プロミスの返済方法や特徴!各返し方のメリット

公開日:

キャッシングをしようか考えてみたとき、意外とわからないのが返済について。

返済と一言に言うけれど、実際にどこでどのように返すものなのか、知らない人も多いです。

この記事ではプロミスに特化して、返済方法や特徴などをお伝え!

返済について気になる人はぜひ読んでみてくださいね。

プロミスの借入方法

プロミスの借入方法としては、以下があります。

  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニのマルチメディア端末(提携ATMなど)

これらの方法で返済をすることが可能です!

インターネット返済

インターネット決済とは、その名の通りwebで完結できる決済方法です。

以下のようなメリットがあります。

  • webで完結(来店不要)
  • 土日OK
  • 手数料無料
  • 24時間対応
  • 瞬時に処理ができる

もし土日や夜に返済を考えた場合は、この方法が一番簡単でいいですね。

インターネット決済の方法

パソコンや携帯、スマホからも返済が可能です。

会員サービスにログインの後、インターネット返済を選択して、あとは画面の指示に従えばOKです。

その際、銀行のネットバンキングと連携させる必要があります。利用できる銀行は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

以上の銀行のネットバンキングに登録していれば、すぐに利用が可能ですよ。

口座振替

口座振替のメリットは以下の通りです。

  • 毎月返済日に自動で引き落とされる(来店不要)
  • 手数料無料

自動に引落されると、忘れずに済みますし、店頭やATMに行く手間も省けます。

「いつも忘れちゃうんだようなぁ……」「返済日に限って忙しくていけないことが多いなぁ」という方には特におすすめですよ。

口座振替の申し込み方法

口座振替は一度申し込んでしまえば、毎月勝手に引き落とされるようになります。

まずはネットで会員サービスにログインしましょう。

会員サービスの「お借り入れ・ご返済手続き」から「口フリ(口座振替)のお手続き」をクリック・タッチします。

その先で金融機関を選択すれば、設定が完了しますよ。

店頭窓口

店頭窓口のメリットは以下の通りです。

  • 手数料無料
  • その場で返済などの相談ができる

細かい部分ですが、返済や借り入れについて相談がある場合などは店頭窓口に行ったほうがいいでしょう。

人に相談できるのは店頭のみです。安心して返済できるというのは、意外と大きなメリットですよね。

窓口はここで検索可能です。→プロミス店舗・ATM検索

プロミスATM

もちろんプロミスのATMでも返済が可能です。メリットは以下のとおりです。

  • 土日も返済可能
  • 手数料が無料

店頭窓口同様、こちらで検索ができます。→プロミス店舗・ATM検索

プロミスのATMで返済する場合は手数料も無料です。

ATMは時間に制限がなくて意外と使いやすい

基本的にATMでコーナーは8時~23時まで開いています。意外と遅くまでやっているので、家や職場の近くにあったらすぐに行くことができますね。

また、土日でもだいたい同じくらいの時間まで開いています。いつでも返せるのが嬉しいところですね。

コンビニのマルチメディア端末(提携ATMなど)

コンビニのマルチメディア端末、と聞いてもあんまりピンと来ない人が多いですよね。

簡単にいうと、コンビニにあるATMなどの機械のことです。

このマルチメディア端末のメリットは以下の通りです。

  • 土日返済可能
  • 24時間返済可能

インターネット以外で唯一24時間対応しているので、深夜から早朝にかけて返済したいと考えている方なら非常に便利です。

提携ATMや手数料

とはいえ、どのコンビニや銀行のATMからなら返済できるのかが気になる所です。使えるATMは以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • E.net
  • ローソン
  • セブン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • 広島銀行
  • 八十二銀行
  • クレディセゾン

またメディア端末としては以下の媒体が使えます。ちなみに手数料は無料です。

  • Loppi(ローソン・ミニストップ)
  • Famiポート(ファミリーマート)

以上の場所であれば、簡単にプロミスの返済をすることが可能ですよ。

手数料について

提携ATMによっては手数料がかかります。手数料がかかるATMは以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行
  • E.net
  • ローソン
  • セブン銀行

以上のATMを利用した場合、以下手数料がかかります。

取引額 借り入れ 返済
1万円以下 108円 108円
1万円超え 216円 216円

手数料を節約したい場合は、メガバンクでもある三井住友銀行のATMを利用することをおすすめします。

プロミスの返済の特徴

プロミスの返済の特徴としては、なんといっても最低返済額の安さが挙げられるでしょう。

他の金融機関の最低返済額が安くて2,000円、一般的に4,000円~1万円程度です。それに対して、プロミスの場合は1,000円から返済できます。

返済が滞ることはほとんどないので、安心して借りることができます。

月々の負担額を減らしたい、毎月の返済をできるだけ楽にしたい、そんな方には非常におすすめですよ。

プロミスは簡単に返済可能!

プロミスは提携ATMも多かったりネットのみで完結できたりと、非常に簡単に返済ができます。

そのため、返済方法などに不安がある人でもそんなに心配はありません。

もし返済方法がわからない場合は、この記事を読んで思い出してくださいね。