静岡銀行カードローン「セレカ」の保証会社はどこ?

公開日:

静岡銀行のカードローンであるセレカは、保証会社の審査を受けなければ発行されません。その保証会社は2つ存在し、申込を行っている人の条件などに合わせて会社が変わる仕組みを採用しています。

これから静岡銀行のカードローンを発行したいと考える方は、保証会社の審査がどのように行われるのかをしっかり確認してください。

また、セレカの審査基準がここ最近変化しており、今後の借入に大きな影響を及ぼしている点もこの記事で紹介します。

セレカの保証会社となっている会社は?

静岡銀行のカードローンセレカは、2つの保証会社によって審査が行われます。1つは静銀ディーシーカード株式会社、もう1つは新生フィナンシャル株式会社です。

この2つの会社のうち、どちらかがセレカの審査を担当しています。

静銀ディーシーカード株式会社というのは、静岡銀行のグループ会社の会社です。主にクレジットカードやカードローンの審査、お金の貸し付けに関連している業務、信用保証業務を担当しています。

静岡銀行のグループ会社として幅広い審査を担当している会社で、高額な利用限度額になると思われる場合は静銀ディーシーカード株式会社が審査を担当する傾向にあります。

もう1つの新生フィナンシャル株式会社は、レイクALSAを提供している会社です。この会社は全国で銀行のカードローン審査を担当しており、信用保証事業を多く担当しています。

セレカも静岡銀行が提携によって審査を行っている会社で、こちらは小さな利用限度額に対して審査を行う傾向があります。

この2つの保証会社によってセレカの審査は行われています。セレカの保証会社としては問題のない会社ばかりですし、安心して審査を受けられる環境が整っています。

保証会社は2つある!審査の方法はどのように行われる?

保証会社は2つ存在しますが、ランダムに審査を振り分けているわけではありません。

まずは静岡銀行の担当者が、入力されている情報などをチェックして、どちらの信用会社に審査を行ってもらうのがいいのか決めています。

これは年収や利用限度額を基にして判断され、利用限度額が高ければ静銀ディーシーカード株式会社に依頼、あまり限度額が高くないようなら新生フィナンシャル株式会社に委託するという形になります。

希望している限度額や持っている年収などによって振り分けられたカードローンの審査ですが、審査の流れとしてはほぼ同じです。

ここからは保証会社が行っている審査について細かく説明していきます。

保証会社は年収や限度額、借金を確認している

2つの保証会社は、年収や申込をしている限度額、借金を確認しています。

これらの情報はカードローンの審査では重要な項目です。一定以上の年収を確保しているのか、他社からの借入は大丈夫なのかを判断し、希望している限度額でセレカを発行できるのか判断します。

年収が不足している場合は、限度額を引き下げてセレカを発行できるのか保証会社が検討し、駄目なら審査に落としています。

借金についても同様で、他社からの借入が多い場合は限度額の引き下げなどを検討し、最終的に借金が多くてセレカの契約ができないと判断されれば審査に落とされます。

お金の部分は保証会社が念入りに確認している項目です。非常に重要な項目として見られていますので、審査を受ける際にはしっかりと情報を整えておきましょう。

保証会社によって信用情報を確認される

保証会社は信用情報の確認を行っています。契約する人が本当に返済をスムーズに行えるのか、過去に金融事故を起こしていないかなどを確認しています。信用情報を確認し、問題がなければ次の項目に進みます。

一方で信用情報に問題があると判断されれば、この時点で審査に落とされてしまいます。信用情報に問題があるのは、カードローンの返済がしっかり行われず、静岡銀行に不利益が生じる可能性が高いのです。

そこで信用情報をしっかり確認し、1つでも悪い情報が残されているようなら審査に落とすなどの対策を取っています。

過去に返済の延滞や遅延が起きている人、債務整理等を行って借金を減らしている人は審査に落とされる可能性が高まります。

特に債務整理は数年間は審査に落とされてしまうので、事前に過去の借入状況などを見なおしておくといいでしょう。

保証会社は勤務先の情報確認を取る

勤務先の情報が本当に正しいのか、保証会社はしっかりと確認を取っています。

勤務先の情報は正しく掲載されているものの、実際には既に退社している、もしくは架空の会社だったというケースもあります。

これらの問題に対処するため、保証会社は勤務先の確認を取っています。これはカードローン審査でよくある在籍確認を行っているのです。

在籍確認によって、本当に仕事をしているかの判断が行われます。勤務先が書かれているのに働いていない、もしくは仕事先自体が本来存在しないと判断されれば審査に落とされます。

一方で在籍していると判断できるなら、この時点でカードローンの発行に必要な情報は整ったと判断し、静岡銀行側に保証会社は審査を通過したと通達します。

自営業者などは収入状況や書類等の確認によって最終的な判断が下されます。ただ収入の安定性があれば問題なく審査を通過できます。セレカは自営業者でも発行できるカードローンなのです。

2018年から銀行と保証会社の関係性が変わった?その理由は?

