プロミスの増額審査は即日で完了する?審査時間を早めるコツはある?

公開日:

現在使っているカードローンの限度額が一杯になった時、新しく融資を受ける方法としては現在利用しているカードローンの増額を申し込む方法と、別の金融機関のローンを契約するといった2種類の方法が挙げられます。

ただ、別の金融機関から借りるとなれば、それは「多重債務」のきっかけにもなり得ますので、できればカードローンの増額を検討するようにして下さい。

そこで今回は、プロミスのカードローンにスポットを当て、増額についての詳しい内容や方法などを解説していきます。

勿論、プロミスのカードローンは即日での増額にも対応していますので、その点も詳しく触れていきたいと思います。

プロミスから今日お金を借りる!即日融資を土日でも受けるコツ!

プロミスの増額審査は即日完了する可能性大

プロミスで増額審査を申し込む場合、プロミスの会員ページにある「限度額変更申込」から申し込む方法と、プロミスコール(0120-24-0365)へ電話して申し込む方法、店舗で申し込む方法の3パターンが挙げられます。

インターネットや電話での申し込みが可能であれば、店舗窓口または自動契約機へ足を運ぶ必要はありません。

そして、増額審査に関しては、既に審査を行っている利用者に対し、増額をしても大丈夫かを確認する為の再審査となりますので、新規申込時の審査と比較すると時間は短めです。

新規申込の審査時間ですら早いと定評のあるプロミスですから、増額程度であればほとんどのケースで即日に審査が終わり、増額を受ける事ができます。

プロミスの増額の方法や条件・注意点を徹底解説!審査に落ちたら減額もあるって本当?

基本的には新規借入審査をもう一度おこなうと考えてOK

プロミスの増額審査は、新規借入審査と同様に利用者の返済能力について確かめられます。

本人にこれだけのお金を貸しても本当に大丈夫かを確認する審査となりますので、基本的に借入時と同等の審査が行われる事になります。

但し、増額審査では使ってきたプロミスカードの利用履歴や返済状況なども審査内容に組み込まれていますので、その点は新規借入時と少し異なる内容となります。

また、増額する事によってプロミスカードの限度額が50万円をこえた場合、審査には収入証明書類が必要となりますので、注意して下さい。

増額審査を早めに終わらせるなら平日9時~17時までに申し込む

プロミスの増額審査では、電話およびインターネットでの申し込みに限り、審査受付・回答時間が平日9時~18時までとなっています。

また、審査受付時間終了間際での申し込みとなった場合、審査が完了していたとしても回答は翌営業日に持ち越しになる可能性があります。

その為、即日で増額を希望するのであれば、プロミスの営業開始時間の9時から、営業終了時間1時間前の17時までに申し込みを完了させるようにしましょう。

なお、土日祝日での即日増額を希望する場合は、プロミスの自動契約機で申し込みを行う必要があります。

申し込み時間が早いほど即日審査の可能性はアップする

プロミスの増額を即日で希望するのであれば、より早い時間帯に申し込みを済ませておくことをお勧めします。

これはプロミスに限った話ではありませんが、各金融機関のローン申し込みや問い合わせは12時頃から増える傾向にあり、審査受付時間内だからといって遅い時間に申し込みを行うと、混雑などが原因で審査の時間に影響を及ぼす可能性があるからです。

特にプロミスは人気や知名度が高い金融機関ですので、プロミスカードの増額を即日で希望するのであれば、午前中のうちにスマートフォンなどから申し込み手続きを行っておいた方が即日増額の可能性が格段に上がります。

プロミスの即日融資は何時まで?審査受付時間に注意しよう!

