プロミスは何時まで即日融資できる?土日申し込みでも最短審査で借りるコツ!

公開日: 最終更新日:

プロミス

プロミスはテレビのコマーシャルやインターネットの広告などで、誰もが1度は目にしたことがあるであろう大手消費者金融です。

プロミスのカードローンは、スピード審査が売りで即日融資を可能としています。

審査スピードは最短で30分、スムーズに審査が進めば1時間以内で借り入れを行う事が可能となります。

数ある消費者金融の中でも、申し込みから1時間以内で融資を受けられ借り入れ先は多くありません。アイフル・アコム・SMBCモビットなどの大手だけです。

そのためプロミスはスピード融資を受けたい方に、非常におすすめの借り入れ先です。

またプロミスは、提携ATMの数も多く銀行ATM、ネットバンク、コンビニATM等を利用しての借り入れ・返済が可能です。

特にコンビニATMを利用できるという点では、全国どこにいても借り入れや返済を行える為、安心感を持って利用することが出来る借入先と言えるでしょう。

今回はプロミスを初めて利用する方でも、申し込んだ当日中に即日融資を受ける方法を紹介します。

プロミスから即日融資を受けるには…ネット編

プロミスのカードローンはインターネットから申し込みを行うことが可能です。

パソコンからでなく、スマートフォンや携帯用タブレットからも申し込みをおこなうことができます。

プロミスのネット申し込みから即日融資までの流れ(WEB完結型)は、以下のようになります。

  1. Web申し込み
  2. 電話・メールで契約可能額の確認
  3. 返済方法選択(「口座振替による返済」を選択)
  4. カード発行の選択
  5. 契約完了

インターネットのカードローンの申し込みは24時間365日受付を行っているため、自宅や職場からだけではなく出先や移動先からの申し込みも可能で、時間や場所に左右されず、ご自身のタイミングで申し込みを行うことができます。

しかし即日融資を希望する際には、申し込み時間に注意しましょう。

ネットから申し込んで即日融資を受けるには、振り込み融資が基本となりますが、一般的な銀行口座に振り込みを行う場合は、15時以降は翌営業ににしか口座に反映されません。

遅くても14時までにプロミスとの契約手続きを済ませ、14時50分までの振り込み手続きを終わらせるようにしましょう。

24時間振込融資可能!プロミスの「瞬フリサービス」について

瞬フリ
プロミスは三井住友銀行とジャパンネット銀行の普通預金口座であれば、24時間振込融資を行う「瞬フリサービス」があります。どちらかの普通預金口座を所有していれば、ネットバンキングを利用して24時間振り込み融資が可能となります。

瞬フリサービスは10秒程度で振込が口座に反映されるため、急いで口座にお金が必要なときにも助かります。三井住友銀行またはジャパンネット銀行に普通預金口座をお持ちの方は、プロミスの瞬フリサービスを活用するといでしょう。

瞬フリの利用手順は、以下のようになります。

  1. 会員サービスにログイン
  2. 振込先口座の登録
  3. 瞬フリの手続きボタンをクリック
  4. 借り入れ金額の指定
  5. 振込完了

ネット申し込みでも即日カード発行が可能

プロミスではネット申し込みでも即日カード発行が可能です。

契約手続きが終わったあとであれば、全国に設置されている自動契約機を使って、その場でカードを発行することができます。

ローンカードを持っていれば、提携ATMから24時間融資を受けることができるので、夕方以降でも即日融資を受けることができます。

即日振込が可能な15時を過ぎてしまったけれど即日融資を受けたいという方は、自動契約機からローンカードを発行するといいでしょう。

即日融資を行うには…店舗・自動契約コーナー編

プロミスの自動契約機

プロミスは全国各地に自動契約コーナーを設置しています。

JRの駅や地下鉄の駅、幹線道路沿いなどでプロミスの自動契約機(無人店舗)を見かけたという方も多いのではないでしょうか。

プロミスの自動契約機は、基本的に無人店舗となりますので誰とも顔を合わせずに申し込みを行うことが可能です。人目を気にされている方にはピッタリの好条件ですね。

プロミスの自動契約コーナーに行き、直接申し込みを行えば、約1時間程度で現金を借入することができますので、「今すぐ現金が手元に必要だ」という切羽詰まった状況の方には非常にお勧めの借り入れ方法です。

自動契約機で申し込み~契約をおこなう流れは、以下の通りです。

  1. 申し込み(必要書類持参)
  2. 審査・利用可能額の回答
  3. 契約・カード発行
  4. 提携ATMなどから借り入れ

プロミスの自動契約コーナーは、振り込み融資とは違い14時50分以降の申し込みでも即日融資が可能となります。

基本的にプロミスの自動契約コーナーは9時から22時までの営業時間となります。ただし、1部店舗では21時までの営業となりますので注意が必要です。また、スタッフが案内する店舗の場合、9時から18時までの営業となります。

