Tカードプラス(SMBCモビットnext)のメリット・デメリットと審査の流れ【口コミ・評判】

公開日:

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はモビットカードローン、クレジットカード、Tカードの三つの機能が一体化している便利なカードです。

カードローンを利用したいというときにどのようなメリットやデメリットがあるのかを紹介します。カードローンとしての基本情報や審査を受ける流れなどについても一通り理解しておきましょう。

実際に使ってみた人の口コミについても確認すると、自分が使うカードローンとして適しているかがわかってきます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の基本スペック

申し込み条件
  • 年齢が満20歳以上、69歳以下の安定した定期収入のある方
  • アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
  • パソコン、スマートフォン、ケータイなどでインターネットから申し込むにはメールアドレスを利用できる方
利用用途 自由(ギャンブル目的の資金は融資不可)
利用限度額 1万円〜800万円
返済方法
  • ATM返済
  • 振込返済
  • 口座振替
返済日 5日、15日、25日、末日から選択
保証会社 SMBCモビット

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のメリット

  • モビットカードローンとクレジットカードとTカードの三つの機能が一体化している
  • 提携ATMが多くて利用しやすい
  • カードローンだけなら迅速なカードの発行を依頼することが可能
  • 入会キャンペーンとして魅力的なものが実施されている

カードローンとクレジットカードとTカードの三つの機能が一体化している

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はモビットカードローン、Mastercardのクレジットカード、TポイントとTマネーが使えるTカードの三つの機能を一枚で発揮してくれるのがメリットです。

通常のSMBCモビットのカードローンと同様に融資を受けられるだけでなく、クレジットカードでの分割払いやリボルビング払い、キャッシングについても利用できます。

クレジットカードの支払いでは200円につき1ポイントずつTポイントが貯まり、このカードを使って必要なときに使うことが可能です。

提携ATMが多くて利用しやすい

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は提携ATMが多くて気軽に使えるのがメリットです。

全国で約130,000台ものATMを使えるので近くでキャッシングできる場所を探すのはあまり難しくありません。

多くの銀行や信用金庫、コンビニや駅のATMを利用できるようになっています。

カードローンだけなら迅速なカードの発行を依頼することが可能

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はクレジットカードを発行するので審査にやや時間がかかります。

しかし、カードローンを利用したいだけならまずはモビットカードを手に入れてキャッシングすることが可能です。

最短30分での審査を行ってくれますが、さらに急いでいるときにはWEB上から申し込んですぐにフリーコールで電話をかけると審査を早めてくれます。

融資を急いでいるときほど役に立つサービスです。

入会キャンペーンとして魅力的なものが実施されている

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は新規発行時に利用できるキャンペーンをしばしば実施しています。

条件を満たすことによりTポイントを付与してもらえるなどのメリットがあるのが魅力です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のデメリット

  • どの程度の金利になるかは審査を受けてみないとわからない
  • 総量規制を受けるから収入が少ないと限度額が低い
  • 必要がなくてもクレジットカードとTポイントカードがついてきてしまう
  • 無利息期間が設定されていない

どの程度の金利になるかは審査を受けてみないとわからない

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のモビットカードローンでは金利の幅が3.0%〜18.0%と定められているだけで、どの程度の金利が適用されるかは審査を受けてみなければわからないのがデメリットです。

審査結果に満足できない場合には交渉することもできますが、基本的には規定に従って決まるのであまり交渉による金利の引き下げは期待できません。

総量規制を受けるから収入が少ないと限度額が低い

消費者金融から融資を受ける形になるため総量規制を受けるのもTカードプラス(SMBCモビットnext)を利用するデメリットです。

収入の三分の一が融資を受けられる上限になるので、限度額はそれ以下に設定されてしまいます。

もともと収入が少ない人の場合には必要な金額を借りられずに悩む可能性もあるでしょう。

必要がなくてもクレジットカードとTポイントカードがついてきてしまう

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はクレジットカードとTカードがセットになってしまっているのがデメリットになる可能性もあります。

クレジットカードは持ちたくないという人も手にしなければならなくなるからです。

既に使い慣れているTカードがあるから余計なものを持ちたくないという人もいますが、Tカードプラス(SMBCモビットnext)を選ぶとどちらも付帯したカードを持たざるを得ません。

特にクレジットカードを持っているとつい使ってしまうから手放したという人にはデメリットです。

無利息期間が設定されていない

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のモビットカードローンでは無利息期間が設定されていないのもデメリットです。

融資を受けてからすぐに利息が付いてしまいます。

無利息期間が30日程度あるカードローンも多いのでデメリットになる部分です。

無利息期間サービスを利用したいのであれば、こちらで紹介されている消費者金融へのお申込みをおすすめします。

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査の流れ

  1. モビットカードの発行を申し込む
  2. 審査結果の通知を受け取る
  3. 結果を確認して入会の手続きを行う
  4. 必要書類の送付を受けて返送する
  5. Myモビから発行を申し込む
  6. Tカードプラス(SMBCモビットnext)のカードを受領する

