プロミスのカードを紛失…即日で再発行できる?

公開日: 最終更新日:

プロミス

プロミスのローンカードが入った財布を無くしてしまった、鞄を電車に忘れてきてしまった等、何等かの原因でカードを紛失してしまう事は誰にだって起こり得る事です。

もし、他の人にプロミスのローンカードを拾われてしまっては、悪用されてしまう可能性だってありますので、失くしてしまう可能性を踏まえて、その後のアクションをどのように起こせばいいかを知っておく事もローンカードを所有する上で重要な事となります。

また、今日使おうと思っていたのに、財布を見たらカードが無かったという場合、できればプロミスのローンカードを即日で発行し、本日中に使えるようにしたいですよね。

そこで今回は、プロミスのカードを紛失した際に起こすべき行動と、即日で再発行する為の手順について解説していきたいと思います。

プロミスでお金を借りるまでの流れ!審査・金利・返済

プロミスカードを紛失したらプロミスコールにまず連絡!

プロミスカードを紛失してしまった場合、まず始めにプロミスコールと呼ばれるお客様対応窓口に連絡して下さい。

・プロミスコール TEL:0120-24-0365

プロミスへ連絡する事で、カードの使用を一時的に停止する事ができ、プロミスカードが悪用されてしまう事態を完全に防ぐことができます。

なお、プロミスコールは24時間365日いつでも対応していますので、真夜中にプロミスカードの紛失が発覚した場合でも、直ぐに対応してもらう事ができます。

プロミスから今日お金を借りる!即日融資を土日でも受けるコツ!

連絡後は警察署・交番に紛失届を出そう

プロミスへの連絡が完了し、プロミスカードの使用を停止できたら、次に警察署・交番に届け出を出すようにして下さい。

警察に紛失届を出しておけば、もし紛失したプロミスカードが見つかった場合、紛失届を出した際に指定した電話番号に連絡がいきますので、家族のいる実家やその関係者に電話が入り、プロミスカードの紛失を知られるリスクを防ぐ事ができる他、紛失したカードを発見しやすくなるというメリットがあります。

また、プロミスカードの紛失に気付くのが送れ、不正利用されてしまった場合なども紛失届を出したことによって警察側が捜査しやすくなるというメリットもあります。

早めの対応で悪用を防ぐことができる

プロミスカードを紛失した際、プロミスへの連絡が遅れてしまい第三者に不正キャッシングされてしまった場合、その返済義務は利用者本人が負う事となります。

これは、プロミスの会員規約第32条(プロミスカードの発行および取扱等)の項目6「カードの紛失、盗難、相性番号の漏洩その他の事由により、第三者のカードを不正使用された場合、お客様は、一切の責任を負います。」という規約に則る為です。

勿論、不正キャッシングをした犯人が捕まれば、民事裁判等によって返済義務を犯人に着せる事ができますが、裁判でその判例がでる確証はなく、そもそも犯人が捕まるという保証もどこにもありません。

紛失後に連絡が遅れた事が原因で限度額一杯まで不正利用された場合、利用者に大きな債務がのし掛かりますので、もしプロミスカードを紛失してしまった場合は、「探す」という対応よりも「プロミスに連絡する」という対応を優先して下さい。

正しい対応が早ければ早い程、プロミスカードが第三者によって悪用されてしまう事を防ぐことができます。

プロミスカードを再発行する方法は3つ

プロミスカードの紛失が発覚し、その旨をプロミス及び警察に連絡したら、次はプロミスカードを再度使用できるよう再発行の手続きを行います。

プロミスカードを再発行する方法としては、以下の3つが挙げられます。

  • 自動契約機で再発行の手続きを行う。
  • プロミスに電話をした後、再発行したカードを郵送してもらう。
  • プロミスの店頭(お客様サービスプラザ)で再発行の手続きを行う。

