PARCO(パルコ)カードの審査は甘い?厳しい?審査難易度を分かりやすく解説

公開日:

クレジットカードのなかでも、パルコカードは特典も多く、パルコユーザーなら持っていると便利なクレジットカードです。

クレジットカードは、申し込み時の審査に通らないと利用ができません。

パルコカードは即日発行しているから、そんなに審査は厳しくないと思っていませんか?実は、審査落ちしてしまったという話もよく聞きます。

そこで今回は、パルコカードの申し込み時の審査基準と落ちた時の対処方法について説明していきます。

PARCO(パルコ)カードの審査基準と審査に落ちる人の特徴【口コミ・返済・キャッシング】

パルコカードの審査はクレヒス重視!他社より難しいという口コミ多数

クレジットカードの審査に関する口コミを見ていると「パルコカード」は申込みをしても審査落ちしやすいという意見が少なくありません。

パルコカードのような流通系クレジットカードは比較的審査が通りやすいといわれていますが、なぜ、審査落ちしてしまうのでしょうか?

パルコカードは、流通系クレジットカードのなかでも、クレヒスを重視することで有名です。クレヒスとは、今までのクレジットカードやローンの利用状況について調査することをいいます。

他社のクレジットカードで延滞がないか、支払い能力はあるのか、厳しく調査をしてから発行しています。そのため、過去の利用状況によっては、発行してもらえない可能性もあります。

はじめてのクレカにパルコカードを選んでも審査に通りにくい

はじめてのクレジットカードなら、クレヒスはきれいだから審査は通ると思っていませんか?

パルコカードはそうでもありません。

例えば、10代、20代で進学や就職がきっかけでクレジットカードデビューという人なら、クレヒスがきれいなのは当然なので、審査落ちするということはほとんどないでしょう。

ただ、30歳以上でクレジットカードの利用がない人は、スーパーホワイトといわれてカード会社からは問題ありと見られます。

パルコカードの審査は、30歳を過ぎた社会人ならクレジットカードを利用して返済もちゃんとしている人の方が信用できるという考えです。

パルコカードに限らず、クレジットカードはスーパーホワイトだと審査落ちしやすいといわれています。できれば若いうちからクレジットカードを利用して、よいクレヒスを作っておきましょう。

パルコカードの審査はなぜ厳しい?考えられる理由

パルコカードの審査が厳しい理由は、クレヒスだけではありません。

収入や勤続年数についても厳しく調査し、クレジットカードを利用した際に返済能力があるか確かめます。そのため、収入が少ないと審査落ちする可能性があります。

パルコカードをはじめ、クレディセゾン系列のクレジットカードは、一般カードであってもクレヒスや年収について、審査が厳しいといわれています。

これは、安易にクレジットカードを作らせて、返済ができないとカード会社が負債を抱えてしまうというリスクがあるからでしょう。

パルコカードは、申し込んだらその日にクレジットカードが作ってもらえる「即日発行」で知られていますが、決して審査は甘くないということは知っておきましょう。

パルコブランドを高めるためにクレカにも価値を付けている

クレジットカードの審査を厳しくすることで、パルコのブランド価値を高めることに繋がると考えられています。

これは2019年5月以降パルコカードの優待サービスが5%割引からポイント優待にリニューアルすることも関係しているでしょう。

割引をすることで、クレジットカードの申し込みを増やすよりもポイントとして還元することで、いままでよりも良い利用者を求めているといえます。

これまでの特典とは違うものに変更した上で、更なるクレジットカードの利用を促すためには、収入が安定していることも条件になるでしょう。

現在、新築工事中の渋谷パルコが新たなブランドイメージを掲げて2019年秋のオープンを予定しているように、パルコカードも「新生パルコ」に合った顧客に利用してほしいと考えているのではないかと言われています。

永久不滅ポイントを有効活用してくれる優良顧客を探している

パルコカードは1ヶ月の利用状況が1,000円以上なら、永久不滅ポイントが付けられます。

パルコカードを公共料金の支払いやセゾンポイントモールでのネットショッピングに利用すれば、効率的にポイントが貯められます。

永久不滅ポイントは、有効期限がないポイントなのでパルコカードを使い続ける限り有効です。貯めたポイントは支払いや永久不滅ポイント運用サービスに登録して投資信託や株式といった投資の疑似体験に使えます。

