クレジットカードのキャッシング枠審査とは?ショッピング枠とどう違うの?

公開日:

クレジットカードでは通常のお買い物にしようするショッピング枠のほかに、お金の借入ができるキャッシング枠があります。

それぞれの枠で上限金額が決まっていて、審査基準も異なるのが特徴です。

今回はキャッシング枠とショッピング枠の違いや、審査基準の厳しさ、キャッシング枠を利用する際の注意点について解説します。

また、キャッシング枠を利用することで信用情報に傷がついてしまうかどうかについてもまとめました。

今後クレジットカードのキャッシング枠を利用したい方はぜひご一読ください。

キャッシング枠とショッピング枠の違い

まずは、クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の違いについて確認していきましょう。飲食店やコンビニ、ショッピングモールなどでの買い物の際にクレジットカードで支払いを行うことが可能ですが、この時に利用されるのがショッピング枠です。お買い物(ショッピング)に使用されることから、この名前が付いています。ショッピング枠から支払った金額は締め日まででまとめられ、支払い期日になると支払い用銀行口座から引き落とされる仕組みです。

一方、キャッシング枠では現金を借り入れることができます。各種カードローンと同様の仕組みで、借入れた元金に利息を付けて、返済期日までに返すというものです。こちらは、クレジットカードでの支払いに対応していないお金のやり取りで現金が急に必要になった場合などに役立ちます。

なお、利用限度額はショッピング枠とキャッシング枠はそれぞれ別で設定されます。ただし、両方の枠を上限利用金額まで使えるわけではありません。例えば、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が10万円のクレジットカードを利用する場合、ショッピング枠とキャッシング枠の合計で50万円までの使用が可能です。キャッシング枠で5万円借入した場合、ショッピング枠では45万円までしかお買い物ができなくなります。

基準とする法律も異なる

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠では、利用の際に基準となっている法律が別です。ショッピング枠では、割賦販売法という法律が適用されます。一方で、キャッシング枠に適用されるのは貸金業法です。

ショッピング枠に適用される割賦販売法では、クレジットカードによる買い物やローン提携販売といった支払いを行う際のルールが定められています。2か月以上にわたり3回以上に分割して支払いが行われる「割賦販売」という売買の方法についての法律です。

キャッシング枠に適用される貸金業法では、各種ローン商品の利用に関してのルールが定められています。カードローンや住宅ローンなどは、すべてこの法律に基づいて運営される金融商品です。金利の上限金額や取り立てに関するルールが定められていて、借入を行った人がきちんとお金を完済できるような環境を整備しています。

キャッシング枠の審査のほうが基準は厳しい?

カードローンのショッピング枠とキャッシング枠の審査では、キャッシング枠の方が審査基準は厳しいと言われています。実際に、ショッピング枠のみでクレジットカードを利用する場合には問題なく審査に通っても、キャッシング枠付きでの申し込みでは審査に通らないというケースも少なくありません。審査の厳しさに違いがある理由は以下の通りです。

総量規制が適用される

キャッシング枠の利用に関するルールを定めている貸金業法では、総量規制と呼ばれる決まりがあります。総量規制とは、金融機関が融資を行う際、その金額の上限を申込者の年収の3分の1までに限定するというルールです。クレジットカードのキャッシング枠だけでなく、消費者金融系のカードローンなどでも同じ規制が適用されています。

たとえば、申込者の年収が300万円だとした場合、総量規制に基づいて融資できる上限金額は100万円までです。このルールがあることにより、クレジットカードのキャッシング枠では年収の金額を加味した審査が行われ、支払い能力の有無についてショッピング枠よりも厳しくチェックされます。

貸金業法で定められている総量規制は、この法律が整理される以前にキャッシングを使いすぎて債務整理や自己破産せざるを得ない人が続出したことがきっかけで作られたルールです。本人の年収の3分の1までであれば、時間をかけてでも返済が可能という考え方のもとで適用されています。キャッシングの利用者を返済トラブルから守るために作られたルールで、審査基準も厳しいです。

原則本人に安定した収入がないと利用不可

キャッシング枠の審査に通過するためには、原則として本人に安定した収入があることが前提条件になっています。学生の方や主婦の方など、毎月固定で得ている収入がない場合には、クレジットカードのキャッシング枠を利用することができません。配偶者や両親に収入があれば学生や主婦でも利用できるクレジットカードのショッピング枠と違い、申込者自身の収入状況が厳しく審査されるのがキャッシング枠の特徴です。

