プロミスの即日融資は何時まで?審査受付時間に注意しよう!

公開日: 最終更新日:

プロミス

プロミスには、振り込み融資を活用したカードレスのキャッシングサービス「Web完結」や、全国のプロミス・三井住友銀行のATMおよび提携ATMから融資、返済が可能なカードローンなど、魅力的なサービスが特徴となっており、スピーディな審査時間で即日融資も可能としています。

ただ、即日融資可能と言われても、プロミスへ何時までに申込を行えば即日融資を受ける事ができるのかと疑問を抱く人も少なくはないでしょう。

そこで今回は、プロミスの即日融資を受けるには、何時までに申し込み手続きを行えばよいのか、また、その他即日融資を受けるにあたって注意すべき点を解説していきます。

プロミスでお金を借りるまでの流れ!審査・金利・返済

プロミスは最大21時まで即日審査できる!

プロミスの審査受付時間は土日祝日を含め、9:00~21:00までです。

審査結果を回答してもらえる時間も、審査受付時間と同様です。

その為、プロミスではインターネットでの申込時間を24時間365日としていますが、審査の受付・回答をしてもらえるのは9:00~21:00の間という事になります。

プロミスから今日お金を借りる!即日融資を土日でも受けるコツ!

21時以降に申し込むと審査を翌日に回される可能性大

プロミスの審査受付終了時間である21時以降に申込を行った場合、殆どの場合は審査が翌日の9時以降に回されます。

仮に21時以降の申込で審査ができたとしても、審査結果の回答が翌日の9時以降となる可能性が非常に高いので注意して下さい。

なお、即日融資が可能なプロミスの自動契約機は審査受付時間以降の9:00~22:00(※契約機により営業時間が異なります。)まで営業となっており、その時間までは即日融資が受けられると思われがちですが、自動契約機での申し込みでも21時以降の場合は審査結果が翌日へと回されます。

プロミスでは、審査時間を最短30分としていますので、即日融資の可能性を少しでも上げたい場合は、遅くても20時30分までに契約手続きを行う必要があります。

プロミスの即日融資を確実に受けたいなら14時までに契約を完了させよう

プロミスのカードローン契約手続きを14時までに終わらせる事ができれば、プロミスカードでの借入だけではなく、指定の銀行口座に希望額を融資してもらえる「振込キャッシング」も即日で利用可能となります。

借入方法の幅が広がれば、その分即日融資を受けられる可能性もありますし、14時という早い段階で申し込んでおけば、万が一審査に遅延が生じた場合でも申し込みの当日中にカードを受け取れる可能性が高まります。

申し込み時間が早いほど即日融資の可能性は高まる

プロミスの審査は最短30分とされていますが、これはあくまで目安となります。

審査スピードに関しては評価が高いプロミスですので、この目安時間を大幅に上回る審査時間が設けられる可能性は低いと考えられます。

ただし、申込者やプロミス側の事情によっては審査時間が長引いてしまうケースもあります。

例えば申込者の信用情報が悪かった場合や、信用情報に問題が無くともプロミス側の事情で審査に時間がかかってしまうという事があります。

そういったケースを考えた上で、もしプロミスの即日融資を受けられる可能性を高めたいという場合は、なるべく早いタイミングで申込を行う事が重要となります。

早めに申し込んでも即日融資が受けられないケース

早めに申込を行ったにも関わらず、プロミスの審査に時間がかかってしまい、審査結果の回答をその日の内に受けられないケースがあります。

審査結果の回答が翌日に回されてしまった場合は、その時点で即日融資を受ける事ができません。

では一体、なぜ早めに申込を行ったにも関わらず即日融資が受けられないケースがプロミスでは起こり得るのかを解説していきます。

審査が混雑しており後回しにされた

消費者金融の中でもトップクラスの人気と地名度を誇るプロミスでは、各種サービスの申込が集中してしまう事があります。

その申込が集中しやすい時間は、多くの企業が休み時間を設けている12時過ぎ辺りであり、この時間帯からは徐々に申込件数も増えていきます。

また、3~4月の新生活シーズンや、お盆やGWなどの連休前などの時期は、プロミスへの申し込みが混雑する傾向にあります。

その為、可能性が低いとは言え、混雑しやすい時期や時間帯の申込となった場合は、他の申込者の混雑状況などによって、新規申込者の審査が後回しになってしまうケースもあります。

