スルガ銀行カードローンの審査に落ちた!考えられる理由と対処法

公開日:

スルガ銀行カードローンの審査に落ちてしまったら、何が悪かったのかしっかり原因を突き止めましょう。

どのような人が審査に落ちるのか、その特徴がわかれば有効な対策をうつことができるとともに、審査の時間も短くおさえることができます。

審査落ちの原因がいつまでもわからないままだと、他社のカードローンにも落ちる可能性があるので十分注意しなければなりません。

ここでは、スルガ銀行カードローンの審査に落ちた理由と対処法について紹介していきます。

スルガ銀行の審査は2つのポイントで判断される

スルガ銀行の審査は、「属性情報」と「信用情報」の2つのポイントを重視して結果を出しています。

そのため、これまでスルガ銀行カードローンの審査になかなか通らなかった人は、この2つのポイントで何か問題があったといえるでしょう。

逆にいえば、審査のポイントはこの2つしかないので、ここをきちんと抑えておけば、審査に通過することは十分可能です。

審査が特別厳しいというわけではないので、きちんと対策すれば審査に通過する確率も高くなります。

審査する際は、申し込み情報をもとにスコアリングするため、一定の点数に届かないと審査落ちとなります。

属性情報と信用情報の両方の成績が悪いと、高い確率で審査落ちとなってしまうので注意しなければなりません。

これからスルガ銀行のカードローンに申し込む人は、自分の属性情報と信用情報に問題がないか、事前にチェックしておきましょう。

どちらも満点を取る必要はありませんが、低い点数になることは避けなければなりません。

属性情報

属性とは、生年月日や勤務先、年収や雇用形態など、申込者のステータスのことを指します。これらのステータスを細かく採点して、総合的に審査結果が出されます。

スルガ銀行カードローンでは、専業主婦やアルバイト、パートや年金生活者でも申し込み可能なので、属性の審査基準はそれほど高くないといえます。

ただし、これはあくまで審査に落ちない目安であり、他の項目で何か悪い部分があると、すぐ審査落ちになってしまうこともあるので注意しなければなりません。

属性情報は総合的に判断されるため、多くの項目で高得点を得ることが大切です。

信用情報

審査を行う際は、信用情報機関に問い合わせて、過去のクレジットカードの利用状況や延滞情報などが確認されます。

そのため、過去にローン返済を延滞したことがあったり、消費者金融とトラブルがあると、審査落ちになる可能性が高くなります。

現在延滞している支払いがあるなら、その支払いをきちんとすませてからカードローンに申し込むようにしましょう。

年収や他社借入額を虚偽申請しても、信用情報機関に問い合わせて確認すればすぐにバレてしまうので、申し込む際はきちんと正しい情報を記載することが大事です。

記載内容に誤りがあると、自分の印象が悪くなるだけでなく、限度額が低くなったり、最悪の場合審査落ちになることもあるので十分気をつけなければなりません。

審査で最も重視されるのは「年収」

カードローンは、貸したお金を返してくれることが重要なので、審査の段階では年収が最もチェックされます。

初回申し込みで得られる限度額は年収の10%程度なので、10万円の枠がほしいなら最低でも100万円の年収が必要になります。

ただし、年収が高いからといって必ず審査に通るわけではありません。年収の額よりも安定性が重視されるため、日雇いバイトや週払いのバイトでは審査に通るのは難しくなります。

逆に年収が少なくても、毎月きちんと収入があれば審査を通過するのは十分可能です。

自営業者の場合、月によって収入の額にバラつきがあるため、サラリーマンに比べて審査も厳しくなりがちです。ただ、勤続年数が長ければ、勤続年数が少ない人よりも信頼性が増すので、審査も通過しやすくなります。

