ノーローンのリアルタイム返済とは?利用方法やメリットをご紹介!

公開日: 最終更新日:

ノーローンのリアルタイム返済を解説

ノーローンであれば、特定の口座を持っていればリアルタイム返済を行うことができます。24時間いつでも返済できるようになるので、日中は仕事で忙しいという方にもおすすめです。この記事ではノーローンのリアルタイム返済について詳しく解説していきます。

リアルタイム返済とは

ノーローンには一般的な銀行振替等の返済方法とは異なる新たな返済方法があります。
それがリアルタイム返済と言う返済方法です。
こちらはインターネットバンキングを利用した返済方法で、なんと24時間振込による返済が可能となります。
お金の借入や返済においては「時間」や「タイミング」が非常に大切になります。
返済においてはこれが、期日を1日でも過ぎてしまったら大変なことになります。
例えば返済日を忘れて1日期限を過ぎて支払った場合には延滞扱いになってしまい、更にこの延滞したという事実は情報として記録され信用情報機関で管理されます。
信用情報機関に保管された情報は新たなキャッシング・カードローンの申請時や増額申請時、クレジットカード作成時の審査の際に洗い出され必ずチェックされます。
この時借り入れ実績に延滞や滞納履歴が確認された場合は借り入れ審査の際、非常に不利となってしまいます。
借入金返済を甘く見ていると、その後の住宅ローンやマイカーローンの時に審査で苦しむことにもつながりかねません。
そんな時に、返済をサポートしてくれるのがリアルタイム返済方です。
リアルタイム返済法は電子マネーのPay-easy(ペイジー)を介してインターネットバンキングにより返済を行います。

Pay-easy(ペイジー)って何?

ここ数年よく耳にするようになったPay-easyという単語。
このペイジーとは、電気・ガスなどの公共料金・税金などの支払いを、PC・スマートフォン・タブレット・ATMなどの端末から支払いを行えるサービスとなります。
Pay-easyのメリットは何と言っても銀行窓口やコンビニのレジに並び時間をかけて決済手続きを行う手間が省けることです。
特にコンビニのレジで長蛇の列ができている場合は最前列で公共料金やその他支払いの手続きで時間がかかっているケースがよく見受けられます。
決済の手続きに時間がかかり過ぎては、お店にも負担がかかりますし、待っている本人も良い気はしません。
急いでいる時はイライラしてしまうこともありますよね。
しかし、Pay-easyを利用することによりその決済手続きを手持ちのスマートフォンやタブレットで行うことができるので、こんなに便利な事はありません。
時間の短縮にもなりますし、色をする手間も省けると言うわけです。
ペイジーは、「Pay-easyマーク」が付いている納付書や請求書でしたら対応可能となります。
勿論、Pay-easy対応でない支払料金などもまだ多く存在しますので、支払先の情報をしっかりチェックした上で手続きを行いましょう。
Pay-easyの支払いにはノーローンのようにPay-easyと契約を結んでいる機関でないと利用することができません。
また、支払いを行う銀行もネットバンキングに対応している銀行でないと利用することができませんので注意が必要です。
また、パソコンからのみの手続きを行えて、スマートフォンやタブレットからの手続きが行えない…と言う銀行も稀に存在しますので、利用しようとしている銀行がどのような支払いを行えるのか、どの端末が利用可能となるのかをしっかり調べてから申し込みを行うよう心がけてください。

取引可能な銀行口座について

取引可能な銀行は著名な行をあげると、ゆうちょ、三井住友銀行、楽天銀行、りそな銀行、など。
その他都市銀行や地方銀行を含めると100以上の数の銀行が対象となります。
逆にPay-easyが使えない銀行は、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友信託銀行
  • 新生銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行

等となり、全国的に見てもPay-easyを利用できない銀行の方が少ないことが分かります。

これまでの返済方法と異なる部分

ノーローンのリアルタイム返済は通常の返済と比較すると、まずいつでもどこからでも返済が行える、と言うメリットがあります。
通常約手返済等を希望する場合、銀行振替や振り込みによる返済が主流となるはずです。
銀行振替であれば口座を指定して期日までに口座にお金を用意する必要があります。
また、振り込みによる返済であれば銀行ATM窓口まで足を運ぶ手間が生じるはずです。
しかしリアルタイム返済を利用すれば、スマートフォンやタブレットを利用して返済を行うことができますのでこの点が大きく異なります。
ATM銀行まで足を運ぶ手間がはぶける…これだけでも利用者にとってみたら大きな変化の筈です。
またスマートフォンなどの端末を利用すれば24時間利用が可能となりますので、時間も気にせず返済を行えます。
思いついた時にスマホで返済できる…これがノーローン、リアルタイム返済の最大のメリットと言えます。

可能時間について

Pay-easyはインターネットバンキングを利用して行うものです。
通常の銀行ですと土日や祝日はお休みになりますよね。
この時口座に振り込みを行っても、反映するのが休み明けになるのは誰もが知っている常識です。
しかし、Pay-easyを利用して支払いを行った場合は決済日が土日関係なく支払いを行った日付となります。
このため、土曜日や日曜日、祝日に決済手続きを行ってもしっかりと支払いを行うことができます。
このPay-easyと提携したノーローンのリアルタイム返済は24時間、曜日や祝日に関係なく返済を行えるので、忙しい方にもピッタリの返済方法ですよ。

まとめ

このようにノーローンのリアルタイム返済は非常に多くのメリットを含んだ魅力的な返済方法となります。
貸金業者の中でPay-easyを絡めた返済方法を取り入れているのはノーローンくらいのもの。
正に業界の異端児とも言える存在です。
リアルタイム返済の魅力はスマートフォンや携帯をタブレット、パソコンなどを使用して端末から返済を行えるところ。
銀行振り込みによる返済等に設定していると、銀行窓口やATMまで出向いて手続きを行わなければいけません。
しかしリアルタイム返済の場合はそれを携帯端末でも行うことができますので、手間いらず。
思い出したときにサッと返済を済ませることができますし、何よりも支払いに対する時間を短縮することができます。
利用できる銀行は多く存在しますし、土曜日や日曜日にも関係なく支払いを済ませることができますので、忙しい方にも非常にもおすすめの返済方法です。
ノーローンを利用している方、これから利用しようとしている方はぜひリアルタイム返済に切り替えてみてはいかがでしょうか。

その他、ノーローンについて知りたい方は、当サイトにあるこちらの詳細ページをご覧ください。

ノーローンからお金を借りるまでの流れ【金利・審査・口コミ】