クレジットカードの審査基準と審査に落ちる人の特徴

公開日:

クレジットカードの審査基準と審査に落ちる人の特徴

クレジットカードの審査基準にはいくつかのポイントがあります。

審査に落ちてしまう人には共通してみられる特徴があるため、その特徴を把握してできるだけ改善してから申し込むことが大切です。

そこで今回は、クレジットカードの審査で見られるポイントや審査に落ちやすくなる原因、改善すべき注意点についてまとめました。

少し気を付けるだけでも、クレジットカードの審査に通る可能性を上げることが可能です。

これからクレジットカードの新規作成を検討されている方は、今回の情報を参考に、できるだけ審査に通りやすい状態で申し込むことをおすすめします。

クレジットカードの審査で見られるポイント

まずは、クレジットカードの審査でよく見られているポイントについて確認していきましょう。

クレジットカードの審査会社は、カードの利用者がきちんと支払いを行ってくれるかどうかを判断するために、いくつかのポイントを重視しています。

クレジットカード審査におけるチェックポイントは以下の通りです。

信用実績(クレヒス)

クレジットカードの審査で重点的にみられるポイントとして、これまでのクレジットカードの利用歴を表す「信用実績」が挙げられます。信用実績はクレジットヒストリー、略して「クレヒス」とも呼ばれるもので、過去にクレジットカードを利用した経験がある人ならだれでも持っている情報です。

これまでに使用したクレジットカードの使用履歴について、支払いの延滞がなかったかどうかや、毎月の利用金額がどれくらいあるかといった情報は、すべて信用実績としてチェックされます。さらに、信用実績に記載される情報はクレジットカードの利用歴だけにとどまりません。各種ローンの利用歴など、金融系のサービスを利用した取引履歴はデータとして管理され、すべてのクレジットカード会社と共有される仕組みです。

クレジットカードの審査会社は信用実績をチェックすることによって、新たにクレジットカードの申し込みをしてきた人からきちんと支払い金額を回収できる見込みがあるかどうかを判断しています。もし、この審査で信用実績に思わしくない点が見つかった場合には、クレジットカードの審査に落ちてしまう危険性が高いです。

信用情報

クレジットカードの審査でチェックされるポイントとして、信用情報というデータも挙げられます。信用情報は、1つ目にご紹介した信用実績と名前が似ていますが、別の物です。信用情報が表しているのは、過去にその人が利用した金融商品において、支払いの遅延などの事故が起きたかどうかという内容になります。

信用情報は信用情報機関に登録されている

信用情報は、信用情報機関という組織によって登録され、管理されています。信用情報機関は大きく分けて3種類存在し、消費者金融や信販会社の信用情報を扱っている「JICC」、クレジットカード会社と信販会社の信用情報を管理している「CIC」、銀行や銀行系カードの信用情報を管理している「JBA」の3つです。

もし、カードローンや銀行の金融商品などの利用で過去に信用情報にキズが付くような履歴があった場合、クレジットカードの審査で不利になってしまいます。たとえば、カードローンの返済期日までに支払いができず、その後何ヶ月も延滞してしまったという場合や、クレジットカードの支払いに失敗し督促状を貰ってしまったなどの場合には、信用情報で不利になる危険性が高いです。

なお、金融商品の利用に失敗してしまった経験があったとしても、信用情報のキズは永久に残るわけではありません。起こしてしまった事故の種類や程度によって、2年ほどで解消されるキズもあれば、10年近く残ってしまうキズもあるという形です。

申し込み情報

クレジットカードの申込審査でチェックされる項目として、申込時に記入した情報も挙げられます。信用情報や信用実績が完璧であったとしても、申込情報に不備があれば申込審査に落ちてしまうため、注意しましょう。

クレジットカードの申し込みで必要な情報

クレジットカードの申し込みに必要な情報は、名前や住所、生年月日のほか、クレジットカードの支払いに必要な銀行口座の金融機関名、支店名、口座の種類や口座番号、職業や勤務先の情報などです。クレジットカードの利用金額の支払いに必要な銀行口座を持っていない場合には、先に銀行口座を開設してからクレジットカードに申し込む必要があります。

なお、クレジットカードの申し込み規則として、支払い口座の名義人が本人のものであることや、申込者の年齢が満二十歳以上であることなどの条件があるため、これらの条件をクリアしていない場合は申込ができません。また、学生の場合は申し込むことができないクレジットカードや、正社員以外の派遣社員やパート・アルバイトの方は申込ができないクレジットカードもあるため注意しましょう。

