山形銀行カードローンのメリット・デメリットと審査の流れ【口コミ・評判】

公開日:

個人で手軽に融資を受けられるカードローンは、今や日常の様々なシーンで活躍してくれる心強い金融商品となっています。

急な出費の際にお世話になった人も多いのではないでしょうか。

消費者金融や大手銀行などから提供されているカードローンも便利ですが、地方銀行のカードローンにもまた独自の魅力が存在します。

今回は東北・関東圏を中心に支持を得ている山形銀行のカードローンについて、審査の流れや利用のメリット・デメリットをご紹介します。

カードローンおすすめランキング!審査・金利・限度額で比較!

山形銀行カードローンのスペック

申し込み条件
  • 契約時年齢が満20歳以上70歳未満である人(学生を除く)
  • 安定した収入がある人
  • 山形銀行の保証会社であるアコムの保証を受けられる人
金利 年4.5%~14.6%
融資額の上限 500万円
資金使途 原則自由(ただし事業資金は不可)
返済方法
  • 口座引き落とし(約定返済)
  • 各種ATMからの入金(任意返済)
返済日 毎月3日(約定返済)
担保・保証人 不要(ただしアコムの保証審査は必須)

 

山形銀行カードローンのメリット

  • web申し込みに対応しているので来店不要
  • 毎月の最低返済額が少なくお得
  • 自動融資機能を利用出来る

web申し込みに対応しているので来店不要

山形銀行の普通預金口座を持っている場合は、インターネット上で契約手続きを完結できるweb申し込みを利用する事が出来ます。

web申し込みなら本人確認書類の提出や店舗への来店が必要なく、パソコンやスマートフォン1つで手軽に利用手続きを進める事が可能です。

また、初回のみ口座振込みに対応しておりローンカード到着前に借り入れ出来るので、急ぎの融資にも対応可能と言えるでしょう。

毎月の最低返済額が少なくお得

山形銀行カードローンでは毎月の利用残高に応じて最低返済額が決まる形式を取っています。

他行のカードローンでも同様の返済方式が採られている場合が多いですが、山形銀行カードローンは他行に比べて毎月の最低返済額が少なく、10万円以下の借り入れ残高の場合は最低返済額が2000円となっています。

普段の返済負担を抑えて余裕のある月に任意返済で多めに返済を行うなど、柔軟な対応が可能です。

自動融資機能を利用出来る

山形銀行の普通口座から月々の公共料金やクレジットカードの引き落としを行っているのなら、山形銀行カードローンの自動融資機能を利用する事が出来ます。

これにより万が一支払い日の口座の残高が不足していたとしても、山形銀行カードローンから自動的に不足分が融資されるので支払い遅延の心配がありません。

山形銀行カードローンのデメリット

  • 山形銀行の普通口座を持っていないと申し込み手続きに時間がかかる
  • 返済期間が長期間になってしまいがち
  • 利用出来る地域が限られている

山形銀行の普通口座を持っていないと申し込み手続きに時間がかかる

山形銀行の普通預金口座を持っていない場合でもカードローンへの申し込みは可能ですが、契約完了までには山形銀行の普通口座を用意しなければなりません。

これ返済用の口座として山形銀行の普通預金口座が必要になる為です。

また、口座を持っていないとweb申し込みを利用出来ないので、手続きは基本的に書類の郵送でやり取りする事になります。

山形銀行の口座を持っていない場合には、カードローンの申し込みに2週間前後の時間を要してしまうのです。

銀行カードローンは2018年から即日融資停止!最短で融資を受ける方法は?

返済期間が長期間になってしまいがち

月々の最低返済額が少ない事は山形銀行カードローンのメリットでもありますが、裏を返せば最低額の返済だけでは完済までに時間がかかってしまうとも言えます。

毎月の返済額には元金の他にも金利が含まれており、返済が長引くと結果的に多額の金利を支払う事になります。

山形銀行カードローンの返済には、約定返済と任意返済を組み合わせた支払いの工夫が重要です。

利用出来る地域が限られている

山形銀行は全国展開していない地方銀行です。

従って山形銀行カードローンが利用可能な地域も、銀行の営業地域内に限定されています。

2018年現在で山形銀行カードローンが利用可能な地域は、以下の7都府県です。

  1. 山形県
  2. 栃木県
  3. 埼玉県
  4. 東京都
  5. 宮城県
  6. 秋田県
  7. 福島県

山形銀行カードローンに申し込みを検討する際には、自分の住んでいる地域が対応しているか確認しましょう。

山形銀行カードローンの審査の流れ

  1. インターネット・電話・郵送などで申し込み手続き
  2. 保証会社であるアコムによる審査
  3. 電話による職場への在籍確認
  4. 審査結果の連絡
  5. インターネット上で契約の手続きや必要書類の提出
  6. ローンカードが自宅に郵送される

