オリックス銀行おまとめローンは審査が厳しい?消費者金融おまとめローンと比較

公開日:

一般的にカードローンでは消費者金融よりも銀行の方が審査は厳しいと言われていますが、おまとめローンではどうなのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。

複数社から借り入れをしてしまい、すぐにでも返済を楽にしたい人にとって審査通過しやすい金融機関を選ぶことはとても重要です。

そこで、ここではオリックス銀行カードローンの審査について、銀行のおまとめローンは審査が厳しいのかなどについて解説します。

人気の消費者金融おまとめローンランキング、どのおまとめローンを使ったらいいか迷った人向けの相談先も紹介していますのでぜひ最後までお読みください。

オリックス銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?審査のポイントと落ちる人の特徴
オリックス銀行カードローンは即日融資不可!最短借り入れ方法とおすすめ消費者金融

オリックス銀行カードローンのおまとめ利用は難しい

提携ATM手数料無料で、借入残高が30万円以下なら月々7,000円からの返済で利用できるカードローンを提供しているオリックス銀行のおまとめローンを利用したいと考えている人もいるでしょう。

しかしオリックス銀行ではおまとめローンという商品は存在しません。

それではオリックス銀行では複数社の借り入れを一本化できないのではと思ってしまいますが、オリックス銀行カードローンをおまとめローンとして活用することができます。

ただカードローンの審査は高額な借り入れになるほど審査は厳しくなります。

そのため一本化する借入額が大きいほどオリックス銀行でのおまとめも厳しい審査になると考えておきましょう。

そもそもおまとめローンとは?

おまとめローンは、複数社からの借り入れを一社にまとめることを目的としたローンです。

複数社から借り入れをしていると、各社ともに最低返済額で返済をしたとしても毎月の返済額は大きくなってしまうことが多いです。おまとめローンで1社にまとめることで返済額を減らすことができます。

また高額な借り入れになるほど金利も低く設定されて金利負担も減らせる可能性があります。

最近では低金利でおまとめローンが利用できる金融機関も増えて、多重債務者にとっておまとめローンには大きなメリットがあります。

ただおまとめローンを利用する際には金融機関選びが重要です。

金融機関によっては金利負担が多少軽減しても返済総額は逆に増えてしまうこともありますし、魅力的な商品を提供している金融機関であっても審査が厳しいためおまとめローンを利用しにくい場合もあります。

銀行系の低金利おまとめローンランキング!ローンをまとめて返済の利息を減らそう

オリックス銀行カードローンの基本情報

オリックス銀行カードローンは、申し込み時の年齢が満20代以上69歳未満の日本国内に在住している人を対象としていて、毎月安定した収入がある人なら利用することができます。

オリックス銀行カードローンの基本情報をまとめると、以下の通りとなります。

申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳から69歳未満の方
  • 原則的に毎月安定した収入のある方
  • 国内に在住している方
  • オリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル株式会社から保証を受けられる方
金利 1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
申し込み方法
  • PC
  • スマホ
  • タブレット
審査時間 最短当日
審査回答方法
  • メール
  • 電話
申し込みにかかる時間 10分~15分
借り入れ方法
  • 振込融資
  • ネットキャッシング
  • 電話
返済方法
  • 口座引落
  • ATM返済
  • 振込返済
最低返済額 毎月7000円から
必要書類
  • 本人確認書類(氏名・現住所・生年月日が確認できるもの)
  • 収入証明書
提携ATM
  • 主要コンビニATM
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ゆうちょ銀行
遅延損害金 借入利率+2.1%

銀行では口座開設が必須条件としているところもありますが、オリックス銀行なら口座開設不要で利用することができます。

また提携ATM手数料が0円なのが魅力で、利用できるATMは2018年2月末現在で全国に99,000台以上もあるので利便性の良いカードローンです。

オリックス銀行は他にも2種類のローンを提供

オリックス銀行ではカードローンの他にも、不動産投資ローン、不動産担保ローンの2種類のローンを提供しています。

不動産投資ローンは、借入金額1,000万円~2億円まで、借入期間は最長で35年です。

借入れ対象の不動産の所在地は限定されていて、首都圏、近畿圏、名古屋市、福岡市となっています。

日本では少子高齢化によって十分な年金が支払ってもらえないのではと心配している人も多いです。

この老後の年金収入を補完するために不動産投資をして家賃収入を得ようと考えている人も増えてきています。そんな不動産投資に最適なのが不動産投資ローンです。

不動産担保ローンは、すでに所有している不動産を担保にして、海外不動産の購入資金にしたり、太陽光設備の購入資金、投資用の不動産の購入資金にしたりできるローンです。

このローンも借入金額1,000万円~2億円、借入期間は最長35年となっています。

オリックス銀行カードローンは各種キャンペーンを開催!

オリックス銀行では設立25周年を記念してキャンペーンが行われています。

オリックス銀行カードローンに新規申し込みをして契約すると「選べる電子マネーギフト」2,000円分がプレゼントされます。このキャンペーンの期間は2018年7月2日~2018年10月31日までです。

2016年には「期間限定金利0%キャンペーン」も行っていて、期間中に支払った利息を全額還元しています。

このようにオリックス銀行では定期的にキャンペーンなどをしているので、このタイミングで申し込みをすればお得なサービスを受けることができます。

銀行おまとめローンの審査難易度は厳しい!その理由は?

