ルミネカードの審査は無職でも通る?審査に通る条件を徹底解説

公開日:

ルミネカードの審査は無職でも通る?

「ルミネカードは作りやすいカードって聞いたけど無職でも作れるのかな?」
「学生は収入でも審査に通るってきたけど、さすがに無職は…」

ルミネカードは流通系のカードを思われがちですが、ビューカードであるため「交通系のクレジットカード」になります。

ルミネカードなどの交通系のクレジットカードの作りやすさは普通~比較的作りやすいぐらいのレベルです。

ただし無職と言ってもアルバイトをしている・専業主婦である・フリーランスで活動しているなど状況は人それぞれです。
無職の方がルミネカードを作れるわけではありませんが、状況によっては無職の方でもカードを作ることができます。

ここでは無職でもルミネカードの審査に通るのか、無職でも審査に通るための条件・コツ・注意点を徹底解説していきます。

ルミネカードの申し込み資格をおさらい

無職でも条件を満たしていればルミネカードを作ることができます。

まずは一度ルミネカードの申し込み条件をみてみましょう。

  • 日本国内に住んでいる18歳以上の方
  • 電話連絡が取れる方

この2つの条件にあてはまっている方は無職でも、ルミネカードの申し込み資格は満たしていますね。

条件によっては無職の方でもルミネカードを作ることができます。

無職でもルミネカードの審査に通る条件とは

ルミネカードの申し込み資格を満たしていることは分かりました。

ここからは無職でもルミネカードを作ることができる条件をみていきましょう。

ルミネカードの審査に通りやすい人

  • 扶養してくれる人がいる
  • 貯金がたくさんある
  • 無職でもアルバイト収入がある
  • 家賃収入で稼いでいる

扶養してくれる人がいる

学生は収入欄が0円でもルミネカードの審査に通ることができるのは、親に安定した収入があるからです。

同じように専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば、審査を通過することができます。

申し込みの際には「無職」と記入せず、「専業主婦」と記入するようにしましょう。

ただし、「学生」と記入すると学生証の提出を求められますので、学生を偽って申請しないように気を付けてください。

また、本当に無職の方であっても、親の収入が安定していれば審査を通過をできることもあります。

貯金がたくさんある

無職でも、貯金が沢山あれば審査に通ることがで切る場合があります。

しかし、クレジットカード会社が見ているのは「貯金が多いか」ではなく「安定した収入があるかどうか」です。

貯金が沢山あっても、収入がなく使い切ってしまえば支払いできませんもんね・・・。

無職でもアルバイト収入がある

アルバイト・パート収入がある方は「無職」になりません。収入が低くても無職と記入しないようにしましょう。

無職と記入してしまうと、一切の収入がないのだとみなされます。

一口に無職にもいろいろあります。親の収入で生活しているニート・専業主婦・やりたいことのために準備をしている人・・。

ルミネカードの審査基準は正社員であることではありません。

アルバイトや派遣の仕事をして、安定した収入を得られているのであれば、審査を通過できる可能性があります。

家賃収入で稼いでいる

家賃収入を得ている方は職業欄に無職ではなく、「不動産貸付業」または「賃貸業」になります。

無職と書くと一切の収入がないという判断をされてしまうので、無職とは記入しないようにしましょう。

無職でもルミネカードの審査に通るコツ

派遣会社に登録する

無職の方がルミネカードを作る方法として有力なのは、派遣会社に登録することです。

働かなくても登録するだけでOK
派遣会社に登録しただけで、実際には働いていなくても派遣社員として扱ってもらえ、ルミネカードの職業欄には派遣社員と記載することができます。

でも、「在籍確認で働いていないことがばれるのではないか・・?」と不安ですよね。

派遣会社に登録だけして、実際には働いていない場合でも在籍確認でばれることはありません。

在籍確認は登録した派遣会社に確認の電話が入りますが、担当者が登録してあることを確認できれば「在籍している」ことになります。

ただ、カード利用額を支払えるように注意してくださいね!

実家に住んでいる場合は世帯主の年収を記入する

無職の方で実家に住んでいる方は、世帯主の年収を記入すると審査に通る可能性があります。

審査に通る人の条件にも「扶養してくれる人がいること」とご紹介しましたが、同じように世帯主や家族に安定した収入があれば、「お金を踏み倒される可能性は低くなる」と判断し、審査に通過しやすくなるからです。

