名古屋銀行カードローンのメリット・デメリットと審査の流れ【口コミ・評判】

公開日:

給料日までまだ日にちがあるのに、予期していなかった出費でピンチになったという経験がある方も多いのではないでしょうか。

どうしてもお金が必要な場合、カードローンはとても頼りになるアイテムです。

カードローンと聞くと、抵抗を感じる方もいるようですが、きちんと管理ができれば安心して利用することができます。

ここでは、名古屋銀行カードローンのメリット・デメリットや審査の流れなどを、分かりやすくまとめてみました。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

名古屋銀行カードローンのスペック

実質年率 2.9%~14.5%
審査時間 3~4営業日
限度額 10万円~1,000万円(※専業主婦・パート・アルバイト・年金受給者は本人や配偶者に安定した収入がある場合、50万円まで可能)
申し込み方法 インターネット、FAX、郵送、窓口
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社セディナ
返済期間 1年(自動更新)
返済方式 残高スライド方式
延滞損害金 年14.5%
無人契約機
提携ATM コンビニ・銀行
手数料 108円~216円
女性向けローン

名古屋銀行カードローンは上限金利が14.5%で、消費者金融より低めに設定してあります。

申込方法は4種類あり、担保・保証人は不要です。

即日融資は行われておらず、審査時間が最低でも3~4営業日かかるので、余裕を持って申し込むことが必要です。

名古屋銀行カードローンの申込み条件

名古屋銀行カードローンを申し込むには、以下のすべての条件を満たす必要があります。

名古屋銀行取扱店の営業区域内である愛知県や岐阜県に居住しているか、または勤務先(営業先)がある方のみ利用が可能です。

契約時の年齢は満20歳以上から満69歳以下で、パートやアルバイトなどの非正規職員や年金受給者・20歳以上の学生も対象になりますが、申込者自身か配偶者に継続して安定した収入があることが条件になっています。

また、仕事をしている場合は、6カ月以上の勤続年数が必要になります。名古屋銀行カードローンは担保や保証人は不要ですが、銀行が指定する保証会社(株式会社セディナ)の保証が受けられることも必須条件になっています。

名古屋銀行カードローンは即日融資できる?

