楽天銀行カードローンの審査期間は何日?短縮する方法とは?

公開日:

ネット銀行の楽天銀行でも、カードローンをサービスの1つとして提供しています。このカードローンは、楽天銀行の口座を持っていなくても、申し込むことが出来ます。

楽天銀行カードローンでは、他の銀行系カード同様、申込者に対し融資をするかどうかを決定するために、審査を行っています。

この審査にかかる時間によって、申し込み完了から融資開始までに時間がかかってしまいます。

今回は、楽天銀行カードローンの申し込み方法や申し込みの流れと、審査について解説していきます。

楽天銀行カードローンの審査基準・時間と通過のコツ・落ちたときの対処法

楽天銀行カードローンの審査期間は2日~1週間ほど

楽天銀行カードローンでは、2段階に分けて審査を行っています。申し込み直ぐに行われるのが仮審査で、申し込んだタイミングに依りますが、即日に終わることもあります。

仮審査では、申込内容を元に返済能力などをスコアリングしています。スコアリングは自動的に行われていますので、特に時間がかかることはありません。

仮審査で時間がかかるとすれば、信用調査で時間がかかっている可能性があります。

仮審査では、スコアリング以外に信用調査も行っています。この信用調査は、申込者の信用情報を信用情報企業に問い合わせて記録を確認します。この信用調査で、確認が取れないと時間がかかってしまいます。

また、警視庁のデータベースに申込者の情報を照会して反社会勢力にかかわりが無いかを確認しています。

この作業が2営業日程度、時間がかかると2週間ということもあります。

仮審査が終了すると、次に本審査となります。本審査では本人確認書類を提出してもらい、その本人確認書類の内容と申し込み情報を照らし合わせて、間違いがないかを確認します。

また、勤務先企業に在籍確認を行い、勤務先に間違いがないかを確認します。

この本審査の作業は、全て人的に行われますので時間がかかることがあります。特に何も問題が無ければ、即日に終わってしまうこともあります。

ですが、一般的には全ての審査終了までに1週間はかかってしまいます。

楽天銀行カードローンで即日融資を受ける条件と手順

消費者金融に比べて審査期間は長いので注意

テレビCMでよく見かけるアコムやアイフルなど、大手消費者金融の場合、審査終了まで30分としています。確かに、店頭や無人契約機などを使って申し込みをすると即日カードを発行してもらい、直ぐにでも融資を受けることが出来ます。

銀行系カードローンと消費者金融でここまで審査に違いがあるのは、業種の違いにあります。

銀行系カードローンは銀行が行っているサービスですので、銀行法の規制を受けます。その為、警視庁のデータベースに照会をかけることを義務付けられています。

これに対し、消費者金融は貸金業法の規制を受けます。貸金業法では現在警視庁のデータベースに紹介するよう義務付けていません。

何より消費者金融は融資をすることが仕事で、企業が行っているサービスは全て融資に関することです。

それに対し、銀行系カードローンは銀行サービスの1つです。

もし、このローン事業で赤字が出てしまうと銀行全体の事業、特に預貯金の事業に大きく影響してしまいます。

銀行としては、他の事業を守るために、無理な融資をせず返済能力のある方を対象に融資を行うようにしているのです。その為、消費者金融よりも厳しい審査となってしまうのです。

