ノーローンの審査基準まとめ!審査に落ちた人の特徴と今後の審査対策

公開日: 最終更新日:

ノーローンの審査基準で悩む男性

最大借入額 1万円~300万円
金利 年4.9%~18.0%
遅延損害金 年率20.0%
保証人・担保 不要
必要書類
  • 運転免許証(健康保険証、パスポート、住基カードで代用可)
  • 収入証明書類(借入額に応じて提出が必要に)
返済方式 スライドリボルビング方式
契約期間 最終借り入れ日から最長6年9か月
入会費・年会費 無料

ノーローンは銀行カードローンや住宅ローンと比べると審査基準は甘いですが、大手消費者金融の中では審査基準は厳しめです。

申し込めば誰でも融資を受けられるわけではないので、審査に落とされる可能性もあることを理解しておきましょう。

このページではノーローンの審査基準はどうなっているのか、またどんな人がノーローンの審査に落ちるのか解説しています。

ノーローンの審査に通るか不安な方は、ぜひ参考にしてください。

※ノーローンの審査の流れやサービスの特徴は、こちらで詳しく解説しています!ぜひ合わせてご覧ください!

ノーローンの審査の流れ!審査・金利・返済・口コミを他社と比較!

目次

ノーローンの審査基準は厳しい?甘い?

審査時間 最短20分
審査難易度 消費者金融の中では厳しめ
在籍確認 勤務先への電話確認あり
 家族への秘匿 携帯電話で連絡可能。ネット振込みも可
 専業主婦の借り入れ 不可。収入があれば主婦でも借り入れ可
 学生の借り入れ アルバイト収入があれば借り入れ可

ノーローンは短期キャッシングであれば実質金利0円で利用できますが、審査基準は消費者金融の中でも厳しいです。

申し込み条件を満たしているだけでなく、一定の信用実績がなければ審査に通るのは難しいでしょう。

しかしパートやアルバイトの方でも、信用情報に問題がなければ融資を受けられる可能性は高いのでご安心ください。

ここからはノーローンの審査基準や、審査の仕組みについて詳しく解説していきます。

審査通過率は大手消費者金融よりも低い

ノーローンの審査通過率は、大手消費者金融3社と比較するとかなり低くなります。

以下の表は大手消費者金融3社と、ノーローンの審査通過率を比較したものです。

アコム(2017年8月) 48.2%
アイフル(2017年7月) 47.3%
プロミス(2017年7月) 46.0%
ノーローン(2017年3月) 36.3%

上記の表の通り、ノーローンは他の大手消費者金融と比べて審査通過率がかなり低いことが分かります。

ノーローンでは何度でも利用できる無利息期間がある分、顧客から得られる利息はかなり少なくなります。

そのため返済リスクの高い顧客に融資を行うことはできず、信用実績のある人にしか審査に通らないようになっているのです。

とはいっても、年収がいくら必要といった条件があるわけではありません。

申し込み条件を満たしており、信用情報に大きな問題がなければ審査には通るのでご安心ください。

ノーローンの申し込み条件

  • 申し込み時の年齢が満20歳を超えていること
  • 勤続していて安定した収入があること※アルバイト・パート可

ノーローンは満20歳以上で安定した収入があれば利用可能です。

アルバイトやパートでも3カ月以上働いていれば、安定した収入と認められるため、幅広いユーザーが利用できる消費者金融といえるでしょう。

しかし専業主婦の場合、配偶者にいくら収入があったとしても、基本的に審査には通らないのでご注意ください。

また他社から借り入れがある方でも、1社程度であれば審査に通るケースもあるようです。

ノーローンは審査がスピーディ!審査時間は最短20分!

