スルガ銀行は即日で口座開設できる?かかる日数・開設の流れを紹介

公開日: 最終更新日:

スルガ銀行は口座開設にやや時間のかかる銀行です。すぐに口座開設ができるわけではありません。

ただ、短時間で口座開設が完了する方法もありますので、長時間待たされずに銀行口座を得る方法もあります。

口座開設の方法を複数持っているスルガ銀行は、口座開設の方法や手順をしっかりと守り、必要な書類を準備してから手続きを行ってください。

この記事では口座開設に必要な方法や書類、更には流れについて説明します。

スルガ銀行の口座開設に必要な時間は1週間程度

スルガ銀行では複数の口座開設方法を準備しています。

1つはスマホアプリから口座開設の依頼を行う方法、2つ目がパソコンから口座開設の依頼を出す方法、そして店舗に行って口座開設の手続きを行う方法です。

これらの手続きは即日で完了します。口座開設の依頼を出すだけなら即日で完了しますので、その日のうちに終わるように手続きを済ませておきましょう。

ただ、ここからスルガ銀行側が審査を行うほか、口座開設に必要な手続きを銀行内で行います。

この手続きに時間がかかってしまうため、口座開設を即日で完了させられないのです。

口座開設に必要な時間としては、目安として1週間程度です。

これはスマホやパソコンから申込を行った場合、スルガ銀行に必要なカードが配送されるまでにかかる時間です。

スルガ銀行のキャッシュカードには銀行に必要な情報が全て掲載されているので、このカードを受け取らないと事実上口座は使えないのです。従って口座開設にかかる時間の目安は1週間となります。

なお、1週間以上経過する場合もあります。

その理由としては休みの日が多い時期に申込を行った場合、もしくは審査の手続きに時間がかかっている場合などです。

審査の手続きに時間がかかる場合には、書類の不備などが考えられます。その場合は連絡が入るのでしっかりと対応してください。

休みの日が長続きしている時期には申込を行わず、なるべくスルガ銀行が稼働している時期を狙って申込を行ってください。

キャッシュカードやデビットカードが届くまでさらに時間がかかる

契約が完了すると、本人確認資料に記載されていた届出住所にキャッシュカードやデビットカードが届きます。

口座の開設が済めばカードローン申込や振込先指定などの手続きはできますが、キャッシュカードがないと口座からお金をおろすことができないので不便です。

発送からどれくらいで届くかは、住所やその時の混雑具合もあるので一概には言えません。

申込から最大2週間くらいかかると考えておけばよいでしょう。

スルガ銀行の口座は法人・個人事業主でも開設可能!

スルガ銀行の口座は、個人だけでなく法人や事業主でも開設でき、事業目的でも利用することができます。

ただ、個人以外が口座を開設するときは、一度スルガ銀行に来店して相談をする必要があります。

団体の方はその活動内容次第では口座を開設できない場合もあるので注意しましょう。

海外在住者は利用できないので要注意

スルガ銀行の口座を利用できるのは、日本在住の方のみとなっています。

海外在住の方が申し込んでも開設を断られてしまうので注意しましょう。

海外在住者が銀行口座を開設する際は、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行といったメガバンクの海外支店に相談にいくことをおすすめします。

スルガ銀行の口座開設に必要な書類と道具

スルガ銀行では、口座開設に必要な書類がいくつかあります。

必要な書類の準備、もしくは既にパソコンなどにスキャナで取り込むなどの対応を行って、提出しやすい状況を作っておきましょう。

本人確認書類は写真付きのものに限る

本人確認が取れなければ銀行口座の作成はできません。スルガ銀行でも本人確認をしっかりと行って、本人であると確認できてから銀行口座の開設手続きを行っています。

本人確認書類が提出できない場合、もしくは本人確認書類が最新のものではないと判断された場合は、もう1度書類の提出を要求されてしまいます。

本人確認書類として認められるのは運転免許証かマイナンバーカード、パスポートです。これらの書類には写真が付けられています。

本人確認書類として認められるものは写真付きの証明書だけで、写真がついていない書類は認められません。

従って運転免許証を持っていない方はマイナンバーカードかパスポートの発行が必要です。

どうしても本人確認書類として提出できるものがなければ、スルガ銀行側と相談をしてください。

ただ、画像付きの本人確認書類を提出しなければほぼ口座開設は認められないため、必要な書類が準備できない方はマイナンバーカード等の発行を依頼し、発行されてからスルガ銀行に口座開設の申込を行ってください。

