ライフカードの審査基準を徹底解説!学生や専業主婦も通る?

公開日:

学生や専業主婦がクレジットカードを作る際、審査に落ちてしまう可能性が高いことはご存知でしょうか。

どのクレジット会社でも安定した収入がない人物にお金を融資してくれることはなかなかないものです。ですが、ライフカードであれば学生であっても、専業主婦であっても審査を通過することができると言われています。

本当に審査に通るのか、ライフカードの審査基準について詳しく解説していきます。

これからクレジットカードを作成したいと考えている人は是非参考にしてみて下さい。

即日発行のクレジットカード!今日中にお金が必要な方におすすめのクレジットカード

ライフカードの申込み条件は「日本国内に住む18歳以上の方」のみ!

ライフカードの申込み条件は、「日本国内に住んでいる18歳以上の人」「電話連絡が可能な人」となっています。

この条件に該当すれば、大学生であっても専業主婦であっても申込みが可能です。ただし、18歳であっても高校生は該当しません。

未成年の場合は、親権者の同意が必要となります。クレジットカード会社によって申込み条件というのは異なるのですが、ライフカードは収入面についての条件がないので、学生でも申込みしやすいというメリットがあります。

また、電話連絡が可能な人という条件に関しても、固定電話じゃなければいけないということもなく、携帯電話を所持していれば問題ありません。

申込み条件のハードルが低いことから、幅広い人に活用してもらいやすいカードと言えるでしょう。

年収は自己申告!収入証明不要なので申込みがカンタン

ライフカードの申込み書類には収入を記入する欄がありますが、収入に関しては自己申告となっています。

また、収入証明などを用意する必要がないのも魅力です。

パートやアルバイトをしている人はそこで稼いだ年収を記入するだけで問題ありませんし、給料明細などを添付する必要もありません。

例えば、自分の勤めている会社の正式名称が分からないという場合であっても、お店の名前を記入するだけで審査を行ってくれるというメリットもあります。

専業主婦で収入が0の場合は夫の収入を記載しなくてはいけなくなるので注意。また、収入が103万円以内の場合も扶養家族としての申込になるため、同一生計の収入を合算する必要があります。

パートなどをしている場合は、基本的には本人のパートの収入が重視されますが、万が一にも夫にクレジットカードを作ることがバレたくないという人は、申込み前に詳細を確認しておくことが大切です。

ライフカードの審査は他のクレカと比べてもゆるい

ライフカードの審査基準は、他のクレジットカード会社と比較しても緩い傾向があります。

多くのクレジットカード会社では、「安定した収入が見込める方」というものがあるのですが、ライフカードでは一切その事については触れていません。

「安定した収入」と聞くと正社員じゃなければいけないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、これは一定額毎月収入があれば可能ということであり、パートやアルバイトでも問題はないのです。

しかし、ライフカードでは収入があるかないかを電話連絡ができるかどうかで判断しています。

なぜ電話なのかと言えば、電話料金は毎月支払わなくてはいけない固定費であり、これを払い続けることができる環境であるかを判断するのに簡単だからです。

電話連絡が可能な人という条件はライフカードにとって絶対条件となり、審査基準の一つなのです。

申込みから10分以内で通過したという口コミも!

審査時間というのはクレジットカード会社によって異なるのですが、ライフカードでは申込みをして10分以内で審査が終了したという口コミもあります。

なぜそこまで早く審査を終えることができたのでしょうか。その理由は、ライフカードの審査条件にありました。

ライフカードの審査条件は日本国内に住んでいる18歳以上の人であり、電話連絡が可能な人となっています。この条件に該当するだけではなく、勤続先への在籍確認や信用情報機関への確認がスムーズにいけば10分で審査を終えることは可能です。

ただし、これはスマホからの申込み限定の話であり、通常のライフカードの審査時間は早くて当日、遅いと3日程度かかることがあります。

現在はスマホで申込から簡易審査までを行うことができるので、活用してみてください。

簡易審査を通過するには10分あれば十分です。簡易審査を通過した後に本審査があり、これには多少なりとも時間を要することになります。

また、タイミングの良い時に申込をすることで早い審査を行ってもらうことができますので、その点に注意して申込みをしましょう。

審査がゆるい分旅行保険などのサービスが弱い?

ライフカードは信販系のカード会社で、比較的審査に対して緩い印象があります。

クレジットカード自体を作るだけであればハードルはとても低いと言えるかもしれません。

学生であっても専業主婦であっても、申込条件に該当していれば審査に通過することだって可能なのです。

ですが、クレジットカードとしての機能がメインのカードではあるものの、旅行保険が付属していたり、弁護士相談サービスを活用することができるなどサービスも多く用意しているのが特徴です。

カードのグレードなどにもよってこのサービスは異なりますが、スタンダードなものでも不正利用に対しての会員保証サービスは付いています。

審査が緩いのに関わらず、サービスが充実しているのもライフカードの魅力と言えるのではないでしょうか。

ライフカードの審査は主にどこを見られる?

