オリックス銀行カードローンの在籍確認のタイミングは?電話確認を回避できる?

公開日:

「オリックス銀行カードローンでなんとしてでも、お金を借りたい・・・。」と思ったとき、審査の過程でおこなわれる在籍確認が大きな壁となって私たちの前に立ちはだかります。

給料も安定しており、正社員として働くことができれば、在籍確認など、恐れる必要はありません。

しかし、家庭の事情によって自営業(フリーランス)や、パート、アルバイトで生活費を稼いでいる方は、本当に審査に通過できるのか不安を抱いているのではないでしょうか?

もしかして、オリックス銀行カードローンの在籍確認ついて、下記のことで悩んでいませんか?

  • オリックス銀行カードローンの在籍確認のタイミングについて知っておきたい・・・。
  • 自営業(フリーランス)や、パート、アルバイトでも、審査に通過できるのか知りたい・・・。
  • 在籍確認を回避できる方法があるのなら、事前に知っておきたい・・・。

もし、オリックス銀行カードローンの在籍確認について自分と何かひとつでも思い当たることがある場合は、本記事を最後まで興味を持って読んでいただけると思います。

今回は、オリックス銀行カードローンの在籍確認のタイミングや電話確認は、回避可能なものなのか詳しく解説します。

オリックス銀行カードローンの審査には在籍確認がある?

信用力が問われる銀行系のカードローン会社の審査には、昔から在籍確認と呼ばれる審査があります。会社に電話をかけられると聞き、申し込みを躊躇される方もいるでしょう。

インターネットの口コミを閲覧していると、「私は、在籍確認なんて1度もありませんでした!」などと記載されているのを見かけますが、本当に在籍確認は、実施されるのでしょうか?

ここでは、オリックス銀行カードローンの審査の過程に本当に在籍確認があるのかについて確認していきます。

在籍確認が実施されるのはホント?確認のタイミングは?

オリックス銀行カードローンで、審査の申し込みを済ませると、余程の理由がない限り、高確率で在籍確認が実施されます。

在籍確認があることは、決してマイナス要素ではありません。なぜなら、オリックス銀行カードローンが信用力の高い人に限定してサービスを提供していることがわかるからです。

これは、銀行系のカードローンサービスを提供する法人格として、しっかりとした運営がおこなわれていることを意味します。

実際に、オリックス銀行カードローンで在籍確認が実施される場合、どのようなタイミングで実施されるのでしょうか?

オリックス銀行カードローンの公式サイトによれば、お申し込みが承認されたお客さまに限定して、勤務先への在籍確認が実施されると明記されています。

つまり、申し込み審査を実施後、仮審査に通過すると在籍確認がおこなわれていることがわかります。

そのため、在籍確認があったということは、本審査に移行していると判断できます。

電話に本人が出なくても大丈夫?

銀行系のカードローン会社が、自分の会社に電話をかけてくると考えただけで、なんだかドキドキする方もいるでしょう。

オリックス銀行カードローンで働く電話スタッフの方が会社に電話をかけてきたとき、申し込み者本人が出ることができなければ審査に落ちることはないのでしょうか?

その心配をする必要はありません。

なぜなら、在籍確認は、申し込み者本人が本当に働いているのかの確認をとるものだからです。

そのため、会社に電話がかかってきて、電話受付のパートさんが在籍確認の電話に出ても、なんら問題がありません。

電話を受けたパートさんが、「○○は、席を外しております。」と、伝えてくれれば、在籍確認は、完了します。

電話確認を回避することはできる?

決してやましいことがなくても、会社への電話確認は、極力避けたいというのが本音ではないでしょうか。

オリックス銀行カードローンの電話確認は、なにか特別な理由があれば回避できるものなのでしょうか?

審査通過者の口コミを閲覧していると、
「どうしても借入を急いでいると伝えたら、在籍確認がなかった。」
「記入項目のすべてに入力したら、在籍確認がなかった。」
などという情報を見かけますが、その真偽を確認する方法は、ありません。

オリックス銀行カードローンの公式サイトで、「お申し込みが承認されたお客さまには、ご勤務先への在籍確認のため当社からお電話をさせていただきます。」と、明言しているため電話確認を回避することはできないと考えておいた方が良いでしょう。

会社への在籍確認の電話内容とは?