楽天銀行は土日の審査をしていない!申し込みは平日がおすすめ

楽天銀行では、カードローンの審査を土日に行っていません。

楽天銀行はネットバンクですので、システムメンテナンスやシステム処理などを行わない限り365日24時間いつでも利用することが出来ます。

その為、カードローンの申し込みも曜日・時間に関係なく、何時でも行えるのです。

ですが、審査は365日24時間行っているわけではありません。

実は、審査を行っているのは楽天銀行ではありません。カードローンを申し込んだ方の保証人を代行してくれる保証会社が行っています。

楽天銀行カードローンの保証会社は楽天カード株式会社と株式会社セディナの2社で、それぞれが営業時間内に審査を行っているのです。

その為、楽天銀行が土日に利用できても審査は行われないのです。

土日でも審査申込みは可能!ただし審査開始は翌営業日から

先程も説明した通り、楽天銀行ではいつでもカードローンの申し込みが出来ます。

申込自体がパソコンやスマホを使ったネット申し込みという方法を取っていますので、時間や曜日を選ぶことなく申し込みが出来てしまうのです。

ですが審査は土日には行われませんので、翌営業日から審査開始となります。

審査結果はメールか電話で来るのが一般的

一般的に銀行系カードローンの審査結果は、電話・メール・書類のどれかで連絡が来ます。

どのように連絡が来るかは、審査結果によって違います。

楽天銀行では書類での連絡はなく、電話かメールで審査結果の連絡が来ます。

仮審査の結果通知はメールで来る

仮審査の結果は、合否に関係なくメールで連絡が来ます。

カードローンに申し込みをすると「受付メール」が最初に送られてきます。その後、審査を開始し、仮審査の結果がメールで送付されます。

申し込み時に登録したメールアドレスの送付されるのですが、スマホや携帯電話のアドレスを指定した場合、楽天のドメイン「@cc.rakuten-bank.co.jp」を受信設定いていないと受信拒否している可能性があります。

携帯電話やスマホのメールアドレスの場合にはドメイン登録をしておきましょう。

本審査は通過なら電話連絡・不通過ならメールで連絡される

本審査の結果は、審査に通った場合、登録している電話番号に連絡があります。

スマホや携帯電話の場合、非通知電話を受付しないという設定や、未登録電話を受付しないという設定などをしている場合、着信しても電話に出ることが出来ません。

本審査の結果を電話でしてくるのは契約内容の確認を行うためでもあります。契約内容の確認が出来なければその先に進むことが出来ず、融資を受けられなくなってしまう可能性も。

もし、知らない電話番号に出たくないなら、留守番電話を設定しておきましょう。

本審査で審査落ちした場合、電話で契約内容の確認をする必要もありませんのでメールで連絡が来ます。また、電話で不通過の連絡をした場合、トラブルになる可能性もあり、電話では連絡をしません。

メールが迷惑BOXに振り込まれているかもしれないので注意

何時まで経っても審査結果が届かない場合、迷惑メールとして振り分けられている可能性があります。

特にパソコンメールを指定している場合には迷惑メールBOXに自動振り分けされているかもしれません。

パソコンメールの場合には、迷惑メールBOXも定期的にチェックしましょう。

楽天銀行カードローンの審査の流れ

楽天銀行カードローンの申し込みから、契約に至るまでの流れと、それぞれの審査でどのような審査が行われているのか簡単に説明していきます。

ちなみに、大まかな流れは以下の通りとなっています。

  1. WEB申込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 職場への在籍確認
  6. 契約

WEB申込み

楽天銀行カードローンでは店舗もありませんので、手続きは全てネットで行います。

申し込みは、パソコン・スマホなどから365日24時間いつでも行えます。このようなネットを使ったWeb申し込みには、思い立ったとき直ぐに申し込みが出来るというメリットがあります。

申し込みは、必要事項を入力・選択するだけです。

申込者の個人情報となる氏名・現住所・電話番号・生年月日・家族構成・子供の人数などと、住宅情報となる住居の形態・居住年数・住宅ローンの有無・家賃の有無など、勤務先情報となる、勤務先企業名・所在地・電話番号・規模・従業員数・業種など、返済能力の基準の1つとなる、職種・雇用形態・勤続年数・収入額について、入力していきます。

