三井住友銀行カードローンの審査では在籍確認がある?電話確認の流れを解説

公開日:

三井住友銀行カードローンでは審査の際に在籍確認というものを実施しており、その方法は勤務先への電話連絡が基本となります。

職場へ電話が入ると聞くと抵抗を感じる方も少なくないでしょう。

そこで今回は、三井住友銀行カードローンでの在籍確認の流れと、気をつけるべきこと、そして在籍確認を回避する方法はあるのかという点についてご説明します。

三井住友銀行カードローンの審査で在籍確認が必要な理由

在籍確認とは、カードローンの申込者が申告した職場に本当に勤務しているのかを確認する作業です。

三井住友銀行に限らず、ほぼ全てのカードローン会社が実施しています。

在籍確認の目的は返済能力の確認

在籍確認を行う理由は返済能力の確認です。貸し出す側にとって最も避けたいことの1つは、貸したお金が返ってこないこと、つまり貸し倒れです。

たいていの場合は勤務先の収入が返済能力に大きく影響しますので、カードローン審査において勤務先は重要な審査材料となります。

しかし申込み内容はあくまで当人の自主申告です。

記載の職場に実際に勤めている保証はありませんし、もし実際の状況が申告と異なっていれば、不適切な契約を結ぶことになり、貸し倒れのリスクを高めることになります。

したがってカードローン会社は、申込み内容の勤務先に連絡を取るという手間をわざわざかけて勤務先を確認しているのです。

在籍確認は信頼の証

利用者側のメリットという点で考えれば、在籍確認を含めた精度の高い審査をしてくれることで、身の丈に合わない借入をしてしまうのを防いでくれるメリットがあります。

収入とのバランスが取れない額の借り入れを行い、最終的に債務整理や自己破産などの金融事故を起こしてしまうことは、利用者にとっても大きなマイナスとなります。

三井住友銀行カードローンの審査の流れ・金利・返済方法・口コミを解説

三井住友銀行カードローンの在籍確認の内容

以上のようにとても重要な意味を持つ在籍確認ですが、実際にはどのように行われるのでしょうか。

在籍確認は審査の後半

在籍確認が行われるのは審査の最終段階になってからです。先述したように、審査ではまず申込み内容を参照して契約の可否や具体的な契約内容を決定します。

この段階は仮審査と呼ばれます。この仮審査をパスすることができれば本審査に進みます。

本審査で行われるのは、仮審査で扱った情報が本当かどうかの確認です。

具体的には、信用情報機関に登録されている信用情報と申込み内容の照会、身分や収入を証明できる提出書類の確認など。

そして在籍確認もこの段階で行われるのです。

電話の流れ

先述したように、在籍確認は基本的に電話で行われます。

これは三井住友銀行カードローンだけではなく他のカードローンでもメジャーな方法です。

勤務先に銀行から電話が入るとなると身構えてしまう方もいるかもしれません。

しかし電話の目的は「申込み内容の職場で本当に働いているかどうか」の確認だけです。したがって電話の内容はとても簡潔です。

電話先の名前は要望を出せる

具体的な流れとしては、まず担当オペレーターから職場に電話が入ります。

担当者がどのように名乗るかは事前に希望を出すことが可能です。

銀行名で連絡が入るのが不都合であれば担当者の名前で名乗ってくれますし、反対に個人から連絡が入ることが不自然と取られる職場の場合は銀行名で名乗ってもらうことも可能です。

在籍確認はあっという間に終わる

電話に申し込んだ本人が出た場合はそのまま確認終了となります。

職場の他の方が出た場合は、他の電話と同様に「〇〇さんはいらっしゃいますでしょうか」というように担当オペレーターが質問しますので、本人が替わればそこで確認終了です。

もしその場にいなくても、職場の方が「〇〇はただいま席を外しております」というような旨を伝えれば、それで在籍していることがわかりますので確認終了となります。

在籍確認で改めて連絡が入ったり、こちらからかけ直したりする必要もありません。

在籍確認の担当者が目的を話すことはない

在籍確認で怖いのは、電話連絡によってカードローンの申込みを知られることです。

しかし銀行の担当者としてもトラブルは避けたいですから細心の注意を払って連絡を行います。

職場の誰かが電話に対応した場合でも、電話の目的を悟られるような話はしません。

もちろん審査の一環だからといって日頃の勤務態度や業務実績などが質問されることもあり得ません

職場にカードローンの申込みを知られる可能性も低い

次に怖いのが職場の人に何となく感づかれてしまうことです。

しかし三井住友銀行はカードローン以外にも様々な事業を行っています。クレジットカードや住宅ローンでも在籍確認が行われますし、全く別の用件ということもあり得ます。

もし職場の人に電話の用件について質問されたとしても、「クレジットカードの審査についてだった」などと話しておけば問題ないでしょう。

事前に「審査の電話が来る」と伝えておけば、より説得力が増します。特別に支障が出ない限りは担当者の個人名で連絡してもらえば確実です。

さらに断定する要素が薄くなります。

在籍確認でつまずかないために

在籍確認は審査の最終段階に実施されます。したがってこの段階に至った時点で審査を通過する可能性はかなり高いと考えられます。

だからこそ在籍確認でつまずくような事態は避けたいものです。

現在の勤務先をしっかりと記入する

大切なのは確実に在籍確認が取れるようにしておくことです。

そのために大切なのは現在勤めている職場の電話番号をしっかりと申込み時に記入することです。

意図的に勤務先を詐称するのは論外ですが、たとえ悪意はなかったとしても勤務先情報を軽視して以前に勤めていた職場を記入してしまった場合は在籍確認が取れませんのでNGとなります。

連絡先は派遣元か派遣先か

派遣社員の場合は、派遣元か派遣先か、どちらを連絡先にすればいいか迷うかもしれません。

基本的には収入源となる連絡先を記入することになりますが、勤務上それだと在籍確認が取りづらい場合もあります。

どこの電話番号を書くべきか、ケースによって適切な答えは異なりますので、不安な場合は事前に三井住友銀行カードローンへ相談しておくといいでしょう。

支障がなければ、あらかじめ派遣元や出向元に「連絡が来るかもしれない」と連絡しておくことも大切です。

三井住友銀行カードローンの審査基準と審査落ちをしたときの対策を紹介

在籍確認を避ける方法は?

カードローンの申込みを知られることはないといっても、職場に連絡が入ることに抵抗がある人もいるでしょう。

しかし先述したように、在籍確認は非常に重要なプロセスなので省略することはできません。

では職場への連絡をすることなく在籍確認を済ませる方法はあるのでしょうか。

電話連絡をしないケースもある?

三井住友銀行に問い合わせたところ、諸事情により電話連絡での在籍確認が極めて難しいと判断された場合など、審査の状況によっては書類などで在籍確認を代行する形を取る可能性もあるとのことです。

したがってどうしても在籍確認をしてほしくない人は、その旨を伝えてみるのも一つの手です。

申告に合理的な正当性が認められれば電話確認が行われずに済む可能性はあります。

しかし電話での在籍確認は原則として実施されるものであり、また電話連絡をしない基準が明確に定められているわけではありません。

つまり確実に電話確認を回避する方法はないのです。

まとめ

以上、三井住友銀行カードローンにおける在籍確認についてご説明しました。

在籍確認に伴う電話連絡は非常にシンプルに済まされるため、心配する要素はほとんどありません。

クレジットカードなど他の審査でも一般的に行われていることであり、在籍確認そのものが職場へ悪影響を及ぼすことはまずないと考えられます。

過度に恐れず気を楽にして望みましょう。