審査対応の早い消費者金融の中に置いてもひときわ輝いているのが、このノーローンの最短20分で受け取ることができる審査結果。

ネットからの申し込み対応に強く、ホームページからの申し込みなら時間をかけない審査が可能です。

ホームページからの申し込みなら今現在の審査状況を調べることもできます。

審査申し込み審査も柔軟で、アルバイトやパートでの収入だったとしてもその収入が安定しているなら、収入額に関わらずお金を借り入れることができます。

それでも審査に通るか心配だと言う方はホームページにあるお試し診断があり、ここに個人情報を入力するだけで申し込んだ人が借入れることができるか、目安の審査結果を受け取ることができます。

このだいたいの審査結果を受け取ったあとにいざ! 本審査を受けてみても良いでしょう。

柔軟な融資を受け取ることもできる

早い審査結果を受け取った後は、その後の借り入れも待たされることがありません。

ホームページから申し込んだのならその後の借り入れも自分の口座をネット上で指定すればその口座に振込キャッシングでお金を借り入れることが可能。

初回だけ振込でお金を借り入れて、その後カードを受けとってカードローンを利用することが可能。

しかもそこまでにかかる時間も短く、何も問題が無ければ即日お金を借り入れることができます。

自動契約機を街中に設置してくれているのも特徴で、ネットから申し込んで自動契約機でカードを受け取るのが確実な即日融資のための近道です。

審査の対応だけでなく、融資の対応もこれだけ柔軟な消費者金融は滅多に見つかりません。

ノーローンの審査では電話での在籍確認が絶対?

ノーローンの審査では、電話での在籍確認が絶対行われるわけではありません。

審査の状況に応じて、電話での在籍確認は行われないケースもあります。

一定以上の信用実績があり、他社借入もないなら電話確認は行われない可能性は高いです。

しかし審査で問題はなくてもランダムで電話確認が行われるケースもあります。在籍確認がないという評判が広まると勤務先の詐称などが増えてしまうからです。

そのため確実に電話確認を防ぐ方法はないと考えておきましょう。

やむを得ない理由があり、どうしても会社に電話をして欲しくないという方は、申し込み時に電話で相談しておくことをおすすめします。

消費者金融といえどサービス業なので、やむを得ない理由として認められれば、無理に在籍確認が行われることはありません。

ノーローンの審査で見られるポイント

ノーローンの審査では申込者の属性と、新世情報の評価によって融資の可否が決まります。

それぞれノーローンが定める審査基準を満たすことで、融資を受けることができるのです。

属性によるスコアリングシステム

ノーローンの審査で見られる属性とは、申し込み情報を基に統計的なデータから、顧客の返済能力を評価するものです。

たとえば大手企業に勤めており、年収も高ければ属性の評価は高くなりますが、フリーターでは属性の評価は低くなってしまいます。

キャッシングの審査では、申し込み情報を基に機械が自動的に属性を評価し、最短20分で属性審査の合否を決定します。

しかし基本的に無職の方など、よっぽど評価が低い方でない限り、属性審査で落ちることはありません。

※属性評価によって限度額の上限が低く設けられることがあります。

属性審査の対象となる項目は以下の通りです。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先の規模
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 居住形態
  • 出向の有無
  • 他社借入の有無
  • 最終学歴など

JICCとCICに登録されている信用情報

ノーローンはJICC(日本信用情報機構)とCICの2つの指定信用情報機関へ加盟しています。

これらの信用情報機関には、あらゆる消費者金融やカード会社が加盟しており、それぞれ顧客情報を共有しています。

そのため信用情報を見れば、過去に利用したキャッシングの情報や、現在利用している金融機関の情報が筒抜けになってしまうのです。

また債務整理などの手続きを行い、正しく返済できなかった場合には、事故情報が信用情報に記録されてしまいます。

このように信用情報に傷がついていると、ノーローンだけでなく、キャッシングの審査には通らなくなってしまうので要注意です。

ノーローンの審査に落ちた人の特徴・理由とは?

