三井住友銀行カードローンの自動契約機(ローン契約機)を使って即日融資!営業時間や手続きの流れは?

公開日:

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの自動契約機を使って即日融資を考えていませんか。即日融資をしたいのであれば、営業時間やカード発行までの手続きの流れを知ることが大切です。

今回は三井住友銀行カードローンの自動契約機の営業時間や手続きの流れなどについて紹介します。

他にも自動契約機で申し込むメリットや三井住友銀行カードローンの自動契約機でどのような手続きができるのかも合わせて紹介しますので、参考にしてみて下さい。

自動契約機で申し込むメリット・デメリット

三井住友銀行カードローンの自動契約機の基本情報

三井住友銀行から発行されているカードローンの正式名称は「三井住友銀行カードローン」です。

三井住友銀行カードローンには自動契約機があり、外観は三井住友銀行のシンボルカラーである緑色にデザインされています。

室内はローン契約を行うためのタッチパネル式の画面とわからないことを質問できる受話器があります。

自動契約機で契約する場合、外から見えない作りになっているので、他の人に契約しているところを見られたくない人に最適です。

三井住友銀行カードローンの自動契約機は全国に何台ある?

三井住友銀行カードローンの自動契約機は全国に1400台以上も設置されています。これは、消費者金融と引けを取らないほどの設置数で、他の銀行系のカードローンの倍以上の数になっています。

したがって、あなたが住んでいる街にも三井住友銀行カードローンの自動契約機は1台はあるはずなので、三井住友銀行の公式ホームページから簡単に検索することができます。

設置台数が多いので、必要な時に気軽に利用できるのではないでしょうか。

三井住友銀行カードローンの自動契約機はどんな場所に良くある?

三井住友銀行カードローンの自動契約機は、三井住友銀行の各支店に設置されている他、三井住友銀行の無人ATMにも設置されているところがあります。したがって三井住友銀行カードローンの自動契約機は、人が集まりやすい駅前に多いといえます。

さらに三井住友銀行カードローンの保証会社でもあり、三井住友銀行と同じ三井住友フィナンシャルグループに属するプロミスの自動契約機コーナーにも三井住友銀行の自動契約機が設置されています。

プロミスの自動契約機がよく設置されている幹線道路沿いにも多いといえるでしょう。

三井住友銀行カードローンの自動契約機の営業時間

三井住友銀行カードローンの自動契約機の営業時間は、平日は9:00~21:00までです。

土日祝日も平日と同じように原則9:00~21:00までとなっているので、休みの日でもカードローンの申し込みをすることができます。

しかし一部の自動契約機では、営業時間や休日が異なるので注意しましょう。

また審査結果の連絡も9:00~21:00までとなっているので、その間に申し込みをすればすぐに処理をしてもらうことが可能です。

一部営業時間が違うこともあるので要注意!

三井住友銀行カードローンの自動契約機の営業時間は、原則9:00~21:00までで土日祝日も同じ時間帯で営業していますが、一部の自動契約機では営業時間が違うことがあるので注意が必要です。

例えば東京にある住友市ケ谷ビル出張所の自動契約機は、平日は9:00~21:00まで営業していますが、土日祝日は9:00~19:00までになっています。

このように店舗によっては営業時間が異なるので、利用する前に必ず確認するようにしましょう。

  • 自動契約機の営業時間は原則9:00~21:00
  • 土日祝日も同じ時間帯で営業
  • 一部店舗は営業時間が異なるので要注意

三井住友銀行カードローンの自動契約機で出来る手続き

  • 三井住友銀行カードローンの申し込みができる
  • 三井住友銀行カードローンのカードの受け取りができる
  • 三井住友銀行カードローンの限度額の変更などができる
  • 三井住友銀行の自動契約機でプロミスやモビットのカード発行ができる

