ファミマTカードの審査は甘い!その理由は?ブラックでも審査に通る?

公開日:

コンビニチェーンであるファミリーマートに行くとファミマTカードのパンフレットがレジ近くなど目に入るところに置かれているでしょう。

ファミマTカードはクレジット機能が付いているものと付いていないものの2種類があり、ファミリーマートをよく利用するのであれば、クレジットカード機能付きのものを選ぼうとしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードの契約をするとなると、審査に通るか心配でしょう。ファミマTカードは審査が甘いと良く言われており、不安な人でも審査に通りやすいです。

そこでこの記事では、ファミマTカードの審査が甘い理由と、金融ブラックでも審査に通るかどうかなどについて解説します。

即日発行のクレジットカード!今日中にお金が必要な方におすすめのクレジットカード

ファミマTカードは流通系クレジットカード!審査が甘いと評判

クレジットカードは大きく分けると、銀行系・信販系・流通系・IT/通信系・交通/航空系の5種類に分けられます。

ファミマTカードはこの5つの中でも流通系に当てはまります。

流通系クレジットカードはクレジットカードの中でも最も多い種類と言えるでしょう。ファミマTカードのように、お買い物をする店舗とVISAなどといった国際ブランドが提携しており、スーパーやデパートなどの系列クレジットカードも流通系に当てはまります。

クレジットカードの5種類のうち、流通系は最も審査が甘いと言われています。

ファミマTカードも同様であり、審査に通らないと思っていても審査に通ったという声がたくさんあります。

これからクレジットカードを作ろうと思っていて、審査に通るかどうか不安な方におすすめのクレジットカードと言われているのです。

目的はファミマユーザーを増やすことにある

流通系のクレジットカードはどこも顧客を増やす目的で発行されています。

ファミマTカードも同様であり、これが理由で流通系クレジットカードは審査に通りやすいと言われています。また、流通系クレジットカードは利用者がなるべくお店にお金を使うように工夫がされており、還元率が高いのも魅力的だとされているのです。

ファミマTカードの場合、カードを使って支払いをすると200円につき1ポイントが貯まるシステムとなっています。また、火・土曜日であればポイントが7倍となるのでかなりお得だと言われています。

それに加え、ファミマTカードにはTポイント機能も付いています。

そのため、ファミリーマートをはじめとするTポイント提携先でカード提示すれば現金で支払いをした場合でもTポイントが貯まるのです。

それ以外にもTポイントは頻繁にポイントがサービスされるキャンペーンが開催されており、ファミマTカードならTポイントも貯まりやすいでしょう。

ファミマTカードは公共料金など日常生活を送るうえで必要な支払いもカードでできる点が便利と言われています。

これらの支払いをファミマTカードで行うと、クレジットカードのポイントに加えてTポイントも貯まるので、通常のクレジットカードで支払いをするよりもお得だとされているのです。

ファミマTカードは審査の間口が広い

クレジットカードは正社員で安定した収入がないと審査に通れないとよく言われます。

しかし、ファミマTカードをはじめとする流通系のクレジットカードは先ほども解説したように、多くの人にお店を使ってもらうことを目的として発行されているため、他の種類のクレジットカードよりも審査が甘めです。

そのため、正社員でなくても毎月安定した収入があれば、審査に通る可能性が高いと言えるでしょう。

クレジットカードはしっかり返済ができる人に利用してもらうために、利用条件が厳しめに設定されていることが多いです。

しかし、ファミマTカードの申込資格は「高校生を除く18歳以上の方」となっています。

このように、ファミマTカードは一般のクレジットカードよりも条件が緩く、したがって審査の間口も広いと言えるでしょう。

主婦・学生・バイトでも審査通過の可能性は高い

一般的にクレジットカードの審査は正社員でないと難しいですが、ファミマTカードの場合、主婦や学生、アルバイトをしているフリーターの人でも審査に通りやすいと言われています。

専業主婦で一切収入が無いと、配偶者に安定した収入があるなどの場合を除き、審査に通ることはかなり難しいとされていますが、アルバイト・パートで毎月安定した収入があれば審査に通っている例がたくさんあるので、正社員以外でクレジットカードが欲しいと思っている人におすすめだとされています。

ただ、学生の場合は申し込む際に注意が必要です。

ファミマTカードは18歳以上であれば誰でも申し込むことができますが、ファミマTカードに限らず20歳未満がクレジットカードを申し込む際には親権者による許可が必要です。

そのため、大学生・専門学生であっても20歳未満であれば保護者がいない時だとその場で契約を結ぶことができません。

無職・ニートは審査に通りにくいので要注意

クレジットカードに限らず、お金が関わる契約は、貸したお金を確実に返してもらうために必ず審査が行われます。

いくら審査が甘いと言われているファミマTカードでも同様です。

この審査において、申込者本人の収入はかなり重視されます。そこで、申込をした本人の収入が0だと、本人に返済能力が無いと判断され、審査に通らない可能性が高いです。

したがって、無職やニートだと審査に通るのはかなり難しいと言えます。

無職やニートだと、家族から金銭的な支援を受けて生活をしている人が多いでしょう。

しかし、このようなお金は自分の収入ではなく他人の収入なのでいつ途絶えるかわかりません。それに、人から受け取ったお金でもお小遣い程度だと公的な書類に受け取った事実を記録として残さないことが多いでしょう。

