プロミスの審査に通りにくい仕事・属性とは?

公開日:

プロミス

プロミスは「30日間無利息サービス」や「Web完結契約・即日融資」など嬉しいサービスが幾つもある、カードローン初心者を含めた多くの方に人気の借入先です。

ですが契約には審査に通過する必要があり、審査に関する不安を抱え手続きに躊躇してしまっている方も少なくは無い様です。

その中でも「職業や属性が審査にどれくらい影響するか」について心配している方が多いのではないでしょうか?

ですから今回は皆さんの不安を解消する為にも、「プロミスの審査に職業は影響するのか?審査に不利になってしまう職業や属性は?」という情報にスポットを当てて徹底調査してみました!

さぁ、皆さんの職業や属性は審査ではどんな風に評価されるのか?ドキドキしながら読んでみてくださいね。

プロミスの審査に職業はどれだけ影響する?

審査で最重視されるのは「収入の安定性」と「事業の将来性」です。

借入を行った方が無理無く返済を進める為には、毎月安定した収入を得ていることが大切です。

さらに収入の安定が長期的に続くことが理想的ですから、継続的に成長していく将来性の高い仕事に就いていることがベストです。

これはきちんとした審査の中で判断されることですので、世間の評判はそれほど大きくは審査に影響しません。

例えば何かのトラブルで社会的信用を落とした企業に勤めていたとしても、それだけで審査落ちすることにはならないということです。

審査の重要性は収入・信用情報が職業よりずっと高い

プロミスに限ったことではありませんが、融資を受けるには「きちんと返済してくれると信用できる相手」と判断されなくてはいけません。

その為にはしっかりと働いて定期的な収入を得ていることと、「返済に関するトラブルを起こしていないこと」が重要となります。

延滞など返済に関するトラブルは「信用情報機関」に登録されている信用情報がチェックされます。

信用情報には現在借入中のカードローンなどの支払い残高や、過去の借入・分割払い時の金融事故情報などが一定期間登録されています。

これらの情報は、職業よりもずっとずっと審査に大きく影響してしまうのです。

職業は収入の安定性を証明する要素でもある

収入の安定性や信用情報が大きく影響するとは言っても、「職業」も審査に関係する要素の1つであることは事実です。

プロミスを含めたカードローン会社には、職業ごとの収入の安定性に関するデータが存在しており審査時には参考にされています。

さらに会社規模は小さいよりも大きい方が離職率が低く収入も右肩上がりにアップしやすいというデータも存在しているので、中小よりも大企業に勤めている方が審査の際に高い評価を得られる可能性が高まります。

プロミスの審査に通りにくいのはどんな職業?

プロミスは審査基準を公開していませんので、通常「どの職業だと審査に不利になるのか?」ということはわかりません。

ですが実際に審査を受け審査落ちをしてしまった方の情報を集めた結果、「プロミスの審査で不利になりやすい職業」が判明しました!

とは言っても、これから紹介する職業に就いている方は審査に通れないと決まっているわけではありませんので、それだけで諦める必要はありませんよ。

まずは参考として読んでみてくださいね。

タクシー運転手

タクシー運転手の給与は歩合制が採用されていることが多く、毎月の収入の波が小さくないことで「安定した収入」という点で疑問が残ってしまいます。

さらに勤務日数は比較的少ない方が多いのですが1日の勤務時間は20時間を超えることも普通で、身体を壊してしまう危険性が低いとは言えないのも問題です。

タクシー運転手の中には高収入を得ている方もいらっしゃいますが、職業としての評価は高いとは言えないのが現実です。

美容師

一部の美容師は高収入を得てはいますが、美容師の平均年収は300万円台しかなく全体を見れば決して高い収入とは言えません。

立ち仕事&接客という心身ともに負担の大きい仕事なのに低収入なのも影響して離職率も高く、お金を貸す側としては「いつ仕事を辞めてしまうかわからない職業」というイメージが強くなってしまっています。

また個人経営の美容院も多く、職場事態が安定していると言えないのも審査で評価を下げてしまっている要因です。

ベンチャー系不動産会社の営業

営業職は仕事に結果を求められる傾向が強く、営業周りは想像以上に過酷な仕事内容であることが影響して離職率も高めです。

さらにベンチャー系不動産会社は、給与内に占める歩合の割合が高いことが多い為に収入も不安定になりがちです。

プロミスの審査では正社員であることは有利に働きますが、ベンチャー系不動産会社の営業の様な激務で給料が不安定な場合は審査が厳しくなってしまう可能性が高まってしまうのです。

