スルガ銀行にはおまとめローンがない!カードローンのおまとめ利用は可能?

公開日:

生活費や急な出費でお金が足りなくなってしまい、カードローンで借り入れをするという人は少なくありません。

ついつい色々な業者から借り入れをしてしまって、返済が大変だという人もいるでしょう。そのようなときに検討するのがおまとめローンです。

スルガ銀行でおまとめローンしたいと考えている人もいるでしょうが、スルガ銀行にはおまとめローンがあるのでしょうか。

今回は、スルガ銀行でのおまとめについて詳しく見ていきます。

スルガ銀行に「おまとめローン」という商品はない

まず、スルガ銀行には「おまとめローン」というおまとめ専用の商品はありません。

そのため、複数の業者からお金を借りていて、スルガ銀行でまとめたいという場合でも専用のおまとめプランなどはありませんので注意しましょう。

しかし、スルガ銀行のカードローンは低金利で借りることができ高額融資が可能、使い道も自由なフリーローンとなっていますから、借り換えローンとして利用することは可能です。

そもそもおまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数の業者から借りている借金を一社にまとめることをいいます。

複数の業者から借りていると、それぞれに金利がかかってしまって支払うのが困難になったり、総返済額が大きくなったりとデメリットが多いのです。

おまとめローンで一社にまとめることで、かかる金利も一社のみになりますし金利も低くなります。

また、複数借りていると返済日がバラバラでわかりにくかったりどのぐらい返済しているのかわからなかったりということがありますが、おまとめローンで一本化することで返済の管理がしやすくなるというメリットもあるのです。

銀行系の低金利おまとめローンランキング!ローンをまとめて返済の利息を減らそう

スルガ銀行カードローンの基本情報

申込対象者 契約時の年齢が20歳以上70歳未満で安定した収入のある人
資金使途 使い道自由
利用期間
  • VISA機能付き:5年ごとに更新審査
  • VISA機能なし:1年ごとの自動更新
団体信用生命保険 ガン保障特約付き消費者専用団体生命保険に加入可能(保険料銀行負担)
利用限度額 10万円~800万円(50万円以上の借入時は収入証明書の提示が必要)
利率年利 3.9%~14.9%
返済方法 専用カードによる入金(スルガ銀行口座から引き落としも可能)
返済期日 毎月1日

このように、スルガ銀行カードローンは低金利で保険などの保証も充実しているのが特徴です。

スルガ銀行カードローンは保険・保障が充実!

スルガ銀行カードローンの一番の特徴は保険や保障が充実しているということでしょう。

スルガ銀行では、万が一返済途中で死亡、または高度障害状態になってしまったという場合でも、保険でローンを全額返済することができる消費者信用団体生命保険に加入することが可能になっています。

また、ガン保障付きなのでガンと診断された場合も保険でローンを全額返済することができ治療に専念することができるのです。

万が一の時の備えができるという点はメリットでしょう。

銀行カードローンの審査難易度は厳しい!その理由は?

銀行カードローンの審査難易度は消費者金融カードローンに比べると厳しいとされています。これは、銀行カードローンの方が金利が安く設定されているということが関係しているのです。

一般的に、金利が低ければ審査難易度は上がり、金利が高くなれば審査難易度は低くなります。ですから、消費者金融に比べて金利が低く設定されている銀行カードローンの審査は比較的厳しいものになっているのです。

審査基準としては返済能力があるか、金融事故などを起こしていないかということが重視されるでしょう。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

低金利のカードローンほど審査は難しい

金利によって審査基準は厳しくなりますから、低金利であればあるほど、その審査難易度は上がっていくでしょう。

金利を低くすることで、顧客から得られる利息は少なくなりますから、銀行側の利益は薄くなります。

そのため、銀行側としても確実に返済してくれる、返済能力や信用度が高い人に貸したいという意識が働き、審査の難易度が上がってしまうのです。

少しでも金利の低いところで借りたいと思う人も多いでしょうが、返済能力などに自信がない場合は厳しいかもしれません。

2018年以降銀行カードローンの審査基準は更に高くなる!

2018年の1月から、銀行カードローンでは新たな審査を始めています。

これは、銀行カードローンと警察が情報機関を設立して審査に利用するというものになります。

新たな情報機関では警察のデータベースを利用して、申込者の犯罪歴なども調べることができるようになったのです。

そのため、今までの審査では問題なかった人でも、審査基準に引っかかってしまうという可能性があります。

犯罪歴や近親者に反社会的勢力に入っている人がいる、ということでもなければ問題はないでしょうが、今までとは違い審査基準が高くなるので注意が必要です。

スルガ銀行カードローンはおまとめ利用できる?