必要書類

次に、クレジットカードの申し込みに必要な書類について解説します。クレジットカードの申し込みに必要な書類に不備があると、審査のプロセスに時間がかかったり、審査に落ちたりしてしまう場合があるため注意が必要です。審査に必要な書類の中には、住民票など用意するのに手間がかかるものなどもあります。スムーズにクレジットカードを作成したい場合は、以下にご紹介する書類を一式そろえてから申込手続きを開始してください。

クレジットカードの審査に必要な書類

クレジットカードの審査に必要な書類を順番に確認していきましょう。

まずは、身分証明書が必要です。身分証明書として使えるものはいくつかありますが、基本的には顔写真付きのものを用意するのが最も楽に審査を通過できます。顔写真が付いていない身分証明書の場合、公共料金の支払い書類などとセットで提示する必要があるためご注意ください。電気やガス、水道の料金支払い書類には住所と氏名が載っているため、自身の身分を証明するための追加書類として使用することができます。

【身分証明書として使用できるもの】

顔写真付きのもの
・運転免許証のコピー
・マイナンバーカードのコピー
・パスポートのコピー
・写真付き住民基本台帳カード

顔写真が付いていないもの(別途資料が必要な場合あり)
・マイナンバーの通知カードのコピー
・健康保険証
・住民票のコピー
・外国人登録証のコピー

次に、クレジットカードの支払いに使う銀行口座に関する情報が必要です。各種銀行口座か、郵便貯金の口座も使用できます。

もし、未成年の方でも利用できるクレジットカードに申し込む場合は、保護者の同意書も必要書類に含まれます。保護者の同意なしにクレジットカードを作成することはできないため注意しましょう。

クレジットカードの審査に落ちる人の特徴

クレジットカードの必要書類が確認出来たら、次に審査に落ちてしまう人の特徴について確認することが大切です。もし、以下の項目の内いずれかに当てはまっている場合は、クレジットカードの申し込み審査に通らないかもしれません。あらかじめ分かっていれば対策を行うことも可能ですので、順番に見ていきましょう。

過去にクレジットカードを利用したことがない

初めてクレジットカードを作成する人にとっては意外かもしれませんが、過去にクレジットカードを利用したことがない人からの申し込みをお断りしているカード会社もあります。ただし、すべてのクレジットカード会社がこの基準で審査を行っているわけではありません。審査に通過しやすいクレジットカード会社で申し込めば、初めての方でも問題なく作成が可能です。

なお、過去にクレジットカードを利用したことがない方が審査に断られてしまうケースとしては、年齢が30歳以上の場合が多いとされています。これまでに一度も金融商品を利用したことの無い人は信用実績が全く存在しないため、ある程度の年齢に達している場合には「債務整理をしたのではないか?」という疑いがかかり、審査に通りにくいのです。

実際に債務整理をしたかどうかにかかわらず、30歳になるまでクレジットカードを全く使用したことがない人は審査で不利になる場合があるため、ご注意ください。なお、もし作りたいクレジットカードがある場合には、先に審査に通りやすいクレジットカードを作成して信用実績を作った後、本命のクレジットカード会社の審査に申し込むという手順を踏めば問題ありません。

複数のクレジットカードを上限まで利用している

クレジットカードの審査に落ちてしまう人の特徴として、複数のクレジットカードを上限まで利用しているというケースも挙げられます。クレジットカードには利用金額の上限があり、その金額まで決済を行ってしまった月はそれ以上の決済を通すことができません。高額な買い物をした月に限度額ギリギリまで決済を行うことには問題がありませんが、複数のクレジットカードを上限まで利用しているという場合には不自然に思われ、新たなカードの申し込み審査で不利になる場合があります。

高額な商品を購入する際は、一部を現金で支払い、残りをクレジットカードの上限に達しない程度で支払うなどの方法をとりましょう。なお、毎月クレジットカードの上限までを複数のカードで使い続けるということは稀なため、普通にカードを利用している方であれば心配する必要はありません。

過去に債務整理や返済の延滞をしている

クレジットカードの審査に落ちてしまう人の特徴として、過去に債務整理や返済の延滞があった人が挙げられます。債務整理や返済の延滞があると、新しく作ったクレジットカードでもまた同じような失敗をしてしまう危険性が高いとみなされるため、審査に通りにくいです。

