楽天カードの審査は厳しい?審査期間はどれくらいかかる?

公開日: 最終更新日:

クレジットカードには信販系や銀行系、流通系などの様々な種類のカードが多種多様に存在しています。

カード初心者にとってみたら、人生最初のカードはどのカードで作ったら良いか迷う事でしょう。

その沢山あるクレジットカードの中でも、カード初心者にとって使いやすく、比較的審査に通りやすいのが「楽天カード」です。テレビのCMでもおなじみのクレジットカードになります。

ではこのカードを作る時の審査はどのくらい厳しく、その審査期間はどのくらいかかるのでしょうか。

即日発行のクレジットカード!今日中にお金が必要な方におすすめのクレジットカード

楽天カードは18歳以上の高校生以外なら誰でも審査申込み可能!

楽天カードは年会費永年無料で、しかもポイントが買い物のたびに貯まるカードです。このような便利なクレジットカードですので、作りたいと思う人は多くいます。

しかし誰でも作れるわけではありません。年齢が18歳以上であり、高校生ではないという条件であればカードを作ることが可能です。

ただしカードを作る人が未成年者であった場合、もしその人が社会人であったとしても、親権者の同意が必要になります。

これは未成年者がクレジットカードを契約する場合、その契約により本人が損害等を被らないようにする法律があるためです。

未成年者の場合には、カード会社から見てもリスクが比較的高めの契約となるために、親権者に同意してもらい保証させるという意味もあります。

20歳以上の人は、親権者の同意はもちろん必要ありません。ですが申込者が未成年の場合には、きちんと親御さんの同意を得てからカードを作るようにしましょう。

主婦・パート・アルバイトでも審査に通った人は多い

クレジットカード会社の考え方として、基本的には定職を持ち収入が安定している人に対しては、カードの審査で有利になることが多いです。

では職業が専業主婦やパート、アルバイトの場合には、審査には厳しくなるのでしょうか。実は楽天カードでは、パートやアルバイトという身分であっても審査に通る事が多いのです。

さらにパートをしていない専業主婦の場合であっても、審査で問われることはほとんどありません。そこが楽天カードの魅力の一つです。

ただしカードには利用できる「限度額」という物があります。その限度額は定職についている場合、大きめに設定することが可能です。

しかしパートやアルバイト、専業主婦の場合であると限度額を低めに設定されたうえで、審査を通過するという事が多いです。

ただしフリーターの人でも親と同居している場合と、ひとり暮らしである場合の違いによって、限度額に差が出ることもあります。

楽天カードの審査を受ける際のポイント

楽天カードでは審査を受ける時のポイントとして、以下のような点を覚えておくと便利です。

  • 年収は自己申告でOK!ただ大げさな嘘はバレるので注意
  • 在籍確認は基本的になし!ただ100%ないわけではない
  • 年収0は審査通過の見込みなし!働きはじめて1年未満でも概算値を記入しよう
  • キャシング枠は「0円」に設定したほうが審査に通りやすい”

年収は自己申告でOK!ただ大げさな嘘はバレるので注意

楽天カードを作る時には、インターネットで申し込む方法が便利です。

その時に自分の年収を記入する欄がありますが、年収額が細かい数字までわからなくても心配いりません。

年収はだいたいの数字を記入すれば大丈夫です。もちろん証明書等の提出は必要ありません。

年収を記入するときには、自分の年収を1円単位まで把握しておく必要もありません。ただし年収200万円の人が、250万円や300万円などと大きく数字を乖離させて記入することは、嘘の申告になるのでやめましょう。

年収195万円の人が200万円と記入したり、数万円程度の差であればさほど気にすることはないという事です。

ただしカード会社も年齢や勤続年数と見比べて、あまりにも不自然な年収であった場合には、確認の電話を会社や本人にしてくる可能性もあります。

在籍確認は基本的になし!ただ100%ないわけではない

クレジットカードを作る時には、ほとんどのカード会社はカードを作った人の携帯電話や会社に「在籍確認」の電話をかけてくることが良くあります。

楽天カードの場合に在籍確認が行われるケースはそれはほとんどありませんがゼロというわけではありません。

例えばカードを作る時に記入した書類等に不審な点があった場合や、記入ミスと思われるところが見つかった場合には、まれに電話をかけてくることがあります。

しかし基本的には楽天カードを作る際には、カード会社からの連絡はないと考えてよいでしょう。

ちなみに楽天カードで在籍確認の電話があるのは、数百人に一人くらいと言われています。

年収0は審査通過の見込みなし!働きはじめて1年未満でも概算値を記入しよう

これは楽天カードだけの問題ではありませんが、基本的には専業主婦や学生など配偶者や親に扶養されている方を除いて、無職で年収が全くない人が申し込んでも審査に通ることはほぼないでしょう。

