富山第一銀行カードローンのメリット・デメリットと審査の流れ【口コミ・評判】

公開日: 最終更新日:

富山第一銀行カードローンは、銀行カードローンの一つ。

契約してローンカードを使えば、必要な時に必要な分だけ、資金の借り入れができるのです。

富山第一銀行カードローンの場合、用途に応じてさまざまな使い方が可能。例えば教育資金として、また家のリフォーム資金に当てることもできるのです。

以下の記事では、富山第一銀行カードローンのメリットやデメリット、審査の流れ、実際に利用した人の口コミや評判などを解説します。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

富山第一銀行カードローンのスペック

借入期間 1年間※原則1年単位での自動更新
使用用途 事業資金を除き自由に使用できます
金利 2.8%~13.8%
遅延損害金 年15.0%
担保および保証人 不要※保証会社の保証を利用するため
保証料 金利に含む
返済条件の変更 不可
審査時間 最短翌日の回答
限度額 30万円~1000万円

  • ※借入限度額は審査状況により異なる
  • ※専業主婦の限度額は30万円が上限
申し込み方法 ネット申し込み、電話、郵送
無人契約機 なし
取扱手数料 なし
提携ATM イーネットATM、ローソン銀行ATM、セブン銀行ATM
女性向けローン なし

富山第一銀行カードローンの申し込み条件

富山第一銀行カードローンの申し込み条件は、まず個人であること。次に、富山第一銀行が指定する保証会社の保証を受けられることです。

この保証会社とは、株式会社オリエントコーポレーションをさします。

また、契約したときの年齢が、満20歳以上満65歳以下であることや、安定的かつ継続的な収入があることも条件に含まれるのです。

これらの条件をすべてクリアすることで、初めて富山第一銀行カードローンに申し込むことができます。

条件さえ満たせば、雇用形態がパートやアルバイトの方や、主婦の方でも申込可能です。ただし学生だけは、申込み不可となっています。

富山第一銀行カードローンのメリット

富山第一銀行カードローンのメリットはいくつかあります。初心者でも安心してカードローンを利用できるシステムが、大きな特徴です。

  • 富山第一銀行に口座を持っていなくても申込可能
  • 借入金は何に使っても大丈夫
  • 初心者が安心できる返済方法

富山第一銀行に口座を持っていなくても申込可能

富山第一銀行カードローンは、Webから申込みすることが可能です。その場合、回答があるのは最短で翌日となります。

回答はメールで届くので、仕事が忙しくて電話に出られない人でも問題ありません。

ただし、最速で回答をもらうためには、富山第一銀行に口座を開設しておく必要があります。

また、カードローンの融資申し込みを、銀行の営業日に行わなければなりません。それでも理由によっては、審査の回答が遅くなる可能性もあるので、ご注意ください。

富山第一銀行に口座を持っていることと、借入限度額300万円までという条件が揃えば、Web完結で行えます。

Web完結とは、カードローンへの申込みから契約まで、すべての手続をインターネット上で行い、完了することです。Web完結した後には、ローンカードが自宅に郵送される手はずとなります。

ただし、ローンカードの受け取りは大事なことなので、本人が受け取らなくてはなりません。

またWeb申し込みだけなら、富山第一銀行に口座を持っていなくても問題なく行えます。

カードローンの融資を申し込む際に、富山第一銀行の普通預金口座を開設する手続きも同時に行えるからです。普通預金口座を開設する場合は、後日郵送されてくる書面に必要事項を記入して、返送する必要があります。

