ノーローンの審査基準を口コミ・体験談から読み取る!なぜ落ちた?ブラックでも通る?

公開日: 最終更新日:

新生銀行グループが提供しているカードローンで、何度も使える無利息期間サービスが魅力のノーローン。

今回は、そんなノーローンの審査を体験した方の口コミ・評判から、審査に通過する人と落ちる人にはどんな違いがあるのか、どこで差がついたのかを解説していきます。

※ちなみにこの記事は、当サイトに口コミをくれた方に電話取材をした内容がベースとなっています。ご協力ありがとうございました。

ノーローンの審査に通過したTさんの体験談

年齢 30代前半
性別 男性
職業 IT企業・営業
雇用形態 正社員
年収 400~500万円
借入希望額 10万円
借り入れ理由 転職準備・生活費
他社借入 なし

Q、お金を借りようとした動機は何ですか?

歩合制の会社なので、会社全体の業績悪化によって給料が下がっちゃったんですよね。もともと自分は羽振りがよかったんでクレカとかもバンバン使っていたんですが、その分のツケが回ってきて一気に引き落としされたりして、お金はカツカツでした。

そんな状態が半年近く続いたので、転職を思い立ったんです。ただ、転職するにもお金がいりますし、聞くところによると転職後すぐは融資が下りないらしい…。なら今のタイミングでがっつり借りて、転職を成功させてからゆっくり返すのが良いのでは?と考えました。

Q、なぜノーローンに申し込もうと思ったんですか?

ノーローンは無利息期間サービスが何度も使えるので、自分に合っていると思ったんです。

結局お金を借りたいのは毎月の給料日前なので、長期間お得というよりは、給料日前に何度も金利0になるというほうが絶対にお得では?と考え、申し込みました。

後となってはその判断は間違いなかったですね。

Q、どのようにしてノーローンへ申し込んだんですか?

普通に公式サイトから申し込みました。入力時間はだいたい15分くらいでしたかね。

WEB申し込みだったので、運転免許証の写メを取って送りました。

Q、審査結果はどうやってわかった?

30分くらい経ったらメールで通過だと来ました。

その後、すぐに電話もかかってきて「本当にお金を借りますか?」という確認をしました。

確認が終わったら、次に契約をしました。トータルで1時間ちょっとしかかかりませんでしたね。

Q、初回借入はどのようにおこないましたか?

メインで使っている銀行口座に振り込んでもらいました。割と早い時期に申し込んだということもあり、その日のうちに融資してもらえたのがうれしかったです。

本当に利息がかかっていなくて、すこし感動しました笑

ノーローン審査に落ちたKさんの体験談

年齢 30代後半
性別 男性
職業 飲食業
雇用形態 アルバイト
年収 200万円前後
借入希望額 30万円
借り入れ理由 生活費
他社借入 なし

Q、まずKさんのカンタンなプロフィールを教えてください

現在30代です。収入としては、週5日入っている居酒屋のアルバイトがあります。だいたい月収としては20万円くらいですね。

アルバイトをするかたわら、ハローワークなどにも足を運び、就職先を探している最中でもあります。

Q、ノーローンの審査に申し込んだ動機は?

シンプルにお金にこまってたからです。最低限の生活費を確保したいという思いがあったので、カードローンを借りる準備をしていました。

プロミスやアコムは有名なので落ちるだろうな…という勝手な思いこみもあり、大手以外のサラ金からお金を借りようと考えました。

その中でもしっかりしていそうで、「ブラックでも借りれる!」というネットの声が多かったノーローンに申し込みをしました。

Q、失礼ですが過去に借金などの経験があったのですか?

あまり言いたくありませんがそうですね…。2年ほど前に債務整理の経験があります。借金は何とか返済しましたが、その後もやはり生活が苦しく、また何社か銀行カードローンの審査を受けましたが、すべて落ちてしまいました。

Q、申し込みの流れを詳しく教えてください

年収欄には「300万円」と記入しました。いつもはだいたい月20万円ほどなのですが、先月がたまたまシフトが入れて25万円いったので、25×12=300万というわけです。

希望額は30万円でした。50万円を超えると収入証明書の提出が必要と聞いたので、もう少し必要でしたが抑えておきました。

Q、その後の審査の流れはどうでしたか?