スルガ銀行カードローンを実際に利用した人たちの口コミ・評判まとめ

来店での口座開設には印鑑の持参も必要

これは店舗で口座開設を依頼する場合に必要です。スマホアプリやパソコンから申込を行っている方は不要ですので、印鑑を準備する必要はありません。

店舗で口座開設の依頼を行う場合は、印鑑を押さなければ口座開設ができません。

印鑑は最終的にスルガ銀行の引き落としに必要な情報として使われますので、重要な書類等で使っている印鑑を持っていくようにしましょう。

シャチハタは認められないので気を付けてください。

印鑑を押して必要な書類の作成が完了すると、スルガ銀行の店舗で口座開設の依頼が完了します。

店舗の場合も即日で口座開設ができるというわけではなく、口座開設にはそれから時間がかかります。

Webから口座開設する場合は印鑑不要?

Webで口座開設をする場合は、印鑑は不要です。

また、インターネットバンキングなら口座を開設した後も、店頭取引は印鑑を使わずおこなうことができます。

ただ、大口ローンなど、特定の取引では印鑑の届け出が必要になります。この時はキャッシュカード、本人確認資料を持参の上、名義人本人が来店する必要があります。

スルガ銀行口座開設の流れ

スルガ銀行では複数の口座開設を準備しています。基本的に利用する方法は3つで、その中から口座開設が行える方法を選んで行います。

  • スマホアプリを利用する
  • PCから申し込む
  • 来店で申し込む

ここからは口座開設の流れについて、3つの方法を取り上げます。

スマホアプリを利用してスルガ銀行の口座を開設

スマホアプリを利用して口座開設を行う場合は、まずスマホにスルガ銀行のアプリをインストールしなければなりません。

専用のアプリをインストールしなければ手続きができない仕組みです。必ず必要なアプリはダウンロードして、スマホの中に入れてください。

なおダウンロードに必要な情報はスルガ銀行のホームページにも記載されています。

アプリのインストールが完了すると、スルガ銀行の口座開設に必要な情報が入力できます。このページで必要な情報をすべて入力してください。

情報が1つでも抜けている場合はエラーが発生し、送信できない仕組みとなっています。必要な情報は全て入力し、抜けがないことを確認してください。

同時に運転免許証等をスマホで撮影し、アプリから送信できるようにします。

撮影はスマホのカメラを使えば問題なく行えます。撮影された画像をスマホのアプリにアップロードし、本人の情報と一緒に送信します。

撮影の際は運転免許証等が画像内に入るようにして、鮮明な写真を提供してください。

読み取れない文字や画像の一部が欠けている、更には本人確認書類の一部が加工されている場合は再度提出を求められてしまいます。

本人の情報と写真を同時に送付すると、スマホアプリから申込みが完了しましたと表示されます。

後はスルガ銀行側が審査を行って、最終的に口座開設ができるようなら1週間程度でキャッシングカード等が送付されます。

パソコンからスルガ銀行の口座を開設

次にパソコンから手続きを行う方法です。こちらの方法はスマホアプリと同じように印鑑を準備する必要はありません。

ただ、スマホアプリと違って手順が複雑なこと、そして準備をしなければ口座開設の手続きが完了しない方法です。事前の準備をしっかり行ってください。

まず本人確認書類の画像を準備してください。画像はパソコン内に残しておく、もしくはスマホなどをUSBケーブル等でつないでアップロードができる状態にしてください。

本人確認書類を提出しなければ申込手続きは完了しませんので、事前に準備を行って提出できるようにしておくのです。

次にスルガ銀行のホームページに入り、口座開設の手続きを行います。

ホームページから口座開設の場所をクリックし、どのような口座を開設するかクリックをしてください。預金口座のみを希望される方は右側、投資用の口座も必要という方は左側をクリックします。

