プロミスは学生でも借りれる!審査に通るコツ・落ちる人の特徴を解説

公開日: 最終更新日:

学生時代って、なんだかんだいっても、ホントにお金がかかりますよね。

洋服代にデート費用、サークル費用に旅行代金などなど・・・言いだしたらきりがないです。

しかし、せっかくの青春時代ですから、お金なんか気にせず思いっきり遊びたいですよね。

そんな時におすすめなのが、プロミスのカードローンです!

そこで今回は、学生でもプロミスのカードローンは利用できるのか?学生が借りられる条件とは、いったいどのような内容のものなのか?徹底検証してみました。

学生の方で、お金に困っている人は、参考までに見ていって下さいね!!

プロミスは学生でも利用できる!審査通過は厳しいので注意

結論から申し上げますと、プロミスは学生でも利用可能となっています。

ただし、プロミスのお申し込みには条件があり、学生なら誰でも審査に通るとは限りません。

そこで、プロミスの申し込み条件と、審査落ちの条件を簡単に紹介したいと思います。

プロミスの申し込み条件

プロミスの申し込み条件は大きく分けて以下の2つが挙げられます。

申し込み時の年齢が20歳以上の人

申し込み条件のひとつめは、「20歳以上69歳以下である人」です。なので、例え学生であっても20歳未満の方はお申し込みできません。

この条件はプロミスのみならず、ほとんどのキャッシングサービスでも、お申し込み条件は20歳以上と定められています。

もし、どうしても20歳未満でお金が必要な方は、他の未成年でも借りられるキャッシングサービスを利用するか、クレジットカードのキャッシング枠を利用してみましょう!

安定した収入のある人

安定した収入とは、毎月1回以上の継続的な収入のことを指します。審査のポイントとしましては、安定しているかどうかといった点なので、収入の額はあまり気にすることはありません。

たとえ、アルバイトの数万円の収入でも、長期的に安定した収入を得ていれば審査に申し込むことが可能です。

しかし、いくらこの二つの条件を満たしているからといって、だれでも審査に通るわけではありません。そこで、次に審査落ちの条件も紹介しておきます。

プロミスの審査に落ちる学生の特徴

学生の方で、お申し込み条件をクリアしていても、以下の条件に当てはまっていれば、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

  • 申し込み時に虚偽の情報を記入
  • バイト先の在籍確認がとれない
  • 他社借り入れ件数が2件以上
  • 他社などで1ヵ月以内に3件以上の申し込み
  • 年収の3分の1以上の借入れ
  • 年収が10万円未満
  • 過去に金融事故の記録がある
  • 水商売・問題のある勤務先

これらの、どれかひとつでも当てはまっていれば、審査に落ちる覚悟はしておいた方が良いでしょう。

申請内容に虚偽表示は、未然に防ぐことができますので、気をつけてくださいね!

それでは、ここから審査に落ちる人の特徴を一つ一つ見ていきましょう。

申し込み時に虚偽の情報を記入

学生は経済力が低いので審査に通りにくい傾向にあります。

中にはなんとか審査に通ろうと実際の収入よりも高く記入する方がいますが、これはあまり意味がありません。

あなたの収入などの個人情報は、信用情報機関という第三者機関に保管されており、金融機関は自由に情報開示をすることができます。これと記入情報を照らし合わせれば、嘘の記載はすぐにバレてしまいます。

また、そもそも年収を数十万円高く記入したところで、審査結果に影響はしませんし、実際の収入との乖離を感じれば保証会社は申込者に直近数ヶ月分の給与明細提出を要求できます。

