ルミネカードの審査基準と審査に落ちる人の特徴【口コミ・返済・キャッシング】

公開日:

ルミネカードは株式会社ビューカードが発行しているクレジットカードで、比較的審査が緩いと言われています。

実際にルミネの店頭で加入している場合、比較的短時間の審査で仮のカードが発行される事は少なくありません。

ただし、発行されたとしてもその後の本審査で通る人・通らない人がいます。

実際に通らない人を決める基準はどんなものか、ルミネカードを作るためにどれだけのメリットがあるのかチェックして申し込みましょう。

ルミネカードの基本スペック

国際ブランド VISA、JCB、MASTERCARD
年会費 953円(税別)※初年度年会費無料
金利
  • 12.0~15.0%(ショッピング)
  • 18%(キャッシング)
利用可能枠
  • 1~60万円(ショッピング)
  • 1~30万円(キャッシング)
支払い方法
  • 1回
  • ボーナス一括
  • 分割
  • ボーナス併用
  • リボルビング(繰り上げ返済可)
審査時間 30分以内で発行可能(ただし、本審査には2週間から3週間程度かかる)
ポイント ビューサンクスポイント
付帯保険 旅行傷害保険(国内/海外)
追加機能 ETCカード申込み可能・接触ICチップ搭載
付帯機能 Suica、定期券、ビュー

ルミネカードのメリット

  • JR東日本とルミネを頻繁に使用する人にはポイントが貯まりやすい
  • 店頭でのカード申し込みでは、わずか30分で仮カードを発行してもらえる。
  • 最大1千万円の国内旅行傷害保険と、最高500万円の海外旅行傷害保険が標準付帯

JR東日本とルミネを利用する人にメリットが大きい

ルミネカードのメリットとして、ルミネ各店舗やネット通販アイルミネでのショッピングや食事の代金が引き落とす時に5パーセントオフになります。

例え、バーゲンをしている時でも、買ったバーゲンの価格から5パーセント割引となるため、利便性が高いカードといえるでしょう。

また、年に数回10パーセントオフで引き落としされることもあるため、10パーセント引きのときにまとめて買い物をする人も少なくありません。

更に、お得なポイントとして、10パーセントオフ期間中に1万円以上の買い物をすると千円割引され、年会費を支払っても割引が残る為メリットといえます。

仮カードは30分で発行される

ルミネ店頭でカード加入を促す勧誘を行っている場合がありますが、その場ですぐに発行してもらえるのを見たことがある人もいるでしょう。

実はこのカードは仮カードと呼ばれ、本審査前にルミネ店内だけで使えるカードです。

利用可能額も通常のカードよりも低価格となっているカードで、申し込んでからわずか30分で発行されるといいます。

カード発行に対して簡単な審査で仮カードが発行されるため、ルミネ店内でだけ使う人にとっては便利です。

その後、本審査に通ってから2、3週間後にカードが送られてくるまでは使用可能となっているため、カードをすぐにルミネで使いたい人にはメリットとなります。

ルミネカードの審査基準を徹底解説!

  1. 18歳以上
  2. 世帯で安定収入があること。パートナーが働いていれば専業主婦も可能
  3. 他社借入状況がない。あるいは毎月滞りなく返済されている。
  4. 申込書に正確な情報記入がなされている
  5. 電話連絡を取るか、不在でも後から連絡がある

18歳以上であれば申し込める

18歳以上で同世帯に誰か安定した収入のある人であれば、誰でも申し込むことができます。

会社員や公務員、派遣社員、アルバイト、パート、専業主婦、学生でも可能です。

世帯収入は一緒に住んでいる人がどれくらい収入を持っているかになるため、わかる範囲で正確な数字を書き入れて申し込んでください。

ただし、年収が年金の場合には通らなかった例もあるため、注意しましょう。

金融機関への履歴がクリーンであること

他の消費者金融や住宅ローンを利用していたとしても、問題がなければ申し込み可能です。

特に毎月遅延なく返済している場合には、審査に通りやすい履歴といえます。

住宅ローンやそれ以外のローンであっても、支払いで遅延がなければ、残高が残っていてもカードを作ることが可能です。

そのため、住宅ローンがあるからと遠慮せず、カードを作りましょう。

正確に申込書が記入されている

虚偽の勤務先を記入することや、職業欄に嘘を記入することは避けましょう。

虚偽の情報を記入することによって、信頼性のない人と認識されてしまい、審査に通りにくくなるからです。

特に気をつけたいのは住所の枝番で、普段は記入しなくても郵便物が届くからと、記入せずに申し込んで審査に通らないということもあります。

正確な住所や勤務先の電話番号を忘れずに書きましょう。

電話確認は自分で対応すること

多忙で出られない場合でも、電話確認が来た場合に本人が出ないと、審査に通りません。

そのため、電話に出られる時間を詳細に書いておき、必ず電話に出ることが大切です。

どうしても出られない時には留守番電話に電話番号が入力されているため、その番号に電話して本人確認しましょう。

カードの申請では必ず本人確認が必要で、虚偽の電話番号を伝えずに必ずつながる電話番号を書いて提出してください。

ルミネカードの審査に落ちる人の特徴

  • 申し込み情報に誤りがある
  • 本人確認の時に連絡がつかない
  • 直近2年以内に支払いで遅延がある
  • 年収0円で申し込んでいる
  • クレジットカードだけでなくキャッシングを含めた多重債務者
  • 他社のクレジットカードでトラブルがある

