楽天ANAマイレージクラブカードの審査難易度・審査時間を徹底解説

公開日:

楽天ANAマイレージクラブカードの審査基準について

楽天は様々なサービスと提携をしており、色々なクレジットカードを発行しています。

航空会社のANAと提携して作られたカードが楽天ANAマイレージクラブカードであり、マイレージを貯められる機能が追加されています。

旅行を多く楽しみたいと考えているなら、マイレージを受け取れる分だけ楽天ANAマイレージクラブカードで更なるお得感が得られます。

ただ、楽天ANAマイレージクラブカードは審査基準が一般的な楽天カードよりもやや厳しい傾向にあり、審査を通過できない人もいます。

また、審査自体は短時間で終わるものの、カード発行までにはかなりの時間が必要なので気を付けてください。

ここでは楽天ANAマイレージクラブカードについて説明します。

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴は、ANAマイレージクラブカードと楽天カードの機能が1つになったところです。

楽天カードが持っている楽天Edyや楽天スーパーポイントの機能はもちろんのこと、クレジットカードとしても楽天カードと同水準の機能を持ちます。

楽天カードの機能に加えて、ANAマイレージクラブで得られるマイレージが一緒に追加されますので、より多くんポイントを貯められるのです。

さらに年会費を無料にしやすいカードです。

楽天ANAマイレージクラブカードでは、年会費を無料にする方法がとても簡単で、1回以上楽天ANAマイレージクラブカードを使えばいいのです。

年間に1回でもカードを利用していれば、その時点で年会費が無料となりますので、余計なお金も取られません。

マイレージを受け取れるカードで年会費が無料にできるのはとてもいいところでしょう。

楽天ANAマイレージは楽天ポイントと交換可能

楽天ANAマイレージクラブカードで得られたマイレージは楽天ポイントへ交換できるメリットもあり、楽天市場や他のお店で使いたいと思っている時には交換するといいでしょう。

同様に楽天ポイントもANAマイレージに交換できる機能があるので、マイレージに交換して使いたい方にもおすすめです。

双方のポイントを交換して使えるのも楽天ANAマイレージクラブカードの魅力です。

他にも楽天カードが持っている安心して海外旅行ができる保険はもちろんのこと、ネットショッピングで安心感を得られる不正利用の監視なども実施してくれるため、安心して使えるクレジットカードです。

そして楽天カードで得られる初回発行と利用で得られるポイントも準備しており、楽天市場で安く買い物をしたいと考える方にもおすすめのクレジットカードです。

楽天カードにANAマイレージクラブ(AMC)機能が付帯

基本的に楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードの機能にANAマイレージクラブの機能が付けられたカードです。

マイレージクラブの機能がつくため、海外旅行等へ行けばマイレージが貯まります。

貯まったマイレージは様々な商品に交換できるほか、マイレージを別のポイントへ交換する機能もあります。

マイレージを多く貯めたいと考えている方にお勧めのカードで、楽天ポイントとマイレージの両方を一緒に貯められる利便性があります。

しかも楽天ポイントとマイレージを選んで貯められるかが選べるため、必要なポイントだけを増やし続けられるのです。

どちらを選んでも最終的にポイント交換によって別のポイントに変えられるので、最初に選んだ選択肢が間違っても後から変えられるのはいいところでしょう。

ANAマイルと楽天スーパーポイントどちらを貯めるか選べる

楽天ANAマイレージクラブカードを使った際、ANAマイルを貯めるのか、それとも楽天スーパーポイントを貯めるのかが選べます。

どちらを貯めるのかよく考えたほうがいいものの、後からポイントを交換して別のポイントに変えられるため、最初のうちは特に考えなくてもいいでしょう。

後からポイントが必要になれば交換しておけばいいのです。

ポイント自体は楽天とANAマイルが提携しているため、必要であればレートに合わせてポイントを交換できます。

必要なポイントに交換しておけば、必要なタイミングでポイントを消化できるメリットがあります。

楽天ANAマイレージクラブカードの審査は甘い

楽天ANAマイレージクラブカードの審査は甘めであり、比較的簡単に審査を通過してカードを持てます。

これまでカードを持っていない人でも、楽天ANAマイレージクラブカードであれば簡単に発行できるメリットを持っています。

その理由として、楽天カード自体の審査が厳しくないからです。

楽天カードは全体的に審査基準が甘めで、発行しやすいメリットを持っています。

ANAマイレージが加わっているとしても、楽天ANAマイレージクラブカードの審査基準は楽天カードと同じようなもので、特に審査基準が変わっているわけではないのです。

初心者でもANAカードより発行しやすいほか、楽天ポイントとマイルのどちらを選んでポイントを貯めるのか選べる利点もあり、楽天ANAマイレージクラブカードの方が安心してカードを発行できるのです。