また、プロミスからの「本人確認電話」に対応できなかった場合も、審査が後回しとなる原因となりますので注意して下さい。

以上の事から、プロミスの審査が後回しされないように対策するのであれば、比較的申込件数が少ない午前中に申し込みを行っておくと良いでしょう。

プロミスの申し込みは24時間365日、スマートフォンからでも可能ですので、朝の通勤電車内でも申し込み手続きは可能です。

審査より優先すべき出来事が起こっている

プロミスが申込者の審査よりも優先すべき出来事は、主に機械のメンテナンスや障害普及がそれにあたります。

プロミスの機械メンテナンス日は、プロミスの公式サイトより公開されていますが、それを知らずに申込を行った場合は、メンテナンスが優先される為、申込者の審査が行われません。

その為、申込日がプロミスの機械メンテナンス日に当たる場合は、どんなに早く申し込みを行った場合でも、即日融資を受ける事ができないという事になります。

また、メンテナンスではなく、プロミスの機械に何等かの障害が発生している場合は、機械の普及が優先されますので、この場合も即日融資をしてもらえない可能性があります。

もし、審査の結果回答が何時間経っても連絡してもらえないという場合は、プロミスの公式ホームページより「プロミスからのお知らせ一覧」を参照し、メンテナンス日ではないか、機械に何等かの障害が発生していないかなどを確認してみると良いでしょう。

審査基準ギリギリの評価で通過すべきか迷っている

これはプロミスに限らず、ほとんどの消費者金融では申込者の他社借入が多い場合や、年収が不安定または少ないなど、その信用情報にマイナスイメージがあれば審査時間が長引く傾向にあります。

その理由は、審査における確認事項が多くなるためです。

例えば、他社借入が多い場合は、その情報を詳しく確認する為に日本信用情報機構(JICC)に対し、申込者の他社借入状況の参照を申請し、確認を実施します。

年収が不安定な場合は、貸金業法で定められた総量規制内の融資が可能かどうかを確認するのに時間を有します。

なお、総量規制というのは、年収の3分の1までしか借入する事ができないという制限を言います。

総量規制とは?知っておくべきポイントと規制の例外となるカードローンを紹介

例えば、年収300万円の方が限度額50万円のローンをA社と契約している場合、プロミスで契約できるローンの限度額は50万円までとなります。

上記ではプロミスで例えていますが、総量規制は貸金業者全てに対し適応されている法律ですので、プロミスに限った話ではありません。

このように、申込者の評価が審査基準ギリギリとなる場合は、その分確認事項も多くなりますので、それに伴って審査時間にも影響を及ぼします。

プロミスのカードは自動契約機から受け取るのがおすすめ!

近くに設置されたプロミスのATMまたは提携ATMからいつでもお金の借入が可能なプロミスの人気商品がカードローンです。

本来であれば、お金の借入が可能となるローンカードが郵送で届くまでは融資してもらう事ができませんが、自動契約機を利用すれば即日でローンカードを発行してもらう事ができますので、急ぎの方は是非利用して頂きたいサービスの一つです。

プロミスの自動契約機に来店して即日融資!営業時間や手続きの流れは?

備え付けのカード発券機から受取後すぐにATM利用可能

自動契約機とは、プロミスが導入する無人でカードローンの申し込みから契約手続き、カード発行を行う事ができるシステムの事を指し、全国で1100台以上、隈なく設置されています。

予めインターネットでの申し込み、契約手続きを済ませて置き、プロミスのローンカードは自動契約機で発行するという事も可能です。

勿論、自動契約機で発行されたローンカードは直ぐに利用可能なものですので、お近くのATMからお金の借入を行う事ができます。

プロミスの返済方法を解説!ATMの使い方から返済日・遅れたときの対処法まで紹介

カードを郵送受け取りにすると届くまで数日かかるので注意

自動契約機を使わずにプロミスのローンカードを発行する手順としては、郵送という手順が挙げられますが、この手順でローンカードを発行する場合、即日融資を受ける事ができません。

ローンカードを郵送してもらう場合、契約完了から手元にプロミスのローンカードが届くまでに約2~3日かかります。

プロミスの営業時間外や土日に申し込みを行った場合は、ローンカードの到着まで1週間程かかってしまうケースもありますので、急いでローンカードを発行して欲しいという人には向かないローンカードの発行手順と言えるでしょう。

その為、カードローンの即日融資を希望する場合は、自動契約機でのローンカード発行が絶対条件となります。

即日融資を受けるなら銀行振込より現金借入がおすすめ!