キャシング枠は0円にする

ルミネカードには「ショッピング枠」と「キャシング枠」があり、通常の限度額は両方合わせて20万円程度です。

ルミネカードのキャシング枠を申請すると、ショッピング枠とは別の審査が行われます。

ルミネカードとキャシング枠を申請すると、2つの審査を受けなくてはいけないため、無職の方はショッピング枠のみの利用で申請した方が審査に通りやすいでしょう。

無職でルミネカードのキャシング枠を申し込むと「そんなにお金に困ってる人なのか・・不安だな・・」と思われ審査に通りづらくなってしまいます。

固定電話と携帯電話の電話番同を両方記入する

自宅の固定電話がある方が審査の評価が高くなります。

固定電話を引いているということは、通信会社に本人確認をして回線工事をしているため住所を確実に特定できるからです。

ルミネカードの記入欄には固定電話番号と携帯電話番号を書く欄が別になっているので、固定電話を引いている方は両方記入しましょう。

年収が低くても自営業なら審査に通る可能性がある

クレジットカードの審査に通るためには「安定した収入があること」が大切です。

そのため、全くの無職では審査を突破することは難しいでしょう。
しかしブログなどで少しでも収入がある場合、「自営業」と記入すればルミネカードの審査に通ることがあります。

自分に返済能力があることをアピールするために、職業欄には自営業と記入し、自分の年収を記入しましょう。

 

ルミネカードの審査に通過するコツの詳しくはこちらをご覧ください。

ルミネカードの審査基準と審査に落ちる人の特徴【口コミ・返済・キャッシング】

無職でルミネカードを申し込む際の注意点

虚偽申請をしない

絶対にやってはいかないのは「嘘の申告をすること」です。

無職の方はルミネカードの審査に通りたくてつい職業をもってしまったり、少し年収を高く記入してしまいがちですが、絶対に嘘はつかないようにしましょう。

嘘の申請をしてしまうと、審査に落ちるだけではなく、ルミネカード会社のブラックリストに登録されてしまい、二度とルミネカードを作ることができなくなってしまいます。

できるだけ「無職」と申告しない

ルミネカードを申し込む際には、職業欄を記入しますが無職の人は記入に困ってしまいますよね。

さすがに「無職です!」と言い切ってしまうと、審査に落ちやすくなってしまうので避けたいところです。

「自営業」「就職活動中」など表現の仕方を変えましょう。嘘の申告をするのはNGですが、無職の表現を変えるのは嘘になりません。

なお、ルミネカードの会社は「学生」「専業主婦」「年金生活者」「自営業」は無職の扱いにならないです。

信用問題に傷があると審査に通らない

無職でもルミネカードの審査に通る可能性はありますが、信用情報に傷があると何をしても審査に通らないので注意しましょう。

過去に作ったクレジットカードの延滞や自己破産などがあると信用情報機関に金融事故として登録されてしまい、登録されている間は審査を通過することができません。

金融事故があると、定職についていて安定した収入がある場合でも審査には通らないので気を付けましょう。

もし、ブラックリストに載ってしまったら、信用情報機関に5年間情報が載ってしまい、
5年間はクレジットカードを作ることができません・・。

独身一人暮らしが一番審査に通りにくい

家族構成も審査基準に多少含まれています。

無職でも結婚していたり、親と同居している場合は審査難易度は下がりますが、独身で一人暮らしだと審査に通りにくいです。

独身でも親と同居している方なら、急に連絡がつかなくなる可能性も低いからです。無職で一人暮らしの方は、審査に通りにくいので、何らかの形で収入を得た方がよさそうです。

途中で無職になったらカード会社への申し出は必要?

勤務先の変更は申告が必要

転職や退職して勤務先が変わった場合は、すぐにカード会社に届け出ることが原則です。

これはどのカード会社でもカード会員規約で「登録情報に変更があった場合は届け出をすること」と定められているからです。

勤務先情報は「返済能力あるか、返済は可能か」という返済能力を左右する大事な項目で、カード会社としては早めに知りたい情報なんですね。

申告しなければ罰則がある?

勤務先が変更になった場合、原則として届け出が必要ですが、忙しくて変更届を出すのを忘れていることもてありますよね。

変更届を出さないと、規約違反にはなりますが、カード支払いさえ延滞しなければ大きな問題にはなりません。

たとえ途中で無職になったとしても毎月の支払いをきちんとしていれば、ペナルティを課せられることはありません。

途中で無職になってしまっても、更新審査で罰せられることはありませんが、カードを作ったのに全く利用していない場合や、信用情報に傷がある場合は、審査に影響がでます。

無職になってもカードは没収されない

ルミネカードを作ったあとに無職になり、会社に申告してもカードを即没収されることはありません。

対応はカード会社によって異なりますが、支払いを滞納してしなければ、そのままかカードを利用できる場合もあります。

無職でルミネカードを作る場合は支払の見通しをたてよう

無職でも条件次第でルミネカードを作ることができることが分かりました。

職業欄に「無職」と記入すると審査に不利になってしまうので、カードを申し込むまでにアルバイトをしたり、派遣会社に登録するなどして、支払の見通しを立てることが大切です。

安定した収入が得られない状況でルミネカードを作る際には、毎月の支払いが滞らないように注意しましょう。