初心者ならANAカードよりもおすすめ

ANAカードは初心者にはあまり向いているカードではありません。

その理由はANAカードの審査が厳しいため、初心者だと審査落ちの可能性が高いのです。

しかし楽天ANAマイレージクラブカードの場合、審査基準がANAカードより甘めなので、審査を通過してカードを発行できる可能性が高いのです。

厳しい審査を続けているANAカードより、最初に発行するカードをして楽天ANAマイレージクラブカードを選んだほうがいいでしょう。

しかもマイルは簡単に貯められますし、ANAカードと使い勝手もあまり変わりません。

最初に利用するクレジットカードとして選んでもいいでしょう。

楽天ANAマイレージクラブカードの審査に落ちる人の特徴

どれだけ審査基準が甘いといっても、楽天ANAマイレージクラブカードの審査に落とされる人はいます。

審査に落とされてしまう場合、どの項目が審査に引っかかっているのか真剣に考えてください。

同時に審査を通過するには修正しなければなりません。

楽天ANAマイレージクラブカードというのは、審査を通過したいと考えている方に必要な項目が多数あります。

その項目を1つ1つクリアしておけば、最終的に楽天ANAマイレージクラブカードが発行できるのです。

1つでも基準をクリアできていないと、審査に落とされる可能性が高いので気を付けたほうがいいでしょう。

ここからは楽天ANAマイレージクラブカードの審査に落ちる人の特徴を説明します。

年収が100万円以下で安定しない

年収額は楽天ANAマイレージクラブカードでかなり重要な項目です。

年収が足りない人は審査に落とされてしまいますし、他のクレジットカードも発行できない可能性が高いのです。

年収はしっかり確保したほうがいい項目だと考えてください。

年収が100万円を下回っている人は審査に落とされやすく、審査を通過できる可能性も高くありません。

しかも年収自体が不安定で、一時期しかお金を受け取っていないと判断されない場合は審査に落とされます。

安定して年収100万円程度より、不安定な年収100万円の方が圧倒的に審査基準が厳しい点に気を付けてください。

収入に対して希望限度額が高過ぎる

収入に対して希望する限度額が高すぎると審査に落とされます。

楽天ANAマイレージクラブカードでは、収入に対して安定した限度額だけを提供するようにしていますが、中には多くの金額を求めてくるユーザーがいます。

しかし年収に対して返済されないような限度額を希望した場合、審査に落とされてしまうのです。

安定して返済できる能力を持っているのに、楽天ANAマイレージクラブカードを発行しても限度額が高すぎて返済されないと判断される場合があるのです。

最大の原因は限度額が高く、最大まで借りると返済されないと思われている部分です。

この部分に引っかかると審査に落とされやすくなるため、限度額は調整して減らしたほうがいいでしょう。

過去の滞納・借金で信用情報にキズが付いている

過去に楽天カード以外でも滞納している、借金関連の問題で信用情報に問題があると判断されれば審査に落とされてしまいます。

他社の借入等も含めて問題視されますので、過去にお金を借りている人は気を付けたほうがいいでしょう。

返済をしていない人、返済が遅れている人は信用できないと判断されるため、楽天ANAマイレージクラブカードでは審査を通過させません。

信用させるためには、過去の滞納などの情報が消えてから審査を受けたほうがいいでしょう。

クレヒスが積まれていない

クレヒスの情報があまりないと判断された場合、審査に落とされる可能性もあります。

ただ、クレヒス単独で審査に落とされる傾向は少なく、他の要素を考慮した結果審査に落とされる可能性が高まると考えてください。

クレジットカードを使った情報が残されない場合、楽天ANAマイレージクラブカードを発行しても返済されないのではないか、無理な借入をするかもしれないと判断されます。

その結果、他の情報と一緒に考慮されて審査に落とされるのです。