スルガ銀行カードローンにはおまとめローンという専用商品はありませんが、通常のカードローンをおまとめローンに利用することは可能になっています。

スルガ銀行カードローンは使い道自由のフリーローンとなっていますから、借金を一本化したいというような使い道であっても問題なく利用することが可能なのです。

おまとめローンへの利用は不可というような制限はありませんから、スルガ銀行カードローンで現在借り入れしている金額を借りて、その金額で他社へ返済することでおまとめローンをすることができるでしょう。

また、おまとめローンとして利用したい場合には、申し込み後オペレーターに借金の一本化で利用したいということを伝えるようにすると、スムーズに借り入れできる可能性もあります。

高額な借り入れのおまとめはほぼ不可能

カードローンをおまとめに利用することは可能ですが、借りている金額が多くて高額のおまとめになってしまうという場合には、スルガ銀行カードローンでおまとめすることはほぼ不可能だといわざるを得ません。

基本的に、カードローンの初回借入限度額は50万円以内に収まることがほとんどです。

年収や属性にかかわらず初回は50万円以下ということが多いので、50万円を超えるような高額になるおまとめローンをすることは難しいでしょう。

おまとめ利用をするには一定以上の収入が必要

おまとめ利用したいと思うのなら、一定以上の収入が必要になってきます。

借り入れ希望額は50万円を超えるということであるのなら、返済能力や申込者の属性、ステータスなどが重要になってきます。

きちんと返済していけるだけの収入があるのか、金融事故などは起こしていないか、といったことが見られることになるでしょう。

信用力が問われることになりますので、収入や属性に自信がない場合には高額の融資は難しいかもしれません。

また、50万円を超える借り入れの場合には収入証明書の提出が義務付けられています。そのため、給与明細書や源泉徴収票などを用意しておく必要があるでしょう。

銀行ローンのおまとめ利用は難しい!消費者金融おまとめローンがおすすめ

銀行ローンをおまとめ利用するのは、その審査基準や難易度から難しいとされています。

ですので、おまとめローンをしたいという場合には、消費者金融でのおまとめを検討した方がいいでしょう。

消費者金融では、おまとめ専用のプランや商品を展開しているところも多くあります。

通常のカードローンを利用するよりもおまとめ専用ローンを利用した方が審査難易度も下がりますから、銀行ローンが難しい場合には消費者金融でのおまとめも検討してみましょう。

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ

消費者金融おまとめローンを使った結果をシミュレーション

消費者金融のおまとめローンを利用した場合にはどのようになるのか、アイフルの「おまとめMAX」を例にとってシミュレーションしてみましょう。

まず、おまとめMAXの利用限度額は1万円~800万円、金利は年利3.0%~17.5%となっています。

今回は、おまとめローンの金利が15%と仮定してシミュレーションしていきます。A社から金利18.0%で30万円を借り入れし毎月の返済額が11,000円、B社から金利17.0%で60万円を借り毎月の返済額が16,000円、C社から金利16.0%で90万円、毎月の返済額が23,000円だとしましょう。

すると、毎月の返済額は50,000円、総借入額が180万円ということになります。

これをアイフルのおまとめMAXで一本化すると、アイフルから180万円を借りていることになり金利が15%に下がります。

そのため、利息分が減りますから元本を多く返済していくことが可能になるでしょう。

毎月の返済金額としては、7年3か月で返済すると仮定すると、月34,000円の返済となり16,000円も月の返済額が下がることになります。

返済金額は返済期間によっても変わりますので、支払いを軽くしたい場合には返済期間を長く設定します。

このように、おまとめローンを利用することで、利息分の支払いを軽くするだけでなく毎月の返済額も少なくすることができて、計画的に返済していけるようになります。

人気の消費者金融おまとめローンランキング!

