プロミスは専業主婦でも利用できる?夫に内緒で借りるには?

公開日: 最終更新日:

一見専業主婦は、お金が必要なさそう見えますが、実際にはお金がいくらあってもたりませんよね。

お洋服代にママ友との付き合い、コンサートのチケット代に習い事の月謝などなど・・・

いいだしたらきりがありませんよね。

そんな時に、頼りになるのがプロミスのキャッシングサービスです。

どうせ借りるなら、大手のSMBCグループの一員で、安心感のあるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを利用したい、と考える方は多いと思います。

ですが、はたして無収入の専業主婦が、このプロミスを利用できるのでしょうか?

今回は、専業主婦でもプロミスを利用できるのか、主婦がプロミスでお金を借りるにはどうすればいいのか、徹底検証してみました!

また、旦那さんにバレずに借り入れする方法もご紹介しています。

専業主婦やパートをしている主婦などで、お金に困っている方や、これからプロミスを利用してみようと考えている方は、是非見ていって下さいね♪

専業主婦がプロミスから借入をおこなうことはできない!その理由は?

結論からいうと、専業主婦がプロミスからお金を借りることはできません。なぜなら、プロミスなどの消費者金融は全て総量規制の対象となっているからです。

総量規制とは、消費者金融が個人にお金を貸す場合、債権者の年収3分の1以上の貸付をおこなってはいけないという法律で定められた制限のことです。

専業主婦の年収は0円なので、当然3で割っても0円となります。消費者金融から1円も借りることができないということですね。

総量規制は銀行法では規定がないので年収3分の1以上の借り入れも可能です。つまり、専業主婦が使えるカードローンは銀行カードローンのみとなります。

低金利の銀行カードローンランキング!借り換え・おまとめにおすすめ!

プロミスはダンナの収入を使って借りれる?

専業主婦自体は無収入ですが、実際には旦那さんの収入が入ってくるので、無収入ではないのでは?といったような疑問もあると思います。

そこでまずは、プロミスのお申し込み条件を、詳しく見ていきましょう!

プロミスの申し込み条件

プロミスの公式ホームページでの、「お申し込みいただける条件」は、以下のようになっています。

「お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。」

結論からいわせてもらうと、ご本人に安定した収入のある方となっていますので、自身に収入のない専業主婦はプロミスからの借入はできません。

残念ですが、専業主婦のままではプロミスは利用できない、といった結果になってしまいました。

以前までは、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦もプロミスからの借入は可能となっていました。

ですが、賃金業法が改正されてからは、上記のような内容となってしまいました。

配偶者貸付について

上記で説明した総量規制が適用されたおかげで、専業主婦の方は全くお金が借りられなくなってしまいました。

しかし、そのような規制は専業主婦にとっては、あまりにも残酷だということで、総量規制の例外として「配偶者貸付」という制度が設けられました。

配偶者貸付とは「本人と配偶者の年収合計金額の3分の1までを利用限度額とする」という制度になります。

例えば、年収600万円の旦那さんと年収0円の専業主婦がいたとしましょう。

その旦那さんが100万借入していた場合、奥さんは残りの100万円まで借入できます。

もし旦那さんも奥さんも全く借入がない場合には、二人合わせて200万円まで借入できます。

このように、専業主婦の方にとっては、とっても便利な制度なのです。

配偶者貸付はプロミスでも適用されるの?

プロミスは「契約者本人に安定した収入があること」をお申し込み条件に設定しています。

契約者はあくまでも専業主婦本人になります。

なので、残念ながらプロミスでは、専業主婦が配偶者貸付制度を使って利用することは不可能です。

なぜプロミスは配偶者貸付制度を利用できないの?

