エポスカードの審査基準と審査に落ちる人の特徴【口コミ・返済・キャッシング】

公開日:

丸井グループの株式会社エポスカードが発行しているクレジットカード、エポスカードは、入会金・年会費が永久無料です。

また、店舗でもネットでも月々の支払いでもポイントが貯まり、ショッピング、飲食店など、全国10000店舗以上で特典を利用することができます。

海外でのキャッシングもできて、海外旅行傷害保険が無料で自動付帯になっています。

この記事では、あらゆるシーンで活躍してくれるエポスカードを持つメリット、審査基準、審査に落ちる人の特徴などを徹底解析していきます。

エポスカードの基本スペック

国際ブランド VISA
年会費  無料
金利 キャッシング:年18.00%
利用可能枠
  • ショッピング:20万~100万円
  • キャッシング:1万~99万円
支払い方法
  • 分割払い
  • 持参払い
  • リボ払い
  • ボーナス一括払い
引き落とし日 毎月4日か27日で選択可能
審査時間  最短30分
ポイント エポスポイント
付帯保険 海外旅行保険(最高2000万円補償)
追加機能  マルコとマルオの7日間で10%オフ

エポスカードは年会費・入会費無料で、支払い回数も豊富。海外旅行保険に、マルイでのショッピング割引など、使える特典が満載です。

エポスカードのメリット

  • 入会金が無料・年会費は永年無料!
  •  エポスポイントがどんどん貯まる!
  • 海外旅行傷害保険や全国10万店舗で利用できる特典がうれしい!

入会金が無料・年会費は永年無料!

エポスカードは、クレジットカードであるにも関わらず入会金が無料で、さらに、年会費が永年無料です。クレジットカードの年会費は意外とコストになってきますので、永年無料で一切負担がないカードというのは大変魅力です。

エポスカードには付帯保険や追加機能が満載ですので、すぐに使う予定がなくても、カードを発行して手元に持っているだけでもお得です。カードを発行するデメリットがありません。

 エポスポイントがどんどん貯まる!

エポスカードを利用するたびに、エポスポイントが貯まっていきます。

1回のカード利用で200円(税込)あたり1ポイントが貯まります。

ポイントが貰える、入会キャンペーンやお友達紹介キャンペーンなども定期的に開催してます。エポスポイントは、マルイやマルイウェブチャネルで利用することができます。

エポスVisaプリペイドカードにして利用することもできますし、商品券やギフトと交換することも可能です。

海外旅行傷害保険や全国10万店舗で利用できる特典がうれしい!

エポスカードを持っているだけで、豊富な特典が受けられます。

海外旅行では海外旅行傷害保険が適用され、飲食店では飲食代金の割引が、テーマパークでは入場料無料などがあり、あらゆるシーンで恩恵が受けられます。

エポスカードの審査基準4点を徹底解説!

  • 日本国内に在住で、高校生を除く18歳以上の方
  • 未成年者の場合は、親権者の同意がある方
  • 安定した収入のある方、学生や専業主婦などの方
  • クレジットカードヒストリーに、長期間の滞納などの履歴がない方”

日本国内に在住で、高校生を除く18歳以上の方

エポスカードの基準として、高校生を除く18歳以上の方で、日本国内に在住の方に限るという決まりがあります。このルールの範囲内の人であれば、申し込みをすることができます。

未成年者の場合は、親権者の同意がある方

日本国内に在住で高校生を除く18歳以上の方であっても、未成年者であれば親権者の同意が必要です。

親権者の同意があれば、入会基準に達しているので、申し込むことができます。

安定した収入のある方、学生や専業主婦などの方

エポスカードは、公務員や会社員などの安定した収入のある方であれば、問題なく審査に通ることができます。

一般的なクレジットカードは、このような安定した収入のある方かどうかを審査して、安定した収入のない方の場合は審査に落ちることもあります。しかし、エポスカードの審査は甘めです。学生や専業主婦の方など、安定した収入のない方でも申し込むことができて、審査に通ることができます。

学生の方であれば、社会人になってから利用してくれることを見込んで、発行しているようです。

アルバイトなどをしていなくても、審査に通ることができます。

専業主婦であれば夫の収入もあるので、世帯収入を加味して審査しているようです。ゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードとは違う一般カードなので、緩めの審査になっています。

クレジットカードヒストリーに、長期間の滞納などの履歴がない方

エポスカードはクレジットカードなので、審査の段階で申込者のクレジットカードヒストリーをチェックします。

過去に長期の延滞などの履歴がないかどうか、念入りに調べます。

国内在住の18歳以上で、学生や専業主婦、公務員や会社員などで、クレジットカードヒストリーに傷のついてないホワイトな方であれば、ほぼ間違いなくエポスカードの審査に通ります。

