他社借入があってもスルガ銀行カードローン審査に通過できる?

公開日:

他社でお金を借りていた場合でも、スルガ銀行カードローンは審査を通過できる可能性があります。

ただ、審査を通過できる可能性があるとしても、スルガ銀行カードローンの審査に他社借入が与える影響は小さくありません。

借入が多い人は、それだけ審査に与える影響もかなり大きくなります。

スルガ銀行カードローンでは、他社借入が多い人は審査に落とされる可能性が高く、借入の金額だけでなく件数が多い人も落とされてしまいます。

この記事ではなぜスルガ銀行カードローンは他社の借入状況で審査に落とされてしまうのかを説明するほか、他のカードローンで他社借入の影響を抑えつつ審査を通過できる商品があることも説明します。

スルガ銀行カードローンで即日融資を受ける条件と方法!

他社借入が審査に与える影響は大きい

他社借入というのは、他の会社から借りている借金のことです。

他社借入に該当するのはカードローンや銀行が提供している各種ローン、クレジットカードのキャッシング枠などが該当します。

クレジットカードのショッピング枠や、故人から借りている借金は他社借入に該当しません。

もし他社借入を持っていた場合は、スルガ銀行カードローンの審査に大きな影響を与えてしまいます。

スルガ銀行では、カードローンの審査で他社借入の金額を確認しています。

同時にどれくらいの会社から借りているのか、他社借入件数についても確認していますが、金額と件数の両方を踏まえて、本当に審査を通過させてもいいのか慎重に検討し、借金額や件数が多ければ審査に落としています。

他社借入金額が多すぎた場合は、スルガ銀行カードローンでお金を借りた際、本当に返済されるのかわからないのでスルガ銀行の信頼を得られません。

スルガ銀行の信頼を得られないという部分で、他社借入金額が多い人は審査に落とされてしまいます。

同様に他社借入件数が多い人も、返済されるのか不安に感じられるため、スルガ銀行カードローンの審査に落とされてしまうのです。

スルガ銀行としては、信頼できる人にカードローンを提供し、お金を貸したいと考えています。

他社借入金額や件数が多すぎる場合は、審査を通過させても本当にお金が返済されるのか不安に感じられているため、スルガ銀行カードローンの審査は通過できないようにしています。

従って他社借入の件数や金額が多い人は、スルガ銀行の審査ではかなり不利な状況に置かれてしまうのです。

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」の審査基準!審査の評判・口コミと落ちる人の特徴

スルガ銀行カードローンの審査は他社借入金額いくらまでなら通過できるのか

スルガ銀行カードローンの審査を通過するには、他社借入金額をできる限り抑えておきましょう。

理想としては0円まで完済してからスルガ銀行カードローンの審査を受けることですが、他社借入金額を早期に返済できない方は、できる限り借入金額を減らしてしまいましょう。

審査を受ける際、スルガ銀行カードローンでは大体100万円という金額を目安としています。

他社借入金額が100万円を超えていると、審査を通過しづらくなってしまいます。

もちろん年収が多ければ審査を通過できる可能性はありますが、あまり年収を持っていないのに他社借入金額が100万円を超えていると、審査を通過できない可能性が大きくなります。

借入金額としては、100万円未満に抑えると同時に、できれば50万円未満まで下げるようにしてください。

100万円という数字は1つの目安であり、収入の少ない人は50万円程度の借入でも審査に落とされてしまいます。

スルガ銀行カードローンの審査を通過するためには、収入に合わせて50万円から100万円までの他社借入金額までなら許されると考えてください。

なお、アルバイトなどのあまり収入を確保できていない人は、他社借入金額が30万円程度でも審査に落とされる場合があります。

アルバイトの方はできる限り他社借入金額を抑えるように心がけてください。

他社借入件数は何社までなら審査を通過できるのか

次に他社借入件数という部分も重要です。

他社借入件数が多ければ多いほど、借りている会社の数が多くなっていると判断され、スルガ銀行カードローンの審査に落とされやすくなります。

こちらも理想は0件ですが、他社から借りている金額があり、返済できないのであれば正直に件数を記入してください。

1件から借りている状態であれば審査は通過できます。

例として1件から100万円という状態を取り上げますが、この状態はある程度信頼されて限度額が高いと判断されているので、実はスルガ銀行カードローン審査ではそこまで大きな影響ではありません。