キャッシング枠は総量規制が適用されるため、収入の3分の1までしか利用することができませんが、学生や主婦の方で収入が0円の場合はそもそも利用できる枠がありません。そのため、本人に安定した収入が無い場合には審査に落ちてしまうのです。なお、この時に「収入」として見なされるのは、パートやアルバイトを含む労働によって毎月固定で得ている分だけとなります。親からの仕送りや、株やFXなどで得た一時的な収益は、審査の際の収入として見なしてもらえないためご注意ください。

審査で用いる信用情報機関も異なる

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠では、審査の際に用いられる信用情報機関も異なります。信用情報機関とは、個人が金融商品の利用において延滞などの事故を起こしていないかどうかのデータを管理している組織です。クレジットカードのキャッシング枠審査では、信用情報機関のデータベースで照会が行われます。

もし、過去にカードローンや住宅ローン、クレジットカードの利用や公共料金の支払いで遅延や滞納をしてしまったことがある場合には、信用情報機関にその情報が5年間から10年間ほど残ります。このように信用情報に傷がついてしまっている場合、クレジットカードのキャッシング枠審査に落ちてしまう可能性が高いため、ご注意ください。

なお、信用情報の傷は永久に回復しないわけではありません。遅延や滞納の金額や遅れた日数の程度によって、2年ほどで回復するケースもあります。もし、自分の信用情報に不安がある場合には個人で情報開示を依頼することもできますので、一度確認した上でクレジットカードのキャッシング枠審査に申し込むのがおすすめです。

消費者金融の他社借入も影響する

さらに、すでに他社消費者金融で借入を行っている場合には、クレジットカードのキャッシング枠の審査に影響してきます。もし、他社の消費者金融で借入をしている総額がすでに年収の3分の1近くまで達してしまっている場合、クレジットカードのキャッシング枠の審査は通りません。総量規制では、申込者が借入を行っているすべての金融機関での合計額を基準にしたルールが定められているため、他社での借入額が多いと新規にキャッシング枠を作るのは難しくなります。

また、審査に影響するのは借入金額だけではありません。現在借入を行っている金融機関が4社以上など複数にわたる場合にも、キャッシング枠の審査に通らない危険性が高いです。複数の金融機関からお金を借りなくてはいけない状態はキャッシング枠の審査においては不利になるため、他社の借入を返済してから申し込むのがおすすめです。

消費者金融とクレカのキャッシングはどちらが通りやすい?

消費者金融とクレジットカードのキャッシングは似たような機能を持っていますが、どちらの審査が通りやすいかは申し込む会社によって異なるため、一概には言えません。

ただし、消費者金融の中でも中小消費者金融と呼ばれるところであれば、大手消費者金融よりも審査基準が甘くなっています。そのため、クレジットカードのキャッシング枠の審査よりも、審査基準の甘い中小消費者金融の方が通りやすいです。

キャッシング枠をつけると審査基準が厳しくなる

これまでご紹介した理由から、クレジットカードの申し込みの際には、キャッシング枠をつけると審査基準が厳しくなると言えます。単にクレジットカードを作成したいだけであれば、ショッピング枠のみで申し込んだ方が審査基準はやさしいです。

キャッシング枠を利用していると信用情報に悪影響?

クレジットカードのキャッシング枠を利用していると信用情報に傷がつくという説がありますが、これは誤りです。信用情報の傷は、あくまでも金融商品の利用に問題があった場合にのみ発生します。通常の利用を行っている限りは信用情報に傷がついたりすることはないためご安心ください。

金利も高いから急な出費には消費者金融がおすすめ

今回は、クレジットカードのキャッシング枠について解説しました。キャッシング枠はクレジットカードで現金が借りられる便利な機能ではありますが、審査基準が厳しいことや金利も高いことが短所です。

もし、急な出費でまとまった現金が必要になった場合には、クレジットカードのキャッシング枠よりも金利が低い消費者金融系のカードローンをおすすめします。審査の通りやすさや金利の安さを比較して、ぜひご自身の目的に合った借入を行ってください。

急な出費時の対処法-今日中にお金を用意する方法まとめ