最も簡単な方法としては、プロミスに電話をして再発行してもらうという方法ですが、この場合だと再発行したカードの郵送となりますので、手元に届くまで時間がかかります。

その為、直ぐにでもカードを発行したいという場合は、自動契約機および店頭での再発行手続きが向いています。

但し、プロミスの店頭(お客様サービスプラザ)は全国に18店舗しかなく、営業時間も平日10時~18時の範囲のみとなりますので、この方法で再発行の手続きができる人は限られてきます。

一方、プロミスの自動契約機は全国各地に隈なく設置されている上、営業時間も土日祝日含め9:00~22:00(※契約機により営業時間が異なります)までと幅広いので、直ぐにでもプロミスカードを再発行したいという方は、自動契約機で再発行の手続きを行うようにしましょう。

自動契約機を利用すると即日で再発行ができる

プロミスの店頭窓口「お客様サービスプラザ」では紛失したプロミスカードの即日再発行ができますが、これは自動契約機で行った場合も同様に受けられるサービスです。

また、プロミスカードの再発行において審査はありませんので、プロミスの審査時間である9時~21時を気にする必要もありません。

その為、プロミスの自動契約機の営業時間である土日祝日含む9時~22時の間に再発行手続きを終わらせれば、即日でプロミスカードの再発行ができます。

また、プロミスの自動契約機が設置された店舗は担当者が在籍せず、設置されたブースも個室となっていますので、誰かにプロミスの自動契約機を使っている事が知られてしまうリスクも少ないのでお勧めです。

なお、プロミスの自動契約機にて紛失したプロミスカードの再発行を行う場合は、本人確認書類の持参が必要になりますので注意して下さい。

本人確認書類については後述する「必要書類を持参し自動契約機に行く」にて詳しく解説しています。

再発行手数料は無料!できるだけ早くカードを受け取ろう

プロミスでは自動契約機、郵送、店頭いずれの方法で再発行の手続きを行っても手数料は無料となっています。

プロミスカードを紛失してしまった場合、早く再発行しておく事に越したことはないので、即日発行が可能な自動契約機、もし時間に余裕があり近くにプロミスの店頭があるという方は、店頭窓口にて再発行の手続きを行う事で即日再発行を受ける事ができます。

但し、プロミスカードを過去にも何度か紛失・破損している場合等は、プロミスの会員規約第22条(費用および手数料の負担)に則り、再発行手数料が発生するケースもありますので注意して下さい。

プロミスカードを即日で再発行する流れ

ここからは、実際に紛失してしまったプロミスカードを即日で再発行する流れについて解説していきます。

本記事では、より多くの人が利用できるプロミスの自動契約機を利用したカードの即日再発行手順を解説しています。

但し、プロミスへの電話でカードを郵送してもらう手続きを除き、自動契約機も店頭窓口での再発行手続きの根本的な流れは変わりありません。

最寄りの自動契約機を公式サイトから調べる

プロミスの自動契約機は全国1100台以上と、その数は他の消費者金融が導入している自動契約機数と比べてもトップクラスの台数です。

その為、プロミスの自動契約機は全国隈なく設置されており、地方に住んでいる方でも自宅または勤め先付近に自動契約機がある可能性は非常に高いです。

どこにあるかが分からないという方は、まずプロミスの公式ページより「はじめてのご利用」「お申込方法」「自動契約機からのお申込み」と進み、「店舗・ATM検索」にて現在地より近い自動契約機を検索する事が可能です。

プロミスの自動契約機に来店して即日融資!営業時間や手続きの流れは?

必要書類を持参し自動契約機に行く

プロミスカードを紛失した際の再発行手続きにおいて、以下の本人確認書類が必要となりますので注意して下さい。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保健所+1点(住民票等)

なお、上記書類に記載されている自宅住所と現住所が異なる場合、以下書類いずれかの書類も必要となりますので注意して下さい。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電気、水道、ガス、NHKなど)
  • 住民票の写し、または住民票の記載事項証明書