インターネット・電話・郵送などで申し込み手続き

山形銀行カードローンでは「公式サイト」「電話」「郵送」「FAX」による申し込みが可能となっています。

この中で最も手続きが早いのは公式サイトからの申し込みになるので、特別な理由がなければインターネットからの手続きがオススメです。

保証会社であるアコムによる審査

氏名や収入状況、勤務先などの必要情報を入力して申し込むと早速審査が行われます。

山形銀行の普通口座を持っていればこの時点で本審査となりますが、持っていない場合には仮審査という扱いになるので注意しましょう。

審査は保証会社であるアコムが行う為、過去にアコムの金融商品審査に落ちてしまったり滞納歴がある場合には審査通過が厳しくなる事もあります。

電話による職場への在籍確認

山形銀行カードローンでは職場への電話による在籍確認が必須事項であり、審査結果を申込者に通知する前に行われます。

あくまで申請した職場に在籍している事が確認出来れば良いので、本人が電話に出る必要はありません。

電話口ではカードローンの手続きによる電話である事は一切触れられないので、周囲に利用が悟られる心配は少ないと言えます。

電話名義は銀行名か担当者の個人名のどちらかを指定出来るので必要に応じて相談しましょう。

審査結果の連絡

在籍確認が完了すると、申込者本人の電話に審査結果の連絡が来ます。

山形銀行カードローンでは審査落ちの場合は基本的にハガキでの審査回答となっているので、合否に関わらず出来るだけ早く結果を確認したい場合は事前に相談しておきましょう。

インターネット上で契約の手続き、必要書類の提出

山形銀行の口座を持っている場合は基本的に書類提出の必要はなく、web上で契約内容の確認と利用開始の手続きを踏んで契約完了です。

ただし利用限度額が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要なので注意しましょう。

収入証明書不要のカードローン・消費者金融と不要になる条件を紹介!

口座を持っていない場合は本人確認書類などを郵送した後に、本審査へと進む事になります。

仮審査の段階で融資の可否は殆ど決定しているので、書類不備や不正が無ければ本審査に落ちる可能性は低いでしょう。

ローンカードが自宅に郵送される

全ての手続きが終了すると、1週間程度で自宅にローンカードが到着していつでも借り入れが行える状態になります。

初回の融資のみ口座振込みにも対応してもらえるので、急ぎの場合はそちらを利用すると良いでしょう。

山形銀行カードローンの審査基準は厳しい?甘い?

一般的に消費者金融の金利は年18%、銀行系カードローンは年15%前後と言われています。

金利が高ければ融資元も利益を出しやすいので、積極的に申し込み者を審査に通過させる傾向があります。

山形銀行カードローンの実質金利は年14.6%となっており、銀行系カードローンの中では平均的な設定です。金利の面から見ると山形銀行カードローンの審査は厳しく無いと言えます。

また毎月の最低返済額を少なく設定している点から、利用者を増やしたい意思が見て取れるので比較的審査は甘めとも言えるでしょう。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

山形銀行カードローンの金利

山形銀行カードローンの適用金利は借入限度額に応じて変動していきます。以下の表を参考にしてみてください。

借入限度額 適用金利
100万円未満 年14.6%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上400万円未満 年8.0%
400万円以上500万円未満 年7.0%
500万円 年4.5%

契約時の高額な借入限度額を設定してもらえれば、金利を抑えてキャッシング出来る事を覚えておきましょう。

他の地銀カードローンと金利を比較!

山形銀行は東北地方に本拠を置く地方銀行です。周辺にもカードローンをリリースしている地方銀行があるので、ここで金利を比較してみましょう。

地方銀行(ページリンク) 金利
山形銀行 4.5%~14.6%
秋田銀行 5.8%~14.8%
百十四銀行 5.0%~12.0%
武蔵野銀行 4.5%~14.8%
近畿大阪銀行 9.0%~12.475%
東邦銀行 4.9%~14.8%
七十七銀行 4.9%~14.8%
百五銀行 3.8%~14.7%
紀陽銀行 3.8~14.9%
スルガ銀行 3.9%~14.9%
関西アーバン銀行 3.9%~14.9%
静岡銀行 4.0%~14.5%
福岡銀行 3.0%~14.5%
青森銀行 2.4%~14.5%
山梨中央銀行 5.0%~13.5%
北國銀行 3.0%~9.5%
鹿児島銀行 4.5%~14.5%
足利銀行 5.8%~14.8%
大垣共立銀行 4.5%~12.0%
池田泉州銀行 5.95%(固定金利)
阿波銀行 4.7%~14.8%

他行と比較すると、金利が比較的低めなのがわかりますね。

次に、山形県を含む隣接県の銀行カードローンを比較します。

銀行カードローン 金利
山形銀行カードローン 4.5%~14.6%
荘内銀行カードローン「ベンリッチプラス」 5.0%~14.6%
東北銀行カードローン「イーノス」 4.8%~14.0%
秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」 5.8%~14.8%
岩手銀行カードローン「エルパス」 1.8%~14.6%