つまり富山第一銀行に口座があってもなくても、24時間いつでもWebからカードローンの申込みをすることが可能なのです。申し込みのために来店する必要はありません。

借入金は何に使っても大丈夫

富山第一銀行カードローンで借り入れたお金の使い道は、事業用途でない限り基本的に自由です。

例えば自己投資に使ったり、自分や家族の医療費に当てたり、結婚や新生活の準備資金にしたりできます。

少額だけ融資を受けて、趣味やレジャーの費用に当てて日常を充実させたり、飲み会やパーティーの費用にしたりすることも可能です。

初心者が安心できる返済方法

借入残高が30万円以下の場合、月々の返済額は5000円で済みます。

30万円超~50万円以下の借入残高だとしても、月1万円の返済でいいのです。

少ない負担で無理のない返済計画を立てられるため、初めてカードローンで融資を受ける初心者も安心できます。

富山第一銀行カードローンのデメリット

富山第一銀行カードローンにはデメリットもあります。主に他のカードローンと比較した際に見劣りするポイントを解説します。

  • 融資を受けるまでに時間がかかり、即日融資は不可能
  • 融資審査に通るのが比較的難しい
  • 自動契約機がない

融資を受けるまでに時間がかかり、即日融資は不可能

富山第一銀行カードローンでは、原則として即日融資ができません。

これは富山第一銀行だけに限らず、すべての銀行カードローンに共通するデメリットです。

即日融資どころか、即日審査も行ってはいけないと、国によって定められています。例えば消費者金融系のカードローンであれば即日審査・即日融資を売りにしているところも少なくありません。

また、もし契約時に富山第一銀行の口座を開設していない場合、普通口座を新規開設する必要があります。

富山第一銀行に普通口座を開設する場合は、郵送による書類のやり取りが発生するため、融資を受けるまでのタイムラグがさらに大きくなるでしょう。

これは、一刻も早くお金が必要な人にとっては、デメリットとなります。

融資審査に通るのが比較的難しい

富山第一銀行カードローンの融資審査に通るのは、比較的難しいと言われています。

もちろん融資審査の基準は公表されていません。しかし一般的にカードローンの審査は、低金利であるほど審査が厳しくなると言われているのです。

富山第一銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも低金利の部類に属します。
審査が厳しいとはどういうことでしょうか。

