プロミスの金利は高い?返済時の注意点と利息を減らすコツ

公開日: 最終更新日:

ノーローンの無利息期間を解説

プロミスでお金を借りようと思った時に、気になるのはやはり「金利」。

他社と比べてみたとき、プロミスの金利は高いのでしょうか?それとも安いのでしょうか?

この記事ではプロミスの金利について解説していきます!

プロミスの金利は年4.5~17.8%

プロミスの金利は、年間で4.5%~17.8%です。

これを他社とくらべてみると、これは多いのでしょうか少ないのでしょうか?表で比べてみましょう。

消費者金融名 金利(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%
レイク 4.5%~18.0%
アコム 4.7%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%

他社と比べて見ると、全体的にちょっと安めだということがわかるでしょう。

金利は最低金利で比べるのが基本

そもそも金利の見方ですが、基本的には最高金利で比べます。

というのも、初めて消費者金融を利用する人は、ほとんど最高金利でお金を借りることになります。

よっぽど給与をもらっていたり、高い限度額で審査が通ったりしない限りは、そうそう金利が最高金利から安くなることはありません。

そのため、金利は最高金利で比べるのがいいのです。

プロミスの金利は他の消費者金融より低い

大手消費者金融の中で、最高金利は基本18.0%。その中でプロミスだけは17.8%です。

端的にいうのならば、プロミスの金利は他の消費者金融よりも低いことになります。

最低金利にしても消費者金融業界最安レベルなので、金利は安い、と断言できます。

プロミスは30日間金利0!無利息サービス

プロミスは初回の借り入れ日から30日間は金利0になる無利息サービスを提供しています。

少額の借入なら返済期間を30日以内に設定すれば、利息なしでお金を借りることができるわけです。

このサービスは、プロミスとの初回契約時にメールアドレスを登録することと、書面の受け取り方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にすると、利用することができます。

低金利なプロミスは他の大手消費者金融より審査が厳しい?

「低金利のカードローンほど審査が厳しい」とよく言われます。

その理由は、低金利ということはその分、利息(貸す側の取り分)が少ないので、しっかり完済してくれないと運営が成り立ちません。そのため、相対的に信頼できる人を厳しく選別するからです。

この理論でいけば、アイフル、アコム、プロミスの中で一番審査が厳しいのはプロミスとなりますが、実際はそんなことはないようです。

各カードローンの審査通過率

こちらは大手消費者金融4社の審査通過率を比較したものですが、プロミスより金利の高いアイフルのほうがわずかに通過率が低くなっていますね。

たった0.2%の違いということもあり、大手3社の審査の厳しさは同レベルと考えて良いでしょう。

プロミスの金利は銀行カードローンよりは高い!

銀行カードローン 金利
 三井住友カード「ゴールドローン」 年3.5%~9.8%
 りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」 年3.5%~12.475%
 みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
 イオン銀行カードローン  年3.8%~13.8%
 ソニー銀行カードローン  年2.5%~13.8%

こちらは、銀行カードローンの中でも低金利の商品5つです。

プロミスの上限金利が17.8%なので、いくら消費者金融の中でお得といっても、銀行と比べると割高なのがわかります。

ただ、その分プロミスよりも銀行カードローンは審査が厳しいので、どちらに申し込むかは迷いどころです。

個人的には、2018年以降に審査方法が変わり、銀行カードローンの審査基準が更に厳しくなった上に即日融資不可になったことを考えると、プロミスのほうをおすすめしたいですね。

プロミスの落とし穴!金利が安いからと言って安心しないで

「じゃあ、金利も安いしプロミスからお金を借りよう!」と思う人がほとんどでしょう。

しかし、ちょっと待ちましょう。プロミスの融資にも落とし穴があります。

そのプロミスの落とし穴というのが、「返済金額」とそれに伴って決まる返済期間です。

プロミスは月々の返済金額が安い!これは良いことばかりではない

プロミスは月々の返済金額が他社よりも安いです。

他社と表で比べてみましょう。

【借入額別の最低返済額表】

借入額 5万円 10万円 30万円
プロミス 2,000円 4,000円 1万1,000円
レイク 3,000円 4,000円 1万1,000円
アコム 3,000円 5,000円 1万3,000円
SMBCモビット 4,000円 4,000円 1万1,000円
アイフル 4,000円 4,000円 1万1,000円

やはり、比べてみても若干返済金額が安いですよね。

プロミスは月々の返済金額が安い=借金の減りが遅い

月々の返済額が安いというのは、一見負担が少なくて良さそうです。

しかし、月々の返済額が少ないというのはつまり、月々に減っていく借金が少ない、ということにもなります。

コツコツ返しているつもりが、実際は元金が全然減っていなかった、ということになりかねないのです。

借金の減りが遅い=返済期間が長くなる

元金が減る量が少なければ、もちろん借金をしている期間も長くなってしまいます。

プロミスの最低返済額のみで返済を続けていたら、5万円を返すのにも25ヶ月、つまり、2年以上もかかってしまうことになります。

返済期間が長くなれば、結局かかる金利も高くなってしまいます。

例えば、10万円を最高金利の17.8%で借りたとしましょう。返済のシュミレーションをしていきます。

【12回で返済する場合】

  • 毎月の支払い目安:9,200円程度
  • 完済時の総利息:9,894円
  • 総返済額: 10万9,894円

【24回で返済する場合】

  • 毎月の支払い目安:5,000円程度
  • 完済時の総利息:1万9,578円
  • 総返済額:11万9,578円

【24回で返済する場合】

  • 毎月の支払い目安:3,604円
  • 完済時の総利息:2万9,765円
  • 総返済額:12万9,765円

完済時の総利息は、返済期間が1年間長くなると、1万円ほど高くなっています。

10万円で年間1万円程度の増加なので、それ以上の価格になったらもっと高くなるでしょう。

毎月の支払いを安く済ませれば済ませるほど、結果プロミスに支払っている金利は高くなってしまっているのです。

金利を安くするコツは何と言っても早期返済

できるだけ金利を安く済ませたいなぁ、と思っている場合、最終的にモノをいうのは「返済期間」です。

もちろん金利のパーセンテージもわかりやすくていいです。

しかし、自分自身がどれくらいのペースで返せるのか、という部分がなによりも重要になります。

少額の最低返済だけを返していくのではなく、早期に、欲を言えば一括で完済を出来るように頑張りましょう。

プロミスの早期完済が難しいなら借り換えも考慮して

最低金利を返すだけで必死だということもあるでしょう。すくなくとも、早期完済が難しくなってしまった、という場合はよく聞きます。

プロミスの返済だけでなく、他の消費者金融の返済にも追われていたら、辛さはひとしおです。

そんな時は、他社やプロミスの借り換えローンに一括で借り換えてもいいでしょう。

毎月の最低返済額は確かにあがりますが、確実に完済への第一歩となります。

とくに銀行系の場合は消費者金融よりも金利も安いので、今よりも楽になることは間違いないですよ。