何より、虚偽がバレてしまうと、今後プロミスはおろか他社カードローン、クレジットカードまで審査に通らなくなる可能性もあるので注意しましょう。

バイト先の在籍確認がとれない

会社員なら審査の途中で勤務先に在籍確認の電話が来ますが、学生も申し込み情報に記入したバイト先へ在籍確認の電話が来ることがあります。

アルバイトはシフト制が多いので、自分がいない間に電話が来ることも多く、結局確認が取れず審査落ちしたというケースも報告されています。

ただ、在籍確認の電話は必ず来るわけではなく、必要書類を提出しなかったなど申し込みに不備があった時に来ることが最も多いです。

前述のように、申し込み情報は嘘なくしっかり記入することが、在籍確認を避ける近道です。

他社借り入れ件数が2件以上

他社からすでに借入を受けている場合、プロミスの新規借入審査には通過しにくくなります。

年数十万円の返済義務がある分、プロミスの返済にあてられる余裕が狭まりますし、返済が何とかできるとしても「計画性のない人」という印象を審査時に与えてしまいます。

他社借り入れが何件あると審査に落ちるか明確な規定はないですが、新規を含めて3件以内にはおさめるようにしましょう。

即審査落ちとは言わなくても、1社から200万円借りている場合と2社から100万円ずつ借りている場合は、後者のほうが圧倒的に審査に通りにくくなります。

借り入れ件数が多ければ、返済に余裕があったとしても審査には大きくマイナスとなります。

他社などで1ヵ月以内に3件以上の申し込み

他社借り入れがなかったとしても、他社の審査を同時に進めていれば審査には通りにくくなります。

他社の申し込み状況は信用情報機関に保管されているので、金融機関は審査時に簡単にチェックできます。

お金に困っているなら複数社に申し込んで早く結果が出たところと契約するのが自然な流れに感じますが、審査に時間を割いて結局契約してもらえないというのは大きなリスクです。

すでに借り入れがある場合ほど審査落ちに影響はしませんが、申し込みはなるべく1ヵ月に1社ずつおこないましょう。

年収の3分の1以上の借り入れ

プロミスは総量規制対象なので、年収の3分の1以上の借り入れは法律で禁止されています。
そのため専業主婦など年収0円の方は、そもそも借り入れができなくなっています。

ただ、年収100万円の人が30万円の融資を希望しても審査に通る確率は非常に低いです。

実際に審査に通るラインは、年収の3分の1よりかなり低いと思って良いでしょう。

年収が10万円未満

年収が少しでもあればプロミスの申し込み条件をクリアできますが、あまりに低すぎても問答無用で審査に落とされてしまいます。

ただ、後述しますが年収の記入方法にはテクニックがあり、これを知っておけば虚偽なく高い返済能力を証明することができます。

過去に金融事故の記録がある

過去にカードローンやクレジットカードの支払い延滞がある場合、審査には通りにくくなります。

プロミスの申し込み情報からチェックできない項目に、信用情報があります。

これは、申し込み者がしっかり返済期日を守るお金にキッチリした人間かという、どちらかというとパーソナルな部分に関する項目ですが、これを測る基準が過去の金融サービス延滞や借金・債務整理の有無です。

金融事故の記録が信用情報機関に登録されている限りは、審査通過は難しいと見て良いでしょう。

ただ、信用情報機関に登録される情報には登録期限があり、時間を置けば再びまっさらな状態で審査を受けることができます。

水商売・問題のある勤務先

会社員の場合は従業員数名の小企業に勤めていたり、勤務先の評判が悪かったりすれば審査に響きますが、学生アルバイトの場合はバイト先の規模が審査落ちに影響することはまずありません。
ただ、水商売・風俗など、社会的な信用・評価の低いアルバイトをしているせいで申し込み者自身の社会的信用が下がるのであれば、これは審査落ちに直結します。

特に近年は反社会的組織やそれに準ずる組織の関係者は審査で厳しくチェックされるので、通過の可能性はほぼないとみて良いでしょう。

学生がプロミスの審査に通るコツ!

プロミスは学生の申し込みを認めていますが、会社員と比べればどうしても審査通過率は落ちてしまいます。

ただ、工夫次第では学生でも審査に通る可能性をアップさせることができます。

ここからは、学生がプロミスの審査に通るコツを特別に公開します!