申し込んでからしばらくすると、向こうから電話がかかってきて「数か月分の給与明細を提出してほしい」と言われました。

あれ?50万円以上からじゃないの?と思ったのですが、おそらく飲食のバイトでこの収入は怪しいと思われたのでしょう。

ただ毎月の給与明細を保管してはいなかったので、ところどころ空きがありながらも出せるだけの給与明細を出しました。

すると、数時間後に審査に落ちたという旨のメールが届きました。

Q、どこが悪かったと思いますか?

シンプルに債務整理の経験があったのが審査に落ちた大きな要因だろうと思います。あと、求められた書類を完璧な形で準備できなかったのも問題だったかなあ…と。

Q、今後どうする予定ですか?

そうですね。審査落ちのショックで闇金に申し込むことも考えましたが、就職活動の成果が出て何社か面接が進んでいます。

まずはこっちで結果を出そうかな、と前向きに考えています。

とはいえ、生活の苦しさはどうにもならないので、今週末に公的な機関に相談にいく予定です。

TさんとKさんの体験談を比較してわかるノーローンの審査傾向

ノーローンの審査に通ったTさんと落ちたKさんの体験談を比較すると、審査結果になぜ違いが出たのかが見えてきます。

ノーローンの審査はどこを重点的にみられるか、通過するためにはどうすれば良いかを解説する記事はネット上に多数ありますが、実際の申込者の審査の口コミ・評判を見ることで、少し違った視点から審査傾向を分析することができますよ!

借金の有無はノーローンの審査結果に大きく影響する

Kさん自身も仰っていましたが、過去の借金の有無は審査結果に大きく影響します。

ノーローンの審査では、属性と信用情報の2点がポイントとなります。属性とは、申し込み者の年収、勤務先、家賃など、その人に関するさまざまな情報のことです。

一方、信用情報とは、過去のクレカ延滞や借金・債務整理など、申込者が金融サービスを過去にどのように利用してきたかの履歴を指します。

属性を調べれば申込者が融資に値する人かどうかわかりますが、いくら高収入でも、日情的に返済遅れがあったり、頻繁にローンを踏み倒したりしている人にはお金を貸したくないですよね。

借金・債務整理の経験があると信用情報に大きな傷がつきます。いわゆる金融ブラック状態です。

こうなってしまうと審査にはかなり通りにくくなります。Kさんが審査に落ちた理由も、やはりこの借金の経験が大きいでしょう。

ノーローンは金融ブラックでも審査に通るんじゃないの?

ノーローンには、「金融ブラックの人も審査に通る」という噂があります。これは、プロミス・アイフル・アコムといった大手消費者金融よりも知名度が低いことに起因していますが、結論から言えば、ノーローンの審査通過率は大手3社と同程度です。

ノーローンの上限金利はアイフル・アコムと同じ年18.0%なので、ほぼ同じような属性の利用者を対象としていると考えて良いでしょう。

嘘の情報で申し込みをしないように注意

また、Kさんはたまたま給料の良かった先月の金額を12倍して「年収」として記入しましたが、その結果保証会社から数か月分の収入証明書を提出するよう言い渡されてしまいました。

このように、ノーローンの審査中は申込情報ではわからなかった部分を追加で審査するケースも良くあります。

この時にKさんは依頼された書類を十分な形で提出できなかったのを大きなミスとしていましたが、書類を提出したことで年収欄の記載情報が嘘だと思われてしまったというのも大きなマイナスです。

カードローン審査は年収をかなり重要視するので、Kさんのようにアバウトに記入するのだけはやめておきましょう。

ノーローンの審査には申込者の雇用形態も大きく影響する

Tさんが正社員だったのに対し、Kさんはアルバイト(非正規雇用)でした。

ノーローンの審査では、こうした雇用形態の違いも結果に大きく影響します。

もちろん、優先的に審査通過できるのは、正社員や公務員です。勤務先が安定している=将来も安定して収入がもらえると考えられるので、長期間の融資もおりやすいということですね。

ただ、アルバイトだったとしても、十分な収入さえあれば、ノーローンの審査に通過する可能性は十分にあります。Kさんくらいの収入(月20万円ほど)があれば、審査には十分通る水準と言えるでしょう。

