アコムACマスターカードの審査は電話による在籍確認がある?職場への電話を防ぐことはできる?

公開日:

クレジットカードの審査では、あまり在籍確認は取られません。キャッシングと違い、クレジットカードのショッピング枠を利用するだけなら、返済能力さえ確認できれば問題はないからです。

しかしACマスターカードでは、在籍確認を実施しています。キャッシングを中心に提供している会社ですので、クレジットカードでも同様の対応を取り、在籍確認で信用度を確認しているのです。

なぜACマスターカードは在籍確認を取っているのか、そして在籍確認の具体的な方法はどのようなものかを紹介します。

アコムACマスターカードの審査基準と審査に落ちる人の特徴【口コミ・返済・キャッシング】

アコムACマスターカードの在籍確認は100%おこなわれる訳ではない

アコムが提供するACマスターカードは、在籍確認を100%行っているわけではありません。実施しない場合もありますので、全ての人が在籍確認を対策する必要はありません。

基本的に在籍確認を受けるのは、キャッシング枠をACマスターカードに設けた場合です。キャッシング枠を作った場合は、キャッシングを実施すると判断して在籍確認を行い、収入等を確認しているのです。

キャッシング枠を作らない一般的なACマスターカードを作る場合、キャッシングを実施しないので企業への在籍確認を取らない場合があります。

もちろん収入面などに問題がなければという前提であり、収入に問題があれば在籍確認を実施する場合もあります。ただ、キャッシングを付けないACマスターカードであれば在籍確認を回避できる可能性が高いのです。

一方でキャッシング枠を付けるとなれば、在籍確認によってキャッシングができる能力をしっかり確認しなければなりません。アコムはキャッシング枠を通常の借入と同じように考えているので、在籍確認で確実に収入を持っていることを把握したいのです。

そのためキャッシング枠を作る場合には、在籍確認がほぼ実施されます。

他にも仕事の年数等で信用ができないと判断される場合や、他社借入の情報等が見つかった場合など、返済能力に不安が考えられる状況であればACマスターカードの在籍確認が行われます。

ただ、全ての人が対象となるわけではなく、問題なく仕事をしており収入を確保していれば在籍確認をしない場合もあります。

勤続年数が短い場合にかかってくる可能性は若干高まる

仕事の年数が短いと判断された場合は、金蔵年数に不安があるので在籍確認を実施します。

ACマスターカードでは、1年未満の勤続年数であればほぼ在籍確認を実施します。つまり1年以上の仕事をしていれば、条件次第では在籍確認を回避できる可能性もあります。

1年未満の勤続年数だと、途中で退社されて収入がなくなる場合もあります。収入がなくなればACマスターカードの返済が途中で止まってしまう可能性もあります。

さらには会社で仕事をしているのか不安な部分もあるため、アコムは信用度を確保するため在籍確認をして判断しているのです。つまりアコムは信用できないと思っている情報があれば在籍確認に踏み切る会社なのです。

勤続年数が短い場合は、かなりの確率でACマスターカードの申込みだけで在籍確認が行われてしまいます。在籍確認を回避したいと思っているなら、なるべく勤続年数を増やしてから審査を受けたほうがいいでしょう。

在籍確認は職場に電話をかけておこなわれる

在籍確認というのは、職場に電話連絡を行って最終的に在籍しているか確認します。在籍していると判断されれば、この時点で審査を通過させてもいいと判断し、ACマスターカードの発行手続きに入ります。

一方で在籍確認が取れなかったり、在籍していないと判断できた場合は審査に落とされてしまいます。

働いている会社に対して連絡が入るので、基本的には仕事をしている場所に連絡が来ます。

在籍している会社が本社だったものの、現在出張により支社で仕事をしている場合などは、支社に対して連絡が入ります。

現時点で本当に仕事をしている場所に対して連絡が入るので、在籍している会社ではない場所に連絡が入る可能性もあるのです。

また、在籍確認では所属しているかを聞いているだけなので、それ以上の情報は聞かれません。

会社でどのような仕事をしているのか、会社での勤務状況はどのような形かなど、個人情報に関連している項目は一切聞いていません。安心して在籍確認を受けてください。

クレジットカードでの在籍確認は珍しいかもしれませんが、基本的な方法はキャッシングと同じように行われます。在籍確認が取れれば審査通過は目の前ですので、しっかりと確認が取れるように対応しましょう。

派遣・客先常駐の場合は派遣元や自社に連絡が来る

派遣会社に所属しており、所属している派遣会社では仕事をしていない場合、派遣している会社ではなく派遣元に対して連絡が入ります。

派遣会社の場合は、所属している派遣会社が仕事をしている会社となり、その会社から出張している形で仕事をしているようなものです。つまり職業欄に記載している会社は派遣元ですので、派遣元に対して連絡を取り、在籍確認を実施します。

客先常駐と呼ばれる状態であれば、自社に対して連絡を取るケースが多くなっています。ただ、自社に対して連絡を入れたものの、客先に対して連絡を入れてほしいと会社に伝えられた場合などは、仕事先に連絡が入る可能性もあります。