記入する年収は直近の月収×12でOK

プロミスでは収入を年収換算で記入しますが、学生は1年のうちにバイト先を頻繁に変えた方や、今のバイト先に勤めてからまだ1年経っていないという方も多いでしょう。

こうした方は、直近数ヶ月分の収入を12か月に換算して記入してもOKです。

年収を空白や0で記入すれば100%審査に通ることはありませんが、年収換算額を記入すればその分審査通過の確率も上がります。

ただ、一番収入が多かった月の収入を12倍して記入するのはリスクが高いのでやめておきましょう。なぜなら、プロミスは年収を証明するために直近2ヶ月以上の給与明細の提出を要求してくるからです。

また、年収欄にはバイト先の給与以外にもさまざまな副収入を加算することが認められています。証明できる収入であれば、どんどん加算していきましょう!

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金利用に気をつける

学生で奨学金を借りている方は多いですが、成績優秀者などに与えられる給付型奨学金以外は、卒業後に返済する義務があります。

学生時代はお金が振り込まれるだけなので気になりませんが、実は奨学金を利用している学生は借金を抱えた債務者と扱われるので、プロミスの審査には悪影響です。

特に日本学生支援機構(JASSO)が提供する奨学金を利用する際には注意が必要です。JASSOは信用情報機関のKSCに加盟しているので、申し込み情報がしっかり保管されてしまいます。

プロミスからの借り入れを検討している方で、同時に貸与型の奨学金申し込みを希望している方は、JASSOへの申し込みはなるべく避けましょう。

プロミスは親にばれずに借入できるの?

学生の方でお金を借りようとしている人は、誰だって親にバレたくありありませんよね。特に実家暮らしの学生ともなると、なおさら気にしてしまうのではじゃないでしょうか?

そこで、親にばれないような借入の仕方をご紹介したいと思います。

親にバレてしまうポイントとしましては、以下の3つが挙げられます。

  • 実家に郵便物が送られてくる
  • 実家に電話がかかってくる
  • 実家に取り立てがきてしまう

どれも親にバレてしまう可能性は非常に高いですよね。しかし、プロミスならそれぞれに対処法がありますので安心して下さい!

では、詳しくご紹介していきますね。

実家に郵便物が送られてくるのを防ぐ方法

プロミスから送られてくる郵便物は以下の3点です。

  • 契約書
  • プロミスカード
  • 明細書

では、ひとつずつ自宅郵送を防ぐ方法をご紹介します。

契約書

契約書が送られてこないようにするには、「WEB契約(完結)で書類郵送をなしにする」か「店頭窓口か自動契約機で、直接契約書を受け取る」という方法があります。

特にWEB契約は全てWEBで完結できるので、特におすすめです!

プロミスカード

プロミスカードも契約書と同じく、「WEB契約(完結)でカード発行なしにする」か「店頭窓口か自動契約機で、直接プロミスカードを受け取る」という方法がありあます。

カードは持っていた方がなにかと便利ですから、直接店頭窓口か自動契約機で、直接プロミスカードを受け取るといいでしょう。

明細書

明細書を発行しない方法は、WEB明細サービスを利用すればOKです!このWEB明細サービスは、お申し込み時か契約完了後に会員ページで設定できます。

うっかり忘れてしまわないように気を付けておきましょうね!

実家に電話がかかってくるのを防ぐ方法

例えば、プロミスの返済を滞納してしまったとします。そんな時に心配になってくるのが実家への電話ですよね。

しかし、こちらもしっかりと対策を練っておけば、まず実家に電話がかかってくることはありえません。

対策としましては、お申し込み時に自宅の電話番号を登録しなければいいだけです。

電話番号の欄には携帯電話の番号を入れ、自宅電話はなしを選択すれば、プロミスは自宅に電話をかけてくることありません。

あなたがいくら滞納したからといっても、プロミス側が自宅の電話番号を調べ上げるなんてことは、法律上まずありえませんので、安心してご利用して下さいね!