山形銀行カードローンの返済

山形銀行の返済方法は「約定返済」と「任意返済」の2通りです。

約定返済は規約で定められた支払いで、山形銀行の普通口座から毎月3日に自動引き落としがかけられます。約定返済の最低返済額は以下の通りです。

借入残高 最低返済額
10万円以下  2000円
10万円超~20万円 4000円
20万円超~30万円 6000円
30万円超~40万円 8000円
40万円超~50万円 1万円

約定返済に加えATMにて好きな時に追加の支払いを行うのが任意返済です。

約定返済だけでは返済が長引き、金利もかさんでしまうので任意返済を併せて行う事が重要となります。

利用できるATM一覧

山形銀行カードローンを利用出来るATMの種類は、2018年現在下記の様になっています。

  • 山形銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-netマークのあるコンビニATM
  • スーパーなどに設置されている山形銀行ATM

このうち、山形銀行ATMは借り入れ・返済ともに手数料無料で利用可能です。

その他のATMに関しては利用時間や曜日、利用用途によって108~216円の手数料が発生します。

各ATMによって微妙に設定が異なるので、詳しくは山形銀行カードローンや各ATMの公式サイトなどを確認しましょう。

山形銀行カードローンを実際に利用した人たちの口コミ・評判

年齢  24歳
性別  男性
年収 220万円
イメージ的に銀行系カードローンは安心感があったので、冠婚葬祭で出費がかさんだ時に契約を申し込みました。山形銀行の普通口座を持っていたので手続きは非常にスムーズに進んだので、申し込みの翌日には借り入れが出来て驚いたのを覚えています。銀行のカードローンは審査に時間がかかるイメージが強かったのですが、保証会社が消費者金融のアコムという事もあって審査が早かったのでしょうか。
年齢 30歳
性別 女性
年収 300万円
山形銀行の口座は持っていませんでしたが、いざという時の為に契約しておこうと思って申し込んでおきました。急ぎではなかったので自分は特に気になりませんでしたが、融資を早く受けたい人にはあまり向いていないような気もします。実際に何度か借り入れを行いましたが、月々の最低返済額が少ないので余裕のあるタイミングで一気に返済出来て助かっています。まだ自動融資機能はまだ一度も作動していませんが、普段の生活に安心感が持てるので利用しておいて損はないでしょう。

山形銀行の審査に落ちた方におすすめ!消費者金融ランキング

山形銀行カードローンに落ちてしまった場合は、同じ審査難易度の銀行系カードローンに申し込むよりも大手の消費者金融を頼ると良いでしょう。

以下にオススメの消費者金融をご紹介しますので参考にしてみてください。

1位 プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
申し込み条件
  •  申し込み時の年齢が20歳~69歳の方
  • 本人に安定した収入がある方
必要書類
  •  運転免許証など
  • 収入証明書
無利息期間  初回借入の翌日から30日間

プロミスでは初回の借り入れが最大で30日間無利息になるキャンペーンを展開しています。

一般的な無利息キャンペーンは「契約日」から日数が計算されるのに対して、プロミスでは「始めての借り入れ日」から起算されるのです。

いざという時の為にとりあえずカードローンに申し込んでおきたいのなら、無駄なく無利息期間を利用出来るプロミスがオススメと言えるでしょう。

プロミスの審査は甘い?審査基準と口コミ・落ちたときの対処法
プロミスは何時まで即日融資できる?土日申し込みでも最短審査で借りるコツ!

2位 SMBCモビット

モビット

金利 3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
申し込み方法 ネット・自動契約機・電話・郵送
遅延利率(実質年率) 20.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
限度額 800万円
登録番号 関東財務局長(7)第01239号
会社名 株式会社SMBCモビット
本社 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10F

SMBCモビットは即日融資やネット申し込みに対応したそつなくまとまった使いやすいカードローンです。

利用限度額は800万円と高めに設定されており、金利の幅も年3.0%~18.0%と下限が銀行系カードローン並の水準となっています。

専用のアプリも充実しているので、各種カードローンの中でも取り回しの良い金融商品です。

SMBCモビットの借り入れ体験談-審査の流れ・審査に落ちた理由とは?
SMBCモビットで即日融資を受ける条件や手順を徹底解説!最短30分審査

3位 ノーローン

ノーローン

実質年率 4.9%~18.0%
審査時間 最短20分
限度額 300万円
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 電話
  • 郵送
  • 来店
無人契約機
手数料 108円~216円
提携ATM
  • コンビニ
  • 銀行
女性向けローン

中小系カードローンに分類される事の多いノーローンですが、新生銀行の傘下なので安心して利用出来ます。

最大の特徴である「何度でも1週間無利息」というシステムは、小額の借り入れで生活費の補填を行う事に長けていると言えるでしょう。

コンスタントに利用を重ねるつもりならば、無利息期間を何度も活用出来るノーローンがオススメです。

ただし、審査基準が比較的厳しめである事と、利用限度額は300万円と低めである事に留意しておきましょう。

ノーローンの審査基準まとめ!審査に落ちた人の特徴と今後の審査対策
ノーローンは即日融資できる!条件・手順・審査時間をわかりやすく紹介