従って即日融資を受けるためには遅くとも18時前までには申し込みを行うべきでしょう。

店舗の審査時間と自動契約コーナーの審査時間は必ずリンクしています。22時近くに申し込みを行ったとしても、即日融資を受ける事はまず無理です。

そのため、遅くとも17時あたりまでには申し込みを済ませておくことをお勧めします。

プロミスの申し込み方法と即日融資ができる時間帯まとめ

プロミスに申し込む方法 申込可能な時間帯 即日融資のポイント
WEBから申し込み 24時間申し込み可 14時までに申し込み、15時までに振込を終わらせる
電話で申し込み 9:00~22:00まで可 カード発行、振込を15時までに終わらせる
自動契約機から申し込み 9:00~22:00(一部21時まで) 17時までには審査完了できるように申し込む
ローン契約機 9:00~21:00(一部営業時間が異なる) 17時までには審査完了できるように申し込む
店頭窓口 平日10:00~18:00(一部、営業時間・休業日が異なる) 融資を急いでいる旨を口頭で伝えておく

プロミスの即日融資を受けるためにおすすめの申し込み方法

プロミスから即日融資を受ける為の一番のお勧めは、まずインターネットから申し込みを行うこと。

上記にもしましたが、ネットからの申し込みですと場所・時間に関係なく申し込みを行うことができます
プロミスが営業していない早朝や深夜の受付も可能ですので、翌日どうしてもお金を借り入れしたい…と言う方は深夜や早朝に申し込みだけ済ませておく事もできます。

申し込みを済ませておけばプロミスの営業開始と共に審査を行ってくれるため、朝1番の借り入れが可能となります。

また借り入れに関してですが、ネットから申し込んだ上で自動契約コーナーを利用してプロミスカードを受け取り、提携ATMから借りる…と言う流れが非常にお勧めです。

申し込みを済ませて審査待ち時間の間に最寄りのプロミスの店舗へ移動し、審査が可決したタイミングでカードを受け取り→そのまま借り入れという実に効率的な流れで借り入れを行うことができ、時間を無駄にすることがありません。

もちろん早めの時間帯に申し込みを済ませ、振り込み融資の手続きを行えるのであれば振込んだ銀行口座からお金をおろせば良いだけですが、ネットと自動契約コーナーの合わせ技を利用すれば、即日融資可能な時間帯が広がり、安心して申し込みを行うことができます。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行なら土日祝日も借入可能!

プロミスの銀行振り込み対応時間は、当然ですが各行の営業時間によって異なります。

ほとんどの銀行は土日祝日は休業日なので平日以外にプロミスの銀行振り込みはできませんが、三井住友銀行ジャパンネット銀行であれば、休日でも即日融資を受けられます。

平日と同じく14時までに審査を完了しておく必要はありますが、イベントが多く急にお金が足りなくなる休日。対応する銀行があると知るだけで大変心強いですよね!

プロミスのアプリローンなら来店不要で即日融資!

2017年10月、プロミスは新サービス「アプリローン」を発表しました。

スマートフォンアプリから最短1時間で口座に現金を振り込んでもらえるサービスで、郵送物もないので空いた時間でサクッと手続きを済ませることができます。

アプリローンの内容は従来のプロミスと同じ

プロミスのアプリローンは、金利や限度額などのサービス内容はプロミスと全く同じです。

スマホアプリから申し込めて管理ができるということ以外は、従来と一緒ですが、ローンカードがなくても借入できるというのは大きな魅力です。

また、スマホから申し込めるということで、従来のネット申し込みよりも手軽かつ周囲にバレにくくなっています。

プロミスのアプリローン申し込みから融資までの流れ

アプリローンを使った申し込みから、即日融資を受けるまでの流れは以下の通りです。

  1. プロミスのアプリをスマホにインストール
  2. 「新規お申込み」ボタンを押し、必要事項を記入
  3. 必要書類をアップロード・送信
  4. 審査開始(完了まで最短30分)
  5. メールで審査結果の通知
  6. メールに掲載されたページにジャンプし、掲載手続き
  7. プロミスから振込ORセブン銀行ATMで借入

申し込みから借入まで、全て合わせて最短1時間となっています。

審査の途中に、向こうから申し込み内容について確認の連絡を受けることがあるので、一応申し込みから1時間は電話を取れる状態にしておきましょう。

電話が取れなくても、不在着信の電話番号が0120-696-401ならプロミスからの連絡なので、必ず折り返すようにしてください!

0120696401はプロミスの電話番号!無視した場合のリスクと対処法まとめ

プロミスから即日融資を確実に受けるコツは?