ここからはノーローンの審査に落ちてしまった人の特徴や、理由をまとめて解説していきます。

直前に他社の審査に落ちている

直前に他社の金融機関の審査に落ちてしまった方は、ノーローンの審査にも通らない可能性が高いです。

信用情報には他社へ申し込んだ際の記録や、審査の結果も残されています。

他社の審査に落ちた記録が残っていれば、何か審査に落ちた原因があるはずだと判断され、審査は不利になってしまうのです。

また短期間に複数のカードローンへ申し込んでいると、よほどお金に困っていると思われ、ますます審査には通らなくなってしまいます。

申し込み記録は最低でも半年は記録が残されるため、他社の審査に落ちてしまった方は最低半年間は待つようにしましょう。

他社借入が多すぎる

他社からの借入が多すぎる方は、ノーローンの審査に落とされてしまう可能性大です。

信用情報には現在利用している金融機関の記録も残されているので、審査では正確に他社借入の有無は把握されてしまいます。

他社借り入れが多いと返済できなくなるリスクも高くなるので、カードローンの審査では不利になってしまうのです。

ノーローンの場合、他社借り入れが2件以上あると、審査に通るのも難しくなるのでご注意ください。

総量規制に引っ掛かっている

ノーローンは消費者金融なので、貸金業法で定める総量規制の対象となります。

総量規制とは年収の1/3を超える貸し付けを禁止する規制です。

そのため現時点で年収の1/3、もしくは1/3近く借金を抱えている方は、ノーローンから新規貸し付けを受けることはできません。

総量規制は消費者金融からの借り入れだけでなく、クレジットカードのキャッシング枠も含まれるのでご注意ください。

※銀行カードローン・住宅ローンからの借り入れ等は、総量規制の対象とはなりません。

他社の返済・支払いに延滞している

他社のカードローンやクレジットカードを利用していて、返済や支払いに遅れたことがある方は、審査で不利になる可能性が高いです。

一日程度の遅れであれば、審査に大きく影響を与えることはないですが、1カ月以上延滞したことがある方は、審査はかなり不利になると考えておきましょう。

また2カ月以上延滞をして、契約が強制解除となった方はブラック扱いとなり、ノーローンの審査には通らなくなります。

信用実績が低すぎる

ノーローンの審査では、これまで積み重ねてきた信用実績も一つの審査基準となります。

これまでカードローンやクレジットカードを利用したことがない人よりも、定期的に利用して期間内に正しく返済している人の方が、信用実績を積み上げることができ、審査で有利になっていくのです。