一方、此方も職業欄に自社の情報が書かれているので、先に電話を入れるのは客先常駐の会社ではなく、所属している会社に対して行います。

基本的には勤務先情報に記載されている会社に対して連絡を入れるため、派遣等の場合は派遣会社に関連する情報をしっかり記載しておきましょう。

アコム側が会社名・電話目的を話してしまうことはない

アコムでは会社名だけではなく、電話目的を話すことはありません。個人的な問題にかかわるため、電話連絡では目的を離さないようにしています。その理由として、会社名を出すのはもちろんのこと、電話目的を話すのは罰則の対象であり、会社として処分を受ける可能性があるからです。

他の人から電話内容を要求された場合なども、基本的に罰則の対象となるので速やかに電話を切り、内容がわからないようにします。その理由は個人情報保護の観点です。個人に関連する問題が他の人に伝わらないように、アコムとしてはどのような内容で連絡をしているかは説明しません。同時にアコムという会社名も明かさないようにします。

電話連絡は絶対に秘匿してくれますし、誰にも情報を知らないように在籍確認を取ってくれます。例え電話連絡の内容を聞かれたとしても、すぐに情報が出てしまう問題は起こらないのです。

本人が電話に出なくても在籍確認はOK

本人が電話に出なかった場合でも、在籍確認は完了します。在籍確認というのは、所属していると確認できればいいだけで、本人がわざわざ電話に出る必要はありません。つまり電話に出られない状態だったとしても、仕事をしていると判断されれば問題ありません。

在籍確認は本人が仕事をしているかどうかを判断するだけで、本人の声が聞きたいのではありません。また、在籍している状況は他の人から聞けばいいだけなので、本人に連絡をしなくても大丈夫だと説明しています。

つまり本人が休みだったとしても、会社側が在籍していると説明してくれれば確認自体は終わるのです。

上記を逆手に取り、自分が休みの時に在籍確認を取ってもらう方法もあります。これならアコムの連絡を自分で取る必要はありませんし、仮に他の人に不審な連絡があったとしても翌日に聞けばいいだけなので、周囲に与える影響はそこまで大きくありません。

在籍確認の電話が来る日時はこちらが指定できる

在籍確認の電話は時間指定が可能です。在籍確認が取れる時間帯、取れない時間帯をしっかり把握しておけば、確実に電話連絡が受けられます。しっかりと電話を取れる時間帯を確認して、アコム側に説明しておけば在籍確認の失敗はありません。

ACマスターカードでは、本人確認の連絡が入るケースが多くなっています。アコムはキャッシングと同じようにクレジットカードの審査を実施するので、本人の確認も電話連絡で取っています。この段階で電話をかけてほしい時間帯や日を指定します。アコムは指定された日や時間帯をしっかり確認し、その時間帯に在籍確認を取るようにします。

在籍確認が取れないのは審査落ちの原因となりますし、ACマスターカードを利用するまでに時間がかかってしまいます。確実に1回で在籍確認を終えたいと思っているなら、しっかりと日時を調整してアコムに連絡を入れてもらうようにしましょう。

細かい時間帯までは限定できないので注意

いくら時間帯を指定できるとしても、細かい時間帯まで指定できないので注意してください。例えば14時35分に連絡を入れてほしいと指定しても、アコムはこの時間帯は無理ですと告げられてしまいます。

最大の理由は、指定された時間帯が細かすぎて、社員が対応できない可能性が高いからです。

アコムは1人の社員が多くの審査を担当しているため、どうしても細かい時間帯まで対応できないのです。時間を指定する際は1時間単位で指定するようにして、分単位の時間指定は避けましょう。仮に時間指定をしてもその時間に連絡がかかってこないケースが多く、守られない可能性もあります。

アコムACマスターカードの在籍確認の具体的な電話内容

ACマスターカードの在籍確認では、以下の内容で連絡がかかってきます。

まずアコムから電話が入ります。ここでアコムは担当者の名前を告げます。個人名で連絡が入るので、アコムの連絡だと多くの方に気づかれません。

次にアコムは申込者の名前を出します。申込者が在籍しているかどうかを聞き出して、本当に会社にいるのか判断します。ここで電話に出ている人が対応し、在籍しているなら在籍している、在籍していないなら在籍していないを告げます。

在籍していると確認できれば、本人に後日連絡しますという内容を告げて連絡を切ります。本人がいない場合は本人に直接連絡すると告げて連絡を切ります。余計な電話が続かないように、アコムは早期に電話を切るようにしています。

在籍している場合、会社によっては本人に替わる場合があります。この場合、アコムは後から連絡をかけるのでいいですと告げますが、それでも本人に切り替わった場合は別の対処を取り、連絡を切るようにします。

なお、在籍していないと確認出来た場合でも速やかに電話を切ります。そして審査落ちの連絡をメールによって送信します。

途中で本人に替わったケース

途中で本人に連絡を替わる場合、本人と連絡をします。本人に対してもアコムという名前や電話の内容を明かさないようにしているため、電話が変わった時点ですぐに連絡を終了します。当たり障りのない連絡をして終わりというケースが多いです。

