オリックス銀行カードローンはどのATMで利用できる?土日でも借り入れ可能?

公開日:

カードローンを利用する時に気になるのが、どのATMで利用ができるのか…ということと土日でも利用することができるのかということです。

特に土日なんかは急な予定が入ってしまい、お金が必要になるなんてこともしばしです。

そんな時、借入ができると助かりますし、利便性が高いですよね。オリックス銀行カードローンはその辺の利便性に長けているのでしょうか?

オリックス銀行カードローンは土日・祝日の融資もOK

率直に言うとオリックス銀行カードローンは、土日・祝日の融資も可能です。

ただし、平日に関しては「オリックス銀行の口座がなくてもOK」とされていますが、土日のキャッシングに関してはオリックス銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要になるといった制限が発生してしまいます。

条件に少々の制約はあるものの、口座さえもっていれば土日だろうが祝日だろうが融資を受けることは可能になるというわけです。

また、オリックス銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、土日・祝日でもスピード借入することも可能になります。

オリックス銀行カードローンは何時までに申し込みすれば土日の借入が可能になるのか?

オリックス銀行カードローンで土日・祝日の融資を受けようと思った場合、何時までに申し込みを行えば融資を受けることが可能になるのでしょうか?

オリックス銀行カードローンでは基本的には「この時間までに」という決まりはありません。

しかしながら、「大体午前中までには申し込みをする」と言った大枠の決まりがあるので、土日に融資を受けたいのであれば、午前中までに申し込みをした方がいいでしょう。

午前中に申し込みをしなければいけない理由は下記の通りだと言われています。

  • オリックス銀行カードローンの審査には、おおよそ3~5時間程度の時間を有する
  • 5時間かかると仮定した時に午後に申し込みをしてしまうと、オリックス銀行の営業時間が終わってしまう可能性がある
  • 午後に申し込みをしてはギリギリになってしまい融資を受けられなくなる可能性がある
  • 午前だと時間的に余裕があるため、午後よりも午前に申し込みをした方が無難

これは仮に審査に5時間必要だと仮定した場合の話なので、もしかすると審査に3時間もしくは2時間で終わる場合もあるかもしれません。

あくまで可能性の問題なので、審査にかかる時間は残念ながら素人には分かりません。

それを踏まえると、午後に申し込みをして、審査に間に合うかどうかのギリギリを攻めるのではなく、午前に余裕を持って申し込みをした方がより確実に融資を受けられる可能性が高まるといった話です。

これはオリックス銀行カードローンに限った話ではなく、他社のカードローンでも同じことが言えるでしょう。

オリックス銀行カードローンは即日融資不可!最短借り入れ方法とおすすめ消費者金融

オリックス銀行カードローンで土日に借入をする際の注意点

オリックス銀行カードローンでは土日に融資を受けることは可能です。

しかし、気を付けなければいけないことがあります。

それは、オリックス銀行カードローンの審査には在籍確認が回避できないということです。

ということは、あなたの会社が土日・祝日が休みだった場合、在籍確認を取ることができません。

つまり、その場合は審査をすることができないので、もちろんなのですが、土日・祝日に融資を受けることができなくなるということなんですね。

このパターンで土日・祝日のスピードキャッシングに失敗してまった人も多いことでしょう。

オリックス銀行カードローンでもこれは例外なく、このパターンで失敗してしまう人が多いようですね。

そのため「勤務先が土日・祝日が休みだ」という人の場合は、残念ながら、オリックス銀行カードローンでの土日・祝日の借入はできないということになります。

オリックス銀行カードローンの提携先ATM

オリックス銀行カードローンを取り扱っているATMの数は豊富にあります。

その中には手数料がかかるところもあれば、手数料が無料のところまであります。

どうせ利用するなら手数料がかからないところがいいですよね?

オリックス銀行カードローンをATMで利用する場合に手数料がかからない提携ATMは下記のようなところになります。

  • セブン銀行
  • ローソン
  • Enet
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行

他の銀行やコンビニでこれだけ手数料がかからずに利用できるのはオリックス銀行くらいです。

あとは、楽天銀行やイオン銀行などもわりと他銀の提携ATMが使えます。

なので、これらの提携ATMで借入をするならば、オリックス銀行の場合だと、土日の融資であったとしても手数料がかかることはありません。

逆を言えば、他の提携ATMで借入・返済を行った場合は、曜日に関係なく手数料がかかってしまうので気を付けてもらいたいものです。

まとめると

  • 借入で使う提携ATMによっては手数料が発生してしまう
  • 手数料が発生してしまう提携ATMでは平日、土日、祝日関係なく手数料が発生する
  • 無料で使える提携ATMは、平日、土日、祝日関係なく無料で利用することができる

オリックス銀行カードローンでの借入方法は?

オリックス銀行カードローンでの借入方法は主に2つの方法があります。

その方法は「ATMでの借入」と「振込での借入」です。

ATMでの借入はオリックス銀行カードローンの審査通過後に発行されたカードを利用して上記で解説したような提携先ATMからお金を借りる方法になります。

オリックス銀行カードローンでは、提携しているATMであれば手数料は基本的に無料になるので助かりますね。

消費者金融の会社などは、ATM手数料を100円から200円取るところも多いので、この点に関しては、オリックス銀行カードローンの大きな強みとも言えるわけです。

また、コンビニ提携ATMに関して言えば、24時間365日いつでも利用することができるので急な出費にも対応しているから助かりますよね。

そして、もう一つの方法が振込を活用した借入になります。

振込を活用する場合は、まずは会員サイトから申請手続きを行い、自分の銀行口座に振込という形で融資を受けることができます。

指定した口座への振込は振込口座の銀行にもよって異なるのですが、ジャパンネット銀行やオリックス銀行を利用していれば、平日土日関係なくほぼ24時間利用することができ、即時に振込されます。

ちなみに振込で融資を受ける場合の利用時間は0:15~23:50になるので、ほぼ24時間ですね。

その他の金融機関を利用している場合は、銀行の営業時間にのみ振込が可能になり、平日15時以降の申し込みについては翌日の振込になってしまうので、少し融通が利かないといったデメリットが発生します。

土日、祝日に申し込みをした場合は、翌営業日の振込になるので、気を付けてもらいたいですね。

振込融資を考えているのであれば、オリックス銀行またはジャパンネット銀行の口座を作っておいた方が融資を受けやすくなるのでおススメですよ。

ちなみに、カード契約時に、登録口座または振込専用口座にジャパンネット銀行またはオリックス銀行を登録すれば利用することが可能になるので、カード契約時と同時に登録をしておいた方がいいかもしれませんね。

まとめ

オリックス銀行カードローンは、提携ATMを利用すれば手数料は発生しません。

提携していないATMを利用する場合は手数料が発生してしまうため、提携しているATMは確認しておいた方がいいでしょう。

また、オリックス銀行カードローンは土日、祝日の融資を行っていますが、振込融資を希望している場合、ジャパンネット銀行またはオリックス銀行以外の銀行を振込口座で登録している場合の融資を受けることができません。

いつでも融資を受けられる状態にしておきたいのであれば、ジャパンネット銀行もしくはオリックス銀行の口座を登録しておいた方がいいかもしれませんね。