オリックス銀行カードローンの保証会社はどこ?保証会社の審査ではどこを見られる?

公開日:

カードローンを申し込みする時に気になるのが保証会社です。

保証会社によって、審査が通りにくかったりすることもあります。オリックス銀行カードローンの特徴は、保証会社が2社用意されている点です。

通常のカードローンは1つの保証会社になるのですが、オリックス銀行カードローンは2社用意されていることから、それだけ多くの人が利用しやすくなっているということなんですね。

なので、今回はオリックス銀行カードローンの保証会社について解説していきたいと思います。

オリックス銀行カードローンの保証会社は2社

オリックス銀行カードローンの保証会社は下記の2つの保証会社になっています。

  • オリックス・クレジット株式会社
  • 新生フィナンシャル株式会社

オリックス・クレジット株式会社はオリックスの名前が付いているので、オリックス関連の会社なのかな?と安易に予想することができますね。

実はその通りで、オリックス・クレジット株式会社は、名前からも予想できるようにオリックスグループが運営している保証会社の1つになります。

オリックス・クレジット株式会社は、主に高い限度額の顧客を対象として審査を行っています。

つまり、大口の顧客を専門に審査を行っているということなんですね。

そして、もう1つの保証会社である新生フィナンシャル株式会社の方は比較的限度額が低い方の融資の審査を行っているということなんです。

つまり大口の顧客と小口の顧客で保証会社を分けているのがオリックス銀行カードローンの特徴になります。

オリックス銀行カードローンが保証会社を2社用意している理由

他社の保証会社は1社なのに、なぜオリックス銀行カードローンは2社の保証会社を用意しているのでしょうか?

その理由は、2つの審査基準に応じて顧客を見極める点にありました。オリックス銀行カードローンのように保証会社を2社用意することで、審査の難易度に応じて保証会社を2つ用意していれば、顧客の見極めをより細かく行うことが出来ます。

返済のリスクが少ない顧客に関しては、低い金利で貸し付けを行い、返済のリスクが高い顧客に関しては融資を行う代わりに高い金利で融資を行います。

このようにすれば幅広い顧客に対して融資を行うことが可能になり、審査が不安な顧客にとっても有益な仕組みになっているというわけなんですね。

オリックス銀行の気になる審査条件

オリックス銀行カードローンに限らず、カードローンの審査基準の一つに安定した収入があるかどうかということです。

では安定した収入がないと申し込みできないのでしょうか?基本的にオリックス銀行カードローンでは収入に関する指定はありません。

すなわち、収入が低いからと言って審査が不安だという方でも比較的安心して審査を受けることができます。

雇用形態の指定もないので、アルバイトやパートなどの非正規社員の方でも申し込み自体は可能になっています。

また、非正規社員以外にも主婦の方だったり、外国籍の人でも申し込みができるカードローンとしてかなり幅広く活用されているのが、オリックス銀行カードローンになります。ただし、一定以上の条件があります。それが

  • 満20歳以上で満69歳以下である
  • 継続的な安定した収入がある

ということです。

安定的な収入の金額に関しては、先ほども解説したように規定はありません。しかし‘安定した継続的な収入’がない人の審査が難しいようですね。

オリックス銀行カードローンの審査で見られるポイント

オリックス銀行カードローンの審査では、属性と呼ばれている重要な評価指標が存在します。

属性の評価が高ければ高い人ほど審査に通りやすくなりますが、属性の評価が悪ければ逆に審査に落ちてしまう可能性が高まります。

つまり、オリックス銀行カードローンの審査はこの属性がよく見られているということは理解しておいた方がいいかもしれません。

そもそも属性とは、申し込み時に入力したデータを統計データと照らし合わせ、それぞれの項目ごとに採点を行っていきます。

そして、そのすべての点数を合計して属性の評価を付けるのが一般的になっています。

これは属性スコアリングシステムと呼ばれている審査方法で、元々は消費者金融であるプロミスが開発した審査方法になります。

今では日本のカードローン業界のみならず、世界でも同様の審査システムが用いられるようになっています。では、この属性審査ではどのような項目にチェックがされているのでしょうか?