Kさんが落ちたのは収入の低さよりも返済能力が原因

では、なぜKさんは審査に落ちたのでしょうか?これは、シンプルな収入額ではなく、収入と借り入れのバランスに問題があると考えられます。

Kさんは月20万円の収入に関わらず、30万円の借り入れを希望しました。ノーローンは希望額を幅広く募集しているので、Kさんにとっては必要な額をズバリ希望しただけかも知れません。

ただ、ノーローンの初回借入は10万円の融資が一般的であり、30万円以上を希望するなら属性・信用情報ともに高いレベルが求められます。

もしKさんに過去の借金がなく、申し込み情報にも嘘がなければ、10万円を希望していたらノーローンの審査には十分通っていたかも知れません。

結論:ノーローンの審査はブラックでは通らない!みられるポイントをしっかり確認しよう!

Kさんは、ノーローンはブラックでも通るというネットの噂に騙されて審査を受けましたが、やはり落ちてしまいました。

Kさんは上手く受ければそのままのスペックで通過する可能性は十分ありますが、ことごとく審査通過のツボを外してしまったように見えますよね。

また、Tさんと比較するとなぜノーローンを選んだのか、どのように利用したいのかというところも考えが甘いように感じます。

ノーローンの審査を受ける際は、やはり審査基準や審査ポイントをしっかり知っておく必要があるでしょう。

ノーローンの審査で見られるポイントと審査に落ちる傾向

上2つの体験談を見ると、Tさんが必ずしもノーローンの審査に通過するようなスペックを持っているとは限りません。

そもそも、カードローン審査の口コミを見ていると「こんな人も通ったの!?」とびっくりするケースが多々あります。

ただ、審査に落ちた人の傾向を見ると、かなり共通しているポイントは多いです。逆に言えばその傾向さえつかんでいれば、効果的な対策ができるということです。

ここからは、ノーローンの審査に落ちる人に共通する傾向を紹介していきます!

年収が低い

まず、大前提として、ローンを借りる際は一定以上の年収が必要です。

貸金業の性質上、貸したお金を利息込みで返してもらわないと経営が成り立たないので当然と言えば当然ですね。

ただ、Kさんの例もあるように、収入が低くても返済に余裕があるくらいの額を希望すれば審査に通る可能性は十分にあります。

過去に借金や返済延滞の経験がある

借金やクレカの返済延滞など、過去にお金のトラブルがある場合はノーローンの審査に通りにくくなります。

ただ、例えばクレカの返済延滞なども数日の遅れなら審査に影響がないケースもありますし、しっかり返済したのであれば半年ほど待つだけで信用情報は回復します。

しかし一方で、借金・債務整理の経験があると5~10年は信用情報が回復しません。こうした場合は、公的な機関に相談するのが良いでしょう。

主婦・学生・フリーターなど

正社員・公務員ではない場合は、審査に通りにくいです。
ただ、アルバイトで毎月しっかりとした収入があれば、審査に通る可能性は十分あります。

同じ収入ならサラリーマンを優遇するのは確かですが、高収入なのにフリーターなので審査に落とすということはまずありません。

勤続年数が短い

勤続年数が1年未満だと、ノーローンの審査に落ちる可能性が高いです。

勤続年数が長いと、職場にも馴染んでおり、満足のいくポストに付けている可能性も高いので、今後の離職率が低く、収入が安定しやすいです。

Tさんは転職を見据えてノーローンの審査を受けましたが、これが転職直後だったりすると、結果は違ったものになったかも知れません。

他社借り入れ件数・金額が多い

ノーローンの他にもカードローンを利用していると、審査に通りにくくなります。

特に、他社借り入れとノーローンの希望額を合わせて年収の3分の1を超える場合は、総量規制に引っかかるので審査には100%落ちてしまいます。

また、3分の1以下だったとしても、ノーローンを含めて3社以上の借り入れがあれば審査に落ちる可能性は非常に高いです。おまとめローンで一本化するなどして、件数を減らしましょう。

