アコムACマスターカードの審査に落ちた!考えられる理由と対処法

公開日:

アコムACマスターカードの審査は誰でも通過できるわけではなく、審査に落とされてしまう人もいます。審査に落とされる理由をしっかりと確認し、自分がどのような対策をしておけばいいかチェックしておきましょう。

また、アコムACマスターカードの審査に落とされた場合、どのように行動してアコムACマスターカードを発行できるようにするか、しっかり考えておきましょう。

無意味に何度も審査を受けないよう、審査に落とされた後の対処法も理解しておくのです。

アコムACマスターカードの審査基準と審査に落ちる人の特徴【口コミ・返済・キャッシング】

アコムACマスターカードの審査に落ちる主な理由

アコムACマスターカードの審査に落とされる理由は、収入的な問題を抱えているケースが多くあります。

収入面で問題を抱えている人は、返済能力を確保していないと判断され、アコムACマスターカードを利用できなくなります。

また、借金に関連している問題も影響します。アコムは消費者金融として審査を実施するため、借金に関連する問題は厳しく見ています。

審査を通過できる収入を確保していた場合でも、借金が影響して審査に落とされるケースも多々あります。

他にもアコムに関連するトラブルを抱えていた場合、申込内容に問題があったと判断される場合など、アコムACマスターカードの審査に落とされる要因はたくさんあります。

様々な要因で審査に落とされる部分を知って、1つ1つの対策をしておきましょう。

収入が極めて少ない

一番多い審査に落とされる理由です。収入をしっかり確保しておらず、返済能力がないと判断されるケースです。

アコムACマスターカードでは、安定した収入を確保している人じゃないと利用できない設定としています。従って収入面で問題を抱えている方は審査に落とされてしまいます。

一番問題になりやすいのはアルバイトやパートのように、収入の少ない人です。

しっかりとアルバイトやパートで仕事をしていればいいのですが、たまに仕事をしている程度であればあまり収入がなく、アコムACマスターカードの審査基準を通過できないのです。

最低でも100万円程度の収入を確保して、アコムACマスターカードの返済を毎月実現できるように示さなければなりません。

また、無職や専業主婦のように収入を持っていない人も審査を通過できません。クレジットカードの場合、収入を持っていなくても審査を通過できる場合があります。

その理由は配偶者が返済能力を持っていればクレジットカードの支払いはできると判断されるためです。しかしアコムは消費者金融の基準で審査を考えます。従ってアコムACマスターカードは収入を持っていない人は利用できないのです。

月ごとの収入の波がかなりある

どれだけ大きな収入を持っていても、月によっては収入がないような状況だと審査に落とされてしまいます。

夜の仕事をしている方で、月ごとの収入が明らかに安定していないと審査に落とされてしまうのです。

合計の年収としてはアコムACマスターカードの審査を通過できるレベルに達しているものの、月ごとの収入では0円と100万円のようにかなり開いているような状況では安定した収入と判断されません。

アコムが求めているのは収入の安定性であり、高い収入を1月だけ得ているような状態では意味がないのです。

夜の仕事では高額な収入を得ている月もあれば、低収入に抑えられてしまう月もあります。収入のばらつきが大きく、波があると判断されると審査落ちの可能性が高くなるので注意してください。

こうした収入形態の人は、収入証明書の提出を求められる場合もあります。

信用情報にキズが付いている

信用情報を確認して、アコムACマスターカードを利用できるレベルに該当しないと判断されなければ審査に落とされます。

信用情報に問題があると判断された場合、貸しても返済されないリスクが高いとアコムに判断され、クレジットカードであっても利用できないように審査に落とされるのです。

主に信用情報に傷がつく理由としては、以下の問題があります。

  • 返済を遅延している
  • 返済の滞納情報が何度も書かれている
  • 過去に債務整理や自己破産によって借金を減額した
  • クレジットカードでトラブルを起こしている
  • 携帯電話の分割払いを滞納した

この他にも信用情報に傷がつく理由はありますが、大きな問題としては以上の通りです。

特に返済遅延や滞納といった問題は、簡単に作られる可能性があります。クレジットカードの返済を遅延していただけでも記述されてしまいますし、滞納している回数が多ければ多いほど信用情報には悪い情報がたくさん残されます。

毎月のように返済遅延を起こしているような場合、アコムACマスターカードを使えると判断されません。

借金に関連する問題で、返済額を減額する措置を取っていると信用情報に大きな傷がついてしまいます。

債務整理に関連する記述があると、審査を通過するのはかなり厳しくなります。場合によっては数年単位で審査に落とされます。

他にもクレジットカードで何らかの問題を起こしており、信用情報に記述されるような問題として扱われた場合、携帯電話の分割払いで返済できない期間や遅延していると判断された情報が残されていると審査に落とされます。