スルガ銀行カードローンの審査に落ちる理由は大きく分けて4つ

スルガ銀行カードローンの審査落ちした人には、大きく分けて4つの特徴があります。

まず1つ目は、属性が審査基準を満たしていない点です。年収が少なすぎたり勤続年数が短いと、審査落ちとなる可能性があるので十分注意しなければなりません。

2つ目は、信用情報にキズが付いている点です。クレジットカードやローンについて、延滞などの事故情報があると審査落ちの可能性が高くなります。

3つ目は、希望借入額です。希望借入額が大きすぎると審査が厳しくなるため、審査に落ちる可能性も高くなってしまいます。

4つ目は、他社借り入れ件数と金額です。他社借り入れ件数と金額が多すぎると返済不可能と判断され、審査落ちとなる可能性もあるので気をつけましょう。

属性が審査基準を満たしていない

年収が低かったり、勤続年数が数ヶ月しかない場合など、申込者自身が審査に通るかギリギリの状況にいる場合は、通常よりも審査に時間がかかってしまいます。

仮に審査に通過したとしても、限度額はかなり低く設定されることは覚悟したほうがいいでしょう。

審査に通過したいのであれば、属性のスコアを上げるしかありません。

勤続年数が2〜3ヶ月の短期間しかないと審査に通過しづらくなるので、もう少し長く働いてから申し込むか、前の職場を辞める前に申し込む方が得策です。

自営業の場合でも、持ち家だったり親と同居しているとスコアが上がるので、審査に通過する確率も高くなります。

信用情報にキズが付いている

過去に借金の返済延滞や事故があると、審査に時間がかかるので注意しましょう。

過去の情報を消すことはできませんが、少なくとも現在延滞している分はすべて支払ってしまってから申し込むようにしましょう。

延滞したままの状態で申し込んだところで、審査に通過する確率は低いので、現在利用しているクレジットカードやローンなどに延滞がないかどうか確認しておくことが大事です。

携帯電話料金の支払いにも注意が必要です。携帯電話料金の支払いが延期していると、その情報が信用情報に記載されるため、審査する際にマイナスとなってしまいます。

信用情報には、直近5〜10年の金融取引内容が記載されているため、この間に大きなお金のトラブルがあった場合は、審査落ちになる可能性が非常に高くなります。

特に過去5年以内に債務整理をした場合は、即審査落ちとなってしまいます。

事故情報は5〜10年間保有されるため、その間はどのカードローンの審査にも通過することができません。審査に通過するには、事故情報が消えるまで待つしかありません。

希望借入額が大きすぎる

希望借入額が多いと、その分求められる収入が大きくなるため、審査も自ずと時間がかかってしまいます。確実に審査に通過したいのであれば、希望借入額は少なめに設定しましょう。

年収500万円であれば、希望借入額は50万円程度におさえておきましょう。年収に無理のない範囲で希望借入額を設定すれば、審査も通過しやすくなります。

借入額を増やしたいのであれば、ローンの審査に通過してから毎月きちんと返済して、信頼度を高めていくしかありません。最初から希望借入額を大きく設定する必要はないので、低めに設定してから申し込みましょう。

ただ、自営業者は安定収入としてみなされないため、年収が多くても希望借入額の審査は厳しくなりがちです。

特に事業を始めたばかりの人は、今後事業がうまくいかなくなる可能性があるため、審査も時間がかかります。自営業者が審査にスムーズに通過するには、最低でも2年以上の事業年数が必要です。

他社借り入れ件数・金額が多すぎる

カードローンの審査では、他社借り入れ件数や金額が重視されるため、借り入れが多いと審査基準が厳しくなり、結果が出るまで時間もかかってしまいます。

他社借り入れが多い人にお金を貸しても多重債務者になる恐れがあるので、どうしても審査は厳しくなりがちです。

特に、年収の3分の1以上の借り入れがある場合は要注意です。この場合は、返済能力が低いとみなされ、審査落ちする可能性が非常に高くなります。

ただ、実際の借り入れ金額が少なくても、審査は通常より厳しくなるので気をつけなければなりません。

もう使っていないカードローンやクレジットカードがあるなら、解約手続きをすませてからスルガ銀行カードローンに申し込みましょう。

スルガ銀行の審査に落ちる人の多くは「属性不足」

審査落ちになる人のほとんどは、低年収や無職などのスペック不足が原因です。

アルバイトや派遣社員などの非正規雇用は、収入の継続性に問題があるので、審査で不利になりがちです。

転職を何度も繰り返している人も注意しなければなりません。30歳や40歳を過ぎているのに勤続年数が1年未満だと、また転職する可能性があるとみなされ、審査落ちになる可能性が高くなります。

これはスルガ銀行の審査に限らず、どのカードローンでも同じことなので、スムーズに審査に通過したいなら働き方を考え直さなければなりません。収入を増やすよりも、安定した収入を得ることが大事です。

雇用期間が無期限の正社員であれば安定した収入があるとみなされ、審査の段階でも有利になるので、今働いている職場で正社員の募集があるなら、積極的に応募してみましょう。

スルガ銀行に落ちたあと消費者金融を受けるのはアリ?