ライフカードの審査の基準は、安定した収入が見込めるかどうかという点です。

これはどのクレジットカード会社でも同様なのですが、収入がない人は返済する目処があるのかを確認しなくてはいけません。

返済してもらうことができない場合は、審査を通過させるわけにはいかないのです。

また、記入された書類に不備があった場合に関しても審査通過が難しくなってしまいます。

それから、クレジットヒストリーを確認した時に、過去に延滞や滞納などが発覚すると審査落ちとなる可能性が高いようです。

これは携帯電話料金の延滞も同様であり、他の金融機関からの借入経験がない場合であっても、過去に携帯電話料金の延滞がある場合は審査落ちすることがあります。

また、複数のクレジットカードを所有している場合や、クレジットカードを一枚も持ったことがない場合も審査落ちする可能性があるので注意しましょう。

複数のクレジットカードを所持している理由がどのようなものなのかを調べられることもありますし、すでに自転車操業状態なのではないかと疑われることもあります。

最も重視されるのは年収(返済能力)

どのクレジットカード会社でも返済能力がない人に対してカードの発行を行うことはありません。

返済してもらえなければ、ライフカード側にとって損益しかありませんから、確実に返済してくれる人に融資したいと考えるのが通常です。

その為、不安定な収入の場合に関しては審査落ちの可能性が出てきます。

継続的な支払いが可能であるかは、クレジットカード会社にとって一番重視しなくてはいけないところです。

クレジットカードの支払いというのはその月に借入した金額を全て支払うわけではないことも多く、何カ月にわたって返済することもあります。

その為、継続的に支払っていける能力があるかという点は重要なのです。

学生の場合、前年度には働いていなかったという場合もあり、年収として提示するのが難しいこともあるでしょう。

その場合は、現在のアルバイトを継続すると一年間でどれぐらいの収入があるかを見られることになります。

職種や勤務形態で収入の安定性をチェックする

定期的なアルバイトであれば安定した収入とみなされますが、短期のアルバイトを繰り返しているぐらいであれば不安定な収入と捉えられてしまうのです。

例え、返済能力が現在あったとしても、最も重視されるのは直近の年収となります。

この年収で引っかかってしまうと、他の条件をクリアしていても審査落ちの対象となってしまいますので注意してください。

正社員雇用の状態であったとしても、勤続日数が少ない場合には引っかかってくることもあります。

転職して間もない時などには、審査条件が厳しくなることも考えておく必要があるでしょう。

職種や勤務形態によって収入の安定性は異なってきますので、その点をライフカード側は審査していきます。

安定した収入というだけではなく、雇用期間なども重視されますので、転職したばかりの人やアルバイトを始めたばかりの人は要注意。

特にアルバイトの場合は継続して働くかどうかをチェックされることもありますので、現在収入があるからと安心してはいけません。

クレジットカードの利用トラブルがあった方は要注意

過去にクレジットカードでの利用トラブルを経験した人は、審査落ちする可能性が高いので注意しましょう。

トラブルというのは、返済に対して延滞したり、滞納したりすることがメインとなってくるのですが、それ以外にも他のクレジットカード会社でトラブルを起こしているという場合や金融機関からの借入があるなどの場合です。

このようなトラブルはすべて信用情報機関に情報が登録されています。いくら取り繕っても調べればすぐにバレてしまうことですので、クレジットヒストリーに問題がある人は要注意。

信用情報機関に登録されていることを通称ブラックリストと言いますが、このブラックリストに登録されてしまうと、様々な弊害があるのです。

すでに多重債務で苦しんでいて新しいクレジットカードを作りたいという人を振るい落とす為にも、確実に問い合わせを行いますので、審査落ちする可能性が高くなることを理解しておきましょう。

ライフカードの審査に通るコツ

ライフカードで審査を通過するコツは5つあります。

それぞれについて下記で詳しく解説していきますので参考にしてください。

  • 希望額は必要最小限に抑える
  • 余計な追加機能を増やさない
  • キャッシング枠は0に設定する
  • 他のクレカを同時に複数申し込まない
  • より審査がゆるいカードを使ってクレヒスを積む