返済の延滞の場合、延滞している金額や延滞した期間の長さによって審査への影響度が変わります。もし、繰り返し延滞をしてしまっている場合や、高額な延滞を長期間にわたって続けているという場合には、クレジットカードの審査に落とされてしまう危険性が高いです。

また、債務整理はカードローンやそのほかの金融商品を利用した際、返済すべき期日までにどうしても支払いができなくなった人を救済するためのシステムとなっています。借入金の金額を減らしたり、支払い期日を延長したりする手続きを通して、完済を目指すという仕組みです。一度債務整理をしてしまうと、クレジットカードの審査に非常に不利になるためご注意ください。

債務整理をするとブラックリストになる

債務整理をした場合、クレジットカード会社やカードローン会社が共有する信用情報データベースにおいてブラックリストに追加されてしまいます。銀行系のカードローン商品での債務整理のキズは特に長く残り、10年間近く回復しない場合も多いです。この間、クレジットカードだけでなく、ほとんどすべての金融商品の利用ができなくなってしまいます。

ブラックリストに入ってしまったかどうかや、過去に債務整理をしたときの情報が今でも信用情報機関に残っているかどうかは、自分自身の履歴については調べることが可能です。ブラックリスト化してしまっているかどうか、またはすでにブラックリストから回復しているかどうかなどを調べたい方は、情報開示と呼ばれる制度を使うことで、自分の信用情報を確認してください。最近では、スマートフォンからの申し込みで自分の信用情報が確認できるシステムもあるため、比較的便利に調べられます。

携帯電話の滞納でブラックになる人が増えている

信用情報機関のブラックリストに登録されてしまう人の原因は、債務整理だけではありません。携帯電話の利用料金の滞納によってブラックリストになってしまう人が増えています。携帯電話料金はデータ使用量に応じて定額である場合がほとんどですが、その支払いが滞ったままずっと時間が過ぎてしまうと信用情報にキズが付くケースがあるのです。金融商品を使っていない人でもブラックリスト化してしまう危険性があるため、各種料金の支払いには遅れないように注意してください。

現時点で本人に安定した収入がない

クレジットカードの審査に落ちてしまうこのほかの原因としては、現時点で本人に安定した収入が無いことも挙げられます。安定した収入が無いということは、クレジットカードを利用したとしても支払い能力がないということを意味するからです。パートやアルバイトなど、少額でも良いので毎月固定の収入を得ているかどうかが、クレジットカードの審査に通過するかどうかの分かれ目となります。

なお、二十歳以上の大学生の方などでは、親からの仕送りを貰っているケースもあるでしょう、ただし、親からの仕送りはクレジットカードの審査時の安定収入としては見なされないためご注意ください。あくまでも、企業で働いて得ている給与や、自らが起こした事業で得た収益などについてのみ、審査時の評価対象となります。

配偶者に収入があれば専業主婦でもOK

なお、特定の職についていない専業主婦の方でも申し込めるクレジットカードの中には、配偶者に収入があれば問題なくカードを作成できるという場合もあります。専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入があれば一定の支払い能力があるとみなされるからです。

ただし、配偶者の収入を証明する書類の提出や、配偶者の同意書を提出が必要な場合があるため、主婦の方が自分一人で申し込むことはできません。内緒で作成してしまうと後からトラブルになるため、配偶者の方の同意を得た上でクレジットカードの申し込みを行いましょう。

申込情報に不備がある

クレジットカードの審査に通らない原因として、申込情報に不備があるというケースがあります。最近ではインターネットから申し込むフォームの中に記入漏れなどがあったりすると、送信する前にエラー表示が出ることが多いため安心です。ただし、郵送で申込書を送付する場合などは、記入漏れなどの申込情報の不備に注意しましょう。

提出した書類に不備がある

提出した書類に足りないものがある場合にも、クレジットカードの審査に落とされてしまう危険性があります。再提出を促されたときにすぐに対応できれば問題ありませんが、こうした手続きをきちんと処理できるかどうかというところも審査の対象です。不備が無いよう、しっかりと確認した上で申し込みを行いましょう。

在籍確認ができない

クレジットカードの審査では、本人確認に加えて「在籍確認」という手続きが必要になります。在籍確認とは、クレジットカードの申込者が申告した勤務先に、その人が本当に在籍しているかどうかを確認するための作業です。基本的に、在籍確認は電話によって行われるケースが多くなっています。