そのためには、クレジットカードを定期的に利用する優良顧客が必要です。

パルコカードというよりもクレディセゾンが提供するサービスに見合った利用者となると審査も厳しくなるのかもしれません。収入が安定していなければ審査に通らないというのも納得です。

パルコカードの審査に通らない人の特徴

パルコカードを申し込んでも、次のような理由があると審査に通らないかもしれません。

  • 年収が低い・安定収入が見込めない
  • 過去に借金や滞納履歴がある
  • 短期間に多重申し込みをおこなった

年収やクレヒス、通らない理由を見ていきましょう。

年収が低い・安定収入が見込めない

パルコカードは、高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な人なら申込ができるカードです。

大学生や主婦も審査に通れば届いたその日から利用ができます。パートやアルバイトでも収入が安定していれば、審査に通ります。

ただし、年収が低かったり、自営業やフリーランスで毎月決まった収入が得られないとなると審査が通らないかもしれません。

また、勤続年数も審査と関係します。

クレジットカードは、支払いをカード会社が代行します。利用した分を返済してもらわないとお金が回収できません。

そのためには安定した収入がないと返済できないと判断されてしまいます。

パルコカードは、経済力がないと審査が通らないと思った方がよいでしょう。

過去に借金や滞納履歴がある

多重債務を抱えていたり自己破産をしていればクレジットカードを作ることができませんが、カードの利用料金だけでなく、携帯料金や家賃の支払いを滞納した経験がある人も、クレヒスに履歴が残っていれば審査で落とされる可能性があります。

他社でキャッシングの利用や分割払い、リボ払いをしている人もパルコカードの審査は通らないかもしれません。

クレヒスに履歴が残るのは10年位といわれています。クレジットカードの利用状況によっては、経済的に厳しいからカードを作ろうとしているとカード会社に思われることもあるでしょう。

現在は返済が終了していても、過去にカード会社のブラックリストに載った経験がある場合には、パルコカードは作れないと思ってください。

短期間に多重申し込みをおこなった

半年以内にパルコカード以外のクレジットカードの申し込みをしている場合にも、審査に落とされる可能性があります。

短い期間に何社も申込をすることは経済的に厳しいと判断されたり、犯罪に関係しているのではと疑われてしまいます。

クレヒスがないスーパーホワイトとは違った意味で審査に通らないことがあるのです。特に、クレジットカードは不正利用やフィッシングといった犯罪も少なくありません。

パルコカードをはじめカード会社の審査が厳しくなっているのは、犯罪を未然に防ぐという目的もあるでしょう。

数ヶ月前に他社のクレジットカードを作ったばかりというのであれば、最低でも1年位は間隔を空けてから「パルコカード」の申し込みをしてください。

パルコカードは即日発行ができる!方法・手順を解説

パルコカードのメリットは、申し込んだ当日にクレジットカードを発行してもらえるということでしょう。

発行してもらったその日から、パルコの店舗での利用ができます。パルコをよく利用するというのであれば、持っていると便利なクレジットカードです。

発行までの流れは「申し込み、審査結果のメール、本人確認の電話、受け取り」となります。

パルコカード審査さえ通過すれば、パルコ内にあるセゾンカウンターで即日発行が可能になります。

ここではパルコカードをすぐに使いたいという人のために、方法と申し込みの手順を説明します。併せて受け取り時に必要な書類についてもまとめています。

パルコカードの申し込みを考えている人は、参考にしてください。

即日発行はお近くにセゾンカウンターがあることが前提

即日発行をしてもらう条件は、近所にパルコカードが受け取れるセゾンカウンターがあることがポイントになります。

近くにない場合は、郵送での受け取りになるので、審査結果はすぐに出ても、2、3日しないとカードが手元に届きません。

そのため、パルコが家の近所もしくは、通勤通学エリアにある場合でないと即日発行はできません。

申し込み時に、セゾンカウンターでの受け取りとチェックを入れることも大事ですが、住んでいる地域によっては即日発行ができないということもあります。

パルコカードをできるだけ早く受け取りたいのならオンラインで申し込みをしましょう。その方が、書類で申し込むよりもスピーディに対応してもらえます。

セゾンカウンターに持参が必要なもの一覧

パルコカードを受け取る際に、セゾンカウンターに持参してほしいものは「本人確認書類、銀行口座番号がわかるもの、印鑑」になります。

本人確認書類とは運転免許証やパスポートといった身分証明書です。

住民票や健康保険証、年金手帳も身分証明書として使えます。銀行の口座番号がわかるものは通帳やキャッシュカードのことをいいます。

給与が振り込まれる口座を登録したほうが、カード料金が引き落とされた時にお金がないというアクシデントも避けられるでしょう。

印鑑は、銀行口座の申し込みに使用している物を持って行きます。印鑑が銀行印と違ったりするとカードの発行ができません。

これらのものが一つでもかけているとパルコカードの即日発行はできないので、気をつけましょう。

パルコカードの審査に落ちた時の対処法

パルコカードの審査に落ちてしまったという時はどうしたらよいのでしょうか?