また勤続年数が長い方や、大規模な企業に勤めている人の方が、ノーローンからの信用度を高めることができ、審査では有利になります。

ノーローンの審査に落ちてしまった方は、信用実績を積み上げていくことも考えてみましょう。

審査で不利な職業に就いている

ノーローンの審査では、職業によって信用実績の評価も大きく異なります。

たとえば上場しているような大手企業や、公務員であれば収入が安定していると評価され、かなり高い評価を得ることができます。

しかしフリーターやパート、また収入の変動が激しい職業に就いている方は、収入が不安定と判断され評価は下がってしまいます。

ノーローンの審査で不利になる職業は以下の通りです。

  • パート・アルバイト
  • 水商売
  • パチンコ業界
  • 風俗
  • 自営業・個人事業主
  • スポーツ選手
  • 芸能人
  • 学生

過去に債務整理をしたことがある

過去5年~10年の間に債務整理をしたことがある方は、ノーローンの審査に落ちる可能性が高いです。

債務整理を行った場合、借金を正しく返済できなかったことになるため、信用情報に事故情報が記録されてしまいます。

信用情報に事故情報が残っている場合、ブラック扱いとなり、ノーローンの審査には通らなくなってしまいます。

消費者金融が加盟している信用情報機関・JICCの場合、債務整理をしてから5年間は事故情報が残されるようになっています。

そのため過去に債務整理をしたことがある方は、5年間はノーローンの審査には通らないと考えていいでしょう。

過去にレイクを利用してトラブルを起こしたことがある

過去に新生銀行カードローンのレイクを利用していて、返済の延滞や遅延などのトラブルを起こしたことがある方は、ノーローンの審査でかなり不利になります。

ノーローンは新生銀行グループの消費者金融なので、レイクの利用者情報なども共有されている可能性は高いからです。

他社のカードローンであれば、一定期間経って信用情報から記録が消えれば、過去の延滞が審査に影響を与えることはありません。

しかしノーローンとレイクは情報を共有しているので、過去にレイクでトラブルを起こしていると、ノーローンの審査に通らない可能性が高いです。

過去に借金の肩代わりをしてもらったことがある

過去にノーローンを利用したことがあり、親や友人に肩代わりしてもらったことがある方は要注意です。

もしノーローン側に肩代わりした事実が知られていた場合、社内情報に記録が残ってしまい、今後ノーローンから融資を受けることができなくなります。

契約人名義ではなく、親や友人名義の口座から一括返済した場合など、肩代わりしてもらったと疑われてしまうのでご注意ください。

カードローン・キャッシングは、本人に返済能力があると認められない限り、融資を受けることはできないのです。

過去にノーローンの大車輪を利用したことがある

過去にノーローンを利用して、大車輪をしたことがある方は審査に落ちる可能性があります。

大車輪とはノーローンの1週間の無利息期間を悪用して、他者からの借り入れの利息を大幅に減らす行為です。

  1. 他社(A社)から10万円を借りる
  2. ノーローンから10万円借りてA社へ返済
  3. 1週間後にA社から10万円借りてノーローンへ返済
  4. 1へ戻る

この大車輪と呼ばれる方法を活用すれば、利息を大幅に減らすことができます。

しかしノーローンからすると、全く利益はないので、過去にノーローンで大車輪をしていた方は、社内でブラックリストに登録されているかもしれません。

※現在のノーローンでは、月に1度しか無利息期間は適用されないため、大車輪を行うことはできません。

審査の結果次第で少額融資になることもある

ノーローンへ申し込む際には、あらかじめ希望限度額を設定しますが、審査の結果次第で希望通りの限度額では融資を受けられない可能性もあります。

ノーローンの場合、限度額は1万円~300万円のあいだで設定されます。

そのため最悪の場合、審査に通ったけど1万円しか借り入れできなかった…というケースもあるのです。

希望額通りではなく、少額融資になってしまう人は↓の通りです。

総量規制ギリギリである

すでに総量規制(年収の1/3)ギリギリまで借り入れがある方は、総量規制に違反しない範囲でしか借り入れできません。

たとえば年収300万円で、すでに95万円の借金を抱えている人は、ノーローンからは5万円しか借入できません。

もっと借りたいという方は、もっと年収を増やすしかありません。

収入証明書を提出していない

2010年に改正された貸金業法によって、限度額50万円、もしくは他社借入含めて借入総額が100万円を超える場合、収入証明書の提出が必要となります。

そのため50万円以上の融資を受けたい方は、申し込み時に収入証明書を用意しておきましょう。

ノーローンの審査で収入証明書として認められるのは、以下の書類のみです。

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 年金証書
  • 年金通知書

申し込み時の年齢が65歳を超えている

申し込み時の年齢が65歳を超えている方は、今後返済できなくなるリスクが高いので、限度額は抑えられてしまいます。

65歳を超えて高額融資を受けたいのであれば、不動産など財産を担保にするか保証人を用意するしかないと考えておきましょう。

就職・転職したばかりである

就職・転職したばかりの方は、退職してしまうリスクが高いので限度額は抑えられます。

しかし勤続年数が長くなれば、限度額を増額することもできるので、しばらく待っておきましょう。

ただし限度額を増額する際にも、改めて増額審査が必要となるのでご注意ください。

ノーローンの審査に通るための事前対策とは?

最後にノーローンの審査に通る確率を少しでも上げるために、申し込む前に取り込んで欲しい審査対策を紹介します。

ここで紹介した対策を実践しても審査に落ちる可能性はありますが、少しでも審査に通りやすくしたい方はぜひ参考にしてください。

限度額を低めに設定して申し込む

確実に融資を受けたいのであれば、限度額は必要最低限の金額で設定するようにしましょう。

基本的にカードローンの審査では、希望限度額が高くなるほど審査基準が厳しくなります。

貸付金額が大きくなるほど、返済リスクの高い顧客は避けるようになるからです。

またいきなり大金を借りたいという場合、金銭的に困っていると思われ、担当者からの心証も悪くなる可能性もあります。

そのため確実に審査に通りたいのであれば、まずは限度額を低めに設定して申し込み、後日限度額を増額することをおすすめします。

ノーローンの限度額増額については、こちらの記事でさらに詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

ノーローンの増額審査を受けるには?手続き方法や必要書類を解説!