属性検査でチェックされている項目

属性検査でチェックされている項目は下記のような事項になります。

  • 勤続年数
  • 職種
  • 雇用形態
  • 年収
  • 年齢
  • 住居形態
  • 配偶者の有無

属性検査では申し込み時に入力した情報の中で返済に関わる全てのデータがチェックされています。

これらは全て統計的なデータをもとに計算が行われ、返済能力の有無を審査しているのです。

例えば、仕事を短い期間で色々と変わっている人よりも勤続年数が長い人の方が返済能力があると判断され属性の評価はもちろん高くなります。

同じように、アルバイトの人よりも、正社員の方が属性の評価は高まりますし、会社員よりも公務員の方が属性の評価は高まります。

大事なのは収入雇用の安定性があるかどうかということですね。

カードローンの審査が通りにくい人の特徴

オリックス銀行カードローンに限らず、銀行カードローンの審査に通りにくい人がいます。そのような人にはある特徴がありました。

【他社からの借り入れがある】

オリックス銀行に限らず、他社のカードローンを利用していると、審査に通らない可能性が高まります。他社の利用が1社程度ならまだいいのですが、3社以上利用しているようでは、銀行カードローンの審査に通るのは難しいかもしれません。オリックス銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも比較的融資を受けやすい方にはなりますが、他社からの借り入れが多いと審査に落ちてしまう可能性は十分にあると言えます。

【過去に返済を延滞したことがある】

カードローンの審査において、過去にカードローンもしくはクレジットカードを利用しての返済を延滞したことがある方は審査に不利になります。各金融機関への支払いを延滞してしまうと、信用情報にその情報が残ってしまうためです。延滞した記録は5年間は保存されるので、ローンを利用する際には延滞だけはしないように気を付けた方がいいですね。延滞するくらいなら返済を遅らせる方法もあるので、その辺を有効活用した方がいいかもしれません。

【所得がない方】

そもそも所得がないもしくは安定していない人に対しては申し込み条件を満たしていないため、審査に通るのは難しいでしょう。基本的にお金を借りるためには、安定的な収入は絶対条件になります。返済能力の有無が、審査を通るための最大のポイントになると言っても過言ではないのですから。

【信用情報に事故情報が記録されている】

過去に3か月以上の返済の延滞もしくは債務整理を行ったことがある方は、信用情報に事故情報が登録されてしまいます。これは俗に言うところのブラックリストになります。ブラックリストに登録されてしまうと、大手消費者金融はおろか、銀行カードローンにはまず通らないと考えていた方がいいでしょう。

これらのいずれか1つでも該当する項目があれば、カードローンの審査に落ちてしまう可能性が高いとされています。カードローンに申し込みをする前にこれらのいずれかに自身が該当していないかを今一度確認した上で審査を受けた方がいいかもしれません。仮にいずれかに該当しているようであれば、申し込みをする前に対策を練る必要がありますからね。

オリックス銀行の仮審査と本審査の違いについて

基本的に銀行カードローンの審査には仮審査と本審査というものがあります。仮審査に関しては、コンピューターによって自動審査が行われ、カードローンに申し込みをした情報を元に自動的にコンピューターがその情報をポイント化し、一定水準以上のポイントに達した段階で仮審査が通る流れになっています。下記にオリックス銀行カードローンにおける仮審査と本審査の違いを解説していきたいと思います。

【オリックス銀行カードローンの仮審査】

オリックス銀行カードローンに申し込みをするためにはオリックス銀行カードローンの申し込みフォームに必要事項を入力する必要があります。必要な情報は氏名・住所・電話番号・本人を特定する情報のほかに家族構成・家賃・勤務先・勤務形態・勤続年数などなどです。これらの情報を元にコンピューターが自動で仮審査を行い、ポイント化した数値が一定水準以上を満たしていれば仮審査が通る流れになります。この仮審査の時点で審査に落ちてしまう人もいるので要注意です。

【オリックス銀行カードローンの本審査】

続いては本審査です。本審査は仮審査に通った人にメールにて連絡があります、その後、本人確認もしくは申し込み内容の確認の電話が、入力した電話番号にかかってきます。これと前後する形で在籍確認を行う場合もありますね。また、オリックス銀行カードローンの担当者が信用情報機関に個人の信用情報の問い合わせを行います。ここで、債務整理の登録だったり、延滞があった場合は審査に通りません。数日の返済の遅れだったとしても、それが頻回にあるようでは、審査に通るのは難しくなるでしょう。本人確認の電話の後、本人確認書類と必要に応じて収入証明書をアップロードして送付する必要があります。これで問題がなければ晴れて本審査を通過し、カードローンが利用できるといった流れになります。

オリックス銀行カードローンの審査の流れ【金利・返済・申し込み条件】

まとめ

オリックス銀行カードローンに限らず、カードローンの審査を通るために最も大事になるのが安定した収入になるということです。安定した収入がないとそもそも審査に通ることができません。安定した収入にプラスして、各属性がよりプラスの評価になるかが審査通過の鍵になるということですね。なので、ある程度の安定した収入と他社からの利用がなく、以前に延滞や債務整理を行っていない場合は、審査に通りやすいので、それらに問題がないようであれば、オリックス銀行カードローンの審査は通る可能性が高いことでしょう。