名古屋銀行カードローンは、即日融資は行われていません。最低でも審査に3日ほど時間が必要で、状況によってはそれ以上かかることもあります。

契約方法は、銀行窓口で直接行うか、WEB・郵送のどちらかになります。店頭窓口の方が郵送の日数を省くことができるので、早く融資を受けたい方にはおすすめです。

審査結果が出たらすぐに銀行窓口に行き、契約手続きをすると4日ほどで借入が可能になります。

銀行窓口に行けない場合は、WEB・郵送契約になります。審査完了後、契約書が名古屋銀行から送られてきます。

必要事項を記入し、本人確認書類のコピーを同封して銀行に郵送します。内容に問題がなければ名古屋銀行ローンカードが送られてきます。

名古屋銀行カードローンのメリット・デメリット

名古屋銀行カードローンにはさまざまなメリットがありますが、当然デメリットも存在します。

カードを利用する前に、これらをしっかりと把握することが大切です。以下に名古屋銀行カードローンのメリット・デメリットをまとめてみました。

銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる理由をプロが徹底解説

名古屋銀行カードローンのメリット

期間内に自由に返済できる

名古屋銀行カードローンには返済日が設けられていません。

その代わり、1ヶ月の返済期間が設けられています。

その期間内であれば、返済日や返済金額を自分の都合に合わせることが可能です。

また、お金に余裕がある時は、返済額以上の金額を繰上げ返済できるなど、返済に関する自由度が高いのがメリットとして挙げられます。

学生や専業主婦でも申込が可能

名古屋銀行カードローンは、学生や専業主婦(配偶者に一定の収入がある場合)・パート・アルバイトなどでも、安定した収入があれば申込ができます。

また、年金収入のみの方でも申込が可能で、職業や収入などに細かな制限がなく利用しやすいこともメリットになります。

銀行窓口でローンカードを発行してもらえる

名古屋銀行の窓口に直接契約に行くことで、ローンカードをその場で発行してもらえます。

時間的には来店から1時間~2時間程度かかりますが、早く融資を受けたいという方にはとても便利なサービスと言えます。

また、窓口でローンカードを受け取ることで、自宅に郵便物が送られることはなくなるので、家族に知られたくない方にも便利です。

名古屋銀行カードローンのデメリット

即日融資はできない

名古屋銀行カードローンは、即日融資が行われておらず、審査から融資まで比較的時間がかかることがデメリットとして挙げられます。

審査には3~4営業日が必要で、申込当日に審査の回答を得ることはできないので、早急にお金が必要な方には向いていません。

銀行窓口で契約を行っても最短で3営業日が必要で、WEB・郵送契約の場合はさらに時間がかかり、申込から契約完了まで1週間~2週間ほどかかります。

営業区域以外は申し込みできない

名古屋銀行カードローンは、愛知県や岐阜県など名古屋銀行の営業エリアに住まいや勤務先がある方しか利用できません。

利用できるエリアが限定されているのがデメリットです。

ATM手数料がかかることがある

名古屋銀行カードローンは、当銀行のATM以外は借入・返済利用時に108円~216円の手数料が発生してしまいます。

カードローンの利用者が名古屋銀行と取引がない場合、返済のためだけに名古屋銀行に行くのは手間になります。

また、最寄りのコンビニなどで借入や返済をすれば、手間は省けますが、利用回数が多いと手数料もその分支払わなければいけません。手数料が無料でないのがデメリットです。

名古屋銀行カードローン審査の流れ

【インターネット申込みの場合】

  1. 名古屋銀行の公式ホームページから申込みをする。
  2. 申込フォームですべての内容を記載し送信する。
  3. 名古屋銀行から電話で申込内容の確認が行われる。
  4. 仮審査の結果が電話か登録先住所に送られる。
  5. 名古屋銀行本支店に来店するかまたは郵送で正式な契約手続きをする。
  6. 銀行窓口に来店するか郵送のどちらかで名古屋銀行ローンカードの受け取りをする。
  7. ローンカード受取後、すぐに融資が開始される。

名古屋銀行の公式ホームページから申込みをする

名古屋銀行の公式ホームページにアクセスし、カードローンの申込みボタンをクリックします。インターネットでは、24時間受付が行われています。

申込フォームですべての内容を記載し送信する

申込フォームに、住所・氏名・年収・家族構成など必要事項を記入し、間違いがないかを確認して送信します。

名古屋銀行から電話で申込内容の確認が行われる

名古屋銀行から申込内容を確認するための電話が入ります。

仮審査の結果が電話か登録先住所に送られる

仮審査の結果は、電話か郵送になります。早くて申し込みから3日ほどで、審査の状況次第ではそれ以上かかることもあります。

名古屋銀行本支店に来店するかまたは郵送で正式な契約手続きをする

仮審査に合格していれば、来店して契約手続きをするか、本人確認証など必要な書類を同封して契約書を郵送します。

銀行窓口か郵送のどちらかで名古屋銀行ローンカードの受け取りをする

契約手続きを銀行窓口で行った場合、その場でローンカードを発行してもらえますが、郵送の場合は契約書類の内容が確認された後に銀行からカードが送られてきます。

ローンカード受取後、すぐに融資が開始される

ローンカードを受け取った後は、すぐに利用ができます。”

名古屋銀行カードローンの金利

借入限度額 適用金利
10万円~50万円 14.5%
60万円~100万円 12.5%
110万円~200万円 9.5%
210万円~400万円 6.5%
000万円~700万円 4.5%
410万円710万円~1, 2.9%

名古屋銀行カードローンの金利は2.9%~14.5%で、地方銀行でありながら大手都市銀行と同じくらいの設定です。

借入限度額は10万円~1,000万円(10万円単位で借入が可能)になっています。審査の結果、上述の表のように借入限度額が決定されます。

金利は借入額が少ないほど高く、借入額が多いほど低く設定してあります。それぞれの金額に応じた金利が固定して定められているので、返済の計画が立てやすいのが特徴です。

他の銀行カードローン金利と比較!