そのため、これは収入として認められず、無収入と判断されてしまいます。

また、他社からの借り入れも収入として認められません。特に学生が勘違いしていることが多いのが「奨学金」です。

奨学金も借金であり、収入としては認められません。そのため、申し込む際には毎月アルバイトで稼いだ金額を申告しましょう。

ファミマTカードの審査期間は5~10日程度

クレジットカードの中にはその場で審査を終えてその場ですぐに発行できるものもたくさんあります。

しかし、ファミマTカードの場合、審査に5~10日程度時間を要するため、急いでクレジットカードを作りたい時には向いていません。

やはりファミマTカードは審査が甘いことが知られているうえに、ファミリーマートの知名度も高いことから申込者数がかなり多いです。

そのため、どうしても他のクレジットカードと比べて審査に時間がかかってしまうと言えます。

また、ファミマTカードは審査結果の通知が行われません。そのため、カードが手元に届いてやっと審査結果がわかります。

審査に落ちた場合も通知が行われず、クレジット機能が付いていないファミマTカードが送られてくるだけなので、申込んだらカードが届くのを気長に待ちましょう。

どうしても審査結果を知りたい場合は専用窓口に電話をすると審査結果を知ることができます。カードがいつまでも届かなくて審査結果が不安な場合はこちらに電話をしてみるのも一つの手です。

カード発送まで更に2~5日ほどかかるので注意

ファミマTカードは審査が終わっていても、カードの発送までさらに2~5日ほど時間を要します。

そのため、電話で審査が終わっていることを確認できたとしてもそこからさらに1週間程度は時間がかかってしまうことを理解しておきましょう。

ファミマTカードの申込方法には郵送とインターネット経由の2種類があります。この2種類の申込方法のうち、なるべく早くカードを発行したいならインターネット経由で申し込む方法もあります。

インターネット経由で申込をした場合、本人確認書類の提出などもインターネット上で行うことができます。

それに対し、郵送で申込んだ場合、これらの工程も郵送で行わなければいけないために時間がかかってしまいます。

実際にカードが届くまでの所要時間に関しても、インターネット経由の場合は2週間、郵送の場合はその倍の1ヶ月程度必要だった人が多く、なるべく早くカードを受け取りたいならインターネットから申込みましょう。

ファミマTカードの審査に確実に通るコツ

ファミマTカードを申し込むにあたって、いくら審査に通りやすいカードとは言え不安に感じている人も多いでしょう。

そこで、ファミマTカードの審査に通るためのコツを押さえておきましょう。

  • キャッシング枠を「0円」に設定する
  • 申込時には必ず固定電話の番号を記入する
  • 不必要な追加機能をなるべく付けない

キャッシング枠を<「0円」に設定する

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が存在します。

ショッピング枠はクレジットカードをお買い物の時に提示して支払う枠、キャッシング枠はコンビニATMなどにクレジットカードを入れてカードローンのようにお金を借りられる枠のことを言います。

ショッピング枠はクレジットカード会社が立て替えるので、翌月にクレジットカードで支払った分を返済すれば問題ありませんが、キャッシング枠はショッピング枠とは違い立て替えではなく「借金」です。

キャッシング枠の場合クレジットカードを利用するにあたって必要な審査とは別の審査が必要なことも多く、その審査に落ちてしまったためにクレジットカードの契約が結べないことがあります。

そうならないためにも、キャッシング枠を0円にして申込ましょう。

申込時には必ず固定電話の番号を記入する

今の時代、固定電話を持っていなくても問題なく生活を送ることができますが、携帯電話より固定電話の番号を登録した方が審査に通りやすいです。

元々固定電話を契約するには、電話加入権を購入する必要があります。また、電話加入権を購入するにあたって、氏名・住所を登録しなければいけません。

そのため、固定電話に登録している住所に住んでいないと固定電話の番号を使うことは不可能です。

したがって、万が一連絡が取れなくなってしまっても固定電話の番号に電話をかければほぼ確実に本人と連絡が取れます。

このような理由から、昔から固定電話の番号は社会的に信用できるかどうかを判断するための大事な判断材料とされてきました。

そのため、固定電話を持っているならなるべく固定電話の番号を記入するようにしましょう。

不必要な追加機能をなるべく付けない

ファミマTカードにはキャッシング枠に加え、ETC機能を追加することもできます。

しかし、ファミマTカードに限らず追加機能はなるべく付けない方が審査に通りやすいです。

基本的に追加機能を付けようとすると、クレジットカードを契約するための審査に加えてその機能を使うにあたって必要な審査も行われます。

クリアしなければいけない審査の数が増えることによって、クレジットカードの審査に通らない可能性が高くなってしまうと言えるでしょう。

ただ、ETC機能の場合、クレジットカードの審査に通れば基本的にはETC機能の審査も通ることが多いです。

他のカードでクレヒスを積んでおくのも一つの手

家賃や携帯電話料金などの支払いはすべて記録に残っています。クレジットカードの支払いに関しても同様であり、この記録をクレジットヒストリー、略してクレヒスと言います。