新規借入時から大きな変更があると増額審査は長引きやすい

プロミスカードの増額審査を受ける際、新規借入時と増額時で自身の信用情報に大きな変化があった場合は、増額審査の時間が長引いてしまう可能性があります。

例えば、新規借入時は結婚して持ち家に住んでいたが、今は離婚してアパートに住んでいる、正社員だったが今は自営業である、プロミス以外の金融機関からも融資を受けるようになったなどの変化です。

以上の例はいずれも信用情報に大きな変更が加わっていますので、プロミスの審査時間に影響を及ぼす原因となり得ます。

収入の減少には特に注意しょう

プロミスカードの借入審査時と増額審査時の信用情報の変化で、特に審査時間に影響を及ぼしやすいのが収入の減少です。

例えば個人事業主や経営者の方で、プロミスカードの申込時よりも年収が減額してしまった場合や、転職などが原因で収入が減ってしまったなどのケースが考えられます。

収入はプロミス側にとっても返済能力を審査する上で非常に重要な判断材料となってきます。
僅かの減少であれば問題ありませんが、その収入の減少幅が大きい場合、プロミス側からみれば増額後のリスクが大きくなりますので、審査が慎重に行われ、即日で増額してもらうのは難しくなります。

下がり幅によっては限度額を下げられる可能性もある

プロミスカードの借入審査時と増額審査時の収入が大幅に減少している場合、稀な例ではありますが「返済能力が著しく低下しており、現状の限度額でも危険」と判断され、増額どころか減額措置が取られる可能性があります。

その他、消費者金融には年収の3分の1以上を融資する事ができない「総量規制」と呼ばれる制限があるのですが、増額審査時に総量規制を超える限度額であると発覚した場合も減額措置が取られてしまいます。

その為、プロミスカードを増額したいけど、借入審査時より収入がかなり下がってしまっているという人は増額申込をせず、現状の限度額でプロミスカードを所有しておくのが無難です。

新規借入後に転職をしていると在籍確認されることもある

プロミスの増額審査では、通常であれば在籍確認の電話が発生する事はありませが、特別な事情がある場合に限り、在籍確認を行う事があります。

この特別な事情として一つ挙げられるのが「転職」による勤務地の変更です。

新規借入時から増額審査の間に転職をしたという場合は、例え年収が増加していたとしても在籍確認を行わるケースがほとんどです。

理由としては、あくまで在籍確認は利用者本人の申告に虚偽はないか等を確かめる為の審査項目であり、年収面の審査とは関係ないからです。

また、年収減が疑われる場合や、プロミスカードの利用状況が悪い場合なども在籍確認を行う特別な事情の一つとなっています。

プロミス在籍確認の電話をやめてもらう方法と対策!

申込者に落ち度がなくても増額審査が遅れることがある

プロミスカードの新規借入時より年収が上がっている、勤続年数も長いなど審査が有利に進みやすく、ほぼ間違いなく即日増額ができる信用情報であっても、様々な事情で審査時間に影響を及ぼす可能性があります。

そういったケースが起こる原因として挙げられるのはプロミス側の事情がほとんどであり、主に以下のような理由で審査の時間に影響を及ぼします。

審査が混雑していると数日かかることもある

人気、知名度ともに高いプロミスでは、それに伴って申込率も非常に高く、混雑によって審査までに時間がかかるというケースがあります。

特にゴールデンウィークがある5月、お盆がある8月はプロミスを含む各金融機関の繁忙期とされており、この時期の増額審査時間は長引く傾向にあります。

繁忙期だからといって絶対に即日増額ができないという訳ではありませんが、混雑状況によっては1~3日程かかってしまうケースもあります。

大型連休前はどうしても審査が混雑してしまいますので、混雑による審査の遅延を防ぎたい場合は繁忙期などを避けるか、繁忙期を考慮した上で前もって申込しておくなどの対策が必要となります。

社内トラブルも審査が長引く要因

プロミス側の社内トラブルとしては主にシステム障害が例として挙げられます。

消費者金融等の審査は、主に機械と人の目によって審査が行われており、稀な事象ではありますが審査に必要な機械に障害が生じ審査が大幅に遅れる事もあります。

また、システムのメンテナンスによって審査が遅れてしまう事も考えられます。

公式サイトでは、メンテナンスを毎週月曜日の0時~7時、元日終日をメンテナンス日として公表していますが、注意事項としてメンテナンスによって不定期にサービスを停止する場合があるとの記載もあります。