借入件数が1件だけなら、スルガ銀行はそこまで危ない人ではないと考えているのです。

しかし、借入件数が4件以上存在していた場合、他社から増額審査を受けられず、他の会社を利用して無理矢理限度額を増やしていると判断されています。

例えば4件から100万円を借りている場合と1件から100万円を借りている場合では、1件から100万円を借りている人の方が圧倒的に信頼されているのです。

4件から100万円というのは信頼性が足りず、スルガ銀行からは信頼できないと判断されます。

目安として借入件数が4件以上存在している場合は審査に落とされてしまいます。

3件程度でも金額次第では審査に落とされる可能性が高く、あまりいい状態ではないと思われます。

他社借入件数は、できる限り1件に抑えるようにしてください。

2件以上だと審査に影響がかなり大きくなり、4件以上という状況で審査は通過できないのです。

なお、他社借入件数についてもアルバイトなどのあまり多くの収入を確保していない人は、2件程度でも審査に落とされる可能性があります。

他社借入があっても通りやすいカードローンはあるのか

他社借入金額や件数がかなり多い状態でも審査を通過できるカードローンは基本的にありません。

すべてのカードローン業者が他社借入金額と件数を確認しており、金額が多すぎる人と件数が多すぎる人は審査に落とされてしまいます。

多少他社借入があっても審査を通過できるカードローンであればいくつかあります。それは消費者金融カードローンです。

消費者金融カードローンは、銀行カードローンよりも他社借入状況によって審査の影響が及びづらく、借入件数が4件未満で借りている金額が年収の3分の1未満であれば、審査を通過できる可能性があります。

消費者金融カードローンは限度額があまり大きくありませんし、金利という部分でもスルガ銀行カードローンよりも高い状態で借りるので、カードローンを実際に利用するという部分では結構苦労します。

仮に審査を通過できても、希望している限度額は得られませんので、消費者金融カードローンを使う場合は限度額と金利という部分で覚悟しなければなりません。

スルガ銀行カードローンの審査を通過できなかった場合、消費者金融カードローンに切り替えると審査を通過できる可能性があります。

しかし、限度額の制限や金利の高さを覚悟してカードローンの審査を受けますので、希望通りのカードローンが作られると思わないようにしてください。

すでに他社借入がある場合はおまとめローンを使おう

他社借入件数が多い人で、この状況では審査を通過できないと考えている方は、おまとめローンを利用して他社借入を1つにまとめるといいでしょう。

審査の甘いおまとめローンはどこ?審査基準と落ちる人の特徴・落ちた時の対処法

他社借入が審査落ちに影響していると考えているなら、他社借入を1つにまとめてしまえばスルガ銀行カードローンの審査は通過できるのです。

特に他社借入金額が小さいのに他社借入件数があまりにも多い方におまとめローンは適しています。

おまとめローンによって他社借入件数は劇的に減り、1社から大きな金額を借りている状況になります。

スルガ銀行カードローンでは、他社借入金額が多少多くても、他社借入件数が1件だけなら信頼できると判断しており、カードローンを発行して借りられる可能性があります。

また、おまとめローンには金利を下げられるメリットもあります。

消費者金融カードローンなどを多く利用して利息が多く作られている場合は、おまとめローンで低金利に変えると返済額も抑えられます。

単にカードローン審査を通過するために使うのではなく、カードローンの返済という部分でもおまとめローンは活躍してくれるのです。

おまとめローンという商品で提供している銀行もあれば、フリーローンでおまとめローンと同じように他社借入をまとめてくれる商品もあります。

スルガ銀行カードローンの審査を通過するために、まず他社借入件数を抑えるおまとめローンを使ってみるといいでしょう。

そしておまとめローンの返済をある程度進めて、他社借入金額が減っていくと、スルガ銀行カードローンの審査は通過できるのです。

他社借入があっても使えるおすすめのカードローンを紹介

スルガ銀行カードローンは非常にいい商品ですが、他社借入によって審査に落とされる可能性が高く、借りたいと思っている時にお金を借りられない問題もあります。

そこで他社借入が残っていたとしても利用できるカードローンを知っておけば、選択肢を増やせるでしょう。

ここからは他社借入を持っていても利用できるおすすめのカードローンをいくつか紹介します。

消費者金融カードローンの代表格アコム

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
遅延損害金 年率20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 9年7カ月・1回~100回
担保・保証人 なし

