セディナカードの審査は独自の基準がある!若者や女性が通りやすいクレジットカード

公開日:

クレジットカード会社では利用者の返済能力や返済の意思を確認するため、登録の際に審査を行う仕組みになっています。

その基準は会社ごとに異なっており、通りやすいところもあればそうでないところもあります。

セディナカードはクレジットカードの1つとなっていて、若者や女性が審査に通りやすいとされています。

どうしてセディナカードは女性や若者が審査に通りやすいのでしょうか。その理由や仕組みなどを詳しく解説していきます。

即日発行のクレジットカード!今日中にお金が必要な方におすすめのクレジットカード

セディナカードはIBISというシステムで審査をおこなう

セディナカードが審査に用いているシステムはIBISと呼ばれるものです。

このIBISではセディナカード利用の可能性の高さを重視する仕組みになっています。一般的なクレジットカードでは申し込んだ方の返済能力を重視して審査を行うことが多いです。

具体的には職業や収入、これまでのクレジットカードの返済状況などが重要視されます。

このシステムでは基本的に安定した収入を持つ方が有利となり、専業主婦の方や学生の方にとっては不利となってしまうことが多くあります。

しかし、セディナカードのIBISではこのカードをどのくらい使うかによって審査への影響が生まれるので、女性や若者であっても決して不利ではないといえます。

つまり、他のクレジットカードの審査をクリアできなかった方であってもセディナカードであれば問題なくクリアできる可能性もあります。セディナの審査における優良顧客の判断基準は他と大きく異なっているということです。

申込者の属性よりも「セディナカードに向いているか」が重視される

クレジットカードにはそれぞれ特徴がありますが、セディナカードの場合はショッピングを重視した内容となっていることが特徴です。

セディナカードの審査においてはこのような特徴に合っているかどうかが最も重視されます。

他のクレジットカード会社が重視しがちな申込者の属性よりも、セディナーカードとの相性を重要視して審査が行われるので、幅広い方が利用できる可能性を持っていると言えるでしょう。

審査にクリアできれば、セディナカードに合っているという判定がなされたということになります。

以上のことから、これまでにクレジットカードを利用したことがないという方にもおすすめ出来るカードだとされているのです。

他社のカード審査に落ちてもセディナカードだけ通ることがある

IBISは一般的なクレジットカードとは一線を画す審査なので、他のクレジットカードの審査に落ちてしまったとしてもセディナカードだけ通るということが大いにありえます。

例えばこれまでにカードを使用したことがない専業主婦の方の場合、収入がないことなどから一般的なクレジットカードの審査では大きく不利になってしまうことがあります。

しかし、専業主婦の方であってもクレジットカードを持つこと自体には何の違和感もありません。

収入などを理由として審査に不利とされる方であっても、セディナカードであれば持つことが出来る可能性があります。

セディナカードに向いているとIBISが判断した場合は収入の有無や職業にかかわらず審査をクリアできることも多いのです。

セディナカードの審査に通りやすいのはどんな人?

セディナカードの審査に通りやすい方として挙げられるのは以下のような方々です。

  • セディナカードをメイン利用する予定の人
  • 他に使っているクレジットカードが少ない人
  • 同時に申し込んでいるクレジットカード件数が少ない人”

セディナカードをメイン利用する予定の人

セディナカードの審査に通りやすいのは何と言ってもセディナカードをメインで使用したいと考えている方です。

そして、クレジットカードはセディナカードしか使わないつもりという方ももちろん通りやすいです。

セディナカード側としてはなるべく自社のカードを使ってほしいと考えるのが自然であり、そのことは審査にも反映されています。

したがって、これまでにクレジットカードを持ったことのない方がセディナカードに申し込んだ場合、必然的にメインで使用することが想定されるので審査に有利となります。

一方で、他にメインカードを持っていて、サブカードとしてセディナカードを使おうという予定の場合は少し審査に不利になる可能性もあります。

他に使っているクレジットカードが少ない人

他にクレジットカードをどのくらい持っているかも重要な要素となります。

複数の会社のクレジットカードを持っているという方も少なくありませんが、セディナカードの場合は他の会社のカードをあまり持っていない方が審査に有利となります。

もちろん、他の会社のクレジットカードを少し持っているだけで不利になるということではなく、他のカードの数が重要です。

他のカードが1枚か2枚くらいであればほとんど不利とはなりませんが、逆に様々なクレジットカードをたくさん持っている場合は、セディナカードを使う頻度が低くなると見なされるので審査に不利となる可能性があります。

セディナカードのみを持つという場合はかなり有利となります。

同時に申し込んでいるクレジットカード件数が少ない人

クレジットカードを申し込む際には審査に通らない可能性を見越して、複数の会社にあらかじめ申し込みを行っておくという方が少なくありません。

しかし、そのような申し込み方をするとセディナカードの審査に不利となってしまう恐れがあります。

複数の会社に申し込んでいるということは複数のクレジットカードを同時に手に入れる可能性があり、結果的にはセディナカードの優先度が下がる可能性があるからです。

逆に他のカードに申し込まずセディナカードのみに申し込んでいる方は審査に有利となります。確実にセディナの審査をクリアしたい場合はセディナカードに絞って申し込むことが重要といえるでしょう。