三井住友銀行カードローンの申し込みができる

三井住友銀行カードローンの自動契約機では、電話越しにオペレーターと話しながらカードローンの申し込みを行うことができます。

したがって自動契約機での申し込みがはじめての人でも、オペレーターの指示通りに申し込みをすれば、スムーズに手続きをすることができるという特徴があります。

三井住友銀行カードローンのカードの受け取りができる

自動契約機の最大の特徴は、その場でカードの受け取りができることです。

三井住友銀行の自動契約機もカード発行の手続きができるので、すぐにお金が欲しい場合に利便性があります。

三井住友銀行カードローンの限度額の変更などができる

限度額を増額したい場合にも自動契約機で行うことができます。

限度額を増額する場合には、収入を証明する書類などが必要なので、事前に準備しておきましょう。

三井住友銀行の自動契約機でプロミスやモビットのカード発行ができる

三井住友銀行の自動契約機では、三井住友銀行カードローン以外にもプロミスやモビットのカードを発行することができます。

三井住友銀行の自動契約機でプロミスやモビットのカードを発行したい場合は、画面に表示されているプロミスやモビットのボタンをタッチすることによって、これらのカードを発行する手続きを行えます。

プロミスのカードを発行したいけど、消費者金融であるプロミスの自動契約機に行くのが躊躇されるのであれば、三井住友銀行の自動契約機を利用しましょう。

三井住友銀行カードローンの自動契約機を使って契約するメリット

  • 自動契約機が銀行内にあるのでカードローンを申し込みしているのが目立たない
  • 郵送ではなくカードがその場で発行されるので即日融資も可能
  • ローン専用カードとキャッシュカード兼用カードの二つから選ぶことができる

自動契約機が銀行内にあるので、カードローンを申し込みしているのが目立たない

カードローンを利用したいけど、消費者金融の自動契約機に行くのは人目が気になるという方が多いのではないでしょうか。

三井住友銀行カードローンであれば、自動契約機が銀行内にあるので、人目を気にすることがなく申し込みが行えます。

郵送ではなくカードがその場で発行されるので、即日融資も可能

自動契約機でカードローンを申し込むと、カードがその場で発行されるので即日融資も可能です。

即日融資を行いたいのであれば、WEBで事前に手続きをしておくとスムーズに行うことができます。

また、時間によっては即日融資できない場合もあるので、即日融資を希望しているのであれば、即日融資ができる時間帯をきちんと確認しておくのがいいでしょう。

ローン専用カードとキャッシュカード兼用カードの二つから選ぶことができる

三井住友銀行カードローンのカードは、ローン専用カードとキャッシュカード兼用カードの2種類から選ぶことができます。

既に三井住友銀行の口座を持っているのであれば、キャッシュカード兼用カードを選ぶのがいいでしょう。キャッシュカード兼用カードを選べば、その口座がカードローン返済口座として登録され、月々の返済が引き落としになるからです。

引き落としにすれば返し忘れることを防ぐことができ、返済する手間もありません。

三井住友銀行カードローンの自動契約機に持参する必要書類

三井住友銀行カードローンを自動契約機で申し込む際には、本人確認書類が必要です。

本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどで、いずれか1点を持っていくようにしましょう。

借入金額が50万円を超える場合は、本人確認書類の他に収入証明書類の提出が必要になります。

収入証明書類として利用できるのは、源泉徴収票の写しや税額通知書の写しなどです。個人事業主であれば、所得証明書の写しや確定申告書の写しを持参しましょう。

三井住友銀行カードローンの自動契約機を利用する流れ

  1. 自動契約機まで行く
  2. 自動契約機の指示に従って、必要事項を入力する
  3. 本人確認書類や収入証明書類などの必要書類をスキャンして提出
  4. 審査が開始されるので結果を待つ
  5. 審査が通過したらカードが発行される
  6. カードを受け取ったらキャッシングOK