その後キャッシュカードの柄を選択し、個人情報を入力していきます。個人情報が全て入力されると、次に仕事先等の情報を入力するページに入ります。

必要な情報が入力されないと次に進めない形式をスルガ銀行は採用していますので、全ての情報をしっかり入力するようにしましょう。

入力した情報の確認が終わると、本人確認書類を提出するページが出てきます。

このページで先に準備しておいた本人確認書類を提出してください。本人確認書類のアップロードが完了すると、スルガ銀行の口座開設申込は完了します。

この後はスルガ銀行側が手続きと審査を行い、問題がなければ1週間後にはキャッシュカードが送付されます。

ネット申し込みの流れを詳しく解説!

まずは、公式サイトの申し込みページにアクセスをしましょう。

はじめに、預金口座と併せて投資信託口座を開くか、また自動融資機能を付けるか選びます。

自動融資機能とは、口座から自動引き落としに設定していたり、デビットカードの利用時に残高が不足していたりした時、自動的に口座にお金が融資される仕組みです。

特にローンを利用している時は残高不足だと返済延滞になってしまうので、自動融資機能を付けるのはおすすめです。しかし、融資された分は利子を付けて返済しなければいけないので注意しましょう。

上記の2項目を全て選択すれば、次に申込情報の記入画面にジャンプします。

こちらでは、キャッシュカードのデザイン選択と個人情報の入力、最後に職業について記入をおこないます。

全て入力が完了したら、「次へ」をクリックしましょう。

次に、口座開設店舗とパスワード、開設目的の記入をおこなっていきます。特にパスワードは以下の5つのサービスで共通になるので忘れないようにしましょう。

  • キャッシュカード機能
  • Visaデビットカード
  • ネットバンキング仮パスワード
  • テレフォンバンキングの第1暗証番号
  • 口座開設結果確認要パスワード

最後に本人確認書類をアップロード提出

申込情報を確認・送信したら、最後に本人確認書類をアップロードします。

やり方としては、まず上で何の書類を提出するかチェックし、指定された部分を撮影しアップロードします。

写真がブレていたりすると撮り直しを要求されたりして、口座開設に時間がかかってしまうので注意しましょう。

スルガ銀行の店舗に行って口座開設

最後にスルガ銀行の店舗に行って口座開設を行う方法です。こちらはスルガ銀行の店舗が存在している都道府県に限り利用できる方法です。

もし近くにスルガ銀行の支店がないという方は、スマホアプリやパソコンからの申込を行ってください。

店舗に入りスルガ銀行の口座開設を行いたいという話を窓口で行ってください。

担当者の順番待ちとなるケースが多いため、自分の順番が来るまではゆっくりと待ってください。

順番が来ると担当者が必要な書類を持ってきます。同時にスルガ銀行に関連する説明をパンフレット等で行いますので、この説明をしっかりと聞いてください。

スルガ銀行の預金口座のみ必要な場合でも、スルガ銀行が提供しているサービスについてはしっかりと確認しておきましょう。

その後、口座開設に必要な書類の記入と本人確認書類の提出を行います。書類の記入は必要な項目すべてで行います。

わからない際は担当者の方に相談して、どのような記入が望ましいのか聞いておくといいでしょう。

本人確認書類は持っている運転免許証等を出すだけで結構です。担当者がコピーを取ってすぐに返却します。

最後に書類に印鑑を押して、必要な書類の作成が完了すると申込みが完了します。

その後口座開設が行われるまでには1週間程度の時間が必要で、後程キャッシュカード等が自宅に郵送されます。

インターネット支店で口座開設をするとマイルやTポイントが貯まっておすすめ!

