横浜銀行カードローン審査の流れ【金利・返済・申し込み条件】

公開日:

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは1000万円まで対応できる限度額と、わずか1.9%の低金利が人気の地方銀行カードローンです。横浜銀行の営業エリアに住んでいれば申し込みが可能なので、関東圏内の方にはおすすめしているお得なカードローンです。

横浜銀行カードローンの詳細

金利 審査時間 即日融資 ネット申し込み
1.9%~14.6% 最短即日 可能
おすすめポイント
横浜銀行カードローンの魅力は何といっても金利の低さです。
下限金利1.9%は他の銀行カードローンと比較しても圧倒的に安く、大口融資を受けたとしても利息を大幅に抑えることができます。即日融資にも対応しているため、手軽に融資を受けたい方にもおすすめしています。

横浜銀行カードローンは審査結果を即日回答

横浜銀行カードローンでは申込んだ当日中に審査結果を知ることができます。
申し込み時に指定した電話番号へと審査結果が連絡され、早めに申し込みを済ませておくことで当日中に振込融資を受けることもできます。

横浜銀行カードローンの審査はSMBCコンシューマーファイナンス

横浜銀行カードローンの審査は、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが行っています。
SMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融であるプロミスも運営しており、審査スピードには定評があります。
横浜銀行は全国個人信用情報センターに加盟しており、SMBCコンシューマーファイナンスはJICCとCICに加盟しているため、主要な信用情報機関全ての情報が審査で見られます。そのため、クレジットカードの支払い遅延の記録なども審査には影響するのでお気をつけください。

横浜銀行カードローンのネット申し込みについて

横浜銀行カードローンは自動契約機もないため、申し込みはインターネットがおすすめです。
申し込みは個人情報取扱い等の規約に同意することで手続きを進めることができ、個人情報と会社情報、最後に申し込み情報を入力することで審査が始まります。
申し込み情報の記入は大体15分程度で終わり、審査はそれから最低でも1時間はかかると見積もっておくといいでしょう。

即日融資の申し込みは13時まで

横浜銀行カードローンは審査が終わって、カードが郵送されてから借り入れが可能となりますが、申し込み時に振込融資を希望していれば、カードの郵送を待つことなく即日融資が受けられます。
しかし、横浜銀行カードローンプラザに問い合わせたところ、13時以降の申し込みでは当日中の審査回答が難しくなり、即日融資が出来ない可能性が高いとのことでした。
そのため、当日中の借り入れを希望する方は、せめて午前中に申し込みを終わらせることをおすすめします。

横浜銀行の口座開設が必要なのでご注意ください

横浜銀行カードローンを利用するには、横浜銀行の口座を開設しておく必要があります。
口座開設はネットからでも手続きが出来ますが、ネット申し込みでは数日口座開設に時間がかかるため、口座開設は窓口で済ませた方が早いようです。
また、口座開設とカードローンの申し込みを同時で行う場合には、ネットからでは即日融資が難しいのでご注意ください。

横浜銀行カードローンは関東圏内に居住している人を対象

横浜銀行カードローンには申し込み条件が定められており、年齢と安定した収入が求められるほかに、横浜銀行の営業エリア内に居住しているか、勤務地があることを求められます。

対象エリア
神奈川県の全域
東京都内の全域
群馬県(前橋市・高崎市・桐生市)

横浜銀行カードローンの金利について

金利は1.9%~14.6%の低金利

横浜銀行カードローンは下限金利が1.9%とかなり低く、上限金利も銀行カードローンの中で平均的な数値となっています。そのため、借入額が多額になればなるほど他社と比較してお得なカードローンといえます。
上限金利は14.6%と銀行カードローンの中では平均的な数値となっていますが、当然消費者金融を利用するよりかは、銀行カードローンを利用した方がお得でしょう。

横浜銀行カードローンの適用金利一覧

金利 借入限度額
年率14.6% 100万円以内
年率11.8% 100万円~200万円
年率8.8% 200万円~300万円
年率6.8% 300万円~400万円
年率4.8% 400万円~500万円
年率4.5% 500万円~600万円
年率4.0% 600万円~700万円
年率3.5% 700万円~800万円
年率3.0% 800万円~900万円
年率2.5% 900万円~1000万円
年率1.9% 1000万円

横浜銀行カードローンの返済について

横浜銀行カードローンは毎月の最低返済額が少なく設定されておいるため、お金に困っている時には非常に助かります。最低返済額は2000円から対応しているため、一時的に収入が減ってしまった時にも、無理することなく返済を進められます。ただし、最低返済額が少ない分、多めに支払をしなければなかなか完済出来ないのでご注意ください。