スルガ銀行カードローンの仮審査の流れ!仮審査に通っても本審査に落ちる?

公開日:

スルガ銀行カードローンは、仮審査の結果によって本審査を行うか決めています。最終的に本審査を通過した人だけがスルガ銀行カードローンを受け取り、お金を借りられます。

実際に仮審査を受ける際は、色々な項目をチェックして本審査を受けてもいいのかをしっかり確認しています。

この仮審査についての情報を紹介するほか、仮審査を通過した後に必要な対応についても紹介します。

スルガ銀行カードローン仮審査の基本情報

スルガ銀行のローンは全て仮審査を行ったうえで本審査の手続きを依頼側にお願いし、最終的に本審査を経てローンの契約を行う方法です。

つまり仮審査を通過できなければ本審査は受けられず、ローンは全て借りられないのです。

カードローンも同様の方法を採用し、仮審査を行ってから必要な書類等の提出を依頼し、最終的に本審査を行ってカードローンの発行を行うか決めています。

カードローンを発行する場合は、本審査を通過してからさらに数日間待たなければなりません。

仮審査というのは、必要な情報を確認したうえで本審査に進んでもいいのか検討する場です。

仮審査では年収や個人情報、勤務年数に借金額など、申込者から提供されている情報を確認しています。

この情報が仮審査を通過してもいいものと判断できる場合、仮審査を通過して申込者に連絡を入れる方法を採用しています。

一方で仮審査を通過できなかった場合はメール等による連絡だけを行い、審査に落とされたという話を連絡しています。

従って審査に落とされた場合は電話連絡が入らないケースが多く、スルガ銀行も同様の対応を行っています。

仮審査は本審査に進むための必要事項を確認し、最終的に本審査を受けさせるか判断しています。

ただ本審査というのは必要な書類の確認と在籍確認程度しか行っていないので、事実上仮審査によって様々な情報の判断が下されます。

仮審査を通過できれば、ほぼ本審査は通過できるため、借り審査に落とされないようスルガ銀行を納得させられる申込内容を作りましょう。

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」の審査基準!審査の評判・口コミと落ちる人の特徴

仮審査の通過率はどれくらい?ほぼ全員通るって本当?

仮審査は年収や個人情報の問題点、仕事をしている年数と仕事先、そして借りている額と会社の数などを確認しています。この情報を最終的に確認し、問題がなければ審査を通過して本審査に移ります。

仮審査は落とされないように思われますが、実際には落とされる人が結構います。

通過率という数字は出しづらいのですが、大体半分くらいの人は落とされ、半分くらいの人が通過できるのです。

従って誰でもスルガ銀行カードローンを得られるわけではなく、仮審査の段階で半分近くの人は問題があると判断して落とされてしまいます。

スルガ銀行カードローンでは、仮審査でスルガ銀行側が審査の対応を行っているほか、保証会社による審査も行われています。

スルガ銀行ではグループ会社が対応する場合と、オリエントコーポレーションが審査の対応を行う場合があります。

どちらの場合も審査基準はそれなりに厳しく、年収不足や過去の借金等が影響して審査に落とされるケースも多々あるのです。

仮審査は全員が通るわけではありません。

全員が仮審査を通過できるのであればそもそも仮審査は必要のない項目です。仮というのは名前だけで、実際には本審査以上に重要とされている確認が多くありますので、仮審査でも落とされる人はそれなりに多いのです。

仮審査に落とされたくない人は、まず必要な情報をしっかりと作り上げ、スルガ銀行が納得できるような申込書類を作っておく必要もあるでしょう。

仮審査通過者が本審査に落ちる可能性はあるのか

仮審査を通過すればほぼ大丈夫と思われていますが、実際には仮審査通過者が本審査で落とされる可能性もあります。

理由は2つあり、どちらかに該当しているようなら審査に落とされてしまいます。

本審査の書類に問題があり審査に落とされる

1つ目は本審査で提出した書類に問題があり、審査に落とされる場合です。

本審査では提出された書類等を確認して審査を行っていますが、この書類に問題があると判断されれば審査に落とされます。

また、書類の内容が申込内容と異なる場合も審査に落とされ、仮審査を通過したのに本審査で落とされる状況を作ってしまいます。

一番多いのは書類の内容が間違っていて、申込内容と情報が異なる場合です。

提出した書類と確認書類の情報が違っていると、スルガ銀行は不信感を覚えてしまい、審査に落とされる可能性が高くなってしまいます。

特に収入証明書の年収額が間違っていた、申込内容と住所地が異なる問題によって、審査に落とされる場合もあります。

提出する書類の確認を行うと同時に、個人情報等に間違いがないか念のため確認を行ってください。

また、収入証明書が必要な場合は、収入欄を偽って申込をしないように気を付けておきましょう。

収入証明書の金額と申込時に提示した年収が異なっていると、審査に落とされる可能性は相当高くなってしまうのです。

本審査の必要書類書類を提出していない・不備がある

2つ目は本審査で必要な書類を提出しなかったため、審査に落とされる場合です。

本審査では必要な書類を出すように要求されますが、収入証明書のように提出したくないもの、もしくは調達が難しい書類もあります。

こうした書類を出さないまま放置していたため、審査を通過できず本審査で落とされる場合もあるのです。

必要な書類についてはしっかりと提出してください。また、提出できない場合は準備ができないという話をして待ってもらうようにしましょう。

電話連絡を無視し続けて、必要な書類を出さないまま放置していると審査に落とされます。何か問題があればスルガ銀行側に話をして対応を協議するのです。

仮審査に必要な書類や手続き

仮審査で必要な書類や手続きはいくつかあります。必要な書類と手続きをしっかりと覚えて、提出を速やかに行いましょう。

仮審査に必要な手続き1:在籍確認

仮審査の段階で在籍確認が行われます。在籍確認では仕事をしているかどうかの判断をするため、スルガ銀行側が仕事をしている会社に連絡を入れ、本当に仕事をしているのかチェックしています。