具体的な流れとしては、まずクレジットカードの審査会社が職場に電話を掛けます。その際、電話に出た人にクレジットカードの審査とは分からない形で、申込者が在籍しているかどうかを確認し、きちんと回答が得られれば合格です。会社にかかってきた審査の電話に申込者本人が出て対応することもできます。

この在籍確認の手順に失敗してしまうと、クレジットカードの審査に通りません。たまたま誰も電話に出られない時間帯に在籍確認の電話がかかってきてしまった場合でも、数回は日時を改めて確認の連絡が来ます。そのすべての電話に出られなかった場合には、在籍確認が失敗となるためご注意ください。

ステータスの高いカードへ申し込んでいる

クレジットカードへの申し込みが断られてしまうケースとして、ステータスの高いカードへ申し込んでいることもあります。クレジットカードのステータスとは、利用限度額やポイント還元サービスなどが充実しているかどうかを表す言葉です。高級なブランドイメージを持つクレジットカードほどステータスが高く、また審査の基準も高くなっています。

同じ会社が提供しているクレジットカードの中でも、複数の異なるステータスの商品が用意されている場合があるため、自分に合ったステータスのカードに申し込むことが大切です。また、ステータスが高いカードはサービス内容が充実している分、年会費も高額な場合が多いです。逆に、年会費が永久無料とうたわれているクレジットカードの場合は、審査に通る可能性が高くなっています。

ステータスの高いカードは、最低限必要とされる年収のハードルが高い場合などがあるため、確実に審査に通りたい場合はステータスが低めなカードに申し込むのがおすすめです。

複数のクレジットカードへ同時に申し込んでいる

複数のクレジットカードに同時に申し込んでいると、それらすべてのカードで審査に落ちやすくなってしまうため注意してください。同時に申し込むクレジットカードの枚数が多いと、すべてのカードの支払いをきちんとできるかどうか疑われるような形となり、審査で不利になります。同時に申し込むクレジットカードの枚数は多くても2枚までがおすすめです。3枚や4枚、それ以上のカードに同時に申し込みを行うことは避けましょう。

もし、複数のクレジットカードを作成したい事情がある場合には、審査に通ったことを確認してから1枚ずつ順番に申し込んでいくことをおすすめします。クレジットカードを複数枚所有すること自体は問題がないため、時期をずらして申し込んでいけばすべての審査に通ることも可能です。同時に複数申し込んでしまわないことにだけご注意ください。

前回審査に落ちてから半年以内に再申し込みしている

233
クレジットカードの審査に落ちてしまうパターンとして、一度クレジットカードの審査に落ちてから半年以内の再申し込みも挙げられます。審査に一度落ちてしまった場合、半年以内では自分の信用情報やステータスが変化していない場合がほとんどです。その状態で同じクレジットカード会社に再度申し込みをしても、ほぼ間違いなく断られてしまいます。

また、違うクレジットカード会社に申し込む場合にも、一度審査に落ちてしまってから半年以上は期間をあけたほうが良いです。

短期間に複数申し込むと申し込みブラックになる

立て続けに審査に落ちてしまうと信用実績にも悪影響を及ぼしてしまうため、ますます審査に通りにくくなってしまいます。短期間に複数のクレジットカード会社に申し込むと、「申込ブラックリスト」として登録されてしまい、カード作成にとって非常に不利です。審査に落ちてしまった場合は、再審査を受けるまでの期間にご注意ください。

また、一度クレジットカード会社の審査に落ちてしまった後、再度申し込む際には、可能な限り自分の信用情報や年収などの属性を改善しておくことがおすすめです。

クレジットカードは会社によって審査基準は異なる

今回は、クレジットカード会社の審査基準について解説しました。クレジットカード会社によって、審査基準はそれぞれ異なります。1つのクレジットカード会社の審査に落ちてしまったからといって、他のカードも作成できないとは限りません。

自分の職業や収入状況に合わせて、適切なクレジットカードを作成することが大切です。審査基準の甘いクレジットカード会社でも、受けられるサービスはほとんど同じなため、できる限り審査に通りやすいクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

審査に通りやすいクレジットカードは、こちらの記事でランキング形式で紹介しています。

審査の甘いクレジットカードランキングTOP5!2019年おすすめはコレ!