消費者金融と比べると銀行カードローンは審査が厳しいとよく言われるけど、なぜ銀行は審査が厳しいのかと疑問を持っている人もいるでしょう。

これは消費者金融と銀行との金利が関係しているようです。

消費者金融では多くが上限金利を18%程度に設定をしているのに対して、銀行では上限金利を14~15%程度に設定しているところが多いです。

このように消費者金融と銀行とでは金利に差があります。

金融機関は利用者に金利を付けることで利益を得ています。この金利が低いほど貸し倒れのリスクも高まるため銀行では審査を厳しくしているようです。

低金利のおまとめローンほど審査は難しい

消費者金融よりも銀行の審査が厳しいのは、銀行だからということではなく、低金利だから審査が厳しいと考えておく必要があるでしょう。

18%の金利で1000人に10万円を貸せば180万円の利益を得ることができます。

これは18人分の貸付額と同じなので、もし1000人中18人が返済できなくても金融機関は損することがありません。

15%の金利で1000人に10万円貸したとすると利益は150万円です。

1000人中15人までなら損をすることはありませんが、16人貸し倒れが出てしまうと金融機関は赤字になることになります。

このように低金利でお金を貸すほど金融機関は貸し倒れのリスクが高まることになります。

銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低いのが魅力なのですが、貸し倒れのリスクを軽減させるためにも融資をする人をしっかりと審査をする必要が出てきます。

このように低金利でカードローンを提供している金融機関は、利用者に魅力的な金利で商品を提供する代わりに、厳しい審査によって利用者を選別しています。

2018年以降銀行カードローンの審査基準は更に高くなる!

2018年からは全ての銀行カードローンで即日融資ができなくなってしまいました。

これは新しい審査システムが導入されたためで、このシステムによって銀行カードローンの審査基準は更に高くなっています。

新しく審査に加えられたのが、暴力団などの反社会的勢力に資金が流出しないように貸し付けの際には警察のデーターベースを参照することです。

この警察のデーターベースで顧客情報を調べるために即日融資が難しくなったようです。

また家族の申し出によって貸し付けを制限する「貸し付け自粛」の導入も審査基準を高める理由の一つです。

安易に借り入れをしてしまうことで返済が難しくなり家族に迷惑をかけることがあります。

これを防止するために、家族からの申し出があれば銀行からの借り入れはできなくなる可能性があります。

審査の甘いおまとめローンはどこ?審査基準と落ちる人の特徴・落ちた時の対処法

オリックス銀行の「オリックスVIPフリーローン」は専用おまとめローン

金利 年1.7%~16.8%
融資額 最大800万円
審査時間 最短60分
返済方式 リボルビング払い
契約期間 1年ごとの自動更新
返済期間 最終借入日から最長20年
返済回数 最大240回
申込条件
  • 日本国内に居住
  • 満20歳以上69歳以下の方
  • 毎月定期収入がある
遅延損害金 実質年率19.9%
担保・保証人 原則不要

オリックス銀行ではカードローンによって一本化する必要があると紹介しましたが、オリックス・クレジット株式会社では専用おまとめローンの「オリックスVIPフリーローン」が用意されています。

このローンは金利が3.0%~14.5%、融資額最高800万円、返済期間は最長で8年です。

消費者金融やオリックス銀行のカードローンと比べて上限金利が低く設定されているので、消費者金融などの高金利の金融機関から借り入れをしている人にはお得なおまとめローンとなるでしょう。

ただこのオリックスVIPフリーローンの申込条件に年収400万円以上の方と明記されています。

とても魅力的な商品なのですが、年収が400万円以下の人は利用することができません。

年収400万円以上の人ならお得なおまとめローンとして活用することができるでしょう。

オリックスVIPローンカードを審査から返済まで解説!オリックス銀行カードローンよりお得?

追加返済をすれば利息がよりお得に!

オリックスVIPフリーローンでは毎月の返済の他に追加返済をすることができます。

オリックスVIPフリーローンの返済期間は最長8年となっていますが、返済期間が長いほど利息も余分に支払うことになります。

お得におまとめローンを利用するには金利が低い金融機関を利用するだけでなく、できるだけ早く完済をすることが大切です。

毎月の返済額が少ないと返済は楽なのですが、返済期間が延びてしまうために多くの利息を支払うことになります。

返済期間が延びるのではいくら金利の低い金融機関を利用してもそれほどのメリットもないでしょう。

オリックスVIPフリーローンを利用する際には、できるだけ早く完済ができるように追加返済を上手く活用しましょう。

銀行ローンのおまとめ利用は難しい!消費者金融おまとめローンがおすすめ

上記では銀行カードローンの審査難易度についても解説しました。

銀行カードローンは低金利で利用することができるのですが、低金利であるために審査が厳しくなるのでおまとめローンとして利用するのは難しいと感じる人もいるのではないでしょうか。