たとえば富山第一銀行カードローンの融資を申し込める条件には、「安定して収入を得ていることが必要」とあります。

この「安定」という表現は、いささか抽象的であり人によって解釈がさまざまです。

フリーランスの仕事をしていて毎月の収入がバラバラの場合、いくら大金を稼いでいても「不安定」と判断され、融資を断られるかもしれません。

逆にパートやアルバイトとして働く人は、トータルとしてみると低収入でも「安定」していると評価され融資審査に通るかもしれないのです。

自動契約機がない

消費者金融カードローンの多くでは、自動契約機が用意されています。

自動契約機があれば契約から借入までスムーズにおこなえるので、利用者にとっては便利です。しかし、富山第一銀行カードローンには自動契約機がありません。

そのためデメリットに感じる人もいるでしょう。

富山第一銀行カードローンの審査の流れ

富山第一銀行カードローンの審査の流れやその内容について確認します。正しく申し込まなければ融資を受けられないこともあるので、慎重におこないましょう。

  1. 公式サイトから仮申込み
  2. 仮審査の結果連絡
  3. 郵便での正式申込み
  4. 借入

公式サイトから仮申込み

富山第一銀行カードローンは、インターネットから申し込みできます。

基本的に富山第一銀行カードローンを利用するためには、富山第一銀行に普通預金口座を開設しなければなりません。

しかし、仮申込時に口座がなくても申し込めるので安心してください。もし口座がない場合は、正式申込時に口座申請の手続きを行います。

仮審査の結果連絡

仮審査の結果は、電話またはメールで回答を受けることができます。電話に出られない事情がある人でも、メールで受けることができるので安心してください。

仮審査の結果報告は、申し込みを行ってから最短で1営業日から3営業日程度かかります。

場合によっては、さらに長い期間連絡が来ないかもしれません。1週間以上連絡がない場合、一度問い合わせをするとよいでしょう。

郵便での正式申込み

富山第一銀行カードローンの仮審査を通過すると、正式な申し込みを行えます。

ファーストバンクのカードローンの場合、来店は不要。なぜなら必要な書類はすべて郵送で届くからです。

郵便物は簡易書留で送られてくるので、確実に手元に届くでしょう。

正式な申込み手続きをする際に、富山第一銀行の普通預金口座が開設されていない場合、同時に開設手続きをすることになります。

富山第一銀行カードローンは、富山第一銀行の口座がないと利用できないからです。

銀行口座開設の手続きは、送られてきた書類に必要事項を記入の上、返送することで完了します。

借入

富山第一銀行カードローンの正式申込みを行った後、正式に受理されると借入金を受け取ることができます。

基本的に融資金額は、富山第一銀行の普通預金口座に入金されるのです。間違いなく入金されていることを確認してから、出金してください。

同時にローンカードの発行も行われます。ファーストバンクのカードローンの場合、本人限定郵便で郵送されるでしょう。

その他のカードローンの場合、簡易書留郵便で自宅に郵送されます。

富山第一銀行カードローンの審査基準は厳しい?甘い?

“富山第一銀行カードローンの審査基準はどうなっているのでしょうか。カードローンは、一般的に金利が低いほど、融資の審査が厳しくなる傾向があります。

つまり低金利であるほど審査が厳しく、高金利であるほど審査が甘く通りやすいのです。

富山第一銀行カードローンの金利は5段階あります。

それぞれ金利が異なりますが、どの金利プランが適用されるかは審査により決定されるのです。

一番低い金利プランの場合、年2.80%と設定されています。

これは、全国規模のメガバンクのカードローンと比べると、低金利の部類に属するといって良いでしょう。なぜならメガバンクのカードローンの金利は年2%~4%程度だからです。

富山第一銀行カードローンは、低金利だと判断できるため、その融資審査の基準も厳しいと考えられます。

カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴を徹底解説!これを読めばカードローン審査のすべてが分かる!

富山第一銀行カードローンの金利

富山第一銀行カードローンの基準金利は、以下の通りです。(2017.5.15現在)

  • ファーストレート年2.80%
  • セカンドレート年4.80%
  • サードレート年6.80%
  • フォースレート年11.80%
  • フィフスレート年13.80%

融資審査によって、上記5つの金利パターンのいずれかが適用されます。

また富山第一銀行カードローンの金利は、変動金利型です。変動金利とは、将来的に変動する可能性がある金利のことを指します。

富山第一銀行カードローンの金利は、全体的に低金利だと言えるでしょう。最低金利が年2.80%というのは、銀行カードローンの中でも好条件です。

さらに最高金利が年13.80%というのも、他の多くの銀行カードローンが14.00%超である中、低金利だと言えるでしょう。

銀行カードローンは金利が低いほど審査が厳しい?

他社のカードローンと金利を比較!

富山第一銀行カードローンの金利を、他の銀行カードローンや消費者金融カードローンの金利と比較します。

消費者金融カードローンのほうが、銀行カードローンより高金利に設定されていることがわかるでしょう。

業者名 種類 金利
富山第一銀行カードローン 銀行カードローン 年2.80%~13.80%
プロミス 消費者金融 年4.50%~17.80%
アコム 消費者金融 年3.0%~18.0%
アイフル 消費者金融 年3.0%~18.0%
三井住友銀行カードローン 銀行カードローン 年4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三菱UFJ銀行カードローン 銀行カードローン 年1.8%~14.6%
りそな銀行カードローン 銀行カードローン 年3.5%~12.475%

富山第一銀行カードローンの返済

富山第一銀行カードローンの返済は、負担を軽くして無理のない返済が可能。

例えば、融資金額の残高が30万円以下の場合、月々の返済額は5000円です。この程度の返済額ならば、日々の生活を圧迫せずに済みます。

カードローンの返済方法は4種類!メリット・デメリットを解説

もちろん資金に余裕がある月は、多めに返済することも可能です。

また返済金額は、ご利用残高によって異なります。以下はその一覧なので参考としてください。

ご利用残高 約定返済額
30万円以下 5,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 50,000円
300万円超~400万円以下 60,000円
400万円超~500万円以下 80,000円
500万円超~600万円以下 100,000円
600万円超 140,000円