クレヒスはクレジットカードの審査においてとても重要な判断材料と言えるでしょう。

クレヒスには延滞や滞納に関する情報も記録されています。そのため、あまりにも延滞・滞納が多いと審査に落ちてしまう可能性が高いですが、延滞・滞納なく毎月の支払いを行っていれば、お金を貸してもしっかり返済してもらえるとクレジットカード会社から信用を得ることができます。

そのため、他にクレジットカードを持っているのであれば、ファミマTカードに申し込む前にクレヒスを積んでおくと審査に通りやすくなります。

年収は概算値でOK!0円と記入すると審査に落ちるので注意

クレジットカードを申し込む際に年収を記入する欄がありますが、この欄に記載する情報は概算値で問題ありません。

そのため、実際に自分が稼いでいる金額を四捨五入した程度の金額を記入すると良いでしょう。

しかし、年収の欄を記入するにあたって、「0円」と記入してはいけないので注意が必要です。

0円と記入してしまうと、実際はしっかり働いて毎月安定した収入があったとしても、0円と申告しているために年収がないと判断されてしまいます。

クレジットカードは毎月安定した収入がない人だと審査に通ることが難しく、自己申告で0円と記入した場合も審査に落ちてしまう可能性が高いです。

そうならないためにも正しい情報を記入しなければいけません。

万が一記入した数字が1桁多かったなどといったミスをしてしまった場合はミスに気付いた段階ですぐに審査の申込を取り下げるか、提出した情報を変更してもらいましょう。

2~3月に申し込むと審査に通りやすいと言われている

日本の企業は3月が決算期となっていることが多いです。

そのため、2~3月はどの企業も売り上げを上げるために顧客の囲い込みを行っています。

2~3月になると家電量販店やショッピングモールなどで「決算セール」と称して様々なものを安く売っているでしょう。

これも3月の決算に向けて最後の追い込みをかけ、その年度の売り上げを少しでも上げるために行われています。

クレジットカード業界も同様で、2~3月になるとどのクレジットカード会社も新規の顧客獲得に向けて最後の追い込みを行います。

そのため、この時期は少しでも契約者数を増やすために審査を通常よりも甘く行っている可能性が高いです。

したがって、審査に通るか不安な場合はこの時期が狙い目と言えるでしょう。

利用目的は「生活費決済」を選択

ファミマTカードを申し込む際、利用目的として「生活費決済」と「事業費決済」の2種類を選択できます。

大半の人は生活費決済でしょうが、中には事業費決済を目的にファミマTカードを申し込む人もいるでしょう。

しかし、事業費決済を目的として利用する場合であっても生活費決済を選ぶという手があります。

事業費決済はその名の通り、自分が行っている事業費の支払いをクレジットカードで行うことを意味します。

やはり事業はいつどのように経営状況が変化するかわかりません。そのため、事業費決済を目的として申し込む場合、事業が上手くいかなかった場合にお金を返してもらえないと判断されてしまいやすいです。

特に起業して間もなくてまだ経営が安定しない場合はこれが原因で審査に落ちてしまう可能性があるので、必ず生活費決済を選びましょう。

申込で嘘をつくと在籍確認が来る可能性が高い!

お金など信用が関わる契約を結ぶ際、申込をするにあたって嘘をついていると、記入している情報が本当かどうかを確認するために職場などに電話がかかってくる可能性が高いです。

基本的にクレジットカードの審査は個人信用情報機関に問い合わせたうえで審査を行っているので嘘をついていてもほぼ確実にばれます。

万が一虚偽の申告をして審査に通ってしまった場合も、契約違反となると発覚したタイミングで利用額を一括で返済することを求められることが多く、申込の際に嘘の情報を記入しないようにしましょう。

クレジットカードの審査は記入されている情報に間違いがあっても、それが故意的なものなのか、ただの間違いなのか判断することができません。

そのため、間違った情報を記入していた場合も必ず審査に落ちてしまいます。

万が一記入した情報に間違いがあったことに気づいたらすぐに申込を取り消すしましょう。

お得なファミマTカードを使うために審査対策をしよう!

ファミマTカードは審査に通りやすいうえに、クレジットカードのポイントに加えてTポイントも貯まるとてもお得なカードだと言われています。

そんなファミマTカードの審査に通るためには、特に年収が低い場合、しっかり対策を行う必要があると言えるでしょう。

ちょっとしたきっかけで審査に落ちないためにも、審査に落ちる原因となる要素を確認して減らしましょう。