楽天カードは比較的収入の少ないパート勤務やアルバイトの人でも作れる便利なカードです。しかし無職である場合には、さすがに審査で厳しい判断が下ります。

ですからカードを作りたい場合には、アルバイトでも良いので仕事を見つけてから作るようにしましょう。

もしも仕事を始めたばかりの人であって、それが1年未満であったとしても、年収や月収の概算値を計算して記入するようにしましょう。

キャシング枠は「0円」に設定したほうが審査に通りやすい

クレジットカードにはどのカードにも「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の二つがあります。

ショッピング枠とはその名の通り、インターネットや実店舗で買い物をする時に利用できる金額の枠のことです。

キャッシング枠は、カードを利用してお金を借りることが出来るシステムのことです。楽天カードに限らずクレジットカードを作る時には、このキャッシング枠を0円に設定した方が審査に有利になります。

ちなみに楽天カードの場合には、キャッシング枠は50万円まで設定できます。ですが楽天カードの申し込みの際にも、カードによる借入などを考えていない場合には、やはり0円に設定したほうが効果的です。

その方が審査が通りやすいだけではなく、無駄な借り入れもしないで済みますし、もしもカードをなくした時にも悪用されずに済む可能性が高まるからです。

楽天カードの審査で見られるのはどこ?

楽天カードを申し込むと必ず審査が待っています。それを通過しなければカードを所有することは出来ません。では楽天カードの審査では、どのような点に着目しているのでしょうか。

ショッピング枠であれキャッシング枠であれ、クレジットカードというのはカード会社からお金を借りる事に等しいわけです。

その借りたお金をきちんと返済できるのかどうかが重要な所です。ですからその人の年収や職業、勤続年数などを主に審査では見ています。

さらにひとり暮らしなのか実家住まいなのか、それによって家賃などの支出に差が出ます。

そのような部分も審査では見ているのです。ですから大企業に勤める勤続年数の長い会社員や安定性の高い公務員などは審査の際に有利になることは言うまでもありません。

しかし楽天カードはパートやアルバイト勤務であれ、派遣社員や契約社員、個人事業主や自由業の人であっても毎月の収入が安定している人であれば、審査に通る可能性は高いのです。

最も重視されるのは申込者の年収(返済能力)

このように楽天カードでは、申込者の年収や勤務先、勤続年数などを審査時に重視する傾向があります。

しかし最も重視されるのは申込者の年収です。

やはり借りたお金をきちんと返済できる能力がある人か、審査において一番重要視されるところでしょう。

ただし年収が高いにこした事はありませんが、年収が良くても他に住宅ローンやカードローンなどの借入金などが多く、返済能力が不安視されるような人は審査が厳しくなります。

審査に通りやすい人は年収がそれなりに高く、公務員などの安定した職業に就いていて、勤続年数が長いような人が有利になるのです。

それ以外にも会社役員などの重職に就いている人や、中小企業の経営者なども年収が高い人が多いですが、そのような人たちも審査の時には有利になりやすいです。

過去のカード利用歴(クレヒス)も審査に影響する

クレジットヒストリーという言葉をご存知でしょうか。

これは通称「クレヒス」とも呼ばれ、日本国内で金融機関の融資の審査を行う際に利用される情報のことです。

日本には3つの信用情報機関が存在しています。クレジットカード会社が主に登録するのは「CIC」という信用情報機関です。

ここにカードを作った人の個人情報や、利用歴が登録されることになります。

少し怖いのは良い情報だけならともかく、良くない情報も一緒に登録されてしまう所です。

ですからもしも過去に、カード支払いの遅延などがあった場合には、そこに情報として残ることになるのです。

そうなると新たにカードを作る時には、非常に不利になってしまいます。

このようにカードを作る人の過去の実績や、悪い出来事も情報が残っているために審査に大きく影響してしまうのです。

職種・業務形態は収入の安定性を測る指標になる

楽天カードは基本的に、パートやアルバイトの非正規雇用であっても、仕事にさえ就いていれば比較的審査に通りやすいカードです。

しかし審査に通過し易いのは、やはり定職に就いている人の方です。

フリーターやパート勤めの人でも収入はありますが、非正規雇用であると経済的に不安定な部分があります。

さらに楽天カードの審査は会社員や公務員などの安定性のある人の場合には、即日審査通過の連絡が来ることもあります。

しかし個人事業主やフリーターなどの人の場合には、長い場合には1週間前後かかってしまう事もあるのです。

これは安定している雇用ではないので、審査を慎重にしているからではないでしょうか。このように職種や業務形態は審査の可否や、審査期間に大きな影響を与えることがあるのです。

楽天会員だと審査で優遇される可能性が高い!

楽天カードを作る際には、楽天会員に同時に入会すると便利です。

なぜならば楽天カードを利用した買い物で貯めたポイントは、楽天スーパーポイント口座に紐づけされて貯める仕組みになっています。

ですからカードを作る時には、楽天会員になった方が有利です。会員登録はもちろん無料です。さらに楽天会員になるメリットはそれだけではありません。

楽天会員になってから楽天カードに申し込むと、カード審査の際に優遇される可能性もあるのです。

楽天会員になることによって、このような大きなメリットがいくつもあるのがうれしい所だと言われています。

ただし、必ずしもすべての楽天会員が、審査の優遇を受けられるとは限りません。人によっては審査に影響がない場合もある事を覚えておきましょう。

会員ランクもチェックされている?