希望額は必要最小限に抑える

クレジットカードを作成する際に希望額というものを設定することになりますが、この希望額が大きすぎると審査落ちする可能性が出てきますので注意しましょう。

例えば、限度額が30万円だと設定されているからと言って、最初の段階で30万全額を希望すると審査落ちしてしまうことがあります。

いくら申込み条件に該当していても、ライフカード側との信頼関係が築けていない状況で多額の融資をすることはできません。

その為、希望額は必要最小限の金額を設定しましょう。

ショッピング枠の最初の限度額というのは通常10万円~30万円ぐらいに設定されていることが多いようです。

しかし、この希望額は使い続けていくうちに増えていきます。

その為、最初はこれだけしかないと思うこともあるかもしれませんが、クレジットヒストリーを積んでいくことで限度額も増えていきます。

余計な追加機能を増やさない

ライフカードでは追加で旅行の際の傷害保険を付属することができたり、弁護士に相談できるサービスが付いていたりと付属のサービスが用意されています。

しかし、これらのサービスを追加することで、審査に通りにくくなってしまうことがあります。

その為、最初はシンプルな機能のみのカードを選択することが大切です。最初から欲張ると審査落ちすることになりかねません。使い続けていくうちに付属でつけたいと感じた時にそのようなサービスを追加すればよいのです。

ライフカードには自分のグレードに合わせたカードが用意されているのですが、最初は年会費無料のものを活用することが大切です。

最初からたくさんの機能がついているものを申込みたくなる人もいるかもしれませんが、後からカード変更なども行ってもらえますので焦らないことが大切です。

キャッシング枠は0に設定する

クレジットカードを作成する時に基本となるのはショッピング枠ですが、実は付属でキャッシング枠を設定することができます。

この際にキャッシングを利用しないとし、0に設定しておくと審査への通過率がアップします。

キャッシングというのはカードを使ってお金を借入するものであり、この設定をしないことでお金の借入自体ができなくなります。

キャッシング枠を設定してしまうと審査が設定しない時よりも厳しくなってしまいますので、審査通過を希望しているのであれば0にしておくことが大切です。

クレジットカードを作る目的がキャッシングだという人であっても、最初からこの金額を設定してしまうと通過するのは難しくなってしまいますので、最初は0に設定し、使い続けていく中で再度キャッシング枠について問い合わせを行いましょう。

クレジットヒストリーが出来上がってきた頃であれば、キャッシングに対しての審査も緩くなっている可能性があります。

他のクレカを同時に複数申し込まない

クレジットカードを複数枚所持しているという人も少なくありませんが、同時に他のクレジットカード会社に申し込んでいることがわかると審査落ちの原因になってしまうことがありますので注意が必要です。

クレジットカードを複数持っているというだけでも多重債務を疑われてしまいますし、同時に申し込んでいることがわかるとお金に困っているのではないかと疑われてしまいます。

その為、半年以内に他のクレジットカード会社へ申し込んでいないかもチェックされます。

この記録も信用情報機関に登録されていますので、偽ったとしても見破られてしまいますので注意しましょう。

昨今では、クレジットカードへ申込むだけでポイント還元なんてキャンペーンを行っていることがありますが、複数への申込は相手への心証を悪くしてしまうことがありますので、申込む際にはそのことについてもしっかり理解して行うことが大切です。

より審査がゆるいカードを使ってクレヒスを積む

ライフカードの中には複数のカードからどれを選択するかを選ぶことができます。

年会費が無料で作れるものから、年会費がかかるものまで幅広く用意しているのですが、学生や専業主婦の場合は審査条件が緩い年会費が無料のものから作ることが大切です。

審査を通過し、利用していく中でクレジットヒストリーを積んでいけば他のカードに切り替えていく道も開けます。

まずは、ライフカードとのクレジットヒストリーを積むことが大切です。

専業主婦の中には、クレジットヒストリーが全くないという人もいるのですが、これは逆にどんな人物なのかを判断できずに困ってしまう要因でもあります。

クレジットカードを1枚も持ったことがない、消費者金融などからの借入経験もないというのはとてもクリーンな印象を与える反面、信用できる人物なのかどうかを見極めることが難しいと言わざるを得ません。

その為まずはクレジットヒストリーをしっかり積んでおくということも重要なのです。

ライフカードはポイントも貯まってお得!まずは審査に通ろう

ライフカードでは、LIFEポイントというものが利用する度に貯まっていくシステムになっています。

これはどのカードでも同様で、使えば使うほどポイントを貯めることができるのです。お誕生月にはポイントが3倍になることもあり、持っているだけでかなりお得なカードと言えるのです。

このLIFEポイントは電子マネーとして移行することもできますし、ギフトカードに交換することもできます。

クレジットカードを使ってショッピングをするだけで勝手にポイントが貯まっていきますし、5年間ポイントを保有することができるので、学生や専業主婦にとってはとても助かるシステムと言えるでしょう。

その為には、まずライフカードの審査に通過することが大切です。

お金の節約に役立つクレジッドカードの使い方をご紹介