配偶者貸付制度は、通常のお申し込み比べると、審査の必要書類が多くなってしまいます。

このような手間が、プロミスが配偶者貸付制度を利用していない、ひとつの要因と考えられています。

配偶者貸付に必要な書類は、以下のようなものが挙げられます。

  • 配偶者の年収証明書
  • 配偶者の同意書
  • 夫婦関係証明書

通常の必要書類に、プラスこれらの書類が必要になるのです。

そのため、これらの書類審査に手間と労力がかかってきます。その割には、所得のない専業主婦なので借入する金額が比較的少額となってしまいます。

このように、業者にとってはマイナスな面ばかりなので、プロミスは配偶者貸付制度を利用していないと考えられます。

専業主婦で、どうしても今すぐお金が借りたいといった方は、銀行カードローンをおすすめしています!

銀行カードローンなら銀行法に基づいていますので、総量規制の対象にはなりません。

どうしても、プロミスで借入したい場合には、パートやアルバイトを始めると良いでしょう。

そうすれば、プロミスで借入できる可能性が出てきます!

女性におすすめのプロミスレディース!専業主婦でも借りれる?

プロミスには、プロミスレディースという女性向けのカードローン商品があります。

ただこちら、サービス内容は普通のプロミスと全く同じとなっています。

唯一異なるのは女性専用ダイヤルが用意されていることで、こちらの電話番号にかけると全て女性のオペレーターが対応してくれます。

女性専用ダイヤル レディースコール  0120-86-2634

女性にとってさまざまな相談がしやすいという魅力がありますが、こちらも総量規制の対象となっているので専業主婦は借入ができません。

プロミスレディースから即日融資を受ける方法・条件・コツを解説

旦那にバレずに利用できるの?

主婦の方がプロミスを利用するときに、一番心配なのが、

「旦那にバレずに利用できるのか?」
「借入できたのはいいものの、後から旦那にバレたりしないだろうか?」

といった内容だと思います。

もしも、夫にバレることがあるとすれば、プロミスからの郵便物になります。

この郵便物さえしっかりと対策を練っておけば、旦那さんにバレてしまうことは、ほぼ間違いなくないといえるでしょう。

では、どのような対策をとればいいのか、詳しく見てみましょう!

プロミスから送られてくる郵便物は以下の3点がメインです。

  1. 契約書
  2. 明細書
  3. プロミスカード

では、それぞれの対処法をご紹介します。

1.契約書の自宅郵送をなくす方法

契約書が送られてこないようにする方法には、「店頭窓口か自動契約機で、直接契約書を受け取る」か「WEB契約(完結)で書類郵送をなしにする」といったものがあります。中でもWEB契約は全てにおいて、WEBで完結できるので大変おすすめです!

2.明細書自宅郵送をなくす方法

明細書を送られてこないようにする方法には、WEB明細サービスというものを利用すれば大丈夫です!このWEB明細サービスを設定するには、お申し込み時か契約完了後に会員ページで設定できます。

3.プロミスカード自宅郵送をなくす方法

プロミスカードも契約書と同じく、「店頭窓口か自動契約機で、直接契約書を受け取る」か「WEB契約(完結)で書類郵送をなしにする」といった方法がありあます。カードは持っていた方がなにかと便利ですから、直接店頭窓口か自動契約機で、直接プロミスカードを受け取るといいでしょう。

もしもあなたが旦那さんに、プロミスの利用をバレたくないのであれば、この3点はしっかりと対策しておきましょうね!

専業主婦がプロミスを借りるにはとにかく収入を作る!30万円をすぐ稼ぐ方法

プロミスには総量規制があるので、産業主婦がプロミスの審査に通るには収入を作るしかありません。

また、プロミスは初回の最低借り入れ額が10万円となっているので、少なくとも年収30万円以上を作る必要があります。

ここからは、主婦の方におすすめな年収30万円の稼ぎ方を紹介していきます!