プロミスから即日融資を受けられる方は、簡単に言えば「審査がすぐに終わるほど、問題が見当たらない人」ということです。

そのため、こちらのプロミスの審査基準のページにあるように、返済能力が高く、信用情報にキズがない方なら即日融資を受けられる可能性は高いです。

プロミスの審査は甘い?審査基準と口コミ・落ちたときの対処法

ただ、それ以外にもちょっとした工夫で審査がスムーズになることもあります。

ここからはそんな、プロミスの審査を早く終わらせるコツを紹介していきます。少しでも早く融資を受けたい方はぜひ参考にしてみてください。

申し込み情報を正確に入力する

プロミスに申し込む際には、氏名・住所・年収など、審査で必要な情報を入力していきます。

その際、申し込み情報に誤りがあれば、審査に時間がかかってしまうので注意が必要です。

キャッシングの審査では、申し込み情報を基に信用情報を調べて審査を行います。そのため氏名や住所などに誤りがあれば審査を行えないのです。

また運転免許証や健康保険証に記載されている住所が現住所と異なっている場合、現住所に住んでいることを証明する書類の提出が求められることもあります。(公共料金の領収書など)

申し込み情報に不備があれば、最悪の場合審査にも落ちてしまうので気をつけましょう。

希望限度額を低めにする

とりあえず早く融資を受けたいという方は、希望限度額をなるべく低めにして申し込むようにしましょう。

希望限度額が高くなれば、融資のリスクも高くなってしまうので、審査基準も厳しくなってしまいます。そうすると審査にも時間がかかってしまう恐れがあります。

最短で審査を終わらせたいのであれば、限度額を必要最低限に抑えて申し込むことをおすすめします。

本人確認書類を事前にチェックする

プロミスの申し込みでは、本人確認書類が必要となります。

一般的によく使われるのは運転免許証、健康保険証、パスポートの写しなどですが、これらは一度更新するとしばらく更新しなくて良いので、住所が引っ越し前だったり、苗字が旧姓のままだったりすることが良くあります。

特に多いのが、記載の住所と現住所が異なるケースですが、この場合、以下の書類のうちいずれかを合わせて提出します。

  • 国税か地方税の領収書、または納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHKのうち1つ)
  • 住民票の写し、または住民票の記載事項証明書

提出前に慌てて書類を揃えるのは効率が悪いので、事前にしっかりチェックをしてスムーズに手続きを進めましょう!

融資希望額に関わらず収入証明書を提出する

プロミスは、融資希望額が50万円を超える場合に収入証明書の提出が必要です。

該当する方は、以下の書類のうち1つを早めに準備しておきましょう。

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月のものと、1年分の賞与明細書)

ただ、例え希望額が50万円以下だったとしても、プロミスは信用情報機関を使って収入を独自調査します。

この調査の時間が、審査の手間を増やしているのは言うまでもありません。

この手間を省くために、希望額に関わらず、収入証明書を提出するようにしましょう。書類を一緒に提出すれば、申込情報を裏付けることにもなり、信用性も増しますよ!

プロミスで即日融資を受けた方の口コミ・評判

土曜日の13時にネット申し込み…自動契約機でカードを受け取り難なく即日融資できた!

性別 男性
年齢 35歳
職業 サラリーマン
年収 500万円前後
お昼に電話をしたので時間がどれくらいかかるか不安でしたが、担当の方も優しく、わかりやすく教えてくれたのでスムーズに申し込みができました。連絡を確認した後に、プロミスの自動契約機にいって残りの手続きをおこない、待つこと40分弱。審査通過の連絡が!カードを無事受け取り、そのまま問題なく融資を受けられて助かりました。

プロミスのアプリローンを使って審査に申し込み即日融資できた

性別 女性
年齢 28歳
職業 アルバイト
年収 300万円弱
PCが不調だったのでスマホアプリ(アプリローン)から申し込みました。
10万円ほどの少額融資だったこともあり難なく通過➝即日融資。その前に三井、みずほと立て続けに落ちていたので助かりました。大手消費者金融といっても、やっぱりメガバンクのカードローンよりは審査に通りやすい。借入額だけ抑えれば問題ないと思います。ただ、私の場合は審査の途中で収入に関する確認の連絡がきたので、この電話に出られなかったら即日融資できなかったかも…

まとめ

プロミスは最短30分で審査を終え、1時間で借り入れを行うことが可能な借入先ですが、即日融資を受けるためには申し込み時間に気をつけなければいけない、という事が分かりました。

特に振り込みによる融資を受ける場合には、14時までに契約を済ませ14時50分までに振り込みの手続きを完了させる必要があります。

実質来店不要で借り入れを行うおうと思っている方は、極力早めに申し込みを行わなければいけません。

自動契約コーナーを利用する場合には、夕方17時あたりまでの申し込みであれば即日融資が可能となりますが、18時を過ぎてしまうと審査が翌日に繰り越される可能性が高くなりますので、即日融資を希望される方にはお勧めできません。

特定の方に限定されてしまいますが、三井住友銀行・ジャパンネット銀行に口座をお持ちの方でしたら24時間融資が可能となります。
この二行に口座をお持ちの方は、ネットバンキングによる融資が非常にお勧めです。
ぜひお試しください。

プロミスの詳細情報はこちらをご覧ください。

プロミスでお金を借りるまでの流れ!審査・金利・返済

またプロミス以外の即日融資可能なキャッシングを知りたい方は、こちらの記事でさらに詳しく紹介しています。

即日融資で借りる方法まとめ!【カードローン・無職・専業主婦・多重債務者】