申し込み情報の記入が正確でないと通らない

会社や自宅の住所の枝番まで含めた記入をはじめ、電話番号間違いや会社の部署の違いについても正確に書いておく必要があります。

人事異動したばかりでつい前の部署を書いてしまうこともありますが、そのまま提出すると書類の記入が正確ではないとされ、審査に落ちてしまう場合もあります。

遅延情報があると絶対に通らない

過去2年、24回分の支払いで遅延情報がある人は、お金にルーズだと認識され、絶対に審査に通りません。

そのため、遅延があった月から換算し、25ヶ月目に申し込むこと、24ヶ月間一切遅延しないことが審査に通るコツです。

年収がなければ通ることはない

個人年収がない場合には、世帯年収を記入することでカードの審査に通ることがあります。

特にルミネカードの場合には、18歳以上の学生であってカードを作ることができますが、その際には親の年収を記入するよう促すことが大半です。

なお、アルバイトであっても安定した年収ならば通ります。

色々なところで借りまくっている場合も無理

消費者金融系・銀行系カードローンだけでなく、他のカードのキャッシング枠を限度まで使っている人や、返済能力が不安視されるのに複数の金融機関から融資を受けている人は、カードの審査に通りません。

まず自分の借りたお金を整理して、返済を済ませてから申し込んでください。

他のカードを使っている時にトラブルがあった

遅延だけでなく、多数の理由でカード会社とのトラブルは発生します。

どちらが悪かったではなく、トラブルを引き起こしたことが原因で、信用情報に傷がついている場合です。

高齢者は通りにくい

意外かもしれませんが、年金生活者や個人事業主には厳しい審査をする場合もあります。

高齢者が年金で生活している場合、通らなかった例があるからです。

また、投資家や個人事業主が年収数千万円でも通らなかったこともあるようです。

ルミネカードの審査の流れ

  1. 会員規約に同意
  2. 個人情報の取り扱いに関する重要事項等に同意
  3. 個人情報(氏名・生年月日・性別・電話番号・住所・自宅郵便番号・住まいの形態・居住年数・PCメールアドレス・家族人数・同居・別居・結婚の有無・職業)を記入
  4. 口座設定を記入

会員規約に目を通し同意する

申し込みをする場合、個人情報を記入する前に、会員規約等に目を通す必要があります。

大切なことが書いてあるため、必ず目を通し、同意してください。

同意はチェックボタンをクリックするだけでできます。

個人情報の取り扱いに関する重要事項等に同意

自分の入力した個人情報に対して、どう取り扱うかが書かれています。

取り扱い方が希望に沿うかどうか、必ず目を通して同意しましょう。

個人情報を記入する

基本的な個人情報を記入することになりますが、銀行口座よりも多少細かい部分まで記入することになります。

氏名・生年月日・性別・電話番号・住所・自宅郵便番号といった部分は、基本的なことなので必ず記入してください。

住まいの形態を記入する

住まいの形態とは、一軒家かマンションか、持ち家か賃貸かを答えることです。

社宅や寮についても記入できます。住宅ローンの有無については、記入する欄がありません。

結婚や同居人について記入する

結婚の有無の記入によって、専業主婦でもパートナーの収入でカードを作ることができます。

職業を記入する

職業について書くことは重要ですが、他のカード会社と異なり、勤続年数を記入する欄がありません。副業がある場合に記入する欄は任意の記入です。

口座を指定する

申し込みと同時に利用できますが、利用する際にはオンラインで口座振替が可能な金融機関にしましょう。

対応していない金融機関を指定した場合、郵送で申し込むことになるからです。

本人限定受取郵便を指定して審査を待つ

最短で1週間、長ければ3週間ほどでカードが届けられます。

本人限定受取郵便にした場合には、1週間でカードを送付するため、事前に本人が確認できる書類を用意して受け取ってください。

ルミネカードは即日発行できる?