利用できるATM一覧

富山第一銀行カードローンの借入金を出金したり、返済したりするときには、ATMが利用できます。

富山第一銀行ATMはもちろん、提携しているコンビニのATMも利用可能です。ただしATMの稼働時間は異なります。

対象となる提携コンビニは、以下のとおりです。

  • 富山第一銀行のATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

富山第一銀行のATMは、平日や土日祝日の7時から22時まで手数料が無料です。

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMで出金する場合は以下のようになります。

  • 平日8時45分から18時までは108円
  • 7時から8時45分までと18時から22時までは216円
  • 土日祝日は7時から22時まで216円

※夜の22時から翌日7時まで、ATMは利用できません。

富山第一銀行カードローンを実際に利用した人たちの口コミ・評判

性別 男性
年齢 30歳
職業 会社員
年収 300万円

友人の結婚式が重なったので、祝儀などが必要となり、急にお金が必要となりました。すぐに動かせる貯金などがなかったので、富山第一銀行カードローンに申し込んだのです。カードローンを利用すること自体が初めてだったので、きちんと返済できるかどうか不安がありました。

しかし富山第一銀行カードローンは、月々5000円の返済から対応していると聞き、安心して融資を受けることができました。

性別 女性
年齢 42歳
職業 自営業
年収 420万円

実家で急な引っ越しをすることが決まり、まとまったお金が必要となりました。融資を受けるため、いろいろな金融機関を調べていた時、低金利で借りられる富山第一銀行カードローンが目に止まりました

。富山第一銀行に口座はなかったけれど、申し込みと同時に口座も作れたので問題なかったです。

インターネットを介してすべてウェブ上で手続きしました。仕事が忙しく、時間があまりなかったので助かりました。

おすすめの消費者金融ランキング

富山第一銀行のカードローン審査を受けられないときには、消費者金融のカードローンもおすすめです。それぞれ独特の魅力があります。
【おすすめの消費者金融ランキング】

  • 1位アコム
  • 2位プロミス
  • 3位ノーローン

アコム

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
遅延損害金 年率20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 9年7カ月・1回~100回
担保・保証人 なし

アコムを初めて利用する人は、最大30日の無利息期間を利用できます。つまり利息0円でお金が借りられるのです。

また、スマホやパソコンなどから、簡単に申込可能。スキマ時間に融資を受けられるシステムが特徴的です。スマホから融資を申し込む場合、カメラ機能を使って書類を提出できます。

自動契約機の「むじんくん」は、平日や土日にかかわらず8時から22時まで営業しているので、急にお金が必要になったときにも便利です。

さらにアコムでは、返済時にかかる振込手数料が0円。インターネットを介することで、24時間いつでも返済の手続きが可能です。

アコムのカードローン【審査・金利・返済・口コミ】

プロミス

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳~69歳の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  初回借入の翌日から30日間

プロミスは、インターネットから簡単に申込可能。最短30分の審査で即日融資も可能なので、今すぐにお金が必要な人には便利なカードローンです。

最大30日の無利息期間もあります。無利息期間を利用できるのは、初回借入時のみです。

また、アプリローンを2017年からスタートしており、申込みから借入までスムーズにおこなえます。ローンカード無しで出金や入金ができるメリットもあるのです。

さらに、ジャパンネット銀行や三井住友銀行の口座があれば、365日24時間、いつでも振込融資を受けられるサービスも展開しています。

プロミスでお金を借りるまでの流れ!審査・金利・返済

ノーローン

実質年率 4.9%~18.0%
審査時間 最短20分
限度額 300万円
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 電話
  • 郵送
  • 来店
無人契約機
手数料 108円~216円
提携ATM
  • コンビニ
  • 銀行
女性向けローン

ノーローンは消費者金融カードローンですが、新生銀行グループに属しているので安心感があります。

特徴的なメリットは、1週間無利息サービス。一般的に無利息サービスは初回限定という条件が多い中、ノーローンでは、何度目の利用でも適用されます。

また、12時30分までに申し込めば、最短で当日借入も可能です。自動契約機に足を運べば、ローンカードを発行して、提携ATMからすぐに出金できます。

さらに、返済するごとに楽天ポイントが貯まるのも嬉しいサービスの一つです。

ノーローンの審査の流れ!審査・金利・返済・口コミを他社と比較!