カードローン名 金利(年率) 借入限度額
名古屋銀行カードローン 2.9%~14.5% 1,000万円
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円

名古屋銀行カードローンと、大手都市銀行の金利を比較してみました。

上述の表から、最低金利は4銀行中3番目とやや高めですが、最高金利は4銀行ほとんど同じです。

名古屋銀行の最高金利が適用されるのは借入限度額が50万円までなので、それほど大きな額にはなりません。

特にカードローンが初めてという方は、10万円~50万円の少額を契約するケースが多いので、都市銀行と同じくらいの低金利が実現している名古屋銀行カードローンは、利用しやすいと言えるでしょう。

名古屋銀行カードローンの返済方法

名古屋銀行カードローンの返済方法は、ローンカードを利用した名古屋銀行及び提携ATM(全国のコンビニ、他行ATMなど)からの返済と、バンクステージ(別途契約が必要)を利用した振替返済の2通りがあります。

前月末の借入残高に応じた約定返済額(2,000円~10万円)を当月の末日までに返済します。1回の返済が難しい場合は、何回かに分けて支払うこともできます。

銀行口座を持っていても、口座引き落としによる返済は行われていないので注意が必要です。

名古屋銀行本支店ATMでの返済には手数料がかかりませんが、コンビニATMや他行ATMでは営業時間内であれば108円、営業時間外であれば216円の手数料がかかります。

返済に利用できるATM一覧

  • 名古屋銀行本支店ATM:愛西支店・葵支店・味鋺支店・味美支店・荒子支店・新瑞橋支店・安城支店・一宮西支店・一社支店・稲永支店・稲沢支店・犬山支店・猪子石支店・今池支店・岩倉支店・岩塚支店・内田橋支店・梅森支店・大江支店・大阪支店・大曽根支店・大高支店・大治支店・大府支店・岡崎支店・岡崎南支店・小田井支店・覚王山支店・春日井支店・蟹江支店・上前津支店・神守支店・刈谷支店・川原通支店・瓦町支店・蒲郡支店・喜多山支店・木場支店・岐阜支店・黒川支店・高蔵寺支店・江南支店・鴻仏目支店・小牧支店・桜山支店・五月通支店・塩釜口支店・師勝支店・静岡支店・島田支店・甚目寺支店・浄心支店・瀬戸支店・高針支店・武豊支店・多治見支店・大樹寺支店・知多支店・茶屋坂支店・知立支店・津島支店・東海支店・東京支店・東郊通支店・東郷支店・当知支店・豊明支店・豊川支店・豊田営業部・豊田東支店・豊田浄水支店・豊田南支店・中村支店・長久手支店・名古屋駅前支店・鳴尾支店・鳴海支店・鳴海東支店・南陽町支店・西尾支店・日進支店・羽黒支店・浜松支店・半田支店・東中島支店・一ツ木支店・平針支店・枇杷島通支店・藤が丘支店・扶桑支店・平田町支店・碧南支店・北部市場支店・堀田支店・本場支店・港支店・三好支店・八熊支店・柳橋支店・六番町支店
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 愛知銀行
  • 十六銀行
  • 百五銀行
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM

上記のATMが利用できます。全国キャッシュサービス(MICS)と提携している金融機関や信用金庫などでは、借入や残高照会などのサービスは利用できますが、返済のみ利用できないので注意が必要です。

また、名古屋銀行本支店以外のATMでは、時間帯によって手数料が108円~216円かかるので、数回に分けて返済をする際は利用場所や時間に気を付けましょう。”

名古屋銀行カードローンの返済日

名古屋銀行カードローンには返済日というものが設けられていません。

借入をはじめてした月の翌月から返済が始まり、月の末日までが返済期間に設定されています。1回でその月の約定返済額を返してもよいですし、数回に分けて返済することも可能です。

50万円借入をした場合を例にすると、月々の約定返済額は10,000円になります。1ヵ月の間に3,000円・3,000円・4,000円など、自分の都合の良い日に返済金を分けて返すことができるのが、名古屋銀行カードローンの大きな特徴です。

また、返済額以上の金額を繰り上げて返済することもできます。ただ、返済回数を多くすると、その都度手数料がかかることがあるので注意が必要です。

毎月の返済額

名古屋銀行カードローンの返済額は、借入残高に応じて2,000円から100,000円までの約定返済額が設定されています。

借入残高が100,000円以下の毎月の返済額は2,000円で、200,000円以下は4,000円、300,000円以下は6,000円となり、借入残高が1,000,000円まで100,000円増えるごとに2,000円づつプラスされます。

