ノーローンの増額審査を受けるには?手続き方法や必要書類を解説!

公開日: 最終更新日:

ノーローンの増額について解説

ノーローンでは一定期間継続的に利用していると、増額審査を受けることができます。

ノーローンの借り入れ限度額は最大300万円となっていますが、希望額を言っても金額通り借り入れられるわけではありません。

このときに必要となるのが増額審査です。増額審査に通過をすればサービスそのままで借り入れ額を増やせますし、複数社に同時借り入れをすることがないので、金融情報にキズがつきません。

今回はノーローンの増額審査の流れや手続き方法、必要書類などを紹介していきます。

ノーローンの審査や金利の情報は当サイト内にある紹介ページを参考にしてください。

ノーローンからお金を借りるまでの流れ【金利・審査・口コミ】

ノーローンの借入限度額・金利について

ノーローンが設けている金利は4.9%~18%となります。この利率設定は消費者金融の中では一般的となりますが、銀行系カードローン等と比較すると高めの設定に感じてしまいます。

ただ、ノーローンの審査スピードは非常に早く、最短20分で審査を終えることができるというメリットがあります。 素早く借り入れできる代償として高めの金利が設定されている…と言えば聞こえは良いかもしれませんが、借入金額が高額になるにつれて利息も高額になるので借り入れの際は計画性が必要になります。

また、ノーローンの借入限度額は最大で300万円に設定されていますが、初回申し込みの方ですと最初に設定される限度額はほとんどの場合50万円以下となり、中には10万円~20万円と言う限度額を設定される方も多くいらっしゃいます。

大抵、カードローンの審査に申し込む際は、「現時点で必要になるであろうピッタリの金額」を記入することが多いので、それ以下の金額しか融資されないのは大きな問題です。加えてノーローンは金利が高いので、初回の借り入れだと利息のほうが高くついてしまって損ですよね。

そんなときにおすすめなのが、増額審査です!

ノーローン増額審査の申し込み方法は主に2通り

ノーローンの増額審査は、電話申し込みとWeb申し込みの2通りとなります。

どちらでもやりやすい方で構いませんが、オペレーションしてもらいながら申し込みをしたい方は電話申し込みが、24時間自分の都合の良いタイミングでサクッと申し込みたい方はWeb申し込みがおすすめです。

ここからは、両方の申し込みの流れを詳しく解説していきます!

ノーローンの電話申し込みの流れ

ノーローンの増額審査申し込みは電話で受け付けています。

連絡先は、ノーローンのフリーダイヤルで構いません。

サービス名 ノーローンダイヤル
電話番号 0120-394160
受付時間 9:00~21:00(年中無休)

この、ノーローンダイヤルに電話をかけ、受付したオペレーターに増額審査申し込みの旨を伝えれば即対応してくれます。

特に手元に確認書類などがなくても申し込み可能なので、外出先の空いた時間などにサクッと申し込めますよ!

会員ページからの増額申し込みがスムーズでおすすめ!

ノーローンの利用は、基本的にWebの会員サービスを使っておこないます。

会員サービスの内容やログインの方法はこちらにまとめてあるので、合わせてお読みください!

ノーローン会員サービスのログイン方法とログインできないときの解決策

電話申し込みよりも情報の処理が早く、短期間で結果がわかるので、基本的にはこちら(Web申し込み)の方法をおすすめしています。

増額即時審査サービスで増額後すぐに融資が可能!

会員ページで増額依頼をすると、すぐに審査の合否を得ることができます。

更に、会員ページの「リアルタイム取引」の項目をクリックすれば、スマホからすぐに融資の申し込みができます。

どうしても今日中、いや1時間以内にお金が欲しいという方におすすめの方法です。

ノーローンから増額案内が届くことも!

借り入れ額を増額するためには、常に本人から申し込みをしなければいけないわけではありません。

もしあなたが優良なカードローン利用者と認められれば、ノーローンのほうから増額案内が届くことがあります。

増額案内は郵送で来ることもありますが、ノーローンの場合は電話で連絡が来ることが多いようです。詳しくは、こちらの記事をご覧ください!

0729606241はノーローンの電話番号!着信があったらどうすれば良いの?

増額審査の結果連絡は申し込みから2~3日後

ノーローンの増額審査を受けてから結果の通知がくるまでは、だいたい2~3日を要します。

信用や申し込み時の状況によって個人差は出てはきますが、長くても3か月程度の所要時間で審査結果は届くようです。

申し込みをしてすぐに増額申請できるわけではないので、急いでいる際は早めに申し込みを行いましょう。

また、増額の申し込みには収入証明書類の提示が必要となります。収入証明書類として利用できるのは、以下の3点です。

  • 源泉徴収書
  • 住民税の決定通知書
  • 直近数ヶ月分の給与明細等

ノーローンの増額申請は難しい?