不要なクレジットカード・キャッシングを解約する

ノーローンへ申し込む前に、不要なクレジットカードやキャッシングと契約したままにしている方は、解約しておくことをおすすめします。

不要なクレジットカードやキャッシングと契約している場合、将来的に借金をする可能性が高いと思われて、審査で不利になる可能性があるからです。

ゴールドカードなどであれば、審査でプラスに働く可能性もありますが、キャッシング枠がついていると他社借入があるのと同じように考えられるので、不要なら解約しておきましょう。

主婦の方は電話で申し込んでみる

パート・アルバイトで働いている主婦の方は、ネット申し込みではなく電話で申し込むのも一つの手です。

ネットではあなた自身の収入しか記入することはできませんが、電話であれば配偶者の収入も合わせて家計収入としてアピールすることができます。

ネット申し込みであっても、本人確認の電話時に配偶者の収入を伝えることができるので、審査が不安な主婦の方は電話申し込みも検討してみてください。

利用目的で「生活費」「ギャンブル」と答えない

ノーローンへ申し込む際には、利用目的も聞かれます。

そのとき「生活費」や「ギャンブル」と答えると、審査で不利になる可能性があるのでご注意ください。

意外に感じるかもしれませんが、利用目的で「生活費」と答えると、よっぽどお金に困っていると思われてしまい、返済リスク高いと判断される可能性が高いのです。

そのため「買い物」や「旅行」など、あくまで余剰資金として利用するとアピールするといいでしょう。

当然ながら「ギャンブル」と答える人は、統計的に見ても返済できなくなる可能性が高いので、審査にも通りにくくなります。

他社借り入れがあるならおまとめローンを利用する

現時点で複数の他社借入があり、審査に通るのが厳しい人はノーローンのおまとめローンを利用しましょう。

ノーローンのおまとめローンであれば、複数の借金を一本化することで、毎月の利息を抑えることができ、効率的に返済を進めることができます。

借金返済に困っているからノーローンを利用しようと考えている方は、おまとめローンへの申し込みも検討してみてください。

おまとめローンに関しては、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

ノーローンでもおまとめローンはできる?審査は通りやすいの?

ノーローンの審査を受けた人たちの口コミ

年齢 34歳
職業 正社員
年収 340万円
他社借入 1社(30万円)
木曜日の夕方に申し込んで即日融資を受けれた。レイクの自動契約機で契約できるのは便利だと思います。会社にも在籍確認の電話はなかったみたいなので安心しました。ネットでは審査が厳しいと書かれていたけど、10万円なら私でも借り入れ可能でした。
年齢 24歳
職業 アルバイト
年収 220万円
他社借入 2社(60万円)
ネットから申し込んだけど、審査に落とされてしまいました。本当にお金に困っていたからすごい悔しいです。給与明細とか見せておけば、審査の結果は変わったのかもしれないですね。
年齢 28歳
職業 契約社員
年収 320万円
他社借入 0社
想像していたより、ずっと簡単に借りることができました。担当者の人も物腰が低かったので、全然怖くはなかったです。人生初めての消費者金融で不安でしたが、使って良かったと思います。
年齢 32歳
職業 主婦
年収 0万円
他社借入 0社
申し込んだあとに専業主婦は申し込みできないと言われて断念。夫の情報を使えば申し込みできるとサイトに書いてあったけど、自分でお金を稼いでないとダメみたいです。

急な金欠におすすめの消費者金融・ノーローン

ノーローンは他の大手消費者金融より審査基準は厳しいですが、何度でも利用できる無利息期間サービスという魅力もある消費者金融です。

返済するたびに1週間の無利息期間が適用されるため、給料日前はいつも金欠という方は、ノーローンであれば毎月無利息で融資を受けることができます。

急な金欠時に頼りになる消費者金融なので、お金に困ったときにはぜひ利用してください。

審査に通るか不安という方も、今回の記事を参考にして無事審査に通過できるように応援しています!