大工・とび職など

歩合制が採用されていることも多く天候によっては仕事ができず、給与が不安定になってしまいがちな大工・とび職などをされている方も、プロミスの審査で不利になることがあります。

特に一人親方としてフリーランス的に働いている場合は、怪我などの危険もあり働けなくなってしまう可能性も否定できません。

また危険な仕事でありながら高い技術が必要になることで離職率も他の職業に比べて高く、「収入が不安定で、長く勤められない方が多い」職業という判断をされてしまっている様です。

タレント・アスリート・芸術家

タレントは売れるまではアルバイトをして生活費を稼ぐ方がほとんどです。

また売れたとしても人気がいつまでも続くとは考えられず、将来的にはタレントとしての収入がゼロとなりアルバイト生活に戻る可能性は否定できません。

アスリートや芸術家も一時的には高収入を得られる可能性はありますが、将来的な不安は大きくカードローンの審査では高い評価を得ることは難しくなります。

タレント・アスリート・芸術家は売れたり実績を残す前は収入の低さや不安定さが問題となり、高い収入を得ている時にも将来性が問題になる、融資を受けるには難しい職業と言えます。

水商売・風俗業

キャバクラやスナックなどの水商売、ソープランドやファッションヘルスなどの風俗業は短期間で大きな収入を得られる期待のある職業です。

ですが人気が収入に直結する為に売れっ子かどうかで収入の差は大きく、神経を使う仕事であることから精神的ストレスも大きく離職率は高めです。

働き始める前から「短期間で大きく稼いでスパッと辞める」と考えている方も多いので、安定した収入を長期に渡って得ることが難しいと考えられる職業でもあり、プロミスの審査でも評価は低くなってしまう様です。

自営業

自営業で起業した方の約4割は1年未満に廃業しており、10年持つのは1割ほどしかないというデータがあることからわかる様に、「自営業は事業としての安定性・継続性が低い」というのが一般的な評価です。

安定した収入があることと、将来性・安定性の高さを証明することができればプロミスの審査に通ることは難しいわけではありません。

ですが「自営業」自体の評価としては、収入の保証も無く将来性の問題もあることから低めです。

特に起業したての飲食店などは、審査に通るのは容易とは言えません。

反社会組織の一員は100%審査に通りません

「反社会的勢力に対する基本方針」をサイト上にも掲載しているプロミスでは、暴力団員などの「反社会組織の一員」と判断された場合は100%審査に通ることはできません。

反社会組織への貸付は賃金業法でも禁止されており、プロミスもその法律をしっかりと守っています。

この反社会的勢力に関する情報はデータベース化され登録し管理されているので、誤魔化すことはできません。

その様な団体に所属していると判断されれば、審査通過は即座に不可能となります。

フリーター・パートなど…雇用形態はどれだけ審査に影響する?

正社員は容易に解雇されることは無く、会社に守られた存在と言えることからプロミスの審査でも高評価を得ることができます。

職業によって評価の高さに違いはあるものの、正社員であることは審査に好影響しか与えません。

これを逆に考えてみれば、フリーター・パートなど正社員以外として働いている方は審査通過は難しいということでしょうか?

続いてはフリーター・パートなどの働き方をしている方が、カードローンの審査に通るためのポイントをご紹介します。

正社員以外でも安定収入があれば審査に通る

会社に保護されている正社員の評価が審査で高いのは、「安定した収入を得やすい」からです。

ですから、アルバイト・パートなど正社員以外の方も安定した収入を証明することができれば審査に通ることができます。

実際にプロミスの申込み条件は「年齢20〜69歳のご本人に安定した収入のある方」となっており、アルバイト・パートでも利用可能であることも明記されています。

安定した収入を証明するためには勤務歴の長さなどが必要となりますが、正社員でなければ審査に通れないなんてことは決してありませんよ。

利用保険・住まいの種類によってプロミスの審査に落ちる?