ルミネカードは店頭での窓口やカウンターでの申し込みにおいては、即日発行できます。

本人が確認できる書類と、金融機関のキャッシュカードを用意して申し込んでください。本人が確認できる書類は運転免許証やマイナンバーカード、健康保険証やパスポートです。

申し込む場合にはカウンターで店頭のタブレット端末を使い、個人情報を記入します。記入が終わったら、カウンターや窓口の担当者に本人確認書類を預けてください。なお、マイナンバーカードに関しては表面だけをコピーし、裏面を提出しないでください。

また、マイナンバー通知カードは本人確認書類としては利用できないため、別の書類を用意しましょう。

本人確認ができたら審査を行うため、その場で30分程度待つことになります。

審査に通れば店頭で発行した仮カードを手渡してもらえるでしょう。この時キャッシュカードがあれば、その場で口座引き落としの手続きができます。

持っていない場合には口座振替依頼書を渡されるため、必要事項を記入し、提出してください。本カードは本審査を行ってから2週間から3週間前後で届きます。

それ以外での最短発行は、インターネットでの申し込み方法です。

個人情報を入力・口座を設定してオンラインで申し込むと、最短で1週間ほどたってからカードが送られてきます。身近にカウンターや窓口がないけれど、ルミネカードを作りたい人にとっては、オンライン入会が、一番スピーディーです。

即日発行のクレジットカード!今日中にお金が必要な方におすすめのクレジットカード

ルミネカードの返済方法・返済期日

返済方法としては、1回払い・ボーナス一括・分割払い・ボーナス併用払い・リボルビング払いとなっています。

1回払いや分割払いの場合、月末締めの翌月20日に明細書送付、翌々月4日に引き落としです。

ボーナス一括の場合はボーナス月の4日に一括で引き落とし、ボーナス併用払いの場合は、毎月の支払い派別に存在しており、ボーナス時に大目の金額を支払うことです。

リボルビング払いは毎月一定金額を翌々月4日に引き落とします。インターネットのサービスでは利用後に支払い回数を変更できるため、分割を一括にしたい人や、残一括をしたい人に便利です。

引き落とし日が金融機関の休業日となっている場合には、翌営業日に引き落とされます。

ルミネカードの返済に使えるATM

JR東日本がルミネと一緒に発行しているカードだからか、他では見かけないATMが使用可能となっています。

駅のATM「VIEW ALTTE」です。始発から終電まで年中無休で利用ができ、ショッピング枠の繰上げ返済や、キャッシング枠の返済で通勤途中に利用したい場合に便利です

なお、以下の金融機関でも返済が可能です。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 横浜銀行
  • 千葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 常陽銀行
  • きらぼし銀行
  • ゆうちょ銀行

きらぼし銀行に関しては、東京都民・新銀行東京の識別マークが表示されているCDやATMでは利用が可能ですが、八千代と表示されているA場合、利用できませんので覚えておいてください。

ルミネカードはキャッシング利用にも対応!

ルミネカードでは、キャッシングも利用が可能となっています。年利は18パーセントですが、返済方法としては1活払いとリボルビング払いの2種類とされているのが特徴です。

20歳未満ではキャッシングサービスは利用できないので、作るときに18歳であったら、あと2年待ちましょう。

利用できる人は20歳以上で、金融機関の自動振り替え手続きが完了している人です。なお、利用可能金額としては、1万円から最大で30万円とされており、返済した分何度でも借りられるため、利便性が高いと言えます。

リボルビング払いは残高スライド方式で行われているため、支払いで手数料を最低限にしたい場合には、一括払いにしている人が少なくありません。

ルミネカードのキャッシング利用の流れ

ルミネカードのキャッシングはJR東日本の主要駅にあるATM「VIEW ALTTE」や、全国の提携している金融機関にあるキャッシュディスペンサー・ATMから出金する形になります。

ATMやキャッシュディスペンサーがカードを読み込み、画面から融資を受ける形です。

返済は普段使っている金融機関からの引き落としと、ATM・CDへの振込みとなるでしょう。

やりやすいやり方を選び、返済期日までに必ず返済してください。

金融機関によっては返済可能とされていても、ついているマークによって利用できない場合もあるため、注意して利用しましょう。

ルミネカードのキャッシング枠はそれほど大きくありませんが、利用しやすいと言われています。

ルミネカードの口コミ・評判

ルミネで買い物をすることが多く、店頭で勧誘されたので申し込みました。専業主婦だったので通るかどうか不安でしたが、旦那の収入を書き込んで30分後、無事に通って利用できるようになりました。
ネットでも使えると聞いて、ルミネカードを手に入れました。オンラインの通販で利用することが多く、利用すると割引してもらえるのはメリットとして気分がいいです。ルミネで友人達と食事をしても割引サービスがつくことを知りませんでした。
ショッピングをメインにしたカードを作りたかったのと、手軽に作れるカードとして、オンラインから申し込みました。手軽で簡単に申し込めることや、カードの審査がわずか1週間で済むことも気に入っています。初心者向けに機能が充実しており、サブカードとして保有する人もいるでしょう。18歳から大人まで多様なやり方でカードを手に入れられるため、利便性が高いといえます。申し込み用紙が記入しやすく、わかりやすいためお、入会がスムーズでした。