スルガ銀行には、インターネット支店という実店舗を持たず、Web上のみで取引をおこなえる支店があります。

お住まいの近くに店舗がなくて利用しにくいという方は、このインターネット支店で口座開設をするのがおすすめです。

インターネット支店には、こちらの9種類があります。

支店名 特徴
ANA支店 銀行取引でマイルが貯まる「ANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットカードが発行できる
Tポイント支店 決済・銀行取引でTポイントが貯まるVisaデビットTカードを発行できる
Dバンク支店 ライフスタイルに合わせて選べる多彩なサービスや宝くじなどの楽しい特典付き
ドリームダイレクト支店 ジャンボ宝くじ付き定期預金が目玉商品
ゆうちょ専用支店 ゆうちょ銀行から申し込みができるスルガ銀行のローン取引店
ソネット支店 女性がお得に利用できるインターネット支店
ダイレクトワン支店 カードローン「ダイレクトワン」を利用する方のためのインターネット支店
OCN支店 gooポイントを貯めたい方のためのインターネット支店
リクルート支店 リクルートの各種サービスと連携したインターネット支店

上記のように、9つの支店にはそれぞれメリットがあり、自分に合ったサービスを利用することができます。
スマホから簡単に取引をすることができるので、営業時間内に来店できないお忙しい方にもおすすめですよ!

インターネット支店の注意点!4つのサービス利用が前提になる

インターネット支店で口座開設をする際は、こちら4つのサービスを利用することが前提となります。

  • 総合口座
  • Visaデビット機能付きキャッシュカード
  • デジタル通帳(Webブックフリー)
  • インターネットバンキング、テレフォンバンキング

インターネットでの口座利用をしたいだけで、キャッシュ専用カードや紙の通帳をそのまま使いたいという融通は利かないので注意しましょう。

カードローン利用時に口座開設は必要?

スルガ銀行では、カードローンの利用時に普通預金口座は必要ありません。

従って必要ないと思っている方は銀行口座を作成しなくてもいいのですが、スルガ銀行の普通口座を持っていたほうが返済手続き等で優遇されるため、できれば普通口座を作成しておきたいところです。

スルガ銀行は、他の銀行カードローンと違い、申込みの段階で引き落とし口座の指定が可能です。

指定できる銀行口座はどこでも問題はなく、スルガ銀行の普通口座を指定しなくても大丈夫です。

ただ、スルガ銀行の普通口座以外では、最小限の返済は自動的に設定されません。

返済額を抑えてカードローンの返済を行いたい場合、もしくは最小限の返済を自動的に設定してほしい場合は、スルガ銀行の普通口座を準備したほうがいいでしょう。

カードローンの際に普通口座が必要とされないスルガ銀行は、カードローンを使いたいだけなら普通口座は持っていなくてもいいのです。

ただ、返済時の面倒な手続き等、スルガ銀行の普通口座であれば簡単に完了する場合もあります。

できればスルガ銀行の口座開設も一緒に行ってください。

スルガ銀行の口座開設は色々な方法で可能!

スルガ銀行の口座開設方法は色々なものがあります。

店舗が近くにない方も安心して口座開設が行えるので、全国どこに住んでいてもスルガ銀行の口座は手に入れられるのです。

しかも来店しない場合は印鑑を準備しなくても大丈夫で、申込みにかかる負担はかなり軽減されるのです。

ただ、カードローンの利用時に普通口座を必要としないのもスルガ銀行です。カードローンを利用したいだけなら、最初からカードローンの申込を行ってもいいのです。

スルガ銀行の普通口座を持っていれば、自動的に最低限の金額が返済されるメリットもあるので、普通口座を持っていたほうが返済は楽に完了するでしょう。

口座開設の疑問があったら電話で相談しよう!

ここまで、口座開設に関する説明をしていきましたが、新たに悩みが出てきたらスルガ銀行に直接相談してみましょう。

口座に関する悩みは、アクセスセンター(総合案内)に電話をするようになります。

電話番号 0120-50-8689
受付可能時間 月~金曜日9:00~17:00(祝日を除く)

口座開設の手続きは銀行によっても違うので、わからないことをそのままにしておかず、早めに解決するようにしましょう。