一般的に、銀行のカードローンに落ちたら消費者金融に申し込む流れが多いですが、本当に審査に通るのか、事前にきちんと確認しておくことが大事です。

銀行のカードローンよりも消費者金融のほうが審査が甘いと言われているので、「消費者金融なら大丈夫だろう」と思っている人がいるかもしれません。

ただし、甘い考えは禁物です。銀行のカードローンに落ちた人は属性不足ということなので、消費者金融の審査にも落ちる可能性が十分にあります。

一旦自分の属性を見直してから、消費者金融に申し込むべきか慎重に判断することが大事です。”

大手消費者金融の審査通過率は50%を切る!

大手消費者金融では審査通過率を公開していますが、近年では50%を切っているので、審査に通過しない可能性も十分あります。

大手消費者金融の2017年度全体の新規貸付率を見てみると、アコムは48.0%、プロミスは43.1%、アイフルは45.3%となっているので、各社にそれほど大きな違いはありません。

ただ、約半数の人は審査に通過できないということになるので、「消費者金融だから大丈夫」という考えは捨てた方がいいでしょう。

銀行カードローンの通過率は10〜20%なので、それに比べれば消費者金融の審査通過率は断然高いですが、属性が低いと消費者金融でも審査に落ちる可能性があるので、十分気をつけなければなりません。

銀行の審査に落ちた人が集まってくる可能性が高い

消費者金融には、同じように銀行の審査に落ちた人が集まってくる傾向があります。その中の6割が審査に落ちているので、申し込む前に一度、審査落ちの原因を見直すことが大事です。

消費者金融の審査基準は会社ごとに異なるので、微妙なラインにいる人であれば、別の会社に申し込むことで審査に通過する可能性もあります。

ただし、明らかに信用度の低い人は、どこでも審査落ちとなってしまうので注意しなければなりません。属性に問題がないか、過去に事故がなかったかどうか、もう一度チェックしてみましょう。

結論:消費者金融も審査通過は簡単じゃない!

消費者金融とはいえ、審査は決して甘くありません。特に年収や勤続年数、信用情報に問題があると、消費者金融でも審査に通過するのが難しくなってしまうので注意が必要です。

属性の低さで審査落ちとなることがないように、自分の属性を一度見直して、事前に審査対策をしっかり行っておきましょう。

勤続年数が半年以内だったり、賃貸に住んでいると審査で不利となってしまうので、できれば事前に改善してから申し込みましょう。

今後収入が増えたり正社員になる可能性があるなら、そのタイミングで申し込むのが有効です。属性のランクがアップすれば、審査に通過する可能性も高まります。

審査にもう落ちたくない人はダイレクトワンがおすすめ!

ダイレクトワン

金利(実質年率) 4.9%~20.0%
審査時間 最短30分
限度額 200万円
申し込み方法
  • ネット
  • 電話
  • 来店
無人契約機
手数料 108円~216円
提携ATM
  • コンビニ
  • 銀行
女性向けローン

ダイレクトワンはスルガ銀行グループのカードローンですが、消費者金融系のカードローンなので、審査基準は消費者金融とさほど変わりません。

銀行のカードローンほど審査が厳しくないので、安定した収入があって、信用情報に傷がない人であれば、審査に通過することは十分可能です。これまで他社の審査に落ちていた人は、ダイレクトワンに一度申し込んでみるといいでしょう。

安定した収入があれば審査を受けることができるので、パートやアルバイトの人でも申し込むことは可能です。

問題がなければ最短30分で審査が終わるので、即日融資も可能になります。急いでいる人は、平日の午前中に申し込みをすませておきましょう。

審査をスムーズに終わらせるためには、在籍確認をしっかりクリアにすることも大事です。電話に出られないと、審査を終了することができなくなってしまいます。最悪の場合、審査落ちになる可能性もあるので、きちんと電話に出られる状態にしておきましょう。