プロミスATMの種類と営業時間・手数料について解説

公開日:

プロミス
キャッシング大手のプロミスは、自社のATMを提供しています。このATMは、銀行などとは違い、独自に作った自動契約機に置かれています。

自社のATMは、銀行などの提携しているATMとは色々な部分で異なります。今回はプロミスのATMがどのような役割を果たしているのか調べてみました。

プロミスのATMが置かれている場所

プロミスは自動契約機と一緒にATMを配置しています。自動契約機は日本全国に置かれているので、日本のどこでもプロミスのATMを見つけられます。

なお、自動契約機以外の場所にATMを配置していませんので、必ず自動契約機を見つける必要があります。

ATMは、プロミスでの借入と返済ができるように作られています。他の銀行などの借入はできず、プロミスのサービスに特化して作られたATMです。

そのため、借入と返済以外のサービスは利用できません。もし、プロミスに対して何か手続きを行いたいのであれば、ホームページ等で手続きを行います。

プロミスのATMは、即日融資のためには必要不可欠です。発行されたキャッシング用のカードを挿入すると、すぐにお金を借りられるためです。

他で提携しているATMなどの違い、手数料がかからないところ魅力的で、手数料を支払いたくないと思っている方はプロミスのATMを探してください。

プロミスのATMの稼働時間は何時まで?

プロミスのATMは、稼働時間が制限されています。多くのATMは、自動契約機が稼働している9時から22時までの間で利用できます。

22時を超えた時点で、プロミスの自動契約機は利用停止の措置を取りますので、それ以降の時間は提携しているATMを利用しなければお金を借りられません。

自動契約機が置かれている店舗は、長い時間営業を行っているわけではなく、一定の時間が経過している段階で置かれている機械の利用を停止しています。

また、プロミスが22時以降の審査を行っていないこともあり、22時を経過している時点で自動契約機による申し込み等もできなくなります。ATMも同様に22時までに利用を止めるようにしています。

どうしても22時以降に借りたいと思っている方は、提携しているコンビニATMを探してください。コンビニであれば22時以降でもお金を借りられます。

他にも銀行のATMを利用することで、0時までなら借りられる場所もありますので、ATMが置かれている場所を調べて、プロミスで借りられるところを見つけておきましょう。

プロミスのATMはどれくらい置かれている?

自動契約機と一緒にATMを配置しているプロミスの店舗ですが、全国で1000以上置かれています。

大都市圏には大量に置かれている代わりに、地方ではあまり配置されていません。

都会の方が圧倒的に利用している人が多いと判断して、プロミスはATMを人口の多いところに集中して配置し、地方ではあまり置かないようにしています。

地方のユーザーにとって、なかなかプロミスのATMを見つけられない状況は嬉しくないでしょう。

特に車でかなり移動しなければATMを見つけられない方は、プロミスのATMを利用するメリットが薄いと感じてしまうのです。

しかし、プロミスのATMを使っていれば、ATM手数料が無料となるサービスもありますので、手数料を使わないでATMからお金を借りたいのであれば、多少遠かったとしてもプロミスのATMを探したほうがいいのです。

都市部の場合は、どこにでもプロミスのATMが置かれているような状況であり、稼働している間であればいつでも利用可能です。

また、一部のプロミスでは有人店舗も存在しますので、何か相談したいことがあるなら人のいる店舗に相談へ行くといいでしょう。

プロミスのATMを利用するメリットは?

提携しているATMがたくさん存在しているにもかかわらず、プロミスのATMを利用するメリットはどのような部分にあるのでしょうか。ここからはATMを利用するメリットについて紹介します。

1.キャッシングカードを発行するとすぐに借りられる

プロミスの自動契約機では、キャッシングカードを発行できます。ネットでの申し込みを行って、審査が完了した後に自動契約機へ行くと、キャッシングカードを即日で発行できます。

このキャッシングカードを受け取った瞬間に、お金を借りられる場所がプロミスのATMなのです。

プロミスのATMは、自動契約機と一緒に置かれています。お金を借りたいと思ったのであれば、備え付けられているプロミスのATMを利用するだけで、簡単にお金を借りられるのです。

2.返済も自由にできる

ATMでは返済も自由に行えます。返済のできるATMを探している方にとって、プロミスのATMは第一候補として考えられるでしょう。

特に手数料がかからないという部分は、返済の場合でも適用されることです。

プロミスの返済額を少しでも抑えたいと思っている方は、プロミスが用意しているATMを利用したほうがいいのです。

プロミスの返済方法を解説!ATMの使い方から返済日・遅れたときの対処法まで紹介

3.困ったときに相談できる電話がある

自動契約機で困ったときは、専用の電話を利用してオペレーターと相談できます。実は借り入れなどの問題が起きた場合でも、その電話を利用して相談が可能です。

他のATMだと、相談のできる電話が取り付けられていませんから、相談したい場合はスマホから専用のダイヤルに連絡を入れなければなりません。

しかし、プロミスのATMが置かれている場所であれば、自由に利用できる電話が用意されています。この電話さえ使っておけば、借入や返済の問題についてはすぐに話ができるのです。

プロミス以外のATMで提携している会社はどこ?