モビットカードの発行を申し込む

Tカードプラス(SMBCモビットnext)を手に入れるにはまずSMBCの会員になってモビットカードを発行してもらう必要があります。

パソコン、ケータイ、スマートフォンあるいは郵送か電話で申し込みを行うことが可能です。

申し込みに必要な書類は本人確認書類、収入証明書類です。

審査結果の通知を受け取る

申し込みをするとメールまたは電話で審査結果の連絡が届きます。

平日であれば最短で30分程度で審査が終わりますが、急ぎの場合にはフリーコールに電話をすると速やかに審査を行ってもらうことも可能です。

プロミスコールの基本情報
電話番号 0120-24-0365
受付可能日 土日・祝日も可
受付時間 9:00~22:00

結果を確認して入会の手続きを行う

上限額や金利についても確認して納得できる内容の場合には入会手続きを行いましょう。

カードの受け取り方法を郵送、ローン申込機、ローン契約機の中から選び、カードの発行を受けます。

必要書類の送付を受けて返送する

カードの発行を終えた後でSMBCモビットから必要書類の提出を求められます。

その書類に記入して返送すればモビットカードの発行手続きは完了です。必要書類として求められるのが入会申込書と預金口座振替依頼書です。

Myモビから発行を申し込む

モビットカードを手に入れたらカード番号と暗証番号を使ってMyモビにアクセスします。

この中にTカードプラス(SMBCモビットnext)の申し込みを行うための三井住友カードのサイトへのリンクがあり、それをクリックして申し込み手続きを行います。

この手続きはパソコン上から行うことが必要です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のカードを受領する

申し込みを終えたら審査が一週間前後行われて、通過できればTカードプラス(SMBCモビットnext)のカードが発行されます。

オンラインでクレジットカードの引き落とし口座を登録しておくか、カードの発行後に登録することが必要です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査基準は厳しい?甘い?

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査はSMBCモビットによって行われています。

一般的な消費者金融と同様に銀行のカードローンに比べて審査は通りやすい傾向がありますが、本人の借入状況や信用情報による影響を受けるので一概には言えません。

ただし、発行の際にはクレジットカードの審査も同時に受けなければなりません。

一般的な年会費無料のクレジットカードを発行してもらえる程度の信用情報が必要になるため、やや審査基準は厳しめにならざるを得ないでしょう。

収入が少ない人の審査に有利

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のモビットカードローンは収入が少ない人にとって審査が通りやすいという面があります。

一般的に収入が少ないアルバイト、パートでも基準を満たしていれば利用対象になると明確に記載されているからです。

属性に悩みがある人の審査に有利

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は属性の面から不利と感じている人も利用しやすくなっています。

派遣社員、自営業の人でも利用可能と明示されているので、属性の観点から審査が通りにくいと考えている人も審査を通れる可能性があるでしょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の金利

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の金利設定

SMBCモビットの金利
実質年率 3.0%〜18.0%

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の金利はSMBCモビットの規定に従って決まります。

金利は審査結果に応じて決まる

銀行のカードローンの場合には契約時に決まる利用限度額に応じて金利が定められるのが通常ですが、SMBCモビットのカードローンの場合には適用金利に関して具体的な対応表が明示されているわけではありません。

個々に行われる審査結果に応じて決定されることになっているため、審査を受けてみなければどの程度の金利になるかはわからないのが原則です。

借入額にかかわらず、審査結果によって定められた金利が適用されます。

ただし、元本が100万円以上の場合には利息制限法の制限を受けるので上限は15.0%です。

利息制限法の制限内容
借入額 上限金利の最大額
10万円未満 年20.0%以下
10~100万円未満 年18.0%以下
100万円以上 年15.0%以下

同法によると10万円以上100万円未満の場合には上限が18.0%、10万円未満の場合には20.0%となっていますが、SMBCモビットのカードローンの場合には18.0%が上限とされているので10万円未満でも18.0%を超える金利が適用される心配はありません。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の返済

返済方法

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の返済方法は下記の三種類です。

  • ATMから振り込んで返済
  • 銀行口座からの振込で返済
  • 口座振替で返済

毎月一回のペースでお金があるタイミングで返済するか、自動的に引き落としてもらうかを選べます。

返済日

どの返済方法を選んだ場合でも返済日は1ヶ月に1度、5日、15日、25日、末日の中から選ぶことができます。

ATMや振込で返済する場合にはその日までにお金を入れておけば問題ありません。

返済額

Tカードプラス(SMBCモビットnext)では借入後残高スライド元利定額返済方式が採用されていて、次の表に従って返済することになります。

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超30万円以下 11,000円
30万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24,000円
90万円超100万円以下 26,000円
100万円超 20万円ごとに4,000円ずつ加算

Tカードプラス(SMBCモビットnext)を実際に利用した人たちの口コミ・評判

年齢 31歳
性別 男性
年収 410万円
子供が事故を起こしてしまって急にお金が必要になってしまい、カードローンの利用を考えました。クレジットカードを持っていなかったので、これを機会に持っておけば同じようなことがあったときにも支払いが簡単だと思ったのがTカードプラス(SMBCモビットnext)を選んだ理由です。収入はそれなりにあるのですが、自営業なのでやや審査には心配がありました。無事に即日で借り入れができ、一体型のカードも後日手に入って良かったです。
年齢 27歳
性別 女性
年収 100万円
家計のやりくりが大変になることが多くて、お金の調達方法を持っておきたいと考えてTカードプラス(SMBCモビットnext)に申し込みました。パートで働いていてあまり収入はなかったので他のカードローンで断られたことがあります。でも、モビットカードはすぐに発行されて、クレジットカードについても一週間ほどで発行してもらえました。