自動契約機まで行く

自動契約機で三井住友銀行カードローンの申し込みを行いたいのであれば、まずどこの自動契約機に行くのかを決めましょう。

自動契約機は自宅や仕事場の近くなど、自分が行きやすいところで構いません。

場所は三井住友銀行の公式ホームページから検索することができるので、営業時間も確認しつつ申し込む自動契約機を決めましょう。

自宅や仕事場から近い自動契約機の方が行きやすいですが、知り合いに見られてしまうかもしれません。

知り合いにカードローンを申し込むところを見られたくないのであれば、自宅や仕事場から少し離れた自動契約機を探すようにしましょう。

自動契約機の指示に従って、必要事項を入力する

自動契約機に着いたら、自動契約機の指示に従って必要事項を入力していきます。

操作方法は画面の指示に従っていくだけなので初めての方でも比較的簡単に操作することができます。

もしわからないことがあったら、備え付けの電話からその場で担当者に連絡することができるので安心です。

必要事項は、氏名や住所、電話番号の他に勤務先や就業形態、前年度の税込み年収や無担保ローンの借入件数などを入力します。

本人確認書類や収入証明書類などの必要書類をスキャンして提出

必要事項の入力が終わったら、本人確認書類や収入証明書類などの必要事項をスキャンして提出します。

スキャンの方法も画面の指示通りに行えば簡単に提出することができます。

尚、必要書類は事前にWebから提出することも可能です。

Webから提出すれば本人確認書類や収入証明書などを自動契約機まで持っていく必要はありません。

審査が開始されるので結果を待つ

本人確認書類などの必要書類を提出したら審査が開始されます。

三井住友銀行のカードローンは事前にWebで仮審査を行っておくとスムーズに審査が進みます。

仮審査を行っておくと最短で審査結果が出るようになっているので、しばらく待ちましょう。

審査の途中で担当者から質問がくる場合があるので、その場を離れないようにするのがポイントです。

審査が通過したらカードが発行される

審査が通過したらカードが発行されます。

三井住友銀行カードローンではローン専用カードとキャッシュカード兼用カードの2種類から選ぶことが可能です。

キャッシュカード兼用カードの方が、返済を引き落としで行えて利便性がありますが、通帳の明細などから家族にカードローンを行っていることを知られてしまう恐れがあります。

家族に知られたくないのであればローン専用カードを選んで、キャッシュカードと分けるようにしましょう。

カードを受け取ったらキャッシングOK

カードの発行手続きが終わりカードを受け取ることができたらキャッシングを行えます。

キャッシングは三井住友銀行のATM以外にも提携しているコンビニATMで利用することができます。

三井住友銀行カードローンで多い審査の追加質問

三井住友銀行のカードローンでは、審査中に気になる点があった場合、担当者から質問がくることがあります。

どのようなことが質問されるかというと、勤務先の詳細や借入金の詳しい利用目的などです。また希望限度額が収入に比べて高い場合は、限度額引き下げを打診されることもあります。

勤務先の詳細とは、給与形態や勤務先の社員数などです。

これらの質問によって、担当者が総合的に判断し、審査を通過させるかどうかを決定します。

三井住友銀行カードローンの自動契約機にATMは設置されている?

三井住友銀行カードローンの自動契約機にはATMは設置されていませんが、三井住友銀行内の自動契約機であれば、銀行内のATMを利用することができます。

またプロミスと一緒に併設されている自動契約機であれば、施設内にATMが設置されていることがあります。

ローンカードを受け取れば提携ATMでも利用可能!

三井住友銀行のカードローンは、ローンカードを受け取れば提携ATMでもキャッシングを行うことができます。

提携ATMとは、ゆうちょ銀行や提携コンビニATMです。提携コンビニATMは、イーネットATMやローソンATM、セブン銀行ATMなどがあります。

三井住友銀行ATM以外にもこれらの提携ATMが利用できることによって、気軽にカードローンを利用することができるのです。

特にコンビニATMは24時間利用できるので利便性があります。

三井住友銀行カードローンの自動契約機を使えば即日融資できる?

一般的な銀行のカードローンは審査結果が出るまでに2~3営業日かかることがありますが、三井住友銀行カードローンは早めに申し込みをすれば当日中に審査結果がくる可能性があります。

これは三井住友銀行カードローンの審査を行なうのが、子会社であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスだからです。

審査スピードに定評があるプロミスが審査することによって、他社の銀行系カードローンより審査時間が短いのです。

何時までに手続きをすれば確実に最短融資を受けられる?

三井住友銀行カードローンでは、9:00から21:00までに審査結果を連絡してくれるので、最短で融資を受けたいのであれば21時までに申し込むのがいいでしょう。

ただし、審査の際には勤務先へ在籍確認を行わなければならないので、確実に最短融資を受けたいのであれば、勤務先に人がいる時間に申し込むのがいいでしょう。

また三井住友銀行のカードローンの審査時間は30分~1時間くらいであるといわれているので、審査時間が1時間かかると見越して平日の20時までに申し込むことがポイントになります。