なぜ内容を明かさないのか、その理由は電話が録音されているリスクを考えているからです。電話が録音されている場合、アコムという会社名を出したり、電話の内容が在籍確認だと告げていると、他の人に知られてしまい罰則の対象となります。

従って電話の内容を明かさないために、本人だとわかれば後日連絡するなどと告げて電話を切ります。

電話口で色々な連絡を取り合うという状況は基本的にありません。電話で本人だとわかればすぐに電話を切り、速やかに審査対応をしてくれます。

本人が不在だったケース

本人が不在だった場合、電話で在籍しているか確認できればその時点で連絡を終了します。

稀に本人が在籍していないと間違った連絡を入れられる場合があるので、本日は不在ですか?という内容を告げる場合もあります。

だ、本人がいない場合は早期に連絡を切ります。本人に対して後から連絡するという内容だけを告げて電話を切り、在籍確認を終了して審査の手続きに入ります。

従って会社には個人名義で連絡を入ったことだけがわかり、電話の内容などは一切わからないのです。

アコムACマスターカードの審査結果が来ない!審査状況を確認する方法

会社へ連絡が来るのはイヤ!防ぐ方法はある?

会社に連絡を入れられるのは嫌だと感じる方もいます。中には勘の鋭い人もいて、キャッシング関連の審査だと気づかれるのです。

ACマスターカードだったとしても、電話による在籍確認だけでお金を借りる人と思われて、会社からあまりいイメージで見られないのは避けたいところでしょう。

こうした問題を避けるために、アコムでは別の方法で在籍確認の代わりを取る場合もあります。ただ、この方法はかなり条件が厳しい傾向もあるので、在籍確認を単純に嫌がっているだけでは難しいと考えてください。

中には条件通りに提出したのに在籍確認を取る場合もあります。

給与明細や社員証・契約書を掲出して在籍確認することもできる

給与明細や社員証、社員契約の書類を提出すると、ACマスターカードの在籍確認代わりとなり、在籍確認が免除される場合もあります。

その場合は会社で仕事をしている情報をすべて伝えるために、最新の給与明細と社員証などを準備してください。

新しいものを提出しておけば、ACマスターカードを使える条件が整えっていると判断されて、場合によっては審査を通過してすぐにカードを使える可能性があります。

在籍確認が嫌だと思っているなら、担当者と事前に相談して書類の提出で対応できないか聞いておきましょう。

土日にカードを即日発行したいなら書類による在籍確認が必須

土日にカードを発行したいと考えている時は、会社に対して在籍確認が取れない時、書類による在籍確認が行われます。

書類を出せなかった場合は、翌営業日まで待ってから電話による在籍確認を取ります。つまり書類を出さない時は土日にACマスターカードを発行できないのです。

どうしても土日にしか審査を受けられず、すぐにACマスターカードを発行したいなら書類の在籍確認を依頼してください。

そして在籍確認に必要な書類をすぐに出して、アコム側がカードを発行してもいいと判断するように調整しましょう。

在籍確認の方法を変えるには事前に担当者への相談が不可欠

在籍確認の方法を変えたいと考えるなら、担当者との連絡が必要です。担当者と相談をしないのに在籍確認を変えるのは不可能です。事前の連絡で担当者としっかり相談して、ACマスターカードの在籍確認を書類で行いたいと告げておきましょう。

ある程度信頼できる人なら、書類による在籍確認に切り替えてもいいとアコムが判断します。

ただ、あまり情報がいいと判断されなければ、電話による在籍確認しかできないと告げられてしまい、書類による方法はできなくなってしまうのです。鍵を握るのは本人の属性だと考えてください。

書類を提出した後も職場に電話が来るケースはある!注意が必要

仮に書類を提出しているのに、突然連絡がかかってきる場合もあります。書類を出していたのに職場に連絡が入って、在籍確認が実施されるのは驚くと同時に、何のために書類を出したのかわからないでしょう。

理由としては、書類で信用が取れないと判断されたためです。本当に信用できると判断しているなら書類だけで審査は完了しますが、書類を見ても仕事をしていると信用されなかった場合、電話がかかってきます。

より信頼できる状況を作るために、アコムが電話によって在籍確認をする決断を取ったと考えてください。

もし書類を提出しても在籍確認を電話で行った場合は、自分の信頼性がないと考えてください。同時に審査基準ギリギリの可能性もあり、ACマスターカードを使えるか微妙なところにいる可能性もあります。

まとめ

ACマスターカードは在籍確認で本当に信用できるか判断しているため、場合によっては在籍確認の問題で審査に落とされる場合もあります。また、審査が長引く恐れもあるため、早期に在籍確認を取れるようにしましょう。

一応書類による確認にも応じてくれますが、勤務年数の少ない方、審査基準ギリギリの方は書類でも信用されない可能性があります。

書類を出しても電話がかかってくるリスクを考えると、審査基準ギリギリの人は電話で確認を取ったほうが安心かもしれません。

アコムACマスターカードを即日発行する手順・注意点を徹底解説