エポスカードの審査に落ちる人の特徴

  • エポスカードの入会資格を満たしていない方
  • クレジットカードヒストリーに問題がある方
  • 今までクレジットカードを発行したことがない、スーパーホワイトな方
  • 仮カードが発行された後の手続きを忘れてしまった方

エポスカードの入会資格を満たしていない方

エポスカードの入会条件は、日本国内に在住している、高校生を除く18歳以上の方です。

それ以外の方が申し込みをしても、最初の段階で弾かれてしまいます。

クレジットカードヒストリーに問題がある方

クレジットカードを発行する際に、信用情報機関へのチェックを行います。

そのチェック内容を元にして、カード発行の有無が決まります。

クレジットカードヒストリーで、延滞などのトラブル履歴が確認されてしまうと、エポスカードの発行が難しくなります。

特に、キャッシングサービスでリボ払いを選択し、その支払いを延滞してしまうと、延滞歴が残ってしまいます。

クレジットカードヒストリーに傷があるとカード会社に警戒されてしまいますので、気をつけたほうがいいポイントです。

今までクレジットカードを発行したことがない、スーパーホワイトな方

クレジットカードヒストリーのチェックをするとスーパーホワイトな、クレジットカードを発行したことのない人がいます。

大学生や20代であれば問題はありませんが、30代でもクレジットカードの使用履歴のない方は、審査に落ちてしまう可能性があります。

現金主義な人という印象もありますが、過去に信用情報機関に延滞歴などが残ってしまい、その履歴が消えた人という風に判断される危険性があります。

結構な年齢にも関わらず、履歴のないまっさらな状態というものは、逆に疑われてしまうようです。

仮カードが発行された後の手続きを忘れてしまった方

エポスカードに申し込みをすると、申し込み方法によっては仮カードを手渡されることがあります。

仮カードは本人確認のみで、詳細な審査は行われません。

仮カードの発行後に所定の手続きを踏んでから、本カードの発行へと移ります。

仮カードのままで、在籍確認への対応などを忘れたままにしていると、本カードが発行できません。

エポスカードの審査の流れ

  1. エポスカードの申し込み(店頭・郵送・インターネット)
  2. 信用情報機関を通して審査
  3. 勤務先がある方は、勤務先への在籍確認
  4. 審査結果のメール受信
  5. 本人確認書類の提出、キャッシュカードの提示
  6. エポスカードの発行

エポスカードの申し込み(店頭・郵送・インターネット)

エポスカードの申し込み方法は複数あります。

店頭で申し込むメリットは、スピード感です。店頭が最も早く発行できます。

郵送は時間がかかりますが、店頭に足を運ぶ必要がありませんし、パソコンも必要ありません。

インターネットは、ネット上で手続きできるので簡単です。自分に合った方法で申し込むことができます。

例えば、インターネットの場合は、まずカードデザインの選択から始まります。デザインを選択したら、基本情報と、お仕事情報を入力します。

次に、カードの受け取り方法と、本人確認書類の指定をします。そして、審査結果の連絡を受け取るための、メール設定をします。

すべての入力が終わったら、入力内容を送信するというボタンをクリックして完了です。

信用情報機関を通して審査

申込者の情報が届くと、株式会社エポスカード側で審査が始まります。

入力内容を確認し、クレジットカードヒストリーに問題がないか調べるために、信用情報機関へチェックを行います。

勤務先がある方は、勤務先への在籍確認

記載、入力されている内容に間違いがないか、実際に勤務先で働いているかを確認するために、在籍確認が行われます。

この在籍確認は必ずではなく、行われないこともあります。

審査結果のメール受信

審査結果が、設定したメールアドレスに送られてきます。

早ければ数分以内に届きます。メールが届いたら、記載されている内容に従って支払い口座の設定を行います。

この設定は大体7日以内の手続きが必要です。

本人確認書類の提出、キャッシュカードの提示

本人確認書類を提出します。店頭の場合はキャッシュカードも提示します。

エポスカードの発行

郵送やインターネットの場合は、本人限定受取郵便で届きます。店頭の場合はエポスカードセンターで受け取れます。

エポスカードは即日発行できる?