また、契約内容に関する情報も入力します。特に重要となるのが、他社への借入件数と借入残高の合計です。

この内容によっては、返済能力なしと判断されるか総量規制に引っ掛かる可能性があります。

仮審査

申込が完了すると仮審査が始まります。

楽天銀行カードローンでは楽天カード株式会社と株式会社セディナが保証会社になっています。まず、楽天カード株式会社で審査が始まります。

申し込み情報を元に、楽天カード株式会社独自の基準で自動的にスコアリングします。この点数が低いと、この時点で楽天カード株式会社の審査落ちとなります。

スコアリングに問題が無ければ信用調査に入ります。信用調査は、申込者のクレジットカードや他社のローン契約に関する情報を信用情報企業に問い合わせます。

過去5年間に、ローンやクレジットカード、携帯電話料金などを延滞・遅延したことがある場合、その遅延回数や延滞期間などによって審査落ちとなります。

また、過去10年以内に自己破産や個人再生をした経験がある場合、審査落ちの可能性があります。このような経験がない場合は審査に落ちることはありません。

もし、楽天カード株式会社の審査に落ちてしまった場合、株式会社セディナの審査が始まります。

株式会社セディナと楽天カード株式会社の審査基準は違います。楽天カード株式会社の審査に落ちたとしても株式会社セディナの審査に通ることもあります。

必要書類の提出

必要書類とは本人確認書類と収入証明書の事です。本人確認書類は申込者で本審査に合格した方が提出します。

必要書類については、本審査通過後の契約内容の確認電話で、案内されます。

【本人確認に必要な書類】

  •  運転免許証
  •  健康保険証
  • パスポート(顔写真欄と所持人欄)
  • 顔写真付き住民基本台帳
  • 写真付き個人番号カード

本人確認は、氏名・現住所・生年月日で確認を行います。

提出する際には顔写真が付いている面と氏名・現住所・生年月日が判る欄を、スマホの専用アプリを使って提出するか、コピーを郵送します。

【収入証明書】

  •  源泉徴収票
  •  給与明細書
  •  課税証明書
  • 確定申告書

こちらも、スマホ専用アプリを使って提出するかコピーを郵送します。

アプリを使って提出するなら、即日提出となり、郵送よりも早く本人確認と収入確認作業を行ってもらえます。

本審査

本審査では、仮審査結果を受け、申し込み情報と信用調査の情報に間違いがないかを確認します。また、次に説明する職場への在籍確認も行います。

カードローンの審査では、申込者に安定した収入があるのか返済能力があるのかを基準に、様々な審査を行っています。

もし、勤務先情報が間違っていると、虚偽申請と判断されて審査落ちとなってしまいます。

同様に、他社の借入件数や借入残高と、信用情報とに明らかな違いがある場合も虚偽申請と判断されてしまいます。

本審査では、勤務先についても人的に確認します。仮審査では自動的にスコアリングされていますので、勤務先に対する正しい判断がされていない可能性もあります。

地方のあまり国内で知られていないような小さな企業が、実は世界規模のシェアを持っているような企業という可能性もあり、企業名や所在地、規模だけでは見えない情報が隠されていないかを、確認しているのです。

本審査の結果は電話で知らされ契約内容の確認と、契約の意思を確認し、必要書類の提出を求められます。

提出した書類内容によっては、融資額を減額や本契約に至らない可能性もあります。

職場への在籍確認

勤務先情報や職業などは安定した収入の根拠となります。その為、申し込み時に入力された除法に間違いがないかを確認する必要があります。

在籍確認はその確認作業の1つで、楽天銀行から個人名で職場に電話がかかってきます。

「○○さんは、いますか?」と聞くだけです。電話に出た方が、「そんな人いません」と言わない限り、在籍確認は通過できます。

もし、「そんな人いません」と言われてしまったら、虚偽申請と見做されます。

「そんな人いません」とならないためには、勤務先情報の入力に気を付けなければなりません。

本社の所在地や電話番号ではなく、自分が働いている職場の電話番号や所在地を入力するようにしましょう。

契約

本審査通過の電話連絡で契約内容を確認します。ここで問題が無く、本人確認書類によって本人確認も取れれば契約完了となります。

ローンカードは、手続きが完了したら送付されます。楽天銀行に口座を持っていればローンカード送付後、融資開始となります。今後の借り入れと返済は、ローンカードだけでなく楽天銀行口座で行うことが出来ます。

楽天銀行口座を持っていない方は、他銀行の口座への振り込み手続きが必要となります。

ローンカードと一緒に、「口座振替依頼書」が送付されてきますので、銀行口座情報を記入して返送します。

楽天銀行カードローンの審査期間を短縮する方法

楽天銀行カードローンの審査は早ければ2営業日程度で終了します。

ですが、信用調査や警視庁への照会など、一般的にはそれほど早く終わらないこともあり、概ね1週間程度かかってしまいます。

少しでも早く審査を終えないと何時まで経っても融資を受けられません。

どうすれば審査を短くできるのでしょうか?