急な出費時の対処法-今日中にお金を用意する方法まとめ

パートのアルバイト

近所のスーパーなどは年間を通してパートを募集しているところが多いです。

レジ打ちなどは特別な技能・資格が求められるものでもないので、最低限の出勤時間を確保できれば採用してもらえます。

全国のパートの平均時給は976円なので、8時間勤務×50時間ほどで目標額を達成できます。

ただ、毎月のシフトは満遍なく入れたほうが「収入が安定している」と思われやすいのでおすすめです。

在宅ワーク

まだ小さい子供がいて世話が必要という場合は、在宅ワークをおすすめします。

データ入力やホームページ制作などが人気の高い仕事で、中には翻訳・WEBデザインなど専門性を求められる求人もあります。

ただ、プロミスの審査に通るために在宅ワークをするのであれば、しっかりと応募先から正式な給与明細がもらえるような仕事をおすすめします。

クラウドワークスやTime Ticketなど、アプリに登録して不特定多数の案件に申し込むような内職は、プロミスの審査で突っ込まれたときに収入を証明できず、落とされてしまう可能性が高いです。

水商売

倫理上はあまりおすすめしませんが、本当にお金に困っている方は水商売で短期間に大金を稼ぐのも一つの手です。

風俗業以外の水商売と言われる仕事の内容と月給の相場は以下のようになっています。

業種名 仕事内容 月収の目安 メリット デメリット
キャバクラ  1対1での接客  25万円~42万円  店舗数が多く、自分にあった店を探せる。  身体接触の危険あり、コミュニケーション力が必要
ニュークラブ  高給コンセプトのキャバクラ  30万円~60万円  客単価が高く、キャバクラより稼げる  採用基準が厳しい
朝・昼キャバ  朝・昼営業のキャバクラ  20万円~35万円  夜に用事のある人に好都合の勤務時間  夜勤よりも収入が低く、ノルマが設定されていることが多い
ラウンジ  フリータイム/時間制で1対複数での接客  20万円~40万円  年齢が高めでも採用されやすい  キャバクラよりも収入が低い。20代ならキャバクラのほうがおすすめ
ミニクラブ  リーズナブルなクラブ。日給制・複数接客  25万円~40万円  高級クラブよりも採用されやすい  アフタ-・同伴がノルマの店が多い
高級クラブ  会員制の高級店  100万円弱  収入が高く、会員制なので安心  容姿だけでなくマナー・言葉遣いにも非常に厳しい
ガールズバー  カウンター越しの接客。給与は時給+ドリンクパック  15万円前後  敷居が低く、楽しみながら働けやすい 給与が低い、客引きをしなければいけない
スナック  カウンター越しの接客。給与は時給が基本 15万円前後 年齢が高め、容姿に自信がなくても働ける。常連さんが多く、安心  給与が低い

ご覧の通り、頑張れば1月もせず目標額を稼ぐことができます。

プロミスの審査では収入額の他に勤続年数も求められますが、貸金業の仕組み上、何より重視されるのは申込者の収入額です。

希望額が最低借入額10万円なら、1ヵ月で専業主婦が30万円以上稼いだとしてもプロミスの審査に通る可能性はあります。

「そんなに儲かるならそのまま続けたほうが良いのでは?」と思う方もいるでしょうが、水商売を続けることで社会的信用にキズが付きますし、夫にバレたら離婚に直結してしまいます。

一気にお金を貯めてスパッとやめるのが理想的でしょう。

まとめ

以上、プロミスは専業主婦でも利用できるのか、徹底検証してみました!

いかがだったでしょうか?結果プロミスでは、専業主婦に貸付をおこなっていませんでしたね。

しかし、本人に安定した収入があれば、借入できる可能性がある、といったこともわかりました。

もし専業主婦でプロミスを利用したい方がいれば、まずは簡単なパートなどから始めてみてはいかがでしょうか?

そうすれば、主婦本人に安定した収入があると認められ、プロミスを利用できるかもしれませんよ♪

そして、経済的に余裕ができれば、より幸せな夫婦生活が送れることでしょう!