エポスカードは、即日発行ができます。

そのため、急な出費が重なったり、海外旅行を控えていたりして、クレジットカードがすぐにでも必要になった方も安心です。

まずは、WEBかスマホのアプリから申し込みます。

カードの種類を選択し、規約を確認して、お客様情報を入力します。ここまで、最短5分で手続きできます。

スマホのアプリの場合は、エポスカードVISA申し込みのアプリをダウンロードし、お客様情報を入力します。

その際にスマホで運転免許証を撮影すれば、自動的に入力してくれます。こちらも5分以内の手続きが可能です。

申し込みが終われば、早ければ数分で、エポスカードの申し込みについてのお知らせというメールが届きます。

こちらに、審査状況や審査結果の報告が記載されています。カードの受取り方法や、受取り期間についての詳細も書いてあります。

場合によっては、自宅や勤務先への在籍確認が行われます。

これらがすべて完了すれば、カードを受け取ることができます。

受取り方法は2種類あり、エポスカードセンターに出向いて直接受け取る方法と、自宅へ郵送する方法です。

最短でエポスカードを受け取りたい場合は、エポスカードセンターに出向いて直接受け取るのが最も早いです。

営業時間内であれば、最短当日には新しいエポスカードを受け取ることができます。

エポスカードセンターに行く時にキャッシュカードを持参すれば、引き落とし口座の手続きもその場で手続きできます。

即日発行のクレジットカード!今日中にお金が必要な方におすすめのクレジットカード

エポスカードの返済方法・返済期日

エポスカードの返済方法には複数の選択肢があります。

口座引き落としの場合は、毎月4日、または、27日に指定した預貯金口座から引き落としされます。

金融機関が休業日の場合は、翌営業日に引き落とされます。持参払いでも可能です。

持参払いの日程は、5日、10日、15日、20日、25日、30日から自由に選択できます。エポスATM、ペイジー、エポスカードセンターなどで支払えます。

さらに、インターネット返済も可能です。スマホやパソコンからエポスNetにアクセスして、エポスNetのペイジー画面で金額を入力、インターネットバンキングを指定して支払います。

ペイジーであれば、月々の支払いだけでなくリボ増額払いにも対応しています。

エポスカードの返済に使えるATM

エポスカードの返済に使えるATMは豊富です。エポスATM、コンビニエンスストア、都市銀行に地方銀行を含めた金融機関まで、非常に幅広い選択肢があります。

  • マルイATM
  • エポスATMコーナー
  • ペイジー
  • セブン銀行ATM
  • ファミリーマートなどのEnet
  • ローソンATM
  • ロッピー
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 北海道銀行
  • 北洋銀行
  • 八十二銀行
  • 横浜銀行
  • 池田泉州銀行
  • 滋賀銀行
  • 南都銀行
  • 百五銀行
  • 中国銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行

銀行ATMを利用する場合は、金融機関によって時間外手数料が発生することがあります。銀行営業時間外は、銀行支店外ATMでの支払いは千円単位になります。

エポスカードはキャッシング利用にも対応!

エポスカードは、キャッシング利用にも対応しています。

カードを申し込む時に、キャッシングを利用する可能性のある方は、キャッシング枠を同時に付帯します。

エポスカードの金利は、年18%になります。

返済方法は、一括返済かリボルビング方式が選べます。利用可能枠は、1万〜99万円です。返済期間は最長で70ヶ月、返済回数は最大で70回になります。

支払いが遅れた場合の遅延損害金は、年20%に上がります。保証人の必要はありません。

エポスカードでは、カード会員向けの特典として、初回キャッシングが最大30日間金利0円というサービスを行っています。

このキャンペーンがあるので、初めての方でも気軽に使いやすいサービスになっています。

エポスカードのキャッシング利用の流れ

エポスカードのキャッシングを利用したいと考えた場合は、申し込みの際にキャッシング枠を設定する必要があります。

設定して希望が通り、無事にエポスカードが発行されれば、キャッシングが利用できます。

キャッシング方法は、エポスATMが便利です。平日の6時から深夜2時までの20時間、マルイの営業時間外であっても、いつでもキャッシングを利用することができます。

エポスATM以外でも、エポスマークのあるコンビニ、銀行ATMでも利用可能です。

コンビニ、銀行の場合はリボ払いのみで、エポスATMであれば一括払いも選択できます。

エポスカードはキャッシング手数料が無料なので、他のキャッシングサービスよりもお得な側面があります。

エポスカードの口コミ・評判

エポスカードは学生の頃から利用しています。学生の頃からバイトをしていましたが、社会人になってからの方が給料が増えたので頻繁に利用しています。マルイでよく買い物をするのでポイントがどんどん貯まりますし、マルコとマルオの7日間の10%SALEも毎回行ってます。他にも、友達と遊園地に遊びに行った時に特典で入場料が無料になったり、飲食店で割引が受けられたり、お得なカードなので愛用しています。
他のクレジットカードも利用していましたが、入会金も年会費も永年無料というキャッチフレーズに惹かれて、エポスカードに申し込みました。手続きが簡単で、マルイに行った時に店頭申し込みをしたら、たった30分ぐらいでカードが貰えました。エポスカードは無料なのにいろいろと特典があって、嬉しいカードです。知人の結婚式や海外旅行の時など、エポスATMでキャッシングを利用して助かっています。金利もすぐに一括返済すれば大してかからないので、とても便利なサービスです。