あらゆる金銭面のトラブルが信用情報に記載されているため、過去に問題を起こしているなら注意しておきましょう。

アコム関連のサービスを利用する際にトラブルがあった

アコムはかなり前から営業しており、過去に利用している人も多くいます。

過去に利用している際にトラブルを起こしていた場合、アコムは過去に利用していた問題のある人をブラックリスト等に掲載しています。このリストに掲載されている場合は、アコムACマスターカードの審査を通過できないどころか、アコムに関連しているすべてのサービスが利用不可能となります。

アコムとしては、問題を起こしている人にサービスを利用させるわけにはいきません。安心して利用できると判断できる人だけにサービスを提供し、アコムACマスターカードを使ってもらいたいのです。

当然ですが過去にアコムを利用している人もしっかり調べられており、問題だと思われる人はブラックリストに入れて管理しています。

ブラックリストに掲載されている場合、当然ですがアコムに関連するサービスは全て使えません。しかもブラックリストの掲載は延々と続いている可能性があり、アコムが許してくれるまでに相当な時間がかかってしまいます。

どれだけアコムACマスターカードを利用したいと考えても、ブラックリストに残されていれば絶対に使えないので気を付けてください。

借金を抱えている

多少の借金程度なら、アコムは許してくれる場合もあります。数万円程度の借金程度なら、返済される可能性が高いと判断しているからです。

しかしアコムACマスターカードを利用する際に、明らかに返済できないような借金が残されているなら、審査を通過させられないと判断し、審査落ちの決断を下します。

借金というのは、アコムACマスターカードの申込時に申告しなければなりません。申込内容にも、借金に関連する記述をする場所が設けられており、借入先や借入額等を書かなければなりません。

もちろん借金を抱えていない人は書かなくてもいいですが、借金を現時点で残している人は確実に記述して、アコムに理解してもらう必要があります。

記述しなかった場合、アコムは借金に関連する情報を信用情報機関で確認しています。

信用情報機関には借金に関連する情報も多く残されているので、簡単に調べられるのです。そこで記述されていないはずの借金が見つかった場合、信用できないと判断されて審査に落とされてしまいます。

借金を抱えている場合、絶対にアコム側に申告しなければなりません。借金を申告していない場合は信用度が劇的に下がってしまい、アコムACマスターカードを利用できなくなります。

在籍確認が取れなかった

アコムは全ての人に在籍確認を実施するわけではありません。

特定の人だけに在籍確認を実施しており、場合によっては在籍確認の連絡を入れないまま審査を通過するケースもあります。ただ、在籍確認をしない人は、明らかに安定した収入を確保していたり、信用できる仕事先だと判断される場合だけです。

大半の人は、アコムが仕事をしているか確認するため在籍確認を実施しています。ここで電話を入れて在籍しているかチェックしているのですが、在籍していると判断できなかった場合は審査に落とされてしまいます。

会社に所属しているという前提で連絡しているのに、電話をしてみると在籍していないと告げられれば、当然審査を通過できないものとして判断してしまいます。

また、在籍確認の連絡を入れたのはいいものの、会社が休みなどの理由で全く電話に出てこない場合も審査に落とされてしまいます。

特に長期休暇などが原因で、会社が電話に出られない場合は気を付けてください。もし長期休暇を挟む場合は、アコム側に連絡してもいいタイミングを伝えておきましょう。

アコムACマスターカードの審査は電話による在籍確認がある?職場への電話を防ぐことはできる?

希望の限度額が高額すぎた

アコムACマスターカードでは、ショッピング枠の希望はもちろんのこと、キャッシングを一緒に使えるカードの場合はキャッシング枠も希望額を設定できます。

希望している額が多ければ多いほど審査基準は劇的に厳しくなってしまうため、できる限り最適な金額を指定してアコムACマスターカードの審査を受けたほうがいいでしょう。

もし希望した金額がかなり大きすぎた場合、収入に対して希望している限度額が大きすぎると判断されて審査に落とされる可能性が高くなります。

特に収入と同額くらいの希望額を求めた場合、アコムはその数字ではアコムACマスターカードを発行できないと判断し、審査に落とす可能性が高まってしまいます。

収入があまりない人は、まずは収入にあった限度額を探っていくといいでしょう。そして審査を確実に通過してカードを発行するという前提で申込んだほうがいいでしょう。

限度額は後から引き上げられる可能性もあるので、最初の時点で大きな限度額を希望しなくても大丈夫です。

申込内容に嘘が発覚した

アコムが一番嫌がるのは、申込内容に嘘が書かれていることです。もし申込内容に嘘が発覚した場合は、その時点でアコムACマスターカードの審査を終了し、審査落ちの連絡を告げます。

理由としては、収入等を偽ってアコムからお金を借り、返済しないで債務整理等で踏み倒す可能性があるからです。そして信用できないという理由から、審査を通過させるわけにはいかないと判断します。