プロミスの審査では年収や職業・信用情報に比べて重要項目ではありませんが、利用保険や住まいの種類も審査結果を左右する要因になり得ます。

カードローンの審査というのは様々な項目をポイント化し総合的に判断されますので、年収や職業に関する審査での評価があまり高くなくても審査に通れる期待は持てます。

つまり合否に関する微妙なラインの場合には、社会保険か国民健康保険かという保険の種類や暮らしている住まいが実家か持ち家か賃貸かという条件が、合否を決定付けてしまう可能性もあるということなのです。

家賃・ローン支払いがあるより実家住みのほうが通りやすい

収入が同じであれば、毎月の支出が少ない方の方がお金に余裕があると言えます。

そう考えれば当然、貸す側としては支出が少ない方に対して高い評価を付けることになります。

ですから家賃を支払わないで済む実家暮らしの方は、持ち家でローンを支払っていたり賃貸で暮らす方よりも毎月の支出が少なく審査では有利になりがちなのです。

もちろん、これは同じ収入であればということですので収入に対するローンや家賃の支払いの割合が低く、充分に返済能力があると判断されればプロミスの審査に通過することはできます。

国民健康保険の加入者は融資額が低くなりがち

保険証を持っているということは働いていることの証明にもなり得ますが、社会保険・組合、船舶保険・国民健康保険のどの保険証を持っているかが審査に多少の影響を及ぼしています。

「保険証の種類が審査に影響する」のは不思議に思ってしまうかも知れませんが、保険証の種類によって会社規模などを判断することができるのです。

保険証の種類はそれだけで審査の合否を左右するほどの高い影響力はありませんが、社会保険に比べると国民健康保険の加入者は融資額(限度額)が低く設定される傾向があります。

独身・一人暮らしより既婚者や家族と同居しているほうが審査に通りやすい

独身や一人暮らしの方は、支払いに困った時も頼ることのできる相手が見つかりにくいと判断されます。

もし親や親戚が健在でも一緒に暮らしていない場合は相談もしずらく、一度返済が滞るとズルズルと滞納してしまう危険が高いのです。

ですが家族と暮らしている方の場合は、もしもの時にも相談しやすく返済の手助けをしてもらえる可能性が高くなります。

親など家族・親族をアテにすることは褒められたことではありませんが、同居者がいることはカードローンの審査では有利に働くことは事実です。

子供が小さいと教育費をリスクに思われて審査に落ちることも

子供は親にとって掛け替えのない宝ですが、小さなお子様や学生がいる家庭は審査では不利になることがあります。

幼稚園から大学まで全て公立に通ったとしても1,000万円の費用が必要になると言われる様に、子供の教育にかかる費用は莫大な額になります。

先程の数字はあくまで学費だけですから塾や遊びにもお金が必要となりますし、私立に通うことになればさらに学費も跳ね上がります。

ですから子育てをしている家庭は予想外の教育費などで返済計画が狂うリスクが存在すると考えられ、審査では若干不利になってしまうことがあるのです。

固定と歩合はどっちが審査に通りやすい?

結論からお伝えすれば「審査に通りやすいのは固定給」なのは間違いありません。

カードローンの審査で重要視されるのは年収の高さよりも安定性です。

歩合制で申込時の年収が高い方も、翌年やその先も同じ年収が続くという保証はありません。

固定給の場合は年収が大幅にアップする期待が高いとは言えませんが、ガクンと下がることもほとんどなく安定した収入が予想できます。

年収のあまり高くない方には大きな限度額は設定されにくいのは確かですが、年収が低くても固定給で安定した収入を得ていれば審査通過は難しくはないのです。

固定と歩合の割合は審査に影響しないが…

収入は源泉徴収票などで確認されますが、源泉徴収票では固定給か歩合給かを調べることはできません。

歩合給であることが多い職業が審査で不利になってしまうのは事実ですが、プロミスの審査で一人一人に対して固定・歩合の割合を調査することもありません。

ですが、歩合給の比率が高い方は「収入が変動しやすい」ということを意識して利用することが大切です。

今は収入が多いからと大きく借入をしてしまい、収入が下がってから返済に苦労することになってしまっては「借金地獄に陥る」ことになりかねません。

特に歩合給の方は、その様な意識を持ち「計画的な利用」を心がける様にしてください。

職業的に不利でも審査に通れる可能性はあります

再度お伝えしますが、「プロミスの審査は様々な項目をポイント化し総合的に判断される」ということを忘れないでください。

職業的には審査で不利になったとしても、その他の項目で挽回できる可能性はちゃんとありますから、現在の職業だけで「審査に通れない・・・」と判断してしまう必要はないのです。

もし不安ならばプロミスの公式サイトにある「お借入シュミレーション」を活用してみるのもおすすめです。
たった3項目で借入可能かすぐに結果が出るので大変便利ですよ。