消費者金融ではおまとめ専用ローンを提供していて、金利は銀行カードローンよりも高いかもしれませんが審査難易度は低めです。

おまとめローンを利用して返済を楽にするためにはまずは審査通過する必要があります。

いくら魅力的な商品であっても審査通過しなければ意味がありません。

銀行ローンの審査難易度が気になる人は、消費者金融のおまとめローンを利用することをおすすめします。

消費者金融おまとめローンを使った結果をシミュレーション

銀行よりも金利が高い消費者金融でおまとめローンを利用しても、それほどお得にならないのではと気になっている人もいるでしょう。

そこで消費者金融のおまとめローンを使った結果をシミュレーションしてみます。
借入状況としては、以下の通りとします。。

  • A社から30万円を金利18.0%で借入をして毎月の返済額は11,000円・
  • B社からは60万円を金利17.0%で借入をして返済額は16,000円
  • C社からは90万円を金利16.0%で借り入れをして返済額は23,000円

この場合、3社の毎月の返済額は50,000円で総額は180万円です。

この借入状況の人がアイフルの「おまとめMAX」を利用して金利が15.0%に設定されたとすると毎月の返済額は34,000円になり、16,000円も毎月の返済負担を減らせます。

このように銀行カードローンを利用しなくても消費者金融のおまとめローンによって返済負担を減らすことができます。

金利負担も追加返済をすることで大きく軽減させることも可能でしょう。

金利が低いからと審査難易度の高い銀行カードローンに申し込むよりも、審査が不安な人は審査難易度が低い消費者金融のおまとめローンの方が利用できる可能性が高いので多重債務からの苦しさからも解消されやすいです。

人気の消費者金融おまとめローンランキング!

1位 アイフル「おまとめMAX」

アイフル新0円バナー

貸付利率 3.0%~17.5%
貸付金額  1万円~800万円
返済期間 最長10年
返済方式 元利定額返済方式
担保・保証人 不要

アイフルでは上記のシミュレーションでも紹介したように「おまとめMAX」というおまとめローンが用意されています。

金利を見るとお得感は感じませんが貸付金額は最高800万円までで、高額な借り入れをしている人でも利用することができます。

高額なおまとめローンになるほど金利も低く設定されてお得なおまとめローンとなるでしょう。

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」「かりかえMAX」を徹底分析!審査条件・借り換えまでの流れ

2位 プロミス「おまとめローン」

貸付利率  6.3%~17.8%
貸付金額 300万円まで
返済方式 元利定額返済方式
担保・保証人 不要

CMでお馴染みのプロミスでもおまとめローンを提供しています。

上限金利はアイフルと比べると少し高く、貸付金額も300万円までとなりますが、日頃からプロミスを利用している人には利用しやすい消費者金融となるでしょう。

プロミス「おまとめローン」のメリット・デメリットと審査の流れ【口コミ・評判】

3位 アコム「借換え専用ローン」

貸付利率 7.7%~18.0%
貸付金額 1万円~300万円
返済方式 元利均等返済方式
担保・保証人 不要

アコムでは貸金業法に基づく借換え専用ローンを提供しています。

消費者金融では総量規制によって年収の1/3までの借り入れしかすることができません。

しかし総量規制には例外もあり、顧客に一方的に有利になる借り換えであれば年収の1/3以上の借り入れも可能です。

アコムの借り換え専用ローンに限らず、アイフルもプロミスもこの例外によっておまとめローンでは年収の1/3以上の借り入れが可能となります。

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」の審査基準・流れを解説!

どのおまとめローンを使うか迷った方へ!おすすめの相談先

多重債務の返済で困っている人は、おまとめローンを利用した方がいいのか、それとも債務整理をした方が良いのかと迷っている人もいるでしょう。

そんな相談ができる場所として、以下のような機関があります。

  • 消費者生活センター多重債務相談口
  • 日本クレジットカウンセリング協会
  • 日本貸金業協会

周りに相談できる人がいない、公平な立場の人に相談したい人はこのような機関に相談してみましょう。

おまとめローンの相談はどこにするの?利用前に相談すべき理由とおすすめ相談先

消費生活センター多重債務相談窓口

国民生活センターでは多重債務者が相談できる場として多重債務者の相談窓口が設置されています。

消費者ホットライン(188)や全国各地にある消費者生活センターなどで相談を受け付けています。

国民生活センターや消費者生活センターは、多重債務に困っている人の最も身近にある相談場所となるでしょう。

日本クレジットカウンセリング協会

JCCO 公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会では、多重債務によって返済に苦しんでいる人にカウンセリングを行っています。

電話相談やカウンセリングは無料なので気軽にカウンセリングを受けることができるでしょう。

カウンセリングだけでなく無料で任意整理や家計再建に向けてのお手伝いもしてくれます。

日本貸金業協会

日本貸金業協会では、多重債務の返済に困っている人だけでなく、金融機関からの請求の電話が怖いと感じている人の苦情、生活再建支援カウンセリング、金融ADR制度や貸付自粛制度の相談なども受け付けています。

費用はかからないので、一人で悩むのではなく気軽にまずは電話で相談してみてはいかがでしょうか。