ノーローンに限らず、貸金業者の増額申請時に行う審査は甘くないと言われています。

最初に設定された限度額は個人の信用・返済能力を考慮して余裕を持った低めの金額に設定されています。これは「この金額なら貸付してもリスクは少ないな…」と言うノーローン側の判断です。

しかし、最初に定めた限度額を超えた金額の借り入れを希望された場合、貸付を行うノーローンサイドは身構えてしまいます。「本当にこの人にこれだけのお金を貸付けしても大丈夫か…?リスクは高くならないか…?」と不安になる訳です。

ノーローンのような貸金業者にとって一番問題なのは貸付したお金が返金されないことで、また期日の返済が遅れる、滞納する…ということも勿論NGです。

ノーローンが定めた最初の限度額はこういったリスクがほぼ発生しないであろう安全圏の金額で、それを超える額を貸付することは当然ノーローンサイドのリスクは高くなりますよね。

そのため、増額審査時には初回申し込み時よりも厳しいチェックを行うのです。「借り入れ審査はすんなり通ったのに、増額審査には何回も落ちた」という方は意外に多くいらっしゃいます。

増額申請の時にチェックされること

ノーローンの増額申請ではどのようなことがチェックされるか、以下で紹介していきます。

これまでの借り入れ履歴

これは増額申請をした方がノーローンで借入をしたこれまでの借り入れ履歴をチェックされます。

増額申請するまでの間借り入れした金額やどのような返済をしてきたかを洗い出し、その情報を新たな貸し付けを行って良いかどうかの判断材料にするのです。

万が一過去の借り入れ履歴に延滞や滞納が確認された場合は厳しくチェックされ、審査で落とされる可能性が高くなります。

他社での借り入れがあるか

ノーローンを利用して増額申請を行うまでの間に他社からの借り入れがあるかどうかをチェックします。
増額申請時に複数の他社からの借入金がある場合は勿論NG

また、他の会社から借り入れしている金額の合計が年収の3分の1に近い場合は総量規制の観点から新たな借り入れを行うことができません。

増額申請時にはこういった他社からの借入金チェックも入念に行われます。

住所や職場が変更している場合

ノーローンと契約して増額申請を行うまでの間に住所が変わっている場合や職場が変わっている場合、これらも審査の対象としてみなされます。

特に職場が変わっている場合は収入が変動している可能性があります。増えているのであれば特に問題はありませんが、収入が減っていたり、休職中であったりする場合には審査で落とされる可能性があります。

住所の変更や勤め先が変わった場合は増額申請を行う前に、早めにノーローンに申し出を行いましょう。

注意点

ノーローンで増額申請を行う際には、必ずノーローンでの借り入れ実績が必要となります。ノーローンと契約したのにも関わらず、借り入れを行っていない場合には増額申請しても審査に落とされてしまう可能性が高くなります。

また、借入希望額が年収の3分の1を超えている場合は総量規制に引っかかってしまうので、これも審査落ちの原因となります。

お金を借り入れる際には様々な法律や借入先の決まりごとが絡みます。特に増額申請の審査は厳しく行われますので、借入先ごとの情報をしっかりと把握することが重要です。

ダメ元でノーローンの増額審査を受けるのは危険!

ノーローンに限らず、増額審査を「落ちてもいいけど、どうせなら多額借り入れたい!」という甘い気持ちで受けるのは大変危険です。

カードローン会社は申し込み者の個人情報を見ることができますが、それは審査時の話で、融資後も逐一確認しているわけではありません。

増額審査を受ければ、現在のあなたの情報をもう一度洗い直すわけですから、借り入れ時は問題なかったけど、今は問題があるということもあります。また、借り入れ時には見つからなかった欠陥が再度の審査で改めて見つかってしまうということもあります。

増額審査を受けたはずが、逆に限度額が下がってしまう危険性もあるので、何も考えず増額審査を受けるのはやめましょう。

最低でも半年間はノーローンを継続利用しよう

ノーローンの増額審査に通るためには、借り入れ時以上の年収が求められるのは間違いありません。

ただ、申し込み者の年収が一気に上がるわけではないですし、信用情報も急に良くなるわけではありません。

こうしたケースで重要なのは、ノーローンを借り入れてから少なくとも半年は、返済期限を意識しながら利用することです。

一定の利用時間がないとノーローン側も審査のしようがありません。前述の通り増額審査の基準はどのカードローンも厳しいので、審査が難しい=落とすとなってしまいます。

ただ、一定期間ノーローンを大事に利用すれば、増額審査に良い影響を与えます。借り入れ時は他社のカードローン利用状況などを参考にして審査の合否を決めていましたが、増額審査は自社のサービスの利用状況をもとにしているので、これまでしっかり返済をしているかどうかがダイレクトに増額審査の結果につながります。

逆にいえば、年収などに自信がなく借り入れ額が低く設定されしまっても、ノーローンへのアピールを意識して丁寧に利用すれば審査通過の可能性が高まります。

まとめ

このような形でノーローンでは増額申請を受け付けています。
申し込みは誰でも行えますが、最低でも半年間以上ノーローンを利用しなければ増額申請を受け付けてくれません。
また申請を行う際、収入証明書類等の必要書類が発生します。
手元に書類がない方は用意の上申し込みを行うと良いでしょう。