楽天会員にはランクがあります。

それは5段階に分かれており、上から「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」「ゴールド会員」「シルバー会員」「レギュラー会員」と分かれています。

最初はレギュラー会員からスタートして、楽天カードを利用した買い物を続けていくと、ランクがアップしていく仕組みです。

ランクがアップすればするほど、大きな特典がもらえるシステムです。楽天カードの審査の際には、この会員ランクもチェックされている可能性があります。

しかし基本的にはカード審査の際には、年収や勤務先、勤続年数等のいわゆる「属性」重視ですので、会員ランクは多少はチェックされているかもしれませんが、あまり審査には関係ないかもしれません。

楽天カードの審査に通りやすくするコツ

楽天カードの審査に通りやすくするコツは以下の通り、大きく3つに分かれます。

ここを重視しておくようにしましょう。

  • 希望限度額をなるべく低く抑える
  • 余計な追加機能はつけない
  • キャッシング枠は「0円」に設定する

希望限度額をなるべく低く抑える

楽天カードの審査に通りやすくするコツの一つ目は、ショッピング枠に関して希望限度額をなるべく低く抑えることが大事です。

楽天カードのショッピング枠は、最低10万円から最高で100万円に設定できます。

もしも高い買い物を予定していないようであれば、最低の10万円からスタートしてみる方が良いでしょう。

その方が使いすぎを防止することも出来ます。もし10万円の枠で足りないと感じたら、カードを持ってからショッピング枠の限度を変更することも可能です。

ただしショッピング枠の変更の際にも審査が必要になります。それに通らなければ枠を増額することは出来ません。

しかし使いすぎは禁物です。最初は最低の10万円から枠をスタートするようにしましょう。

その方がカードの審査も通りやすくなるので有利です。

余計な追加機能はつけない

楽天カードは便利でサービス満載のカードですが、カードを作る際には余計な追加機能はつけないように心がけましょう。

基本的にはショッピング枠さえ作ることが出来れば、良いと考えておくようにしましょう。

キャッシング枠に関しても、初めてカードを作るのであれば、枠はなるべく持たないようにします。

さらに楽天カードには年会費有料のカードもありますが、最初は年会費永年無料の楽天カードから始めたほうが経済的で便利だとされています。

キャッシング枠は「0円」に設定する

そして審査の通過率をさらに上げるには、キャッシング枠を必ず0円に設定するようにしましょう。

楽天カードはいざお金が不足した時のために、便利なキャッシング機能が付いています。その枠は最高で50万円まで借りることが可能です。

しかしキャッシング枠は、つい借りすぎてしまうという危険性もありますし、審査の際にキャッシング枠を希望することにより、通過率が低くなることが多いのです。

ですから楽天カードを作る際にはキャッシング枠は0で申し込んだ方が、審査も通りやすくなる上に、お金の借りすぎも防止できます。

ただしキャッシング枠0で申し込んでも、あとからキャッシング枠を変更することも可能です。

もちろんその時には審査が必要になり、それに通らなければ枠を設けることは出来ません。

年収は大まかな金額でOK!間違っても0にしないようにしよう

繰り返しますが楽天カードを作る時の注意として、年収はとても大事な要素になりますが、事細かく入力する必要はありません。

例えば年齢などの記入ミスや、嘘の情報を書くことはよくありませんが、年収の場合には大まかな数字を記入すれば大丈夫です。

ただし年収をやたら多めに申告するような事はやめましょう。そして間違っても年収を「0」と書かないようにすることです。

いくら収入が低めの人に対して、審査がやさしい楽天カードであっても、年収が0の場合にはまず審査に通ることはないと考えておきましょう。

楽天カードはポイントが貯まりやすく大人気!まずは審査に通ろう

楽天カードの最大の魅力は、サービスが満載であるという事です。

買い物をするたびにポイントが貯まっていき、そのポイントを利用してさらに買い物を楽しめます。

ショッピングやキャッシングのほかにもたくさんの機能が付いていますし、さらに入会するだけで数千円分の楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンは常日頃から行っています。

それ以外にもたくさんのキャンペーンを行っていますので、それにエントリーしておけば楽しむことも出来るのです。

このような大変お得で便利だと言われている楽天カードを作るには、まず審査を通過しなくてはなりません。

それには審査に通りやすいように、ショッピング枠を最小にしたり、キャッシング枠を0にしたり、余計な機能は最初は作らないようにすることが大切です。このようなことを守って楽天カードを申し込んでみましょう。

そして審査に通れば楽天カードが手に入り、思う存分ショッピングやサービスを楽しむことが出来るのです。

お金の節約に役立つクレジッドカードの使い方をご紹介