スルガ銀行カードローンの会員ページにログインできない!考えられる理由と対処法

公開日:

スルガ銀行には、各種サービスを利用するお客様のために、専用の会員ページを設けています。

会員ページは、サービス内容毎に設定する必要があり、そのページ毎にユーザーIDと専用のパスワードを設定する必要があり、その管理が必要となります。

パソコンやスマホなど、いつでも何処からでも会員ページを利用できて便利なのですが、ログインのためのユーザーIDやパスワードを忘れてしまうと、ログインが出来ず、サービスを受けられなくなってしまいます。

今回は、スルガ銀行会員ページにログインする方法、ログインできなくなった時の対処法を分かりやすく解説していきます。

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」審査の流れ・メリット・デメリット

スルガ銀行の会員ページにログインする方法

各種会員ページにログインするには、スルガ銀行HPのトップページにある「ログイン」をクリックします。

クリックすると、各サービスの会員ページを選択する画面が表示されます。利用するページをクリックすると、ログイン画面に移動します。

ユーザーネーム・ログインパスワードを入力

ログイン画面では、登録しているユーザーID・ユーザーネームと、ログインパスワードを入力します。

ログインパスワードを間違えて入力すると、ログインできません。スルガ銀行が設定している回数、ログインパスワードをご入力すると、パスワードロックがかかり、利用できなくなります。

カードローン会員の場合は、再度ユーザーIDから登録し直します。

ネットバンキングの場合には、以下に説明する方法で「仮ログインパスワード」と「仮確認パスワード」の設定と、変更手続きを行う必要があります。

スルガ銀行の会員ページにログインして出来ること

各会員ページでは、様々なサービスを受けることが出来ます。

残高照会

カードローンや住宅ローン会員の場合、借入残高を確認することが出来ます。

これにより、今後の返済計画も立て直すことが出来ます。

特に目的別ローン会員やカードローン会員の場合、月々の返済額はこの借入金額に応じて変動します。その為、予定している返済額が足りずに、返済できないこともあります。

前もって借入残高が判っていれば、返済額を間違えることもありません。ネットバンキング会員の場合には、預貯金残高を確認することが出来ます。

各種サービスへの申し込み

カードローンや多目的ローン、住宅ローンなどの場合、毎月約款に記された「定例返済期日」までに毎月の返済額を準備し、返済しなければなりません。

手続をすれば、希望する銀行口座から自動引き落としという方法で、返済することも出来ます。この方法なら、「定例返済期日」を忘れることが無く、自動で引き落とされるので安心です。

ですが、銀行口座の指定をしていない場合、自分でカードを使ってATMから返済することとなり、返済期日を忘れてしまうと、「遅延」として「遅延損害金」が発生してしまいます。

しかも、「遅延」が何度も続くと、信用会社に記録が残り「返済意思が低い」と判断されてしまう可能性もあります。そうならない為にも、返済期日は守りたいものです。

スルガ銀行の会員ページでは、残高照会だけでなく、各種サービスの手続きも行えます。

そのサービスの一つに「返済日お知らせメール送信」というものがあり、登録をしておけば、毎月返済日前に、メールで知らせてもらうことが出来ます。

カードローン会員の場合、「返済日お知らせメールの送信」サービス以外に、以下のようなサービスもあります。

  •  振込サービスの申し込み
  • 利用限度額増額の申し込み
  • 返済予定額照会
  • 入出金明細照会 etc・・・

カードローンの会員ページでこれらのサービスが受けられますので、ATMへ行く必要が無く、また営業時間外にも手続きが出来ますので忙しい社会人でも便利に利用することが出来ます。

特に、返済予定額を照会できると、前もって返済金を準備することが出来ます。

例えば、銀行口座から自動引き落としになっている場合、返済金額に対して残高が足りないと引き落としされません。

前もって返済金額が判っている場合は、その金額以上を口座に入れておくことが出来ます。

また、カードローンの場合、借入残高が10万円以下の場合には、返済金額は3千円以上と低額です。ですが、10万円を1円でも超えてしまうと、返済金額は6千円以上と、倍額になってしまいます。

10万円以上20万円以下で、6千円以上の返済で、その後10万円増加する毎に、返済額は3千円プラスされてしまいます。

入出金明細照会で、直近の借り入れと返済を確認したり、借入残高照会で残高を確認したりして、計画的に借り入れと返済を行う様にしましょう。

その他、ネットバンキングでもネットを通じて以下のサービスを受けることが出来ます。

  •  残高照会/入出金明細照会
  • お振込/お振替え
  • 定期振込予約サービス(家賃振り込みなど定額振込)
  • 投資信託
  • 電子交付サービス
  • 定期預金の新規作成、預入、解約など
  • 外国送金
  • 税金、公共料金等の払い込み
  • 外貨普通預金口座の新規作成、預入、引き出し、口座の解約など
  • スーパー外貨定期預金の新規作成、解約
  • 届出住所の変更
  • 総合積立預金の新規作成、一部解約
  • キャッシュカード暗証番号変更 etc・・・