申込内容の嘘としては、多くの場合収入面を偽っていた場合、もしくは借金額を偽っていた場合が挙げられます。

この2つはアコムACマスターカードの審査にかなり影響を与えている部分ですので、つい偽りたくなる人もいます。しかし偽ってもアコムから信用を得られないどころか、嘘をついたと判断すれば今後アコムACマスターカードを使えなくなる可能性もあります。

仮にアコムACマスターカードを発行できたとしても、後から嘘だと発覚した場合、その時点でアコムACマスターカードの利用停止措置が取られます。

この時点で借りている額や利用している金額は全て一括返済を求められる場合があるため、安心して使い続けたいなら嘘をつくのは絶対にやめましょう。

アコムACマスターカードの審査に落ちたらまず何をすればいい?

もしアコムACマスターカードの審査に落とされた場合は、とにかく原因を探っていく必要があるでしょう。

原因を知らないまま何度もアコムACマスターカードの審査を受けると、今度は申込みブラックと呼ばれる審査すら受けられない状況を生み出してしまいます。審査に落とされた時は、まず審査落ちの原因を1つ1つ探り、改善させていくのです。

もう1つは時間を空けることです。時間を空けずに何度も審査を受けたとしても、審査を通過できる可能性はかなり小さいでしょう。

ある程度の期間を変えて、属性の改善が図られていると判断されるように、時間を置いてゆっくりと情報を改善させるのです。

まずは審査に落ちた理由をしっかり見極める

いちばん実施すべき内容は、審査に落ちた原因を探ることです。審査落ちの理由は何か、そしてアコムACマスターカードを使えないところは改善できるのか理解します。

同時に改善できる点はしっかりと改善し、審査を通過させられるように整えていくのです。

審査に落とされた原因が収入面だった場合、まずは収入の改善が必要です。安定した収入をしっかり確保して、アコムACマスターカードを利用できる範囲まで安定性を高めてください。

同時に収入に波のある人は、収入の波を抑えるようにして、より安定した収入と認められるようにしましょう。

借金が原因であれば借金の返済を最優先で実施します。借金を減らせば審査を通過できる可能性はかなり高くなります。持っている借金で返済できるものはどんどん返してしまいましょう。特にアコムの借入は返すと効果的です。

他の理由で落とされている場合も含めて、原因を冷静に判断して整理してください。同時に改善も一緒に図っていけば、アコムACマスターカードを使える可能性は高くなっていくでしょう。

アコム「3秒診断」を使うと落ちた原因が分かりやすい

アコムには3秒診断と呼ばれる機能が設けられています。この機能を使うと、どの項目が原因で審査に落とされているか判断できます。

収入面が足りないのか、借金が原因なのか、それとも他の理由で落とされているか簡単に見分けられます。

アコムACマスターカードでも、アコムの3秒診断は有効に使えます。もし何らかの項目で審査に落とされるかもしれない、もしくは利用できないと診断された場合は、原因となる部分を改善してから審査を受けるといいでしょう。

クレヒス・信用情報をもう一度チェックする

信用情報が原因で落とされている場合、まずは信用情報機関に問い合わせて自分の信用情報を見ておきましょう。もしかしたらアコムACマスターカードを使えないほど、信用情報が悪くなっている場合もあります。

同時にクレジットカードを使っている履歴、通称クレヒスを確認しておきます。カードの利用時に問題が起こされていないかチェックしておけば、過去の利用状況で問題が起きていると判断できるかもしれません。

もし信用情報やクレヒスに問題があれば、まずは時間を置いて情報が消えるまで待っておきましょう。情報が消えなければ審査を通過するのはかなり難しくなります。とにかく時間を多く使ってでも、信用情報やクレヒスの改善が図られるように心がけるのです。

落ちてから期間を空けて再申込をおこなうほうが良い

すぐに再審査を受けても審査を通過する可能性は極端に低く、審査を通過できる可能性はほぼありません。アコムとしても、同じような申込内容で審査を受けても困りますし、改善されていない申込者を審査するほど甘くないのです。

審査に落とされた場合は、アコムACマスターカードの再審査を受けるまでに半年近くの期間を準備してください。この半年という期間であらゆる情報を改善させて、信用できると判断されてからアコムACマスターカードの審査を受けるのです。

改善された情報や一定の期間を空けたことで、アコム側はしっかりと審査を行ってくれます。

アコムACマスターカードの審査に落ちても焦らないことが大切

とにかくアコムACマスターカードの審査に落とされても焦らないように、そして落とされた原因をしっかり探って審査を通過できるようにしておきましょう。問題となる部分を改善できれば、数か月後にはアコムACマスターカードを利用できるかもしれません。

焦ってとにかく審査を受けていくと、最悪の場合はブラック扱いになり、カード発行どころか審査すら受けられなくなります。

最悪のケースを避けるためにも、冷静になってゆっくり考える時間を設けてください。