プロミス在籍確認の電話をやめてもらう方法と対策!

実家に取り立てがきてしまうのを防ぐ方法

消費者金融は返済を滞納してしまったら、取り立てがきてしまうイメージを持っている方が多いようです。ですが、プロミスはそのような違法行為は絶対にしません。

なぜなら、自宅への訪問は賃金業法といった法律で定められているからです。ですので、こちらは対策を取らなくても何ら問題はありません。安心してプロミスをご利用ください!

学生にプロミスをおすすめする3つの理由とは?

あまりお金に余裕がない学生だからこそ、プロミスをおすすめします!

なぜ、そこまでしてプロミスをおすすめするのかといわれれば、以下のような3つの理由が挙げられます。

その1 スピード融資

今すぐお金が借りたい学生さんにとっては、融資のスピードはもっとも重要ですよね。プロミスのWEB契約なら、融資を受けるために必要な審査が極めて速く、最短で即日振込も可能です。
また、プロミスは「瞬フリ」というサービスもあります。瞬フリを利用すれば24時間最短10秒で融資が受けられます。
条件としましては三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要となります。

その2 30日間無利息サービス

プロミスをはじめてご利用で、メールアドレス登録と、WEB明細を利用すれば30日間無利息サービスがプレゼントとしてもらえます。

しかも、プロミスなら無利息期間のスタートは、契約日ではなく初回利用日翌日からなので、計画的にご利用できます。

お金に余裕のない学生さんにとっては、便利なサービスなのではないでしょうか?

その3 最大で2000円チャージ済みのプリペイド

プロミスにはじめてのご契約なら、三井住友VISAプリペイドを1000円分チャージ済みでもらえます。

さらに、プロミスの振込キャッシングのチャージ先に三井住友VISAプリペイドを登録すると、プラスで1000円分チャージプレゼントが付いてきます。

三井住友VISAプリペイドは、クレジットカードと同じように全世界のVisa加盟店でご利用可能です。コンビニやネットショッピングにも使えるので、とっても便利ですよ!

プロミスと学生専用ローンはどちらがお得?

お金に困った学生専用のローンというものも存在します。高田馬場に店舗を置くヤングローンのCampus(キャンパス)がその代表例です。

【ヤングローンのキャンパス「学生ローン」の詳細情報】
金利  16.80%(固定金利)
審査時間 最短即日
限度額  最大50万円
即日融資 可能
ネット申し込み
担保・保証人  不要

一見するとプロミスよりも金利は低いですが、限度額はかなり低く設定されています。

また、プロミスは30日間の無利息期間サービスを提供しているので、少額借入の返済なら金利0で利用することができます。

プロミスも学生には50万円以下の少額した融資しない場合がほとんどです。少額融資=短期間のカードローン利用なら無利息期間サービスの効果が高くなるので、おそらくほとんどの場合でプロミスを使ったほうがお得ですよ。

ただ、サービス面ではプロミスがお得ではありますが、キャンパスは学生専用ローンということもあり、審査で多少優遇してもらえる可能性が高いです。気になる方はこちらをチェックしましょう!

ヤングローンのCampus(キャンパス)「学生ローン」

まとめ

以上、プロミスは学生でも利用できるのか、徹底検証してみました!

いかがだったでしょうか?学生がプロミスでお金を借りるには、さまざまな条件やポイントなどがありましたね。

学生であれば、誰でも借りられるわけではありませんでしたが、学生におすすめできることには間違いありません!

とっても便利なサービスも充実しており、親にバレずに借入することも出来ましたね。

これからお金を借りようか迷っている学生さんは、是非この機会にプロミスを利用してみてはいかがでしょうか?

ですが、いくら親にバレずに借入できるからといって、必要以上に借りたりしないようにしましょう。

楽しい青春時代を棒に振ってしまうことのないよう、しっかりと自分で返済できる額だけ計画的に借入しましょうね!