借入限度額を必要最低限まで下げる

まず、借入希望限度額が高いと、収入から返済能力があるのかどうか判断しますので、その決定に時間がかかってしまう可能性があります。

収入に応じて融資額を決めることもありますので、自分の収入から返済可能額を見て借入限度額を決めるようにしましょう。

楽天銀行カードローンの返済方法は、残高スライドリボルビング方式です。

借入残高に応じて、毎月の返済額が変わっていきます。例えば、10万円未満なら返済額は毎月3千円程度です。

信用情報をクリーンな状態に保っておく

信用情報に傷があるとカードローンの審査に落ちる可能性が高くなります。

例えば、遅延を1,2回したことがあるという程度なら、うっかりミスとなり返済意思がないとみなされることはありません。

ですが、これが5回、6回と続くと、返済意思が低いと判断されかねません。

この信用情報から借入に対し返済する意思や責任感があるのかを判断しますので、小さな傷でも細かく調べるのです。

信用情報に問題が無ければ、審査に時間がかかることはありません。

この様な、信用情報の「キズ」と呼ばれるような金融事故があった場合、遅延や延滞などの記録は5年情報として残ります。

また、債務整理などは10年記録として残ってしまいます。

そして、もしカードローンの審査に落ちた場合、その情報も記録として6か月は残ります。
カードローンを申し込むなら、このような信用情報の「キズ」が無い状態の時に行うことをおススメします。

他社への同時申し込みはNG

銀行系カードローンの保証会社は幾つかの銀行を掛け持ちしていることがあります。

例えば、楽天銀行カードローンの保証会社の1つ株式会社セディナの場合、SMBCのグループ企業ですのでSMBC系のカードローンの保証をしています。

また、全国約250もの金融機関と提携をしていますので、それだけの数の金融機関の保証を行っているのです。

ということは、同時に他社に申し込みをしても保証会社が同じなら複数のローンに同時に申し込んでいることが判ってしまいます。

複数ローンに同時に申し込んでいるなら、返済に困るほどお金に困っているのではないかと判断され、審査落ちになってしまいます。

また、この記録も信用情報に残ってしまい、他のローンへの申し込みも出来なくなってしまいます。

もし複数社から借入がある場合は、おまとめローンで一本化することをおすすめします。

楽天銀行カードローンをおまとめローンとして利用するメリット・デメリット

収入はできるだけ多いほうが良い

パート・アルバイトでも申し込みは出来ますが、低所得者の場合には、家族構成や家賃の有無などで返済に苦慮する可能性もあり、融資を断られる可能性が高くなってしまいます。

少しでも収入が高ければ返済に困ることはありませんので、審査には有利です。

直近の月収から年収を割り出すのも一つの手

もし、年間を通して年収額を見た場合にそれほど多くないなら、直近の月収額から年収を割り出す方法もあります。

収入証明として提出するのは、給与明細や源泉徴収票などです。

残業などを頑張って月収額を上げ、それを元に年収額を計算し、収入証明として給与明細を提出すれば、僅かではありますが収入額を高く申告できます。

明らかな嘘を付くとバレた時に二度とローンを組めないかも!

但し、この年収額が明らかに虚偽申請と判断されてしまうと、虚偽申請したという事実が信用情報に記録されてしまいますので、今後ローンを組めなくなってしまう可能性もあります。

年収額に限らず、虚偽申請はばれたら融資が受けられなくなってしまいます。

申し込み時に入力する情報は、僅かなミスでも虚偽と判断されてしまう可能性があります。

その為、ミスが無いように1つ1つ確認しながら入力しましょう。

楽天銀行は審査が最短翌営業日までかかる!即日融資なら消費者金融がおすすめ

カードローンに申し込むのは、いざと言いう時のためではなく直近でお金が必要となったときです。

その為、出来れば申し込んだら直ぐにでも、融資を受けたいと考える方も少なくありません。

ですが、楽天銀行カードローンをはじめとした銀行系のカードローンでは審査に時間をかけますので、融資を受けられるまでに時間がかかってしまいます。

もし、即日融資を希望するなら消費者金融を検討してみましょう。

利息の高さも無利息期間サービスでカバーできる!

アコムやアイフルなどの大手消費者金融の場合、初めて申し込みをする方を対象に30日間無利息で融資をしてもらえます。

例えば、家賃5万円が必要なのに手元にお金が無く払えないというような場合、取り敢えず必要な5万円を借りて給料日が来たら直ぐに返済すれば、借りてから30日以内の返済なら金利0%のままで、利子を払う必要がありません。

消費者金融では、高い金利を設定しているので躊躇する方もいるようですが、契約から30日間だけ利用するなら問題はありません。

まとめ

楽天銀行カードローンの審査は、他の銀行系カードローンの審査同様に厳しく行っています。

その為、どんなに早く審査を行っても2日以上はかかってしまいます。一般的な審査なら、1週間はかかるものと認識しておきましょう。

もし、即日審査に通ったといった口コミがあるなら、そんな例はまれだと思いましょう。