審査を通過したいなら他のクレジットカードで情報を積み上げておきましょう。

キャッシング枠を高額に設定していた

ショッピング枠だけでなく、キャッシング枠を高額に設定した場合も審査に落とされます。

キャッシング枠はお金を借りるサービスに使いますが、楽天ANAマイレージクラブカードのキャッシング枠を増やしすぎた結果、返済できる能力がないと判断されて審査に落とされる場合もあります。

審査に落とされたくない場合、キャッシング枠を高額に設定しないように気を付けてください。

どうしても審査を通過したいなら、できる限りキャッシング枠を0円に設定したほうが安心できるでしょう。

無理をしてキャッシングを付けないように心がけましょう。

楽天ANAマイレージクラブカードの審査時間は最短即日完了!

楽天ANAマイレージクラブカードの審査時間は即日で完了する場合も多く、1日で審査が終わります。

かなり早く審査を完了させてくれる点は、他のクレジットカードにはないメリットでしょう。

楽天カードは全体的に審査が早く、すぐに審査を完了させられるメリットもあるのです。

最短ですぐ審査を完了させられるメリットを持っているため、クレジットカードを早く持ちたいと考えている方にはお勧めです。

審査時間が短いというのは、カードを発行するまでにかかる時間もかなり短くなるのです。

1週間程度もあれば、楽天ANAマイレージクラブカードを受け取れるため、カードを使う予定をなどを立てて計画的に審査を進めるといいでしょう。

発行されるまでにやや時間がかかるかもしれませんが、他社のクレジットカードはさらに時間がかかる場合もあるので、比較的1週間というのは早い方だと考えてください。

カード受取までは7~10日ほどかかるので注意

カード受け取りまでにはどうしても時間がかかります。

まず楽天ANAマイレージクラブカードを発行しなければなりませんが、楽天カード自体がかなり申込み量の多いクレジットカードです。

カード発行にかかる手続きが混雑している場合も多く、楽天ANAマイレージクラブカードが発行されるまでにかなりの時間がかかります。

さらにカードを発送する作業に時間がかかります。

発送してもすぐに受け取れるわけではなく、配送されるまで待たなければなりません。

配送までにかかる時間は最短で1日ですが、地方によっては3日以上かかってしまい、楽天ANAマイレージクラブカードが発送されてもすぐに受け取れない場合もあります。

最終的にカード受け取りまでは最短でも1週間程度、長い人は10日ほどかかってしまいます。

他社のクレジットカードが2週間以上かかる可能性もあるため、待たされる日数はそこまで多くありませんが、カードを受け取って使うまでには時間がかかると考えてください。

楽天ANAマイレージクラブカードの審査は遅れることも?その理由は?

楽天ANAマイレージクラブカードの審査はかなり早く進められますが、すぐに終わらない場合もあります。

楽天カード自体に共通する問題ですが、大半の場合は申込者が多くなってしまい、処理できないほどの申込みに対応できないケースがあります。

審査に時間がかかる状態では、最短で即日完了するはずの審査がなかなか終わりません。

また、審査に関連するトラブルが起きているケースもあるので、トラブルが起きている場合は時間がかかってしまいます。

これは楽天カード側の問題が多く、表に出ないような問題が稀に起きているので注意してください。

他にも申込内容に問題があり、すぐに審査結果を告げられないような状態であれば時間がかかる場合もあります。

なるべく確実に審査を通過できる状況を作っておきましょう。

申込者が殺到する時期で審査が混雑している

申込者が殺到する時期が楽天ANAマイレージクラブカードにもあります。

楽天ANAマイレージクラブカードだけが原因ではありませんが、楽天カードがポイントアップのサービスを提供している際に混雑する傾向が多く、審査をなかなか完了させられない問題があります。