会社にオリックス銀行カードローンから電話がかかってくると、どんなことを確認されるのでしょうか。

仮審査に通過し、会社で在籍確認の電話を待っていると、下記のような電話がかかってきます。

銀行スタッフA:山田と申しますが、鈴木一郎さんは、いらっしゃいますでしょうか?

私:鈴木一郎は、私のことです。

銀行スタッフA:オリックス銀行カードローンの山田と申します。お勤め先の在籍確認の件で会

社にお電話をかけさせていただきました。それでは、お申し込み時に、ご登録いただいたお電話番号に、再度お電話をかけさせていただきます。

私:わかりました。よろしくお願いいたします。

このあと、電話で本人確認がおこなわれます。

万が一、自分自身が電話に出られなければ、下記のような流れで在籍確認が実施されます。

銀行スタッフA:山田と申しますが、鈴木一郎さんは、いらっしゃいますでしょうか?

電話受付B:もうしわけございません。鈴木は、ただいま席を外しております。戻り次第、折り返しお電話を差し上げましょうか?

銀行スタッフA:構いません。また、後日、連絡させていただきます。ありがとうございました。

このような流れで、在籍確認が完了します。

オリックス銀行カードローンのスタッフによって、個人の名前を名乗ることもあれば、会社名を最初に名乗ることもあります。

どちらなのかは、そのときの状況によりますが、在籍確認の口コミでは個人の名前を名乗ることが多いと判断できました。

正社員やパート・派遣…雇用形態によって在籍確認のやり方は変わるの?

世の中には、正社員以外にも自営業(フリーランス)やアルバイト、パート、専業主婦など、さまざまな働き方があります。

もちろん、在籍確認のやり方も、雇用形態に合わせたものが実施されます。

ここでは、雇用形態によって在籍確認がどのようにかわってくるのか、そのやり方について確認していきます。

自営業(フリーランス)の場合はどうなる?

近年、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシング事業の拡大とともに、年齢層を問わず自営業(フリーランス)として働く人が増えてきました。

自宅を会社のオフィスとして利用し、クライアントから仕事を受注することで生活を営んでいる自営業(フリーランス)には、どのような在籍確認が実施されるのでしょうか。

基本的に、自宅を事務所として申し込み記入欄に登録するため、家の固定電話に在籍確認の連絡が入ります。

どのような事業を展開しているのか、詳しい業務内容や家族構成、成人として生活費を稼ぎ独立できているかということを質問されます。

万が一、自宅に固定電話がない場合は、携帯電話に在籍確認の電話がかかります。

件名が表示されないため、着信がなったらすぐにとれるようにしておきましょう。

アルバイト・パートの在籍確認方法

パートやアルバイトで働いていると、どのような在籍確認がおこなわれるのでしょうか。

基本的に、勤務先の電話に在籍確認の電話がかかります。もし、社内に電話担当の方がいるのなら、「さっき、あなたに電話かかかってきていましたよ。」と伝えられます。

在籍確認の電話では、オリックス銀行カードローンであることを名乗らないため、会社で変な噂がたつことはありません。

もし、会社で働いている最中にカードローンの借入などで変な噂がたつことを恐れているのなら、「クレジットカードの更新月で、在籍確認の電話があったみたいですね。」と言っておきましょう。

また、事前に伝えておけば、仕事中でも電話をつないでもらえます。

なんでも正直に伝えるのではなくて、上手く話しのつじつまを合わせておきましょう。

専業主婦(専業主夫)の場合はどうなる?

オリックス銀行カードローンは、安定した収入があることを、カードローンの利用条件としています。

そのため、安定した収入のない専業主婦(専業主夫)は、カードローンでお金を借りることができません。

そのため、オリックス銀行カードローンから在籍確認の電話がかかってくることはないでしょう。

ほとんどの場合、本審査に移行する前に仮審査で落ちてしまいます。少しでも、審査に通過したいのであれば、数万円でも毎月パートやアルバイトなどで安定した収入を確立しましょう。

在籍確認の電話に出られないと審査に落ちるの?