プロミスの再発行手続きでは審査がありませんので、収入証明証の必要はありません。

「カードの再発行」を選択し手続きを進める

プロミスの自動契約機にて、最初の操作は新規申し込み時の操作方法と変わりありません。「いらっしゃいませ」と表示された画面で「プロミス」の表示をタップして下さい。

その後、新規申し込み手続きの他に、各種お手続きメニューが表示されますので、そこから「再発行」を選択し、手続きを行ってください。

本人確認書類をスキャンする

「再発行」の項目を選択後、自動契約機のガイダンスに従って持参した本人確認書類を自動契約機に付属しているスキャナーに入れて、スキャンを完了させて下さい。

書類が複数ある場合は、ガイダンスに従って一枚ずつ書類をスキャンします。

本人確認書類のスキャンが完了したら、そこで再発行手続きも完了します。

手続き自体はものの10分程で完了しますので、プロミスの自動契約機での再発行手続きは非常に簡単です。

プロミスカードが再発行される

再発行の手続きが完了した後は、即日で自動契約機よりプロミスカードが発行されます。

再発行したプロミスカードも、通常のプロミスカードと同様のサービスを受けられますので、プロミスおよび三井住友銀行のATM、またはコンビニなどに設置された提携ATMよりお金の引き出し、返済を行う事ができます。

なお、プロミスカードの再発行が完了した後に紛失したカードが見つかった場合は、紛失した方のカードを切って処分するようにして下さい。

プロミスカードがなくてもネットから振込手続きができる

プロミスでは、利用者の金融機関口座へ融資額を振り込む「瞬フリ」と呼ばれる振込キャッシングサービスがあり、これを利用する事でプロミスカードが無くてもプロミスから融資を受ける事ができます。

プロミスの瞬フリは、その名の通り振込予約から実際に振り込まれるまでのスピードが最短10秒と早く、24時間365日対応していますので、紛失したプロミスのカードを再発行する暇がないという方に便利なサービスです。

但し、この方法を行えるのは最短10秒の即日振込に対応している金融機関の口座を既に所持している人に限りますので、注意して下さい。

24時間即日での振り込みに対応した銀行口座は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

また、以下の日時についてはメンテナンスによるサービス停止時間となりますので、プロミスの瞬フリを利用する事ができません。

【サービスが停止する日時】

  • 毎週月曜日0:00~7:00
  • 1月1日0:00~24:00
  • 1月2日0:00~7:00

【予約のみの受付となる日時】

  • 毎週土曜23:30~24:00
  • 毎週日曜0:00~4:00、18:50~24:00
  • 毎週月曜7:00~8:00
  • 1月2日7:00~1月3日
  • 5月3日~5月5日

Web-IDの設定を忘れずに

先述したプロミスの即日振込キャッシングサービスを受ける為には、プロミスの会員ページにログインして瞬フリの予約を行う必要があります。

ログイン方法としては、一般的にカード番号とカード暗証番号が用いられますが、もしプロミスカードを紛失してしまった場合、ログインに必要なカード番号がわからなくなってしまいます。

そういった場合に備え、プロミスの会員ページにログインする為のもう一つのID「Web-ID」の設定を行うようにして下さい。

設定方法は、プロミスの公式ホームページより「会員ログイン」から「Web-ID登録」へと進む事で設定する事ができます。

プロミスカードの紛失時に限らず、お金がないときに限ってプロミスカードを忘れてきてしまった等の事態でも対応できるようになるので、予めWeb-ID登録を済ませておく事をお勧めします。

まとめ

プロミスカードを紛失した場合、まずは第三者にカードが悪用されないようプロミスへカード紛失の旨を伝える事を最優先して下さい。

そうする事で、カードの使用を一時停止する事ができカードの悪用を完全に防ぐ事ができます。また、万が一のリスクやカードが見つかる可能性などを上げる為、警察や交番にもカードを紛失した旨を伝え、紛失届を出してください。

その後、電話・店舗・自動契約機のいずれかでカードの再発行手続きを行ってください。

店舗・自動契約機に関しては、即日でプロミスカードの再発行をする事ができます。

また、Web-IDを持っていれば、プロミスカードの番号が分からなくても会員ページにログインでき、カードレスの振込キャッシング(瞬フリ)を受ける事もできますので、紛失した場合に備え、Web-IDを登録しておくようにしましょう。