一般的なカード審査で見られる年収・職業ももちろん重要

セディナカードが特殊な審査のシステムを採用しているといっても、職業や年収といった一般的な項目ももちろん重要となります。

返済能力がないと判断されてしまった場合には審査に通らない可能性が高まります。クレジットカード会社は申込者の返済能力や返済の意思をチェックする必要があり、そのことを確認する上で最も参考になるのが職業や年収です。

もちろん、配偶者に収入がある場合や借入れ額が少ない場合は、当人の年収が低くても審査にクリアできる可能性はあります。

しかしながら年収が高かったり、職業に安定性が見られたりすれば限りなく審査に通りやすくなることは確かです。

セディナカードにおいても一般的なクレジットカードと同様の項目をチェックされることになります。

年収が高いほど返済能力は高い

クレジットカード会社はごく限られた情報から申し込み者の返済能力を判断しなければなりません。

そんなときに最も参考になるとされるのが年収と職業なのです。年収が高ければその分返済に充てられるお金も多いと考えられるので、審査には非常に有利となります。

また、年収は高いことだけでなく、安定しているかもチェックされます。年収の高さと安定感を両立させている方ほど有利になる仕組みです。そのような理由から、年収は審査結果に重大な影響を与える要素となっています。

そのことはセディナカードも他のカードも共通しているといえるでしょう。

安定収入が見込める職業だと審査に通りやすい

安定した収入が得られる職業はクレジットカードの審査で有利となります。

具体的には、医師や弁護士など明白な免許で立場が保証される仕事をしている方や、国家公務員の方の場合は審査に通りやすいと言われているのです。

それは、医師や弁護士の場合はその職場をもし解雇されたとしても、すぐに就職できると判断されることから返済能力を保てるとみなされるためです。

国家公務員の方は一般企業と異なり、よほどのことがない限り仕事がなくならないという特徴があります。

このことから、これらの職業は特に審査に有利となりますが、他の仕事であっても収入さえ安定していれば審査に通る可能性は高いといえます。

一方で、月々の収入が安定しない職業は少し不利になるとされているのです。

セディナカードは若者や女性も審査に通りやすい?

若者の場合は学生であるケースも多く、社会人の方ほどの収入はなかなか確保できません。

女性の場合は専業主婦で収入がほとんどないというケースもあります。そういった方にとって、セディナカードの審査は通りやすいといえるのでしょうか。

結論から言うと、十分に審査に通りやすい可能性があります。

なぜなら、セディナカードでは年収や職業だけでなく、他の要素も重視しているからです。

若者や女性の場合であってもセディナカードに絞って申し込みを行えば、審査をクリアできる可能性が高いといえるでしょう。

ただし、これまでにお金を借りて延滞や滞納をしてしまった経験があるという場合は大きく不利になるので注意が必要です。

セディナカードはショッピング目的のカード利用者がターゲット

セディナカードの大きな特徴となっているのが、ショッピング目的のお客さんをターゲットにしていることです。

クレジットカードには様々な用途があり、種類によってはキャッシングに利用できるケースもあります。

そんな中でセディナカードではショッピング目的の方をターゲットにしており、若者や女性にもうってつけとされているのです。

ショッピング目的の利用の場合は基本的にリスクが低く、クレジットカード会社としてもカードを発行しやすいというメリットがあります。

リスクが低いということは、審査を厳しくしなくてもそれほど問題はありません。これによって、セディナカードは極端に高額な収入を得ている方でなくても利用することが出来ます。

セディナカードの審査に通るコツ

セディナカードの審査に通るためのコツとしては以下のようなものが挙げられます。少しのことで審査にクリアできるかどうかは大きく変わってきます。

  • 収入を申込み前に上げる努力をする
  • より通りやすいクレカに申し込んでクレヒスを上げる

収入を申込み前に上げる努力をする

名目上であっても収入が高くなればその分審査には通りやすくなります。

現在行っている仕事において、収入を上げられる要素がある場合は出来るだけ上げておくことで、審査クリアの確率が上がります。

アルバイトなどの場合も、シフトを増やしたりして収入を増やすことは有効でしょう。収入を上げることは容易なことではありませんが、少し上げるだけでも審査への影響は非常に大きくなります。

セディナカードではアルバイトやパートの方であっても審査をクリアできる可能性がありますが、様々な手段を駆使し、出来るだけ収入が高い状態にして申し込むことが審査落ちするリスクを回避する方法となります。