平日働いている会社員や、個人事業主など、忙しくてなかなか銀行の支店までいけない方にとって、パソコンやスマホを使って、これらのサービスを受けられるのは、とても便利ですし、助かります。

特に、資産投資のサービスとして「投資信託」や「外貨預金」の口座開設などの手続きまで、ネットで行えるので、資産管理も簡単に出来てしまいます。

また、口座の利用明細などをCSVデータでダウンロードも出来ますので、Excelなどを使って、管理することも可能です。

住宅ローンの会員専用ページなら、以下のサービスを受けることが出来ます。

  • カードローンの利用限度額見直しサービス(最大300万円)
  • 目的別ローン<カード型>申し込み
  • ローン返済予定表郵送サービス
  • 住宅ローン控除の残高証明書発行サービス
  • ご返済お知らせメール
  • ご入金お忘れメール
  • ローン残高照会とローン支払い用口座の残高照会

特に住宅ローンは年末調整時に「住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書」の添付をすることで、控除されます。

ネットで発行してもらう様に依頼できるので、年末の忙しい時期には便利です。

サービス内容に関する相談

カードローンや目的別ローンの場合、利用限度額を増額してもらったり、追加申し込みをしたりと、資金が足りずに更なる借り入れが必要となる場合があります。

その様な場合、利用限度額の増額を申し込む前に相談することも出来ます。

また、ネットバンキングの場合には、投資信託や外貨預金など、投資に関する相談をすることも出来ます。

住宅ローン会員には「コンシェルジュデスク」というサービスがあり、双方向で会話が出来るWeb専用の相談窓口で、ローンの契約内容や返済についての、疑問などに応えてもらえます。

銀行に行く時間が無い方が、何時でも利用できる相談窓口です。但し、即答できないような疑問には、原則として48時間以内には回答してもらえます。(土日祝日の場合には、時間がかかることもあります)

振込手続き

カードローン会員は、利用限度額内であれば、何度でも借り入れることが出来ます。

ATMでカードを使って借りることも出来ますが、ネットの会員ページを使って銀行口座に振り込んでもらうことも出来ます。この場合、1万円以上1円単位で申し込むことが出来ます。

但し、登録する口座番号や支店番号など、必要な情報を間違えてしまうと、振り込んでもらえません。

また、誤った情報によって他の方の口座に振り込まれてしまったとしても、スルガ銀行ではその責を負わないとはっきりと約款に書かれています。

口座番号などの情報は間違えないように登録しましょう。因みに、借入金額の振込手数料は、スルガ銀行が持ってくれます。

なお、スルガ銀行のネットバンキングを利用して、借り入れる場合は1円以上1円単位で借り入れることが出来ます。

スルガ銀行の会員ページにログインできない!パスワードを再設定する方法

スルガ銀行の会員ページにログインする場合、ユーザーIDとログインパスワードが必要となります。ですが、このログインパスワードを何度か入力ミスをしてしまうと、パスワードロックがかかってしまいログインできなくなってしまいます。

カードローンや目的別ローンなどの場合、ユーザーIDの再登録から行い、会員ページを再度設定し直します。

ネットバンキングの場合にはログインパスワードと確認パスワードがあり、両方忘れるか、どちらかがロックがかかってしまうとサービスを受けられなくなってしまいます。

このような場合には、ログインパスワードや確認パスワードの再設定を行います。

Quick照会・手続き

スルガ銀行のHPにある「ログイン」ボタンをクリックすると、各会員ページを選択する画面が表示されます。

そこから「Quick照会・手続」を選択します。

ネットバンキングに登録している、キャッシュカード情報などを入力する画面が開きます。口座を開設している支店番号、科目、口座番号、キャッシュカードの暗証番号、口座名義を入力して「ログイン」ボタンをクリックします。

表示された照会ページから、「各種お申込み」をクリックして「インターネットバンキングパスワード再設定」をクリックします。

「インターネットバンキングパスワード再設定」ページに移動しますので、「再設定対象パスワード」欄から該当項目を選択し、「確認」ボタンをクリックします。

「パスワード再設定」画面に移動しますので、「仮ログインパスワード」と「キャッシュカード暗証番号」を入力して、「実行」ボタンをクリックします。

これで、登録は完了です。この後、登録している住所に「仮確認パスワード」が書かれたはがきが届きます。

そのはがきが届いたら、「仮ログインパスワード」と「仮確認パスワード」の変更を行います。

この方法で、パスワードの再設定を行う場合、再度ネットバンキングが使えるようになるまでに10日ほどかかります。

スルガ銀行のATMから手続き

スルガ銀行のATM画面を使って、ログインパスワードと確認パスワードの再設定が出来ます。

ATM画面の「セキュリティ設定」を押します。「セキュリティ設定」画面に移動しますので、「インターネットバンキング」を押します。「ご確認」画面に移動しますので、「確認」を押します。