1位 アイフル「おまとめMAX」

貸付対象者 満20歳以上の安定収入を有する方
資金使途 アイフルか他社借り入れ金の借り換え
貸付利率 年3.0%~17.5%
遅延損害金 20.0%(実質年率)
限度額 最大800万円
各回の返済額 おなじ金額(固定金額)が適用
返済期間・回数 最長10年・最大120回
担保・連帯保証人 不要
必要書類
  • 他社借り入れ条件・状況が確認できる書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

アイフルは消費者金融大手ですので、知名度が非常に高く利用者も多い消費者金融になっています。

アイフルのおまとめMAXは審査基準が比較的甘めなので、複数社から借りているという場合でも使いやすいでしょう。

また、土日であっても即日対応してくれますし、審査時間も最短30分とスピーディーに利用できることも特徴です。

ですので、急いでおまとめしたいという人にも向いているでしょう。

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」「かりかえMAX」を徹底分析!審査条件・借り換えまでの流れ

2位 プロミス「おまとめローン」

申し込み条件 年齢20歳以上、65歳以下の安定して収入がある人
※ただし、主婦や学生のような場合でも、パートやアルバイトによる安定した収入がある場合は申込みが可能
融資額の上限 300万円
資金使途 他の貸金業者からの借入金返済
返済方法
  • 口座振替
  • 提携ATM
  • プロミスATM
  • インターネット
  • プロミス店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • コンビニ(マルチメディア端末)
返済日 5日、15日、25日、末日の中から、自分の都合に合わせて選ぶことが可能
担保・保証人 必要なし

こちらも消費者金融大手になっています。

プロミスのおまとめローンは、アイフルと同様に消費者金融の中でも審査が甘めだといわれていますから、どのような方でも使いやすくなっているのが特徴です。

利用限度額は300万円と他社よりも小さくなっていますが、金利が6.3%~17.8%と広範囲に設定されているので、高額のおまとめをしたいという場合にはほかの消費者金融おまとめローンよりも低金利で利用できる可能性があります。

プロミス「おまとめローン」のメリット・デメリットと審査の流れ【口コミ・評判】

3位 ノーローン「かりかエール」

実質年率 12.0%~18.0%
審査時間 最短20分
限度額 400万円
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 電話申し込み
  • 郵送
  • 来店申し込み

ノーローンのかりかエールは、金利12.0%~18.0%となっており、金利は標準レベルですからそこまでメリットはありません。

しかし、パートやアルバイトでも申し込みOKですので、申し込み条件が緩いのが特徴です。

ほかのおまとめローンに申し込めなかったという人でも利用できる可能性がありますので、気軽に相談してみるといいでしょう。

審査時間は最短20分と素早いのも特徴ですから、早く結果を知りたいという人にも向いています。

ノーローンのおまとめローン「かりかエール」の審査・内容を徹底解説!

どのおまとめローンを使うか迷った方へ!おすすめの相談先

色々なおまとめローンがありすぎて、結局どこを使ったらいいのかわからない、自分に最適なおまとめローンを探したいという人も多いでしょう。

そんな時に誰かに相談したいと思っても、相談できる場所があるのかわからないという人も少なくありません。

おまとめローンの利用で迷った場合には、3つの相談先があります。

公平な意見を聞きたい場合には、消費生活センター多重債務相談窓口、日本クレジットカウンセリング協会、日本貸金業協会、この3つのどれかに相談するといいでしょう。

消費生活センター多重債務相談窓口

こちらは、消費生活センターの中でも多重債務者に特化した相談窓口になっています。

消費生活センターは全国にありますし、面談での相談だけでなく電話相談も受け付けていますから、どのような地域に住んでいても相談しやすいでしょう。

多重債務の特設窓口ではなく、一般の窓口でも相談を受け付けています。

もちろん相談は無料ですし秘密厳守ですので、困っているときに気軽に相談できるという特徴があります。

日本クレジットカウンセリング協会

日本クレジットカウンセリング協会では、クレジットや消費者ローンなどで多重債務に陥ってしまった方のカウンセリングをしています。

電話相談やカウンセリングは無料なので、こちらも気軽に相談することができるでしょう。

希望があれば無料で任意整理や家計管理の手伝いをしてくれるので、任意整理も検討している、家計の管理がうまくいかずに返済計画が立てられないというような場合でも、便利に使うことができます。

相談室は大都市中心に開設されていますので、直接話して相談したい場合にはホームページなどで開設場所をチェックしてください。

日本貸金業協会

日本貸金業協会は、貸金業者が加入して運営している法人団体です。

貸金業における自主規制規則の制定、広告や講習といったことだけでなく、債務相談なども行っています。

多額の借金をしてしまって困っている、複数社から借りて返済が困難といった相談にもしっかりと対応してくれますし、必要であればほかの相談機関の紹介なども行っているので、どこに相談したらいいのかわからないという場合には一度相談してみるといいでしょう。

多重債務の再発防止を目的としたカウンセリングなども行っていますから、借金の整理はできたけれどもまた借りてしまいそうで不安という人にもおすすめです。