落ちてしまった理由によってはパルコカード以外のクレジットカードなら審査が通るかもしれませんので、申し込みをしてみるという方法もあります。

この場合、時期によっては多重申し込みと受け取られる可能性もあるので注意が必要です。

デビットカードといってカードを利用するとすぐに銀行口座から引き落としができるものもあるので、検討してみてもよいでしょう。

どうしてもパルコカードが使いたいという場合は再審査を受けることもできますが、それには申し込みができるようになるまでに時間がかかります。

落ちた原因をしっかりと受け止めて、次に申し込む時は審査に通るようにしましょう。

まずはなぜ審査に落ちたのかを振り返る

審査に落ちた原因が借金やクレジットカード料金の滞納でなければ、対策はできます。

まず申し込みの際に「収入」や「勤務先」を虚偽申請していませんか?

クレジットカードを申し込む時は、勤務先に連絡がいくので嘘をついたらバレます。

パルコカードは有名な会社じゃなくても安定した収入があれば、審査は通ります。続いて、他社のクレジットカードを持っている場合は、使っていないカードがないか調べてみましょう。

多重申し込みでなくても、クレジットカードをたくさん持っているというのは審査落ちの原因になります。不要なカードは解約をしましょう。また、限度額を多く設定したり、キャッシング枠を付けると審査落ちすることがあります。限度額は少なめに設定しておくほうが審査には通りやすくなります。

提出書類に不備が無かったか確認する

審査落ちで多いのが、記入漏れや住所や電話番号の間違いです。

自宅や勤務先の電話番号が一文字でも違えば本人確認することができませんので、審査は通りません。

オンライン申し込みの場合、入力ミスをするということもあるので、送信前に間違いがないか確認しておきましょう。

パルコカードの場合、必須事項が一つでも抜けているとエラーになるので記入漏れをしている場合、確認がしやすくなっています。

国際ブランド「VISA、mastercard、JCB、AMEX」の選択忘れや配偶者の有無や同一生計者というのも抜けてしまうことがあるので、忘れないようにしましょう。

身分証明書や銀行口座、銀行印といった本人確認書類に不備があっても審査落ちします。

再申込は少し期間を空けてからおこなうのがおすすめ

審査落ちの履歴が残るのは、6ヶ月位といわれています。

再度、パルコカードを申し込むのであれば、半年以上時間を空けてからにしましょう。

その際、前回の審査落ちの原因となった「書類の不備」「収入」「多重申し込み」「限度額の金額」についてもクリアするようにしておきましょう。

書類の不備やクレジットカードの多重申し込みは、注意をすれば避けられます。

限度額については、クレヒスを正しく積めば更新時に上げられますし、キャッシング枠は後日申し込みが可能です。

以前パルコカードを申し込んだ時に、職業や収入を虚偽申請して落とされたという人は、次に申し込む時は正直に書くようにしましょう。

見栄を張らないこともクレジットカードの申し込みでは大切です。

ブランド力の高いパルコカードを使いこなそう!

審査が厳しいのはパルコカードのブランド力が高いことの表れだったら、持つことでステータスも上がります。

パルコカードは、パルコでのショッピングや食事の利用だけでなく、ネットショッピングや公共料金の支払いといつでもどこでも使えます。

支払いはパルコカードで全て済ませるということもできます。

2019年5月以降は、サービスがリニューアルするので、さらにお得感が感じられるものになると言われています。

セゾンの永久不滅ポイントも貯められ、特典やサービスも充実しているパルコカードは、日々の生活を豊かにするのに欠かせません。

充実した毎日を過ごしたいならパルコカードを上手に活用するのがおすすめだとされています。今回の記事をきっかけにパルコカードの利用を検討するのも一つの手でしょう。