スルガ銀行カードローンの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人の特徴

公開日:

スルガ銀行カードローンの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人の特徴

普段からスルガ銀行を利用しているから、カードローンを申し込みたいけど、審査に通るか不安…。

そんなあなたのために、この記事ではスルガ銀行カードローンの審査基準を解説し、審査に落ちる人の特徴をまとめています。

銀行のカードローンということで、消費者金融と比べると審査基準は厳しいですが、審査基準を満たしておけば、パートやアルバイトの方でも審査に通過することは可能です。

まずはスルガ銀行カードローンの審査基準が、他の銀行と比べてどの程度なのか解説していきます。

スルガ銀行カードローンの審査基準は一般的

スルガ銀行カードローンの審査基準は、銀行カードローンの中では一般的といえるでしょう。

カードローンの審査基準を見極める目安として、金利が高いか低いのかというのは一つのポイントです。

金利が低いカードローンの方が、お金を貸すことで得られる利益が少ないため、審査基準を厳しくして、確実に返済できる人しか貸し付けしないようになります。

スルガ銀行カードローンと、他の銀行カードローンの金利を比較した表は以下の通りです。

カードローン名 金利
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
楽天銀行カードローン 年1.9%~14.5%
静岡銀行カードローン 年4.0%~14.5%
関西アーバン銀行カードローン 年3.9%~14.9%
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6%
新生銀行カードローン「レイク」 年4.5%~18.0%
スルガ銀行カードローン 年3.90~14.9%

※スルガ銀行カードローンの金利については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

スルガ銀行カードローンの金利は低い?他社と徹底比較した結果!

このように、スルガ銀行カードローンの金利は、他の銀行と比べて決して低いとはいえず、どちらかといえば若干高いくらいです。

そのため審査基準も平均的、もしくは若干甘いことが推測できます。

保証会社が多いからチャンスも多い?

スルガ銀行カードローンでは、3つの保証会社が保証審査を行っています。

銀行カードローンでは、銀行の審査だけでなく、保証会社の審査にも通らなければ融資を受けることはできません。

※スルガ銀行の保証会社については、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

スルガ銀行カードローンの保証会社を徹底解説!保証審査の基準とは?

そのため保証会社が3つあるといえば、審査基準が厳しいような気もしますが、実はその逆でお金を借りる側としては保証会社が多い方が審査は有利です。

3つある保証会社のうち、1社でも保証審査に通ることができれば融資を受けることができるので、保証会社が多ければ審査に通るチャンスも増えるのです。

銀行カードローンの多くは、1~2社の保証会社しか利用していないので、スルガ銀行カードローンはその分審査基準が柔軟といえます。

メガバンクとの審査基準の違いは?

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクのカードローンと比べて、地方銀行のカードローンの方が、顧客の利用状況などを見て審査を行っていると言われています。

メガバンクでは規模も多く申込件数も多いため、審査は保証会社である大手消費者金融にお任せしているのが現状です。

一方スルガ銀行のような地方銀行であれば、銀行側も顧客の利用状況を調べて入念に審査を行い、優良な顧客であれば保証会社にもプッシュをしてくれます。

そのため普段からスルガ銀行を利用しており、給与の振込先に指定しているような方は、審査で有利になることがあります。

スルガ銀行カードローンの場合、全国のコンビニATMと提携しているので、旅行先でも便利に利用することができます。

そのため普段からスルガ銀行を利用している方は、無理してメガバンクに申し込むのではなく、スルガ銀行カードローンへ申し込むことをおすすめします。

スルガ銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴

ここからはスルガ銀行カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴を解説していきます。

これから申し込みをしようと考えている人の中で、一つでも当てはまる項目がある方は、問題が解決するまで申し込みは控えた方がいいでしょう。

申し込み基準を満たしていない

  • 契約時の年齢が満20歳から70歳以下の方
  • 安定した収入のある方

スルガ銀行カードローンの申し込み条件は上記の通りです。

これらの申し込み条件を満たしていない方は、スルガ銀行の審査には通らないと考えてください。

特に年齢制限は対策のしようがないので、未成年の方や70最上の方はスルガ銀行カードローンはあきらめた方がいいでしょう。

収入面ではパートやアルバイトでも、毎月給与を貰っていればOKですが、無職の方は審査に落とされてしまいます。

専業主婦の場合、配偶者に安定した収入があれば、スルガ銀行カードローンの審査に通ることができます。

信用情報に傷がついている

信用情報に傷がついている場合、スルガ銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。

信用情報とは金融機関同士が共有している顧客情報で、過去に返済の延滞や、他社の審査に落ちた場合、信用情報に記録が残されてしまいます。

こうして信用情報に審査に不利な情報が記録されることを、信用情報に傷がついたと表現し、当然信用情報に傷がついていると審査に通りづらくなります。

信用情報に傷がつく原因は主に以下の通りです。

  • 返済に延滞したことがある
  • 債務整理をしたことがある
  • 利息を待ってもらったことがある
  • 家族に借金を立て替えてもらったことがある
  • 虚偽の申し込みをしてばれたことがある