より通りやすいクレカに申し込んでクレヒスを上げる

クレヒスを高めることも非常に重要です。クレヒスとはクレジットヒストリーの略であり、これまでにクレジットカードをどのように使ってきたかということを表します。

今までに延滞や滞納などをしてしまった経験を持つ場合は、審査に通りにくくなってしまうでしょう。

基本的にはクレジットカードを適度に使用し、確実に返済をしていくことでクレヒスは高まっていきます。

そして、クレヒスが上がっていれば、クレジットカードを適切に使用してくれると見なされるので審査に有利となります。

しかし、これまでにクレジットカードを使ったことがないという方もいるでしょう。

クレヒスが全くないという状態は若干不利になるかもしれないリスクはありますが、収入などの他の要素によって審査をクリアできる可能性もあります。

信用情報にキズが付いている場合は期間を空ける

クレジットカードの審査において大きく不利となるのが信用情報のキズです。

これまでにクレジットカードなどを使用し、延滞や滞納などをしてしまった場合には信用情報のキズが残ってしまいます。

キズがある状態でクレジットカードを申し込むと、返済能力や返済の意思が怪しいと判断される恐れがあります。

信用情報に1度キズがついたとしてもその後しばらくすると取り消されることがあるので、信用情報にキズがついた場合には期間を空けて申し込むことで審査をクリアできる可能性が高まります。

キズが消えるまでの期間は滞納や延滞などの状況によって異なりますが、それほど悪質でない場合はキズがついてから1年足らずで元の信用情報に戻ることも少なくありません。

より審査に通りやすいリボ払い専用「セディナカードJiyu!da!」

セディナカードではどの種類のカードでもある程度審査に通りやすいですが、中でも特に通りやすいとされるのが「セディナカードJiyu!da!」です。

このカードはその名前の通り、自由度が高い特徴を持っています。「セディナカードJiyu!da!」の大きな特徴となっているのがリボ払い専用であるということ。

リボ払いとは毎月に使用額にかかわらず、決まった金額を月々支払うという仕組みとなっています。

これは、安定的な支払いを行うことが出来るので便利です。

また、クレジットカード会社側にとっても安定的に返済してもらえてリスクが少ないというメリットがあります。これにより、審査も特に通りやすいという特徴も生まれています。

専業主婦で収入がなかったり、アルバイトで収入があまり多くなかったりする場合でも審査に通る可能性がありますので、他のセディナカードの審査に通らなかったとしても「セディナカードJiyu!da!」ならば通るということが十分に起こりえます。

会社の利益が高いので審査基準も低め

セディナカードJiyu!da!はリボ払い専用カードですが、リボ払いは通常の支払いに比べて利益が高く、途中で解約トラブルなどがあったとしても十分な利益を確保できます。

そのため、セディナカードとしてはそれほど審査を難しくする必要がないともいえます。そのことが審査の通りやすさにも繋がっています。

やはりクレジットカード会社も会社なので業績が安定しているか、そうでないかで方針が大きく変わることもあります。

セディナカードの場合は業績が安定しているので落ち着いて新規顧客の開拓が出来ているといえるでしょう。

利用者にとってもクレジットカード会社の運営が順調であることは安心感に繋がります。今後も安定感がある限り、セディナカードの利用しやすさも増していきます。

リボ払いは返済額がどんどん膨らむので注意しよう

リボ払いは支払額が定額なので負担を軽減できる支払い方といえます。

しかしながら注意しておかなければならないこともあります。それはクレジットカードを使用しているという実感がわきにくいということです。

いくら使っても請求される月々の金額は増えず、返済期間がどんどん増えていきます。

これにより、気が付いた時には返済額が大きく膨らんでいるということも起こりえます。

例えば一括払いや二回払いであれば返済の際に負担が大きくなっていることに気づき、使いすぎないように気を付けようと意識しやすいですが、リボ払いの場合はなかなかそういった意識が生まれにくくなります。

リボ払いを利用する際には自分の使用状況を確認し、返済額を膨らませすぎないように注意しましょう。

月々の支払設定額を増やすことによって利子が高くなりすぎることを防ぐことも出来ます。何よりも必要以上にクレジットカードを使いすぎないようにすることも大切です。

セディナカードは年会費無料で使いやすい!まずは審査に通ろう

セディナカードは年会費無料となっています。

一般的なクレジットカードは年会費が必要であったり、条件を満たさないと料金がかかったりすることがあります。

しかし、セディナカードの場合は年会費がかからないので気軽に申し込むことが出来ます。いざセディナカードを手に入れた上でもし使わなかったとしても、別途の費用がかかることもありません。これは非常に大きなメリットといえるでしょう。

セディナカードを使いたい場合はまず申し込みを行い、審査をクリアすることが大切です。審査をクリアできるかどうかはその方の状況次第ですが、申し込みさえ行えば審査に通る可能性があります。

審査に通るか分からないと躊躇してしまう方もおられるかもしれません。審査にクリアできなかったからと言って何らかのペナルティがあるわけではないので、まずは申し込んでみるというのも一つの手です。

お金の節約に役立つクレジッドカードの使い方をご紹介