まずは消費者金融カードローンの代表的な会社であるアコムです。

アコムは近年極度額の拡大にも努めており、800万円まで借りられるようになりました。

最低限の限度額は10万円と小さく、他社借入を持っていたとしても10万円程度の限度額が適用される場合があります。

アコムのメリットは審査がそこまで厳しくない点です。

先ほども紹介した借入件数が4件を超えておらず、借りている金額が年収の3分の1以下という状態であれば、カードローンの審査を通過できる可能性が高いのです。

借りている金額が多すぎると審査に落とされるのですが、あまりお金を借りていないのに他社借入件数が多い状態であれば、アコムは審査を通過できるのです。

アコムは自動契約機によってカードを即日で発行できるため、どうしてもお金を借りたいと思っている時にカードを発行できる良さがあります。

自動契約機の数も消費者金融では一番多い会社ですので、日本全国でカードを発行してすぐにお金を借りられる良さもあるのです。

複数の会社から借りても審査を通過できるアイフル

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
申し込み条件 申し込み時の年齢が満20歳を超える方
定期的な収入と返済能力が認められる方
アイフルの審査基準を満たしている方
即日融資  可能

アイフルはアコムとは異なる視点で審査を行っています。アコムの場合は借入金額という部分は厳しく見ているのですが、アイフルは他社借入金額が多少多くても審査を通過できます。

また、他社借入件数も3社までなら許してくれるので、3社目以降の借り入れを希望している方にお勧めです。

アコムと同様に審査を通過できない借入を持っている人には難しいものの、小さい限度額でもいいからカードローンを通過したいと考える方にはいい会社です。

銀行系のカードローンで選ぶなら楽天銀行スーパーローン

金利 1.9%~14.5%
審査時間
申し込み方法 ネット・電話・郵送
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方
  • 会社に勤務しており、毎月安定した収入のある方
  • 楽天カード・セディナ株式会社の保証を受けられる方
遅延損害金 19.9%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
限度額 最大800万円
会社名 楽天銀行株式会社
本社 東京都世田谷区玉川1-14-1楽天クリムゾンハウス

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行が発行しているカードローンです。

他社借入金額がある程度残っていたとしても、銀行系では審査を通過しやすいメリットがあります。

ただ、他社借入件数が多い場合は審査に落とされる可能性が高いので気を付けてください。

銀行系カードローンの中でも必要な年収が少ないため、他社借入が残っていても年収次第ではカードローンの審査は通過できるのです。

楽天銀行はポイントをもらえるなどのメリットもあるので、他社借入があってもポイント狙いでカードローンを発行するメリットはあるでしょう。

なお、他社借入等を整理してカードローンの利用をある程度行えば、楽天銀行から増額の依頼も受けられます。

増額審査を通過できれば、おまとめローンなどにも使えるくらい、高い限度額を手に入れられるでしょう。

スルガ銀行カードローンは他社借入が審査にかなり影響する

スルガ銀行カードローンでは、他社から借りている金額、そして他社から借りている会社の数をしっかり確認しています。

借入金額も件数も多い場合は審査に落とされてしまい、スルガ銀行カードローンは利用できないのです。

どうしても借入金額が多い、借入件数が多いという方は、他のカードローンを選ぶといいでしょう。

消費者金融カードローンのように審査を通過しやすい商品もあります。

また、おまとめローンで1つにまとめて、他社借入件数を減らせば、スルガ銀行カードローンの審査を通過できる可能性もあります。

色々な取り組みで審査を通過できるよう努力するのもいい方法です。