借入残高が1,000,000円を超えると、1,000,000円増えるごとに10,000円づつプラスされます。

名古屋銀行カードローンは、最低返済額が2,000円ととても低く設定されているのが特徴です。生活を圧迫せずに、無理なく返済を続けることが可能です。

名古屋銀行カードローンの口コミ・評判

年齢 40歳
性別 女性
借入額 30万円
専業主婦ですが、夫の年収が200万以上あったので、審査に通ることができました。子どもが私立の高校に進学し、修学旅行の費用が足りなかったので借入をしました。毎月の返済額が2,000円なので、家計を圧迫することなく、ちょっと節約をしながら返せるのが良いです。

主婦だから借りられないと半分諦めていましたが、とても助かりました。

年齢 21歳
性別 男性
借入額  20万円
大学生でバイトをしています。友人と旅行をすることが決まり、親に負担をかけたくなかったので、地元の名古屋銀行カードローンを申し込みました。選んだ理由は、少額で借入をしたかったので、このカードローンが自分にはピッタリだと思ったからです。

銀行の窓口で申込と契約をしましたが、係の人もとても親切で安心できました。3日で結果が分かり、すぐに利用できたのも良かったです。

年齢 46歳
性別 男性
借入額 200万円
親との同居が決まり、家のリフォーム代に借入をしました。審査は1週間ほどで少し時間がかかりましたが、合格することができて良かったです。

金利は9.5%で、他のカードローンより安いと思います。月々の返済額も30,000円で、親に仕送りをしている金額よりも大分安くつくことが決め手になりました。

余裕がある月は、その分を返済に回せるので、使い勝手がとても良いです。店員の方も親切で説明を丁寧にして下さり、気持ちよく利用することができました。

名古屋銀行のカードローン審査に落ちた方におすすめの消費者金融

名古屋銀行カードローンは、過去の事故状況や多重債務・返済能力などをじっくりと審査されます。

どうしてもお金が必要なのに審査が不合格で落ち込んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、おすすめの消費者金融をご紹介します。

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳~69歳の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  初回借入の翌日から30日間

プロミスは、申込から融資まで最短1時間で、特に早急にお金が必要な方におすすめです。

インターネットから申込みをすれば、24時間365日受付が行われているので、自分の都合に合わせて利用できます。

プロミスでは、契約が初めての方に対して、30日間無利息で融資が行われています。申込から借入・返済まですべてWEBで行うことができるので、インターネット環境があればわざわざ来店せずに利用ができます。

また、さまざまな金融機関での口座引き落としが可能なので郵送物がなく、誰にも知られたくないという方に適しています。

申込み年齢も20歳から69歳までと幅が広く、主婦やパート・アルバイトの方でも安定した収入があれば利用できるのも魅力です。

利息も実質年率4.5%から17.8%とほぼ他の消費者金融と同じで、プロミスの公式ホームページで返済シミュレーションを使って事前に返済額の確認ができるので、安心して利用することができます。

プロミスのカードローン基本情報【審査・金利・返済】

アイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 申し込み時の年齢が満20歳を超える方
定期的な収入と返済能力が認められる方
アイフルの審査基準を満たしている方
即日融資  可能

アイフルは、プロミスと並ぶ大手消費者金融です。

融資限度額は、1万円から800万円まで幅が広く、少しだけ借りたいという場合やたくさん融資を受けたい場合など、どちらにも対応できるのが特徴です。

アイフルの公式ホームページでは、借入ができるかどうかの1秒診断ができるので、自信がない方は申込む前に試すことができます。

インターネットから申込めば、24時間365日対応が可能で、自分の都合の良い時に利用できるというメリットがあります。

審査も最短30分で完了し、そのままインターネットで契約ができます。実質年率3.0%~18.0%とほぼ他の消費者金融と同じで、初めてアイフルを利用する場合、最大30日間利息が無料になるサービスが提供されています。

対象年齢も20歳から69歳までで、安定した収入があれば主婦や年金受給者でも利用できるのがおすすめのポイントです。担保や保証人が必要ないので、安心して利用することができるカードローンです。

アイフルの審査基準は?口コミ・評判と審査に落ちた時の対処法を解説