プロミスは専業主婦でも利用できる?夫に内緒で借りるには?

公開日: 最終更新日:

一見専業主婦は、お金が必要なさそう見えますが、実際にはお金がいくらあってもたりませんよね。

お洋服代にママ友との付き合い、コンサートのチケット代に習い事の月謝などなど・・・

いいだしたらきりがありませんよね。

そんな時に、頼りになるのがプロミスのキャッシングサービスです。

どうせ借りるなら、大手のSMBCグループの一員で、安心感のあるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを利用したい、と考える方は多いと思います。

ですが、はたして無収入の専業主婦が、このプロミスを利用できるのでしょうか?

今回は、専業主婦でもプロミスを利用できるのか、主婦がプロミスでお金を借りるにはどうすればいいのか、徹底検証してみました!

また、旦那さんにバレずに借り入れする方法もご紹介しています。

専業主婦やパートをしている主婦などで、お金に困っている方や、これからプロミスを利用してみようと考えている方は、是非見ていって下さいね♪

プロミスは専業主婦でも利用できるのか?

専業主婦自体は無収入ですが、実際には旦那さんの収入が入ってくるので、無収入ではないのでは?といったような疑問もあると思います。

そこでまずは、プロミスのお申し込み条件を、詳しく見ていきましょう!

プロミスの申し込み条件

プロミスの公式ホームページでの、「お申し込みいただける条件」は、以下のようになっています。

「お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。」

結論からいわせてもらうと、ご本人に安定した収入のある方となっていますので、自身に収入のない専業主婦はプロミスからの借入はできません。

残念ですが、専業主婦のままではプロミスは利用できない、といった結果になってしまいました。

以前までは、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦もプロミスからの借入は可能となっていました。

ですが、賃金業法が改正されてからは、上記のような内容となってしまいました。

総量規制について

収入のない人がお金を借りることは、「総量規制」という決まりで原則禁止とされています。

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者が、私たち個人にお金を貸す場合に、貸金業者からの総借入残高が、借り手の年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います(ただし一部除外、または例外となる借入もあります)。

この総量規制は、先ほど申し上げました貸金業法という法律で定められた規制のことで、消費者がお金を借りすぎて多重債務に陥ってしまうことを、未然に防ぐために定められているものとなっています。

例えば、年収600万の方が他の金融会社から、150万借入しているとしましょう。その後、プロミスで新たに申し込んだ場合には、年収の3分の1である200万円を超える貸付はできませんよ!といった内容になります。

ですので、新たに申し込んだプロミスでは、多くても残りの50万円しか借入できない、といった形になります。

プロミスが専業主婦に貸付を行っていない理由は、この賃金業法という法律に基づいて決められているようです。

パートなどで本人に安定した収入がある主婦であれば、プロミスを利用できるという結果になります。

配偶者貸付について

上記で説明した総量規制が適用されたおかげで、専業主婦の方は全くお金が借りられなくなってしまいました。

しかし、そのような規制は専業主婦にとっては、あまりにも残酷だということで、総量規制の例外として「配偶者貸付」という制度が設けられました。

配偶者貸付とは「本人と配偶者の年収合計金額の3分の1までを利用限度額とする」という制度になります。

例えば、年収600万円の旦那さんと年収0円の専業主婦がいたとしましょう。

その旦那さんが100万借入していた場合、奥さんは残りの100万円まで借入できます。

もし旦那さんも奥さんも全く借入がない場合には、二人合わせて200万円まで借入できます。

このように、専業主婦の方にとっては、とっても便利な制度なのです。

配偶者貸付はプロミスでも適用されるの?

プロミスは「契約者本人に安定した収入があること」をお申し込み条件に設定しています。

契約者はあくまでも専業主婦本人になります。

なので、残念ながらプロミスでは、専業主婦が配偶者貸付制度を使って利用することは不可能です。

なぜプロミスは配偶者貸付制度を利用できないの?

配偶者貸付制度は、通常のお申し込み比べると、審査の必要書類が多くなってしまいます。

このような手間が、プロミスが配偶者貸付制度を利用していない、ひとつの要因と考えられています。

配偶者貸付に必要な書類は、以下のようなものが挙げられます。

  • 配偶者の年収証明書
  • 配偶者の同意書
  • 夫婦関係証明書

通常の必要書類に、プラスこれらの書類が必要になるのです。

そのため、これらの書類審査に手間と労力がかかってきます。その割には、所得のない専業主婦なので借入する金額が比較的少額となってしまいます。

このように、業者にとってはマイナスな面ばかりなので、プロミスは配偶者貸付制度を利用していないと考えられます。

専業主婦で、どうしても今すぐお金が借りたいといった方は、銀行カードローンをおすすめしています!

銀行カードローンなら銀行法に基づいていますので、総量規制の対象にはなりません。

どうしても、プロミスで借入したい場合には、パートやアルバイトを始めると良いでしょう。

そうすれば、プロミスで借入できる可能性が出てきます!

旦那にバレずに利用できるの?

主婦の方がプロミスを利用するときに、一番心配なのが、

「旦那にバレずに利用できるのか?」
「借入できたのはいいものの、後から旦那にバレたりしないだろうか?」

といった内容だと思います。

もしも、夫にバレることがあるとすれば、プロミスからの郵便物になります。

この郵便物さえしっかりと対策を練っておけば、旦那さんにバレてしまうことは、ほぼ間違いなくないといえるでしょう。

では、どのような対策をとればいいのか、詳しく見てみましょう!

プロミスから送られてくる郵便物は以下の3点にわけられます。

  1. 契約書
  2. 明細書
  3. プロミスカード

では、それぞれの対処法をご紹介します。

1.契約書

契約書が送られてこないようにする方法には、「店頭窓口か自動契約機で、直接契約書を受け取る」か「WEB契約(完結)で書類郵送をなしにする」といったものがあります。中でもWEB契約は全てにおいて、WEBで完結できるので大変おすすめです!

2.明細書

明細書を送られてこないようにする方法には、WEB明細サービスというものを利用すれば大丈夫です!このWEB明細サービスを設定するには、お申し込み時か契約完了後に会員ページで設定できます。

3.プロミスカード

プロミスカードも契約書と同じく、「店頭窓口か自動契約機で、直接契約書を受け取る」か「WEB契約(完結)で書類郵送をなしにする」といった方法がありあます。カードは持っていた方がなにかと便利ですから、直接店頭窓口か自動契約機で、直接プロミスカードを受け取るといいでしょう。

もしもあなたが旦那さんに、プロミスの利用をバレたくないのであれば、この3点はしっかりと対策しておきましょうね!

まとめ

以上、プロミスは専業主婦でも利用できるのか、徹底検証してみました!

いかがだったでしょうか?結果プロミスでは、専業主婦に貸付をおこなっていませんでしたね。

しかし、本人に安定した収入があれば、借入できる可能性がある、といったこともわかりました。

もし専業主婦でプロミスを利用したい方がいれば、まずは簡単なパートなどから始めてみてはいかがでしょうか?

そうすれば、主婦本人に安定した収入があると認められ、プロミスを利用できるかもしれませんよ♪

そして、経済的に余裕ができれば、より幸せな夫婦生活が送れることでしょう!