キャッシュカードをATM本体に挿入します。キャッシュカード暗証番号を入力します。

再び「ご確認」画面に移動し、インターネットバンキングお申込み代表口座が表示されます。内容を確認して枚買いが無ければ、「確認」を押して次に進みます。

「仮ログインパスワード」を数字4桁で入力します。確認のために、もう一度同じ「仮ログインパスワード」を入力する画面が表示されますので、再入力します。

次に「仮確認パスワード」を数字7ケタで入力します。もう一度、確認のために「仮確認パスワード」を入力します。

「ご確認」画面が表示されますので、「確認」ボタンを押します。

最後に「受付完了」画面が表示され、ネットバンキングの利用開始日時が表示されます。「確認」ボタンを押して、仮のパスワード設定は完了です。

ATMを使用すれば、設定を行った時間帯によって、当日からネットバンキングを再開させることが出来ます。曜日によっては、翌営業日以降となりますが、「Quick照会・手続」よりも早く再開できます。

書類を郵送する

書類を送付して再設定する方法もあります。スルガ銀行HPの「資料請求」をクリックし、「インターネット/モバイルバンキング(兼パスワード変更)」を請求します。

但し、支店を通じて口座開設をしている方のみ、この方法を使用できます。口座開設時に、署名・捺印が無い場合には、資料請求が出来ませんので上記2つの方法で仮設定を行います。

数日後、書類が届きますので、口座情報や公人情報など、必要事項を記入し、「仮ログインパスワード」を4桁で記入して返信用封筒を使って返信します。

更に数日後、登録住所に「仮確認パスワード」が書かれたはがきが送付されてきます。この方法の場合も10日ほどかかります。

再設定後に会員ページでログインする方法

ネットバンキングの再設定されたログインパスワードと確認パスワードは、まだ「仮」のパスワードです。

このパスワードのままでは、ネットバンキングを使用できませんので、変更する必要があります。

仮パスワードでネットバンキングにログイン

「仮確認パスワード」が書かれたはがきが到着したら、設定した「仮ログインパスワード」を使って、ネットバンキングにログインします。

ATMを使って再設定を行った場合には、再設定後にATM画面に表示された日時以降に、仮パスワードの変更を行います。

設定した「仮ログインパスワード」を忘れてしまうと、もう一度「仮ログインパスワード」の設定から行わなければなりませんので、忘れないようにしましょう。

仮パスワードを変更する

ログイン画面で、ユーザーネームと「仮ログインパスワード」を入力し次に進むと、「ログインパスワード」の変更画面に移動します。新しい「ログインパスワード」を入力して、次に進みます。

次に「確認パスワード」設定画面に移動しますので、新しい「確認パスワード」を入力して次に進みます。
これで、ネットバンキングの利用が再開できます。

新しく設定したパスワードは、本パスワードです。忘れないように管理しましょう。もし、忘れたらもう一度「仮ログインパスワード」の設定からやり直しです。

まとめ

スルガ銀行には、サービスに応じた会員ページの設定が出来ます。

その会員専用ページを使って、銀行へ行かなくても様々なサービスを利用することが出来るのでとても便利なのですが、ユーザーIDとパスワードの管理が出来ないと何度も設定し直さなければならず、手間がかかってしまいます。

平日に働く方にとって、ネットバンキングの利用は、いつでもどこでも手続きが出来るので、とても便利なサービスです。

ですが、パスワードを忘れてしまったり、誤入力を何度も繰り返してしまったりすると、ネットバンキングのサービスを受けられなくなってしまい、パスワードの再設定が必要となります。

ネットバンキングのパスワード設定には時間がかかり、即日サービス再開とはいきません。サービス再開までに時間がかかりますので、パスワード管理はしっかり行っておきましょう。

因みに、インターネットバンキングのユーザーネームを忘れた場合には「ユーザーネーム紹介」画面で、口座情報とログインパスワード・確認パスワードを入力して確認することが出来ます。

ログインパスワードとユーザーネーム両方を忘れてしまった場合には、パスワードの再設定手続きを行ってからユーザーネーム照会を行いましょう。

スルガ銀行カードローンで即日融資を受ける条件と方法!