように利用者自身を審査してお金を借りる方法ばかりではありません。

例えば、質屋は高額な品物さえ担保にできれば、利用者の収入に関わらず高額融資を受けることができます。

SMBCモビットの増額審査に落ちてしまったら、残額の利用と並行して、以下で紹介されているような方法も試していきましょう!

注意して利用限度額を増額しよう

限度額を増加するということは、返済する額が増えるリスクが増えるということです。

なので、収入が増えて限度額が増加したからと言って、借り入れる額は考えて借りるようにしましょう。

限度額が増加したからと言って、限度額まで借り入れなくてはいけないということではありません。

どうしてもお金が必要な状況はあると思うので、最低限度額だけ借入をして、無理のない返済ができるようにしましょう。