これまでは銀行と保証会社の関係というのはかなり強く、保証会社はすぐに銀行側に審査結果を公表していました。

銀行はその結果を受けて、すぐに審査を通過した連絡を告げ、場合によっては即日融資という方法を採用していたのです。しかし2018年になり、即日融資が銀行で行えなくなったのです。

これまでの審査では、保証会社がすぐに銀行側に審査結果を告げていたため、銀行はその結果を見てすぐに融資という判断をしていました。

これによって銀行でも即日融資という方法が使えていたのですが、2018年の1月になり自主規制の形で制限を加え、即日融資は行えなくなりました。

審査に警察データベースの照合作業が追加された

更に、審査の方法についても変わりました。

従来までは保証会社が銀行の審査をほぼ一任されていたのですが、これからは銀行側も審査に携わらなければなりません。

銀行は警察のデータベースを確認し、本人が犯罪等を起こしていないのかを確認しなければなりません。この作業が終わっていないのに銀行が審査を完了して融資を行うのは不可能となり、不正な融資が行われた場合には警察の調査を受ける場合もあります。

そして警察のデータベース確認作業には、最低でも1日程度が必要となりました。

警察のデータベースというのは、あらゆる情報が掲載されていると同時に、検索に時間がかかります。この影響で即日融資が不可能になり、自主規制にプラスして即日融資を行えない状況になったのです。

保証会社との関係性は、これまでよりも薄まったと考えていいでしょう。それくらい警察のデータベースを調査するという部分は重要な項目となり、保証会社の審査だけに任せられない時代になったのです。

その背景には反社会的勢力の排除という銀行の理念があり、この理念に沿った審査を行わなければ今後はカードローン等の貸し出しはできなくなりました。

今後はさらに時間がかかり、しかも保証会社の審査だけを信用して銀行がカードローンを発行できなくなったのです。

セレカの審査は2018年以降厳格に!他社で借りるならどこがいい?

先ほど説明した通り、セレカの審査でも警察のデータベースを確認する作業が行われています。もちろん犯罪を行っていないなら問題はありませんし、反社会的勢力に関わっていたという情報も確認できないなら影響はないでしょう。

しかし審査基準は厳しくなったことに加えて、自主的に審査基準を厳しくする傾向も高まっています。

セレカも反社会的勢力の排除をしっかりと行うために、そして自主的に審査によって悪い人にお金を貸さないようにするため、審査基準を厳しくしています。

この影響は低所得者には厳しい傾向となり、これまであまり収入を持っていなかった人がセレカを利用できていたのですが、今後はセレカが使えない可能性もあります。

また、セレカなどの銀行のカードローンでは、家族の方が申し出を行えば貸付額が制限できる制度を採用するなど、より借入に関しては厳しい規制を設けています。

家族にカードローンの借入を知られた時点で、家族の要望があれば簡単に貸付額が制限され、これ以上の借入はできなくなるのです。従って個人的にお金を借りていた場合でも、セレカの借入が家族に気づかれてしまえば貸してもらえない状況もあり得ます。

こうした厳しい制限がセレカで導入された以上、銀行系のカードローンはなかなか自由に借りられず、審査を通過できない可能性があります。

そこで審査を通過するために消費者金融系に切り替える方法があります。

消費者金融系は、銀行などが行っている審査とは別の方法を採用しています。今でも消費者金融系は信用会社である自らの会社による審査だけで貸し付けを行っていて、即日融資が可能です。

セレカよりも短時間で審査を終えられて、しかも審査の基準も厳しくなく、貸し付けについての制限も基本的にはありません。

代表的な消費者金融であるアコムやプロミスのように、審査を自社で行っており、なおかつ借りられる金額が多い会社がおすすめです。

知られている消費者金融は信頼性も高いですし、銀行よりも審査にかかる時間も審査の厳しさもありません。どうしてもカードローンの審査を通過したいならば、消費者金融のアコムやプロミスを考えてみましょう。

セレカは保証会社だけの審査では終わらない

2017年までのセレカであれば、保証会社の審査だけである程度対応していますし、審査の基準もそこまで厳しいものではありませんでした。

しかし2018年以降は、銀行の自主規制と警察の介入という部分が発生し、保証会社の審査だけでは審査を通過できない状況となりました。これによってセレカの審査には時間がかかり、しかも審査基準も厳しくなってしまったのです。

これからセレカを考える方は、自分の借入状況だけでなく、これまでに起きた事件などの状況次第でも審査に落とされると考えてください。

どうしても審査を早く終わらせたい、審査基準が厳しくない会社で融資を受けたいなら、プロミスなどの消費者金融も検討してください。

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