従って仕事をしていない人が仕事先を偽ってスルガ銀行の仮審査を通過することはできません。

在籍確認では、場合によっては本人が電話を取らなければなりません。

スルガ銀行は電話に出なくてもいいように伝えてくれますが、会社によっては本人が電話に出るよう要求し、電話の取次が必要となります。この場合は電話に出て話をしておきましょう。

電話に出ないというのは仕事をしていないのではないかと思われるので、取次を受けた場合はやむを得ず電話に出ておくのです。

この手続きがしっかり行われれば、仮審査を通過できる可能性は高まります。

逆に仕事をしていないと判断されるような電話確認となった場合、仮審査を通過できない可能性も高まるので気を付けてください。

仮審査で必要な手続き2:申込内容の確認

仮審査の前には申込みの確認が行われます。

これまで入力した内容が間違っていないのかしっかりと確認し、問題がなければ送信して審査を受ける形となります。

仮審査の前には必要な情報をしっかりと確かめて、なるべく間違っている情報が送信されないように気を付けておきましょう。

もし間違っている情報があるなら、速やかにスルガ銀行側に連絡を入れてください。

特定の項目が間違っているという話をして、必要な情報を伝えておきます。なるべく早く情報を提示したほうが審査で悪い影響が出ませんし、本審査の確認時に間違っている情報を修正する手間が省けます。

間違いが生じているようなら早めに連絡を入れたほうが安心できるでしょう。

なお申込内容に間違いが1つもない場合はこの手続きは必要ありません。そのまま仮審査が終わるまでゆっくりと待ちましょう。

仮審査では必要な書類は本人確認書類

仮審査の段階で書類が必要なように思われますが、実は必要な書類はありません。

ただ、最近の申込方法では、本人確認書類については申込時に既に提出するように求められているため、本人確認書類は仮審査の段階で提出しなければなりません。

本人確認書類については、スマホやパソコンからの申込であれば、申込みの途中で提出するページが出てきます。このページに入ったら必要な書類をアップロードして送信してください。

一緒に申込内容も送られていますので、後は審査を受ければ仮審査の連絡が届くでしょう。

一方で店舗で審査を受けている方は、本人確認書類等の提出が後回しになる可能性もあります。

また、本人確認書類の提出が遅れた場合は仮審査後に提出しても大丈夫だと通知する場合もあります。

ただ、本人確認書類の提出が申込時に行えるよう、スルガ銀行側は対応を変えています。

現時点では仮審査後でも大丈夫な本人確認書類ですが、できることなら仮審査時に一緒に提出したほうが安心できるでしょう。

なお収入証明書の提出は仮審査の段階では必要ありません。収入証明書の提出は本審査で行います。

仮審査の通過メールが来た!次の手続きは?

仮審査を通過した情報はメールか電話によって通知されます。メールの場合は後程電話がかかってきますので、電話が入ったら速やかに出て対応してください。

ここで本審査の前に仮審査の結果によって得られた情報、そして本審査の本人確認が行われます。

本審査では本人確認によって、申込内容が間違っていないか全て確認しています。

もし間違っている情報が存在している場合はここで訂正しなければなりません。

訂正が行われないまま審査が終わった場合、虚偽の記載等で審査に落とされている可能性もあります。

電話で話をしている内容におかしい点があるなら、情報が間違っていると指摘を行い修正してください。

次に電話口で収入証明書の提出を求められます。

本人確認書類についてはスルガ銀行が仮審査の段階で提出できるようにしていますが、収入証明書は必要な人とそうでない人がいますので、提出は本審査で行われます。

収入証明書を提出しなければならない人は、限度額が50万円を超えている場合です。

スルガ銀行は限度額が低くても収入証明書の確認を行いますので、必ず収入証明書を準備してください。

収入証明書の提出方法は、パソコン等を通じてアップロードする、メールによって送信する、郵送で送るなどの方法があります。

自分ができる方法を選んで対応したほうがいいでしょう。

本人確認と収入証明書の提出が終わった段階で本審査が行われます。

本審査では書類と申込内容に間違いがないかを確認されます。本審査を通過した場合はメールが届き、本審査を通過してカードローンを発行できると告げられます。

同時に発送までには時間がかかるので、しばらく待つような文面も記載されています。

スルガ銀行はカードローンの発送までに1週間程度が必要で、利用したい方は審査後1週間程度待つようにしてください。

スルガ銀行の仮審査はしっかりと情報をチェックしている

スルガ銀行の仮審査によって、大半の情報は確認されています。

本審査で多くの情報を確認しているのではなく、仮審査の段階で申込内容は全てチェックされているのです。

その上で問題のある人は審査に落とされてしまい、問題なくカードローンを使えると判断している人は本審査に進んでいます。

今でも本審査で落とされている人はいます。

必要な書類の提出ができなかった人は審査に落とされてしまうため、書類の提出と電話による確認はしっかり行ってください。

その後スルガ銀行では警察のデータベースを確認して、問題がなければ本審査通過の連絡をしてくれるでしょう。