このように金融機関との取引でトラブルを起こした場合、信用情報に不利な情報が残り、スルガ銀行カードローンの審査にも落ちやすくなります。

他社借入が多い

信用情報には現在利用している金融機関の情報も残っており、他社借り入れが多いと審査でも不利になってしまいます。

一般的に他社借り入れが3件以上あると、銀行や大手消費者金融の審査には通りづらくなるといわれています。

そのため他社借り入れが3件以上ある方は、おまとめローンなどを活用して、借金を一本化することをおすすめします。

借金返済が理由でカードローンへ申し込んでいる方は、借金を一本化することで返済が楽になり、新たに借金をする必要がなくなるかもしれません。

※おまとめローンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

おまとめローンを利用すべき人の条件!審査に通りやすくなるコツ

年収の1/3以上は借り入れできません

またカードローンの審査では、借入件数だけでなく、年収のうちどれくらい借金を抱えているかも重要なポイントです。

消費者金融の場合、貸金業法で定める総量規制によって、年収の1/3以上は貸し付けできないようになっています。

銀行カードローンでも、近年過剰貸し付けが問題視されており、審査基準を厳しくする動きが強まっています。

スルガ銀行カードローンでも、年収の1/3近く借金がある方は、新たに借り入れできないと考えていいでしょう。

基本的に年収の1/3以上の借金は、無担保ならどの金融機関からも借り入れできないようになっています。

専業主婦は配偶者に安定した収入があればOK

年収の1/3以上借りられないということで、専業主婦はどうなるんだと不安に思った方もいるかもしれませんが、専業主婦の場合、配偶者に安定した収入があれば融資はOKです。

消費者金融では総量規制があるので、自身に収入のない専業主婦には原則的に融資を行っていませんが、銀行は総量規制の対象外だからです。

そのため配偶者に安定した収入があり、返済能力があると認められれば、審査に通る見込みが高いです。

特に普段からスルガ銀行の口座を利用している方は、審査に通る可能性は高いと考えていいでしょう。

2018年1月からさらに審査基準は厳格化

2018年の1月から、銀行カードローン業界ではさらに審査基準を厳格化すると発表されました。

警察との協力のもと新たに第三の審査機関を設立し、警察のデーターベースも用いて、審査を行うことになったからです。

近年の銀行カードローンは過剰貸付だけでなく、反社会勢力や犯罪組織への資金流出も問題視されていました。

そのため警察と協力して、顧客の犯罪履歴なども調べて、審査に反映させるようにしたのです。

一般の方であれば、審査に影響する部分は少ないですが、前科のある方などは内容によっては審査で不利になる可能性もあります。

またあらたに審査機関が加わることで、審査にも1週間程度かかるようになると予測されます。

来年からは原則的に即日融資を受けることはできなくなったと考えていいでしょう。

スルガ銀行カードローンの審査に落ちたら?

ではスルガ銀行カードローンの審査に落ちてしまったら、一体どうすればいいのでしょうか。

基本的に審査に落ちてしまった金融機関へ、再び申し込んだ場合、よっぽど状況が改善されていない限り、審査に通ることはありません。

そのため一度審査に落ちたのであれば、他社へ再申し込みすることをおすすめします。

ここからはスルガ銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合の、対処法を紹介していきます。

最低半年は再申し込みまでの期間を空ける

スルガ銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、最低でも半年間は再申し込みまでの期間を空けるようにしましょう。

カードローンへ申し込んだ記録は、信用情報に半年間は記録されるようになっています。

そのため半年の期間内に再申し込みをしても、他社の審査に落ちていることが相手にばれてしまうのです。

再申し込みの審査で問題なかったとしても、他社の審査に落ちていることがばれたら、心証はかなり悪くなります。

そのためカードローンの審査に落ちたあとは、最低でも半年は期間を空けることをおすすめします。

消費者金融へ申し込むのもアリ

先ほど説明しましたが、スルガ銀行カードローンの審査基準は、他の銀行と比べても平均的です。

そのため他の銀行カードローンへ申し込んだとしても、再び審査に落ちる可能性は高いです。

そこで確実にお金が必要なのであれば、消費者金融へ申し込むことも検討しましょう。

消費者金融は銀行カードローンよりも審査基準は甘いので、一度審査に落ちた方でも融資を受けられる可能性があります。

また大手消費者金融であれば、最初の30日間は無利息となるので、少しの間だけお金が必要なのであれば、消費者金融もおすすめです。