会社で働いていると、いつでも電話対応ができるわけではありません。むしろ、取引先企業への営業や電話対応、訪問者の対応などで、在籍確認の電話に出られない可能性の方が高いでしょう。

もし、オリックス銀行カードローンによる在籍確認の電話に用事で出られなければ、審査に落ちてしまうのでしょうか?

ここでは、在籍確認が出られないと審査に落ちてしまうのか、なぜ勤務先に電話をかけて在籍確認をするのかについて、確認していきます。

なぜ在籍確認が必要なの?

オリックス銀行カードローンの審査では、なぜ在籍確認が必要なのでしょうか?

私たち利用者からすれば、「会社に電話をかけるなんて、おおごとになっても嫌だからやめてほしい・・・。」と思ってしまうでしょう。

しかし、オリックス銀行カードローンは、利用者にお金を貸して、金利収入で会社を経営しています。

万が一、お金を貸したものの、返済してもらえなければ、経営利益はマイナスになってしまいます。

また、無職で返済できない人に、カードローン会社がお金を貸すというのは、リスクしかありません。

そして、社会的な常識と照らし合わせてもやってはいけないことは明白です。

そのようなトラブルを未然に防ぐには、本当に安定した収入を確立しているのか調べる必要があります。

会社に電話をかけて働いている事実を確認することができれば、安定した収入を得ている証拠になります。そのため、オリックス銀行カードローンは、会社への在籍確認を徹底しています。

土日で会社が休みの場合はどうなる?

土日や祝日は、多くの会社が休みになります。

万が一、会社が休みの日にオリックス銀行カードローンの在籍確認がおこなわれてしまったら、困ったことになると思っていませんか?その心配の必要はありません。

なぜなら、オリックス銀行カードローンは、土日や祝日、および12月31日~1月3日を休業日としているからです。

そのため、土日や祝日は、在籍確認が実施されていません。

可能な限り、在籍確認を早めに終わらしておきたいと考えているのなら、月曜日の朝に申し込むと最短で仮審査に通過し、在籍確認が実施されます。

在籍確認に出られないとどうなる?

別件で他の仕事を担当しており、オリックス銀行カードローンの在籍確認に出られなければ、どうなってしまうのでしょうか。

申し込み者本人が電話に出ることがなくても、だれかが電話に出てくれれば、審査で落ちることはありません。

このとき、自分の代わりに電話に出た人が電話先の銀行スタッフを怪しい人だと考えて、個人情報を守ることを目的に、「うちでは、そんな人は働いていません。」と伝えてしまうと、高確率で審査に落ちてしまいます。

ちなみに、在籍確認の記入欄に、安定した収入があることを証明するため、虚偽の勤務情報を入力し、存在しない電話番号を記入すると間違いなく嘘偽りがばれてしまい審査で落とされてしまいます。

やむをえない事情がある人は相談しよう

もし、どうしてもオリックス銀行カードローンに在籍確認されると困ってしまう事情のある人は、スタッフの方に相談してみましょう。

もしかすると、社会保険証や組合保険証を提出すれば、在籍確認をしたことになるかもしれません。

無職の方がどれだけ在籍確認を回避するため、電話で事情を話しても相談にはのってくれません。

やむをえない事情がある場合に限定して対応してもらえるため、雇用されていない事実を隠せるわけではないので、注意してください。

まとめ

オリックス銀行カードローンの在籍確認は、仮審査を通過した直後に実施されます。

働き方によって在籍確認の方法が異なりますが、働いている事実さえ確認できれば良いのでなにも恐れる必要はありません。

申し込み者のすべての勤務先に在籍確認の電話確認があるため、早めに申し込んで待機しておきましょう。

オリックス銀行カードローンから在籍確認の電話がかかってきても、だれにも怪しまれることはないので、冷静に対応し本審査を通過しましょう。