例えば、ノーローンで100万円を希望するのと、A社、B社、ノーローンで30万円ずつの合計90万円を希望するのでは、後者のほうが圧倒的に審査に落ちやすいです。

金額、件数云々ではなく、単純に複数借入自体が審査ではマイナスということを知っておきましょう。

ノーローンの審査通過率は30%台!審査に通りたいなら他の消費者金融を選ぶのも一つの手

アコム(2017年8月) 48.2%
アイフル(2017年7月) 47.3%
プロミス(2017年7月) 46.0%
ノーローン(2017年3月) 36.3%

こちらはノーローンと大手消費者金融3社の1ヵ月の審査通過率を比較したものですが、ノーローンは大手3社よりも10%近く通過率が低いことがわかります。

つまり、Kさんはそもそもかなり難しい審査を受けてしまったとも考えられるわけです。

Tさんのようにノーローンの魅力である何度も使える無利息サービスを使いこなせるなら良いのですが、ノーローンはなかなか使う人を選ぶカードローンでもあります。

審査落ちが怖い方は、通過率がより高く、サービスもよりオーソドックスなものを選ぶのがおすすめです。

ノーローン以外のおすすめカードローンランキング!

1位 プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳~69歳の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  初回借入の翌日から30日間

プロミスの金利は4.5%~17.8%と、消費者金融の中ではトップクラスに低金利です。

CMなどでかなり有名ということもあり、はじめての方も安心して借りることができますよ。

初回借入れなら、30日以内に返済すれば無利息でお金を借りられるのも大きなメリットです。

ノーローンのように2回以降の借り入れは対応していないので、上手に活用して返済額を最低限度に抑えましょす。

2位 アイフル

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 申し込み時の年齢が満20歳を超える方
定期的な収入と返済能力が認められる方
アイフルの審査基準を満たしている方
即日融資  可能

アイフルは金利3.0%~18.0%と、ノーローンと似たスペックを持ちます。

無利息期間サービスは30日間続くので、短期間で返済する計画でお金を借りる場合は、アイフルの方がお得ですよ。

また、大手3社の中で最も審査に通りやすいという口コミも多いので、審査に通りたい方には売ってつけと言えます。

3位 アコム

アコム

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
遅延損害金 年率20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 9年7カ月・1回~100回
担保・保証人 なし

アコムは「はじめてのアコム」というキャッチコピーの通り、はじめて受ける人にかなり配慮しているカードローンです。

自動契約機「むじんくん」が全国各地に設置しているのもそうですが、比較的初回借入の人を審査で優遇してくれるともいわれています。

自分に自信がないという方も、アコムでの審査を試してみると良いでしょう。

4位 レイクALSA

レイクALSA

申し込み方法
  • WEB
  • 電話
  • 自動契約機
利用者の条件
  • 満20歳~70歳以下(更新は70歳まで)
  • 永住許可を持つ外国人
資金の使途 原則自由
ご利用限度額 最大500万円(1万円単位)
借入利率 年4.5%~18.0%
借入方法
  • ATM振込
  • 電話申し込み
  • WEB申し込み
返済方法
  • レイクか提携ATMに振込
  • 指定口座から振替
  • 口座へ振込送金
  • コンビニ収納(延滞時に限る)
返済額 直近の借り入れ残高を基準に設定
返済期日
  1. 申し込み者の指定日
  2. レイクが指定の日(振替のみ)

レイクALSAは、2018年4月以降リリースされた新しいカードローンです。

新生銀行カードローン「レイク」の特徴を受け継ぎつつ、即日融資が可能になった便利な商品ですよ!

レイクALSAは2つの無利息期間を選べるという大きな特徴もあります。詳しくは、こちらの記事をチェックしてください!

5位 SMBCモビット

モビット

金利 3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
申し込み方法 ネット・自動契約機・電話・郵送
遅延利率(実質年率) 20.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
限度額 800万円
登録番号 関東財務局長(7)第01239号
会社名 株式会社SMBCモビット
本社 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10F

SMBCモビットの特徴は、借り入れの速さと、WEB完結なら電話連絡をなくすことができるという点です。

素早く、周囲にバレずに借りたいという方にはピッタリのカードローンですよ。

ただ、SMBCモビットには無利息期間サービスが付いていないので注意してください。