プロミス側のシステム障害や不定期メンテナンスは予期せぬものなので、利用者側で対策を取る事はできません。

但し、「プロミスからのお知らせ一覧」というサイトにて障害やメンテナンス状況を把握する事はできますので、審査が遅いなと思ったら、障害やメンテナンスが発生していないかを確認してみて下さい。

プロミスの増額審査を最短で終わらせるコツ

プロミスから緊急でお金を融資してもらいたいが、限度額の問題で必要分の金額を融資してもらう事ができないそんな時、何としても即日で増額したいと考えるのは無理もないでしょう。

プロミスは、増額程度の審査であれば即日で増額してもらえる可能性は高いですが、必ずしも即日で増額が可能としている訳ではありません。

その為、何としても即日融資して欲しいと希望するのであれば、利用者本人が即日でプロミスの増額審査が通れるよう工夫しておく必要があります。

では、一体どのようにすれば即日増額の可能性を上げる事ができるのかを見ていきましょう。

新規借入から一定期間は初期限度額で利用する

プロミスの増額審査と新規借入審査の違いは、プロミスカードの返済実績が審査項目に含まれているかどうかです。

基本、カードローンというのは新規借入時に返済実績という信用情報を確認する事ができない為、初期限度額は低く設定されてしまう傾向にあります。

しかし、継続的な返済が滞りなくできていると判断されれば、その分良い返済実績が付き、審査に通りやすくなる他、プロミス側から増額の案内が来る事もあります。

その為、増額審査を受けるのであれば新規借入から直ぐではなく、最低でも半年以上は初期限度額で返済実績を積んでいくのが即日で増額してもらう為のコツの一つです。

増額案内が届いていれば審査通過の可能性は高い

軽く先述していますが、プロミスでは一定期間ローンを利用し、返済も問題なく行えている利用者に対し、電話またはメールにて「増額しませんか」という案内が来たりします。

プロミス側としても、返済状況がしっかりとした優良顧客に対しては、どんどんと営業をかけていきますので、もし最近増額の案内があったという人は即日で審査に通過できる可能性が高くなります。

但し、増額案内が来たからといって審査が行われないという訳ではなく、案内が来ていない人と同様の審査が行われる事になります。

プロミスの増額案内はあくまで返済実績が良い人に送られる案内であり、プロミスが勝手に審査して、基準に達しているから案内をだしているという訳ではありません。

増額幅は必要最低限に抑えておく

プロミスカードの限度額の増額は、なるべく必要な分だけにとどめておく事が重要です。

当然ではありますが、増額幅が広ければ広い程、その分審査は難航し時間を要する可能性があり、即日での増額が難しくなったり、最悪の場合は増額幅が原因で審査に落ちてしまう可能性もあります。

また、プロミスを含む消費者金融などの賃出は、貸金業法の「総量規制」によって、年収の3分の1までと決まっています。

その為、「余裕があった方が良い」と考えて増額幅を増やすと、総量規制に引っかかって審査に落ちてしまいますので注意して下さい。

まとめ

プロミスカードの増額に伴う審査は、新規借入審査とほぼ同等の審査が行われますが、既に一度審査をしている利用者の再審査となりますので、審査時間は短めです。

その為、平日9:00~17:00の間に申し込みを行えば、即日増額を受けられる可能性は高めです。

但し、新規借入時より収入が減少しているといった事情がある場合は審査に時間がかかる可能性があり、最悪の場合は審査落ち、または減額処置がとられる場合もありますので注意して下さい。

逆に、新規借入から一定期間、継続して返済が行えている人やプロミスから増額案内が来ている人は審査に通りやすく、問題なく即日で増額を受けられると考えて良いでしょう。

但し、信用情報が良いからといって総量規制ギリギリ、またはそれ以上の増額を希望すると、審査落ちする場合がありますので、増額幅は最低限に抑えておきましょう。

プロミスからお金を借りたらヤバいですか?実際の口コミ・体験談から見る利用者の実情