プロミスのキャッシングサービスには、カードローンの他にインターネットで申し込みを行い、その後カード不要で銀行口座へ希望額を振り込んでもらえる「振込キャッシング」というサービスがあります。

振込キャッシングでの融資でも即日融資は可能ですが、銀行の閉店時間が15時までなのを考慮すると、14時までには契約を完了しなければ即日融資が難しいデメリットがあります。

反面、カードローンであれば21時までに契約が完了していればローンカードを発行してもらえますので、即日融資を受けられる人の幅は広がります。

その他にも銀行振り込みには以下のようなデメリットがあり、これらのデメリットが原因で即日融資が受けられない可能性が出てきます。

一方、カードローンでも手数料といったデメリットがありますので、その点も詳しく触れていきたいと思います。

プロミスATMの種類と営業時間・手数料について解説

振込手続きをしても反映まで時間がかかることがある

プロミスの振込サービスでは、24時間365日振込の予約を受け付けており、受け付けてから約10秒程度で希望額の振込が口座に反映されます。

但し、いつでも10秒という速さで振り込みが反映される訳ではありません。

例えば、以下の日時では振込の予約のみが受付となっており、この時間内に振り込み予約を行った場合は、振り込みが反映されるまでに時間がかかります。

  • 毎週土曜23:30~24:00
  • 毎週日曜0:00~4:00、18:50~24:00
  • 毎週月曜7:00~8:00
  • 1月2日7:00~1月3日
  • 5月3日~5月5日

また、以下の日時ではシステムメンテナンスが行われる為、振り込み予約も受け付けてもらう事ができまん。

  • 毎週月曜日0:00~7:00
  • 1月1日0:00~7:00
  • 1月2日0:00~7:00

土日は銀行が休業日なので反映が翌営業日になる

振込での即日融資をプロミスで受ける場合は、銀行の営業時間内に契約手続きを済ませるのが絶対条件となりますが、基本銀行は土日が休業日となる為、土日に申し込みを行った場合、口座に振込額が反映されるのは翌営業日となります。

但し、三井住友銀行およびジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、土日でもプロミスの振込融資を即日で受ける事ができます。

借入時はATM手数料に注意しよう

プロミスのカードローンに関しては、即日融資可能な時間帯の幅が広く、急いでお金を借りたいという人に関しては、メリットの多いサービスとなっています。

但し、三井住友銀行およびプロミスのATMを除く提携ATMでプロミスのローンカードを利用した場合、手数料が発生するというデメリットがありますので注意して下さい。

なお、提携ATMでプロミスのローンカードを利用した場合に発生する手数料の内容は以下の通りです。

  • 1万円以下:108円(税込)
  • 1万円超:216円(税込)

まとめ

プロミスでは審査受付時間を9時~21時としています。この時間内に契約手続きを完了できれば即日融資ができますが、21時以降となった場合は、審査または結果の回答が翌日に回されます。

早めにプロミスへ申し込みを行った場合でも、申込者の混雑状況や機械のメンテナンス、申込者の信用情報の低さなどによって審査時間が遅延し、融資に時間がかかってしまうケースがありますので注意して下さい。

また、プロミスにはカードローンの他に銀行口座へ希望額を振り込んでもらえるサービスが導入されていますが、即日融資にこだわりたいという方は、即日融資可能な時間帯の幅が広いカードローンの契約を済ませた上、営業時間が22時までと遅くまで営業している自動契約機でローンカード発行をする手順がお勧めです。

プロミスからお金を借りたらヤバいですか?実際の口コミ・体験談から見る利用者の実情