また年末年始や長期休暇前にも混雑する傾向が多く、長期の休みを取る前はかなり混雑しています。

審査がなかなか完了できず、長期休暇後にならないと審査結果が伝わらない場合もあります。

なるべく混雑する時期は避けて審査を受けたほうが安心ですし、その方がすぐにカードを受け取れるでしょう。

審査会社の中で表に出ないトラブルがあった

審査会社が表に出さないようなトラブルを起こしてしまい、すぐに審査を完了させられない問題もあります。

主に申込内容を処理するプログラムにトラブルが発生したり、自動的に審査をする項目にエラーが発生するなどして、トラブル処理を優先している場合です。

トラブルの処理を優先して行っている以上、審査は進められません。

こうしたトラブルが起きている場合も審査の時間が延びてしまうと考えてください。

なお審査会社の問題ですので、楽天側からは何も発表されず、申込者はトラブルの情報はわかりません。

申込者のスペックが審査基準ギリギリで結果に迷っている

申込者のスペックがギリギリすぎて、審査に落とすべきか通過させるべきか迷っているケースも多々あります。

この場合は多くの社員に相談して最終的な決断を下すのですが、相談に時間がかかるため後回しにされやすく、審査結果が数日後に告げられるケースも多々あります。

ギリギリだと審査の時間は相当長くなってしまうので、なるべく審査を通過しやすいような申込内容を作ってください。

安心して審査を通過できる環境を整えないと、審査だけで1週間以上を費やす可能性もあるのです。

楽天ANAマイレージクラブカードの審査結果が来ない時はどうすればいい?

楽天ANAマイレージクラブカードの審査はメールで届きますが、稀にメールがなかなか届かない場合もあります。

もしメールが届かない場合は、審査の状況がどうなっているのか1度確認したほうがいいでしょう。

次に自分にメールが届いているのかもう1度確認してください。

もしかしたら他のメールに入っている可能性がありますし、電話で審査結果を告げているケースもあります。あらゆる媒体をチェックして、怪しいところがないか調べておくのです。

どうしても審査結果が告げられていないなら、楽天ANAマイレージクラブカードを扱っている楽天カードの窓口に相談して、審査状況がどのように進んでいるか聞いたほうがいいでしょう。

まずは審査状況照会を確認する

審査状況照会の機能を楽天では作っており、申込みをしているユーザーが気軽に審査状況を確認できるようにしています。

楽天ANAマイレージクラブカードの審査状況がネット上でわかるように作られたページを見て、現在の審査状況を確認しておきましょう。

審査状況を見て、まだ審査途中だとわかればとりあえず待ってください。

審査が終われば確実にメールが届きますので、そのメールの内容を見ておけばいいのです。

既に審査が完了しているのにメールが見当たらない場合は、次の項目をチェックしてください。

着信履歴や迷惑メールBOXを再度確認する

メール以外の方法で連絡を入れている場合もあります。

着信履歴を確認して、楽天カードと思われる会社から電話がかかっていないか調べてください。

怪しい電話番号があるなら、電話による連絡が実施されていると考えておくのです。

また、稀にメールが迷惑メールに入っている可能性があります。

迷惑メールを確認して、楽天からメールが届いていないかチェックしておきましょう。

特に楽天関連のメールが迷惑メールに入っている人は、1度迷惑メールのチェックをしてください。

それでも連絡がなければ、次の項目に書かれている方法で審査状況を調べてください。

どうしても気になる時は窓口に直接問い合わせる

どうしても審査結果がわからない時は、窓口に直接相談してどのような審査結果なのか聞いてください。

メールを紛失した、もしくはメールが届いていないと伝えれば審査結果を再度通知してくれます。

審査途中の場合は、現在審査が終わっていないと連絡を返します。

確認作業等を行っていると説明が入りますので、もう少し待ってください。

なお、窓口に直接問い合わせても、審査の詳細までは教えてくれないので気を付けてください。

まとめ

楽天ANAマイレージクラブカードは初心者の方がマイルを貯めるために使いやすいカードですし、審査基準も甘いので簡単にカードを発行できるでしょう。

しかし、審査に落とされないと言えないので、しっかり審査基準を満たしておきましょう。

そして審査が終わってもすぐにカードは発行されないので、カードが届くまではゆっくり待つようにしましょう。

また楽天一般カードとの違いを知りたい方は、こちらのページを確認してください。

楽天カードの審査は厳しい?審査期間はどれくらいかかる?