プロミスは自社のATMだけではなく、他にも提携している会社が存在します。その会社は徐々に増えており、利用できる場所も劇的に増えてきました。

現在提携している会社には、三井住友銀行があります。プロミスは三井住友銀行の傘下に入っている会社であり、キャッシングサービスの中心的な役割を果たしています。

三井住友銀行のATMは、プロミスのATMと同じように手数料は全て無料となります。従って、プロミスのATMを見つけられなかった場合は、三井住友銀行のATMを見つければ手数料を支払わなくてもいいのです。

また、ゆうちょ銀行のATMとも提携しています。ゆうちょ銀行は最近になって提携を開始したばかりですが、日本全国の郵便局でもプロミスの借入と返済が可能です。

コンビニATMでは、ローソンとセブンイレブン、ファミリーマートのATMから借入が可能です。コンビニの場合は対応している時間が非常に長いこともあり、深夜や早朝にもお金を借りられるメリットがあります。

この他に一部地方銀行とも提携しています。ただ、地方銀行の一部は借入のみの対応となっていますので、返済に利用できないATMが存在することを知っておきましょう。

提携しているATMの手数料は?

三井住友銀行以外のATMを利用している場合、手数料の支払いが発生します。

取引額 借り入れ 返済
1万円以下 108円 108円
1万円超え 216円 216円

この手数料の金額ですが、1万円未満の借入であれば108円、1万円以上の借入であれば216円です。返済の場合も借入と同じように、1万円未満と1万円以上に分けて手数料が発生します。

借入であれば手数料を考える必要はないかもしれませんが、返済の手数料は非常に厄介です。

返済額が増えてしまうため、予想以上に返済する金額が多くなっているように感じてしまいます。できることなら、返済だけでもプロミスのATMを活用するようにしましょう。

プロミスATMなどから返済した場合は元本がすぐに減る?

ATM返済などによってお金を返すことになった場合、プロミスのATMでは支払いの順番を決めています。この順番によって支払いの金額を減らし、最終的に残った金額が元本の返済として扱われます。
その順番というのは以下の通りです。

  1. ATM手数料
  2. 未払いの利息
  3. 未払いの利息
  4. 遅延している利息
  5. 元本

1.ATM手数料

最優先で取られてしまう金額です。提携しているATMなどから返済を行っている場合は、最大で216円の支払いが優先して行われます。

できる限り手数料についても把握したうえで、返済額を決めるようにしましょう。

2.未払いの利息

今月に発生している未払いの利息を支払います。利息が元本よりも優先されるのはどこの会社も同じことです。プロミスでも利息を優先して支払いに充てています。

利息がかなり大きくなってしまうと、元本の返済が終わらない可能性もあります。

利息がどれくらい発生しているのかをしっかり調べたうえで、返済額を調整するといいでしょう。

3.遅延している利息

遅延損害金などによって発生している利息を支払います。

普通に返済をしている方には関係ない項目です。

該当しているのは返済が遅れていることで、遅延損害金の金利を適用されている人だけです。

4.元本

最終的に残った金額は、借りている元本の支払いに充てられます。

元本の支払いが完了した段階で借金の返済は完了となります。

元本が残されているのであれば、来月以降の支払いも続けなければなりません。

ATMを利用する際は他の人に見られない対策を

コンビニATMを利用している時など、意外にも他の人に見られそうな状況も生まれやすいのです。

他の人に見られたくないと持っているなら、なるべくATMに対してまっすぐ立つようにして、画面を見られないように調整してください。

また、コンビニATMなどを利用している場合には、あまり他の人が入店していない時間帯を狙うといいでしょう。

コンビニATMは返済や借入のできる時間が制限されていませんから、ほぼ全ての時間帯でお金を借りられるのです。

見られそうな時間帯を避けて、誰にも見られないタイミングでプロミスからお金を借りるといいでしょう。

プロミスのATMを利用する際は提携先なども考えよう

プロミスのATMは、自動契約機と一緒に配置されていますので、ATMだけが置かれている場所はありません。

自動契約機を置いている場所さえ見つけられれば、稼働している時間であればATMを利用できるでしょう。

提携しているATMを利用する場合には、提携先に気を付けておきましょう。

三井住友銀行のように、プロミスのATMと同じように手数料が無料とされている会社もあります。手数料を避けたい方は、三井住友銀行のATMで借入や返済を行うことも考えてください。

消費者金融の返済を効率良くおこなう方法と延滞時の対処法